fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

見よ、この天井高。しかもワンフロアじゃ終わらない、2層仕立てのゆったりメゾネット。大地にしっかり足をつけているからこそ、高く高く伸び上がれるはず。家族の時間の充実も、お子さまの健やかな成長も、垂直方向にフリーダム。そう、このしあわせは青天井なのです。

世田谷区上野毛(二子玉川駅徒歩11分)
2LDK / 95.07㎡ / 9,380万円

売主さまのご紹介

写真

売主さま

ご夫婦+お子さまふたりの4人ファミリー。デザイン関係のお仕事をされている旦那さまが主体となって、2019年にリノベーションされたお住まいです。『不満は無いです』と笑顔で語るお気に入りのご自邸ですが、お子さまが今後スポーツに本格的に打ち込むこと、また通学の利便性などを鑑みて、別のエリアへのお住み替えを決意されたのだそうです。

売主さま

以前は ”三宿” の辺りに住んでいまして、子どもが生まれたのをきっかけに、このエリアに来ました。最初は近隣のマンションの上層階を選んだのですが、足音を気にせず大らかに過ごすなら、やっぱり1階の住戸がいいなと思い……やっと見つけたのが、ここだったんです。

cowcamo

こちらは1〜2階に所在するメゾネットタイプの住戸です。まずは1階のLDKからお邪魔します!

開放感!

写真

LDKの広さは約25帖、天井高は約2.6mというゆったり空間です。足元は無垢のフローリングで仕上げられ、壁沿いには、売主さまのこだわりという造作の長いデスク&収納が。

売主さま

僕たちがちょっと調べ物とかでデスクに向かっているときに、子どもも自然と隣で宿題なんかをやれるように、家族で使える長さにしてもらいました。子どものオンライン授業の時にも重宝しています。

技アリの 有孔ボード

写真

TV台、間接照明カバー、本棚、壁などには、防音効果のある有孔シナベニアが採用されています。そのパワーもあってか、例えば1階にお友達を呼んではしゃいでいても、2階でオンライン会議ができるくらい音が気にならないのだとか。

窓が大きい!

写真

反対側から、窓側のダイニングエリアを見たカット。余裕ある天井高を強調するように、バルコニーに続く窓もビッグサイズですね。さっそく外へ出てみましょう。

cowcamo

ちなみに、ソファやダイニングセットが置いてあるこの周辺は、床下に既存の床暖房が残されているそう。

グリーンこんもり

写真

視界いっぱいに広がるみっしりとした生垣に、目が洗われます……あまりにも植栽だけが写った眺望写真になってしまったので、少し斜めに振った角度で撮り直しました(笑)

写真

バルコニーは南西向きで、横幅も奥行きもゆったりとしています。生垣の向こうを通行する人の姿は、じっと見ないと認識できないくらいでした。

売主さま

実際に確認したんですが、外からだともっと見えづらいですよ。日中は、カーテンを開けたままで過ごすことも多いです。

LDKに戻って

写真

現在は右手のダイニングテーブル上の照明が設置されていない状態ですが、自然光で十分なくらいかも(これでも取材時は小雨が降っていました、念のため!)。

キッチンにも一体感

写真

左・食洗機完備のキッチンは既存のものを利用した上で、表面をシナ合板に変更して内装と統一感を持たせています。使用感等は現地にてご確認くださいませ。/右・背後には冷蔵庫や家電をスッキリ配置できるスペースが。壁で完全に囲まず、上部に空間を残すことでリビングとの緩いつながりが生まれています。

cowcamo

キッチン奥の白い引き戸を開けて、水まわりへ進みましょう。そのまま廊下までアクセスできる回遊動線なので、家事効率アップが狙えそう!

わーい ゆったり♡

写真

左・家族並んで使えそうな広さの洗面室。洗面ボウルが端に寄っているのがGOODです。隣にはスリムな収納棚が用意されています。/右・お風呂は浴室乾燥機を完備しており、開閉可能な窓付き。堂々の1620サイズです!

廊下に出て 後半戦へ

写真

左・2階へ続く階段下のスペースには、斜めのラインを活かした飾り棚&収納棚が。大きな鏡が空間をさらに広く見せてくれます。/右・こちらは玄関扉を背に土間を見たカット。左手には大きな窓があるので空気がこもりません◎

上階は ふんわりカーペット

写真

左・階段からはカーペット敷きに変化。音を吸ってくれて、快適に過ごせるポイントです。/右・手前にトイレがあり、廊下の奥にふたつの洋室が並んでいます。

約8.1帖の洋室A

写真

洋室Aは北東・北西の二面に窓があります。現在は家族4人の寝室として使われているそう。なんと、2階も約2.5mの天井高があります。

写真

左・窓の反対側には、壁ほぼ一面の大きさのクローゼットが。/右・北東側の窓を開けると、共用部の吹き抜けに突き出すように花台が設えてあります。お気に入りの鉢を置きたいですね♡

約4.8帖の洋室B

写真

こちらは、旦那さまの仕事部屋として活用されている洋室B。北東向きのバルコニーに面した掃き出し窓があり、しっかりクローゼットも付いています。両方の個室にエアコンを設置できるのがうれしいですね。

ご安心ください

写真

左・ご紹介するタイミングが遅れてしまいましたが、もちろんトイレもあります。こちらは1階。窓付きです!/右・こちらは2階。手洗い器付きです! ああ、2箇所にあるって素晴らしい。

cowcamo

旦那さまは色々な物件を見るのが好きだそうですが……この物件を購入した決め手は何だったのでしょうか?

売主さま

「二子玉川」周辺の中古マンションで、築年数がそこまで経っていなくて、広さもある物件というのはなかなか無いかなと思います。大手の清水建設が施工した建物という点にも安心感がありました。

噂のマンションが こちらです

写真

立派な植栽に囲まれた、タイル貼りの低層マンション。総戸数29戸、1998年生まれの比較的若々しいお顔立ちです。

cowcamo

2021年10月時点で、マンションの機械式駐輪場と駐車場には空きありとのこと。駐車場(月額23,000〜30,000円)は車高2,100mmまで入庫できることに加えて、首都高や第三京浜へのアクセス良好な立地ですので、ファミリーでのカーライフも存分に楽しめそう!

写真

エントランスにはオートロック・宅配ボックスを完備しています。

写真

明るく高級感のある石貼りの共用ホール。左手に続く廊下を進むと、ご紹介の住戸が現れます。ちなみに住戸の玄関前にはゆったりしたポーチが付いており、ベビーカーなどの置き場にちょうどよさそうですよ。

cowcamo

さてさて、最後にエリアのことを。こちらの物件の最寄りは「上野毛」駅(徒歩6分)ですが、お隣の「二子玉川」駅(徒歩11分)も余裕で徒歩圏内なんですね!

売主さま

だいたい「二子玉川」メインで利用しています。電動自転車だと、「二子玉川」の駐輪場まで3分で着きますよ!

ファミリーで楽しめる場所 揃ってます

写真

左上・グルメもファッションも、感度の高いお店が集まる大規模商業施設「二子玉川ライズショッピングセンター」がご近所に。シネコンも入ってます◎(450m 徒歩6分)/右上・自然豊かなこのエリアに住むなら、きっとアウトドアブランドショップ「THE NORTH FACE STANDARD 二子玉川」のお世話になるはず。(450m 徒歩6分)/左下・多摩川沿いに広がる「二子玉川公園」はマンションのすぐそばに! 気軽に自然に触れられるお散歩スポットです。(180m 徒歩3分)/右下・「上野毛」方向に坂を上れば、良心価格のスーパー「オオゼキ 上野毛店」が(600m 徒歩8分)。売主さまは「二子玉川ライズ」内にある東急や成城石井と使い分けているそうです。

cowcamo

なお、こちらの物件は現在居住中のため、ご内見の日時に調整が必要な場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

cowcamo

カウカモ編集部より

LDKに入った瞬間から、天井の高さにちょっとびっくり。1階をほぼLDKに全振りしているので面積としての広さも相当なのですが、縦にも広がりを感じるおかげで、「ブワッ」とくつろぎスペースが膨らんでいるような印象を受けるんですね。ご飯を食べて、くつろいで、デスクに向かって……家族みんなが、この場所で一緒の時間を過ごすことが多いというのも納得です。居心地いいですもの!

1〜2階の住戸というと、ちょっと気にかかるのは日当たりのことでしょうか。ですが、こちらの物件はほかの建物の影に入ることもなく、しっかり明るさを確保しています。大きな窓の向こうに、植栽のグリーンがいっぱいに広がっているのも素敵ですよね。

子育て中のファミリーに多く選ばれる「二子玉川」の街。売主さまもしみじみと暮らしやすさを実感されているようで、具体的にどんなところがイイのか、インタビューの中では街の魅力もたくさん教えていただきました(載せきれなくてすみません)!

そしてそんな “ニコタマエリア” の数ある物件の中でも、こちらの住まいにはキラッと光るものがあると思います。そう、それこそは広さと築年数のバランス、そして縦方向の開放感! のびのびと過ごすファミリーライフって、まさにこういうことだと思うのです。

writer : 小杉 美香/editor : 軽部 優海

とれたて新着