fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

陽のあたる室内を三輪車で駆けめぐる。窓辺の小上がりに腰かけたら、グリーンが揺れてた。春の歌がこぼれそうな、私たちのためのワンルーム。「好き」に向かってまっすぐに作り上げたからこそ、もしかしたらあなたにも、気に入ってもらえるかもしれない。

世田谷区弦巻(桜新町駅徒歩10分)
1R / 54.82㎡ / 4,100万円

売主さまのご紹介

写真

売主さま

ご夫婦+お子さまふたりの4人家族。お子さまの成長や、旦那さまの職場へのアクセスを考えて、住み替えを決められたそう。『出来合いのものを購入するより、自分たちの暮らしに合わせてつくりたい』と、2017年にスケルトン物件からオーダーリノベーションされたお住まいです。

桜新町でございま〜す!

写真

最寄りは “サザエさんストリート” で有名な「桜新町」駅(徒歩10分)。東急田園都市線で、「渋谷」駅までは各停で4駅・約10分のダイレクトアクセスです。駅構内にあしらわれたタイルは、その名にちなんで桜色。取材時には外の桜並木から吹き込んだ花びらが、階段にまで迷い込んでいました♡

感度の高いお店 増えてます

写真

左上・駅前に広がる「桜新町商店街」には、美味しいお店やオシャレなお店がたくさん。「NEIGHBOR(ネイバー)」では、ライブを見ながら丁寧に仕込まれたお料理を楽しめます。(550m 徒歩7分)/右上・駅と物件の間にある「815 Coffee Stand」。ガレージを改装したようなスタイリッシュ空間で、エスプレッソベースのドリンクをどうぞ。2階はヨガスタジオとしても使われているそうですよ。(260m 徒歩4分)/左下・1987年開店の老舗「ベッカライ・ブロートハイム」は、ドイツパンを中心としたパン屋さんです。お隣には併設のカフェも♪(600m 徒歩8分)/右下・最寄りのスーパー「ライフ 桜新町店」は、系列のフラッグシップショップとして2019年にオープンしたばかり。まるで海外のスーパーのような大型店舗なんです!(300m 徒歩4分)

売主さま

「ライフ」の2階には広いキッズスペースやカフェスペースがあって、子どもを連れて遊びに行くのにちょうどいいんですよ。

cowcamo

取材後に実際に行ってみたところ、大型滑り台や86インチモニターも設置されており、キッズじゃない私もかなりテンションが上がりました。

着きました!

写真

駅から歩くこと10分。フラットな道のりなので、楽に歩くことができました。こちらが今回ご紹介する、地上11階建てマンションです。

写真

左上・マンションは1971年生まれですが、2017〜2018年にかけて大規模修繕工事を実施したばかりで、エントランスも美しく生まれ変わりました。夜には館銘版がライトアップされるのだとか。/右上・ちょっとイレギュラーなのですが、中に入る前にこちらをご覧ください。このキレイに整ったゴミ置場! つい感動してシャッターを切ってしまいました。コミュニティの方々の意識の高さの表れかも。/左下・スロープ完備のエントランスホール。オートロックはありませんが、しっかり監視カメラが人の出入りをチェックしてくれていました。それでは、あずき色のエレベーターで3階へ・・・/右下・共用廊下からは空と植栽の緑が望めます。住戸の玄関扉、さらに窓の面格子も更新されており、築年数を感じさせません。

cowcamo

管理人さんは週6日体制で勤務されています。いや〜、それにしてもお手入れが行き届いていますね。

売主さま

マンションの管理のよさも、選ぶ上での決め手のひとつでした。それから、小さいお子さんのいるファミリーが多く入居されている点も安心感がありましたね。

いよいよ住戸内へ!

写真

ガチャっと玄関扉を開けると、ゆったり取られた土間が広がっています。窓から光が入って明るい! グレーの壁に取り付けられたマリンランプ、むき出しのダクト、そして存在感ある型ガラス入りのドア・・・いい感じです。

写真

左・振り向くと、反対側にもシューズラックが。よく見ると、さりげなくコンセントも用意されています。こちらは電動アシスト自転車の充電用として使われていたそうです。/右・それでは、ドアオープン! 左右に開く引き戸って、幕が開けるみたいでワクワクしますね。

売主さま

土間がかなり広いので、ベビーカーや外遊びグッズを置いたり、通販で買ったものの一時的な受け入れスペースとしても重宝しています。

ポイントは開放感

写真

ジャジャン! こちらの物件の間取りは、ズバッと潔いワンルーム。室内に入った瞬間に開放感を感じるのは、光や風の流れを遮るものがないからこそ。視線も、窓の向こうのグリーンへとスーッと抜けてゆきます。

写真

カウンターを越えて、くつろぎのリビングダイニング(LD)スペースへやって来ました。無垢のフローリングが陽の光を吸って、やわらかい雰囲気です。2018年末にサッシを複層ガラスのものに更新したばかりとのことで、住戸内はとても静かでした。

売主さま

足元を無垢材にすることと、壁を塗装仕上げにすることはこだわったポイントです。

売主さま

できるだけムダな壁や廊下を作らず、広々と使えるワンルームにしようと思って。土間からバルコニーまで風が抜けて気持ちいいですし、子どもに目が届きやすくて安心です。床は段差をなくしてフルフラットにしているので、長男はよく室内用三輪車で駆け回っていました(笑)

小上がりの特等席

写真

LDスペースの奥には、寝室として使える小上がりが設けられています。パカッと開けると中は収納になっており、季節モノなどをたっぷりしまっておけますよ。奥の壁にはハンガーパイプが付いているので、マットレスの位置を手前に寄せれば、オープンクローゼットとして利用することも可能です。

売主さま

小上がりはベンチとしても使えるように高さを計算しました。窓に向かって腰掛けるのがお気に入りです。光がたっぷり入って、いいんですよ〜。

cowcamo

あ、ほんとですね〜!

眺めはというと・・・

写真

緑がこんもり! 目の前にあるのは桜の木だそうで、花の季節にはお花見を楽しめるのだとか。羨ましい!

写真

バルコニーは南西向き。取材日は残念ながら快晴というわけではありませんでしたが、それでもさわやかなグリーンビューを堪能できました。ちなみに白いドアの先は、ちょっとした物置になっています。

室内に戻って

写真

おやすみの際や来客時などは、小上がりをこんな風にカーテンで区切ると “個室感” がアップ◎ 右手のブラックのドアの奥は、余裕あるサイズのウォークインクローゼット(WIC)です。

売主さま

この部屋のために揃えたカーテンや照明は、よかったら次の住まい手の方にも使っていただきたいと思っています。

cowcamo

(それはうれしい・・・)では続いて、奥に見えるキッチンを拝見しましょう。造作の棚とカウンターが、床とぴったりマッチしていますね!

ハカドル・キッチン

写真

左・奥さまがこだわったという、オールステンレスのシステムキッチン。背面にはサブウェイタイルがあしらわれています。スタイリッシュなだけでなく、食洗機完備・4口コンロという実戦対応型です。これはお料理がはかどりそう!/右・造作のカウンターは、テーブル、作業台、収納 etc・・・さまざまな役割を兼ねた頼れる存在。後ろの白い引き戸は、この後見ていく水まわりへつながっています。

売主さま

キッチン天板の高さは約90㎝。作業しやすいように、カウンターの高さは約80㎝に仕上げてもらいました。特に、背が高めの方に気に入っていただけるかなと思います。

売主さま

コードがごちゃごちゃしないよう、リノベの際は住戸内のコンセントの位置にも気を配りました。カウンターの左右・中央・内側にもコンセントを付けたので、スッキリ使えますよ。実はお掃除ロボットの定位置としても考えていたのですが・・・まだ買ってないです(笑)

水まわりは海外風に 2in1

写真

左・引き戸を開けると、こんな感じ。水まわりを一体型にすることで、限られた空間を有効利用しています。左手には・・・/右・グレーでまとめられたバスルームが。抜かりなく、浴室乾燥機が備わっています。

写真

左・洗面化粧台があまりに可愛いので、改めてもう一枚! 鏡の奥は収納になっています。アクセントとして、コバルトブルーのハニカムタイルがキラリ。/右・トイレの奥の壁も鮮やかなブルー。洗濯機スペースがちょっと近い・・・かもしれませんが、しっかり収納棚も用意されていて使いやすそう。

売主さま

洗面化粧台のボウルは、あえて白ではなくイタリア製のグレーのものをセレクトしました。

cowcamo

小ぶりなハニカムタイルといい、可愛すぎです♡

壁がないということ

写真

最後に、再びLDスペースを見渡して。現在10ヶ月という次男くんのためのクッションシートを敷きつつ、お話を伺いました。

売主さま

小上がり横のWICには室内窓を付けて、ゆくゆくは子ども部屋としても使えるように設計してもらいました。ちゃんとシングルベッドが入るサイズなんですよ。

売主さま

おひとり暮らしでも、カップルさんでも、お子さんのいるファミリーでも・・・壁のないワンルームだからこそ、ここでいろいろな暮らしを描いていただけると思うんです。

cowcamo

どうもありがとうございました! 

この後は、奥さまに教えてもらった周辺のオススメ情報などをお届けします♪ 街への思い入れが伝わってくる、素敵なレコメンドの連続でした(笑)

ルルル 今日もいい天気

写真

左上・まずはイチオシの「Sandwich&Co.(サンドウィッチ&コー)」へ。『売り切れ次第で閉店なんです、間に合うかな?』と心配していただきましたが、無事に人気の週替わりサンドをゲットできました! ウワサの通り、親子連れからシニアご夫婦まで、多くの人で賑わうお店。ご近所にあるなんて羨ましいです。(240m 徒歩3分)/右上・そのお隣にある「弦巻花壇/ル・マフィン・プレシュー」から、香ばしいバターの匂いが・・・なんと、お花屋さんとマフィン屋さんが夢の共演を果たしていました。自慢の逸品「プリンマフィン」をペロリ。ここも入ってよかった!(240m 徒歩3分)/左下・ハンバーガーなら「NEWOLD (ニューオールド)」へGO! カジュアルな雰囲気なので、お子さまと一緒でも気兼ねなく食事を楽しめそうです。ちなみに、パンケーキも絶品なのだとか。(600m 徒歩8分)/右下・こちらは2018年のオープン以来、地元民に大人気というピッツェリア「PIZZA MAFIA TOKYO(ピザマフィアトーキョー)」。24時間発酵のピザ生地はふわふわ♡ ああ、胃袋がもうひとつ欲しいです。(800m 徒歩10分)

cowcamo

桜新町さんぽ、楽しい! 

なお、こちらの物件は売主さま居住中のため、ご内見の日程に調整が必要な場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

cowcamo

カウカモ編集部より

にこやかな笑顔が印象的な売主さま。もしやこの居心地のいいワンルームが、自然な微笑みの秘訣なのかもしれません。


「桜新町」の物件紹介というと、やっぱりまずは「サザエさん」の姿が頭に浮かんでいたのですが・・・実際に街を歩いて、教えていただいたお店をのぞいてみると、そのイメージは鮮やかに塗り替えられました! 桜新町ってこんなにイイ雰囲気のカフェ、レストランがオープンしていたのですね。マダムたちや小さなお子さま連れ、シニアご夫婦たちが、それぞれリラックスして世田谷暮らしを楽しんでいる。そんな印象を受けました。


記事では紹介しきれませんでしたが、周辺には公園が点在していて緑が多いんです。駅からフラットな道のりで、しかもご近所に品揃え&施設充実のスーパーがドンと控えている。これはかなり暮らしやすいはず! 「桜新町」駅は「渋谷」や「二子玉川」駅へダイレクトにアクセスできるので、そのエリアでお勤めの方でしたら、実にいいカードが揃っていますよ。


大手ゼネコンの大成建設によって竣工されたマンションは、2019年4月現在、築48年という長い歴史を持っています。築年数がちょっと気になるという方もいらっしゃるかもしれませんが・・・その不安は、現地でマンションをご覧いただけば、きっとクリアされるのでは? 


丁寧に改修や修繕工事を重ねてきたおかげで、外観・共用部は古さを感じさせません。費用がかかるため後回しになりがちな、住戸の玄関扉の交換までされているのもうれしいですね。キレイに掃除されたロビーや整ったゴミ置場を眺めていると、120戸の暮らしを抱き続けてきた “ベテランのマンション” という安心感さえ感じられました。


建物躯体のみのスケルトン状態から、オーダーメイドでリノベーションされたこちらの物件。売主さまファミリーが、自分たちの暮らしに合わせて工夫を凝らした “一点もの” です。ひとの暮らしは100人100色。それなのに、自分の毎日にもぴったりなような、欲しかったのはこれなのかも! といった印象を受けるのはなぜなんでしょうね。


約54.82㎡の空間をワンルームに仕上げているのは、電気容量の都合上エアコンを1台しか設置できないという理由もあったそうですが、『もともと、ゆったりしたワンルームへの憧れがありました』と売主さま。ここがリビング、ここが寝室と、間取りありきで行動を定められるのではなく、ただゆったりした空間が提示されている。それはとても贅沢で、住まい手が毎日を楽しむセンスが問われる間取りでもあります。


遮るもののないフルフラットの室内を、自在に吹き抜ける風と光。そしてバルコニーの向こうの緑。確かに、この空間を三輪車で駆け抜けたら気持ちいいだろうなぁ、なんてしみじみお子さまの気持ちに共感してしまいました。まさに進路はオールグリーン! 壁がないことで、こんなに住まいは自由になれるのだという大成功例ではないでしょうか。


あえてお好みが分かれそうな点を挙げるならば、水まわりが独立型でないところ。そこにどうしても抵抗がある方にはオススメできませんが、ゆったりしたくつろぎスペースを確保できているのは、トイレ・洗面が2in1であるからこそ。海外風のおしゃれな水まわりは、個人的には大いにアリです◎


『みんなが好きそう』という漠然とした誰かのためのリノベではなく、『私たちはこれが好き』のために考え抜かれたオーダーリノベならでは。居心地よさの追求がそこかしこに感じられる、素敵な物件です。売主さまご夫妻のセンスが輝く、一部の家具や照明付き♡ ここでたくさん笑ったハッピーの名残と、自然な微笑みと一緒に、引き継いでくださる方をお待ちしております。お問い合わせはどうぞお早めに!

writer / editor:小杉 美香

とれたて新着

カウカモ公式 LINE@

LINE

カウカモ編集部から毎日配信。新着やおすすめ情報をお届けします。

実際に見てみたい