fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

「ライフスタイルデザイン」から物件を選び、「間取りアレンジ」で欲しい暮らしにより近づけられる「SELEC」。リバーサイドにマンションが建ち並ぶ “勝どきエリア” に登場です! 造作のキッチンカウンターを備えたナチュラルなLDK。光を浴びながら、ゆったり会話をお楽しみください。

中央区勝どき(勝どき駅徒歩3分)
スケルトン / 49.86㎡ / 3,340万円

「SELEC」って?

写真

暮らしのイメージを基にした「ライフスタイルデザイン」から物件を選び、「間取りアレンジ」であなたの欲しい暮らしにより近づけられるサービス。出来上がったものを買うだけではない、自由な住まいの選び方ができます。もっと詳しく知りたい方は、SELECの紹介ページをチェックしてみてくださいね!

cowcamo

現況は改装工事前で、表示されている販売金額は改装工事前の物件価格です。物件価格に加えてリノベーション工事の費用がかかりますので、ご留意くださいね。

南西向き住戸をプランニング

写真

地下1階付き地上11階建てマンションの9階部分に所在する、専有面積約49.8㎡の住戸。現在は、内装や設備を解体したスケルトンの状態です。

cowcamo

こちらの物件に合わせて、カウカモがプロデュースしたライフスタイルデザインは?

料理とおしゃべりを楽しむ 「キッチンチャットプラン」

写真

各居室に窓がある1LDKの間取りです。二面採光のLDKにはオープンキッチンを採用し、人が集まり、会話が弾むような空間づくりをしています。【工事費は940万円】

cowcamo

ここからは、CGイメージとともにご紹介しますね。ただし、画像で表現されている色や部材などの仕様については変更となる可能性があります、ご了承ください。

まずは 約14.8帖のLDKから!

写真

ナチュラルな装いの縦長LDK。躯体現しの天井には白塗装を施し、異なるテクスチャーがうまく調和が取れるようデザインしました。

cowcamo

画像で表現されている家具やペンダント照明・小物類は、物件に付属しません。暮らし方の参考にしてみてくださいね。

カフェのような ダイニングキッチン(DK)

写真

北西向きの窓から光が差し込むさわやかなDK。少し距離はありますが、窓の正面には建物がありますので、レースカーテンなどで目隠しをしてもいいかも。

cowcamo

カウンターでお食事を楽しみたい場合は、画像のようなハイスツールのご用意を! リモートワーク用のデスクとしてもご利用できますよ。

写真

一段下がったキッチン天井に用いられた木目パネルが、落ち着いた印象を与えてくれます。端にはステンレスの見切りを使うなどディティールにもこだわっていますよ。

cowcamo

造作カウンターには、空間に馴染むベージュのクロスをアクセント使いしています。

写真

ゲストを横目にお料理が楽しめる壁付けキッチン。カウンターの内側は実は収納スペースになっているのがポイント!

cowcamo

ゆるいおこもり感があって、お料理中の気分も上がりそうです。

写真

天井高は約2.3mを想定しているので、幅は狭めですが空間に奥行きが感じられるかと思います。

二面採光の 明るいリビング

写真

大通りに面した南西向きのバルコニーにアクセスできます。日当たりがよく植物も喜びそうですね。

cowcamo

壁面には大胆に木目パネルをあしらいました。白い扉の向こうには……

約4.6帖の洋室

写真

ダブルベッドを置けるサイズ感で、クローゼットが備わっています。

写真

バルコニーにつながる掃き出し窓は、こちらの洋室にも。

cowcamo

木枠の室内窓は開閉可能。排気ガスを気にして掃き出し窓を開けたくない時も、こちらの窓から換気ができます◎

水まわりをチェック

写真

左・ダイニング横の洗面脱衣室。ブラックフレームのスタイリッシュな洗面化粧台を採用しています。背面にはバスルームがありますよ。/右・廊下に面しているトイレ。上部には吊り戸棚を備えています。

ゆとりある玄関ホール

写真

木のガラス入り戸の先にLDKが。玄関からは覗かれる心配のないL字の廊下です。

写真

左・右手に窓がある心地よい玄関スペース。広めにつくられているので、姿見やコートハンガーを置く余裕があります!/右・正面には折れ戸2枚分の収納があり、掃除グッズやストック類の保管に役立ちますよ。

cowcamo

収納には可動棚を4段まで設置可能です。(工事費含む)

間取りのアレンジで もっと自分らしく!

写真

基本プランではLDKを広くとりましたが、リビングとダイニングの境に引き戸を用意すれば、さまざまな家族構成やライフステージの変化に対応できる間取りに。洋室の入り口ドアの向きを変え、クローゼットを少しだけ拡張しています。

cowcamo

細則はありますが、こちらの物件は事務所利用も可能です。しっかりとした仕事部屋を設けるのもありかも。

現在の姿は……

写真

室内は既に解体済み。バルコニー正面には背の高い建物が見えますが、大通りを挟んで距離が取れているため視線は気になりませんでした。左手にはチラリと運河が望めて穏やかな気持ちに。

cowcamo

大通りに面しているため、室内にいても車の走行音が聞こえてきました。聞こえ方には個人差があるため、気になる方は現地でご確認ください。

朝潮運河にかかる 「黎明橋」の近くに

写真

1975年に竣工した地下1階付き地上11階建てのマンション。青空に映える、赤褐色の佇まいです。

cowcamo

最寄り駅の「勝どき」(徒歩3分)からは、晴海通りを真っ直ぐ歩くアプローチ。ゲストも迷わずに辿り着けそうです!

写真

左上・エントランスは晴海通り沿いにあります。数段の階段を上る必要があるので、重い荷物を持っている時には少し大変かも。/右上・共用ホールはこちら。奥にエレベーターがあります。/左下・住戸が所在するのは9階です。正面にご紹介した住戸の玄関扉が見えますが、こちらはリノベーションに合わせて交換予定です◎/右下・共用廊下からは気持ちよく大空が仰げます!

cowcamo

共用部からは全体的に年季を感じました。なお、2021年11月よりマンションの管理形態を自主管理に切り替えたそう。

新旧の建物が入り混じる “勝どきエリア”

写真

左上・都営大江戸線「勝どき」駅直結の「勝どきサンスクェア」と「勝どきビュータワー」。スーパーや郵便局、ドラッグストアなどがテナントとして入っているため、駅の利用ついでに立ち寄れる利便性があります。(徒歩3分)/右上・看板商品のくまパンをはじめ、素朴で美味しいパンが並ぶ「ORIMINE BAKERS(オリミネベーカーズ)勝どき店」。日常使いにも◎(450m 徒歩6分)/左下・「Cafe kasuga(カフェ カスガ)」はモツ煮定食がイチオシのごはんカフェ。(100m 徒歩2分)/右下・「黎明橋」を渡った先にある複合商業施設「晴海トリトンスクエア」。レストランが充実しているほか、スーパーに書店、フラワーショップなども揃っています。(240m 徒歩3分)

写真

「黎明橋」を渡ってすぐの「さくらの散歩道」のベンチに腰掛けてパシャリ。忙しい時こそボーっと運河を眺める時間が必要かも。仕事のよい息抜きになりそうな予感がしました。(130m 徒歩2分)

cowcamo

カウカモ編集部より

「SELEC」シリーズの「キッチンチャット」プランが “勝どきエリア” に登場!

1LDKの間取りで、本体価格 3,540万円+工事費 940万円
LDを眺められるキッチンを備え、人が集まりやすいプランです。地上9階の角部屋は、明るく開放感があります。

ご希望の場合は間取りや収納、設備のアレンジを施すことも可能です。詳しくは、内見時に担当のエージェントまでご相談ください。

ご注意いただきたいのは、冒頭に表示されている金額は「改装前の物件価格」ということ。物件価格に加えて、別途リノベーション工事・間取りアレンジの費用がかかります。また、工事はご契約後の実施になりますよ。

最寄りは都営大江戸線「勝どき」駅。「新宿」駅までは乗車時間約24分と都心へのアクセスは良好です。さらに東京メトロ有楽町線「月島」駅(徒歩10分)が利用可能なのもありがたいところ。2021年9月時点では駐輪場に空きはありませんが、自転車を使えば10分ほどで “銀座エリア” にも行けますよ!


 “勝どきエリア” には商業施設や公園などが点在し、ファミリーフレンドリーな印象を受けますが、交通アクセスの良さから、ビジネスパーソンにもおすすめのエリアです!


内見時にはぜひお散歩を。緑や水辺など、この街の自然を肌で感じてみてくださいね。

writer / editor : 高山 翔矢

とれたて新着