fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

一杯のつもりが、少し飲みすぎてしまった。「新宿」の盛り場から酔い覚ましに歩いて帰る途中、ふと見上げた大都会の空は、上京したときと変わらなかった。あの頃と違うのは、眩しかった街を見渡す家に住んでいること。そして、ひとりではないこと。帰ったら君は、もう寝ているだろうか。

新宿区西新宿(都庁前駅徒歩7分)
2LDK+WIC / 54.00㎡ / 4,790万円

高層ビル群と住宅街のあいだ 「西新宿五丁目」

写真

左上・今回ご紹介する物件の最寄りは都営大江戸線「西新宿五丁目」駅と、お隣の「都庁前」駅。どちらも徒歩7分でアクセスできますが、今回は飲食店など見どころの多い「西新宿五丁目」からスタート!/右上・駅の地上出口のすぐ近くにある沖縄料理店「も〜れ2(もーれもーれ)」は、沖縄料理はもちろん、ご当地アイス「ブルーシール」を大フィーチャーしています。アイスのテイクアウト販売もしているので、夏場はなにかと立ち寄ることが多くなるかも!?(450m 徒歩6分)/左下・台湾出身者である筆者イチオシの台湾料理店「山珍居」。1947年に創業した老舗で、手塚治虫先生をはじめ、数々の文化人に愛されてきた名店です。(450m 徒歩6分)/右下・生活用品も取り扱う大型ドラッグストア「どらっぐぱぱす 西新宿店」がマンションから徒歩4分(300m)の場所に。トイレットペーパーが切れても、すぐに買いに行けますね♪

路地裏に建つ 総戸数102戸の大規模マンション

写真

こちらが今回ご紹介する、1981年竣工・地上8階建ての大規模マンションです。1階にはいくつかテナントが入っており、2階から上が住居専用階となっています。

cowcamo

ご注目いただきたいのが、管理のよさ。これまで適切な頻度で大規模修繕工事が施されており、耐震補強工事や各住戸の玄関扉・サッシ交換などの修繕もされています。管理人さんは週6日の勤務体制で、定期的に清掃員の方もいらっしゃっています。それでいて、規模の恩恵もあって管理費は抑えめ◎

写真

左上・エントランスには階段のほか、緩やかなスロープも備わっています。スーツケースを利用するときも安心ですね。/右上・高級感のある広いエントランスホール。こちらにも緩やかなスロープが備わっています。/左下・オートロックの先にあるエレベーターホール。エレベーターは2基備わっています。/右下・今回ご紹介する住戸が所在する、最上階の8階まで来ました。玄関ドアは2008年に新しいものに交換されていますよ。

cowcamo

愛犬家・愛猫家の皆様さまにうれしいお知らせ! こちらのマンションでは、ペットを飼育することができます。管理人さんにお聞きしたところ、エレベーター内では抱きかかえるか、ケージに入れることがルールとのこと。また、現在2台分の駐車スペースが空いており、月額36,000〜39,000円で利用可能です。最新の空き状況はお問い合わせくださいね。

お邪魔します!

写真

左・玄関扉を開けると、白基調の清楚な廊下がスッと伸びてしました。玄関土間の右手には、姿見付きの背の高いシューズボックスが備わっています。左手の扉内部には電気温水器が収まっていて、収納としてはご利用いただけません。/右・廊下の奥から振り返ったところ。後ほどご紹介するトイレ、洗面脱衣室、洋室Bはこの廊下からアクセスします。さて、右手のガラス入りドアを開けて、いざLDKへ!

パァァァ…

写真

漫画だったら、きっと擬音がこのシーンに入ることでしょう。西向きの掃き出し窓からたっぷりの光が入る、約12.5帖のLDKです。

売主さま

家具は参考用に置いていますが、ご希望があれば物件にお付けいたしますよ。

cowcamo

ふとっぱら!

写真

掃き出し窓側からパシャリ。左手の引き戸の先には、開け放てばLDKと合体させられる洋室A、写真中央にはクローズドタイプのキッチンが見えています。そして、右手奥にも洋室Bにつながる引き戸が配置されています。まずは、キッチンを拝見しましょう。

写真

左・写真奥が冷蔵庫置場。右手にはカップボードが置けるスペースがありますね。/右・3口コンロ、浄水器内蔵式水栓が備わっています。参考として配置された家具のようにダイニングテーブルをセットすると、配膳がスマートにいきそうですね。続いて、光が差し込むバルコニーへ!

注:ここは「東京都庁」のすぐそばです

写真

繰り返しますが、ここは新宿の高層ビル群のほど近く。西向きのバルコニーからは、それとは思えないような抜けのある景色を望むことができます。

写真

奥行きは少し浅めですが、幅はワイドで隣接する洋室Aの前まで伸びています。

室内へカムバック

写真

リビングダイニング(LD)は長方形なので、家具は自然と写真のような置き方になりそう。続いて、左手の引き戸をオープンして洋室Aへ。

約4.2帖の洋室A

写真

洋室Aには、さきほどのバルコニーに出られる掃き出し窓が。右手にはコンパクトなクローゼットが備わっています。

写真

引き戸を開け閉めすれば、拡張リビングスペースとしても、個室としても使うことができます。

写真

引き戸を開けておけば、合わせて約16.7帖の広々とした空間に。

写真

掃き出し窓側からLDをパシャリ。豊かな採光も手伝って、ご覧の通りの開放感です。さて、右手の引き戸の先へ進みましょう。

2wayアクセスの洋室B

写真

左・そこには約5帖の洋室Bが。左手の引き戸は廊下につながっていて、LDKを経由しなくてもアクセスできます。エアコン用のダクトが通してあるので、閉じきってお使いいただくこともできますよ。右手のドアの内部は……?/右・大きなものもしっかり収納できそうなウォークインクローゼット(WIC)でした。

廊下へ戻って 水まわりをチェック!

写真

左・廊下の隅には、気の利く小さな収納が。容量がコンパクトでも、あると無しとでは意外と使い勝手が違ってきますよね。/右・トイレには高めの段差が。むしろこのくらい高さがある方が、足を引っ掛けてコケるようなことが少ないかもしれませんね。

写真

左・洗面脱衣所にも、トイレと同じ高さの段差があるのでご注意を。洗面台には、お掃除のしやすい天板一体型ボウルが備わっています。/右・お風呂は、追い焚き機能・浴室乾燥機付き。

“都会” 方面を散策

写真

マンションを出て「新宿」方面を向けば、そこにはこんな光景が。正面にもっさりと茂っている緑は「新宿中央公園」です。右手に見えるレンガタイル張りの建物は、マンションのお向かいさんである「新宿ニューシティ―ホテル」。

写真

左上・「新宿ニューシティ―ホテル」の1階には、気軽に入ってパンを買うことができる「MORETHAN BAKERY(モアザン ベーカリー) 新宿」が。家のすぐ近くにパン屋さんがあるって、結構うれしいですよね。(130m 徒歩2分)/右上・圧倒的な存在感を放つ「東京都庁」と都会のオアシス「新宿中央公園」。新宿の象徴的な光景です。(260m 徒歩3分)/左下・近所には24時間営業のスーパー「マルエツプチ 西新宿三丁目店」もあるので、普段のお買い物もご安心下さい◎(400m 徒歩5分)/右下・休日には、「新宿中央公園」でお散歩を楽しみ、カジュアルなイタリアンレストラン「FUNGO DINING(ファンゴー ダイニング)」でのんびりランチをするのもいいですね!(450m 徒歩5分)

cowcamo

カウカモ編集部より

世界最多の乗降者数を誇る繁華街「新宿」が徒歩圏内。通勤をスマートにこなし、アフターファイブに社交場で軽く一杯引っ掛けて高層ビルを眺めながら帰宅。そんなアーバンな暮らしを落ち着いた環境で送ることができたら、人生がぐっと豊かになりそう。


今回ご紹介するのは、「東京都庁」のほど近くに建っている、大規模マンション。と書くと、コンクリートジャングルな周辺環境をイメージしてしまいそうですが、建物の所在地は、ちょうど低層の住宅街が始まる境界のあたり。エントランスのある西側にはビジネスホテルや背の高いマンションが建っていますが、住戸のバルコニーが位置する西側はガラリと景色が変わり、戸建てが建ち並ぶ穏やかな街並みが広がっています。


住戸は最上階の8階に所在していて、バルコニーからはこの立地では想像しがたい、遠くまで見渡せる景色を望むことができます。約54㎡の専有面積にふたつの個室を与えた間取りなので、おひとりさまはもちろん、小さなお子さまがいらっしゃるファミリーさんも快適に暮らせそう。


LDKと洋室Aからは気持ちのいい眺望がいつでも見られ、引き戸を開け放って開放感をさらにアップさせることもできます。


眺望や間取り以外にも、カウカモがこちらの物件をおすすめする理由には管理のよさがあります。予算がかかることから実施のハードルが高い玄関ドアやサッシの交換をはじめ、各種必要な修繕が重ねられています。管理人さんの勤務体制も手厚く、その一方で、規模の恩恵により管理費は抑えめになっています。


そうそう、忘れてはいけないもうひとつの美点が、ペットと一緒に暮らせること。ワンちゃんと一緒に高層ビルの谷間をRUN、なんて楽しみも実現しちゃいます。


落ち着いた環境で寝起きをしながら、日々都会のアツさを肌に感じられる暮らし。名付けて、『閑静と情熱のあいだ』です。

writer / editor:中山 宇宴

とれたて新着

実際に見てみたい