fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

吸い込まれるような青の世界。ローズウッドの床やデザイン建具、スタイリッシュな照明たち……個性の強い素材が互いに引き立てあって絶妙な調和が生まれています。アーティスティックな空間で生まれる、更なるインスピレーション。安らぎも刺激も、どちらも求めるあなたに。

杉並区上高井戸(芦花公園駅徒歩5分)
3LDK / 79.62㎡ / 5,780万円

売主さまのご紹介

写真

Iさまご家族

ご夫婦+お子さまの4人ファミリー。2018年にカウカモでリノベーション済み物件をご購入後、追加リノベを施してお住まいです。ふたり目のお子さまが産まれたことを機にお引っ越しを検討され、この度手放すことに。

ディープブルーの世界へ

写真

アーティスティックなご夫婦が手を加えた、神秘的な空間をご紹介♡ 想いの詰まったお住まいです!

こんにちは カウカモです♪

写真

左・真っ白でシンプルな玄関スペース。正面のガラス入り扉からたっぷり光が届きます。/右・後ほどご紹介する洋室Cと水まわりの扉を横目に、まずはLDKへ。

ほぉ♡

写真

LDKに入ってすぐの所には、真っ赤なペニンシュラキッチンが鎮座。食洗器が備わっています◎

cowcamo

3年ほどお住まいでしたので、シンクやコンロの使用感は現地でお確かめください。設備機器は部分的に入れ替えることが可能ですので、気になる方はお気軽にご相談を。

写真

ダイニングスペース側から見ると、こんな感じ。キッチンは奥行きが深いので、カウンターとしても使えそうですね!

売主さま

作業スペースが広くて使いやすいです。室内や外を見渡せるお気に入りの場所でもあります。

魅了されます♡

写真

う~ん……なんて神秘的なブルーの壁! 落ち着きあるモダンな空間に惹き込まれますね。

写真

お隣の洋室Aとの間には、売主さまがご自身でデザインされた4枚のガラス扉が。

売主さま

物件購入後、LDKと洋室Aの天井を躯体現しにして、自分たちでペンキを塗りました。天井が高くなったので、広く感じられますよ。

空を大きく仰ぐ バルコニーへ出てみましょう

写真

旧甲州街道を見下ろす、南東向きのバルコニー。奥で京王線がジオラマのように駆け抜ける、のどかな景色です。

写真

バルコニーは洋室Aの前まで続いています。売主さまは室内干し派だそうですが、ほかの住戸では独立式の物干し台を設置されている方もいるそう。

cowcamo

7階と高層階に所在している住戸ですが、外では車や電車の走行音が多少聞こえてきます。でも二重サッシのおかげで、閉めればとっても静か。断熱性にも期待できます。

売主さま

窓サッシは数年前に取り替えられているため、開閉しやすくて動きもスムーズです◎

室内の続きを見てみましょう

写真

バルコニー側から見たLDK。広さは約17帖です。

写真

普段は洋室Aの引き戸を開け放し、約22帖の大空間LDKとして使われているそう。

二面採光の洋室A

写真

約5帖の広さで、現在はプレイルームとして利用されています。日当たりがよく、植物が元気に育っていますね!

写真

日差しが強いときは、ブラインドを下ろしているそう。やわらかい光が拡散します。

売主さま

LDKと洋室に取り付けた3つのシェードは、このまま置いていく予定です。不要な場合はご相談ください。

写真

見返すと、壁面には3枚引き戸のクローゼットが。

cowcamo

写真だと分かりにくいのですが、天井には海外のリノベーションパーツを専門に扱うショップ「GENERAL VIEW(ジェネラルビュー)」のインダストリアルな照明が取り付けられています。照明好きが萌えそう♡

売主さま

壁や天井に取り付けた照明類は、そのままお譲りします。洋室AとBにあるエアコンもよかったらお使いくださいね。

選び抜かれたディティール

写真

左・何度も調整して色を作ってもらったというこだわりのブルー。テクスチャーが感じられる素敵な塗装です。/右・照明好きなご主人さまがセレクトした、照明ブランド「NEW LIGHT POTTERY(ニューライトポタリー)」の壁付け照明。

写真

左・床材はローズウッドのパーケットフローリング。/右・スイッチも抜かりなく。主要箇所にはセラミックのアメリカンスイッチプレートが採用されています。

売主さま

床は光沢ある質感に仕上げました。無垢材なので、表面を削れば違う表情もお楽しみいただけるはずですよ。

約4.5帖の洋室Bへ

写真

現在は、寝室として使用されています。LDKとの間の壁上部には室内窓が。

売主さま

エアコンがあるので快適に休めますよ。

cowcamo

こちらの個室は物件購入時のままで、追加リノベーションは行っていません。壁はクロス貼り、床も一般的なフローリングが張られています。

玄関横の洋室C

写真

約7.5帖の洋室Cにも大きなクローゼットが付いています。

cowcamo

こちらの個室では壁掛けエアコンを取り付けられず、窓用エアコン推奨となっております。

売主さま

今は納戸として使っています。ちょっともったいないですよね(笑)

最後に 水まわりを拝見

写真

左・コンパクトながらも、洗面化粧台には大きな洗面ボウルが備わっています。/中央・洗面脱衣室からアクセスするトイレ。/右・1317サイズのユニットバス。売り主さまは浴室換気乾燥機を利用して物干しをされているそう。

cowcamo

こちらの物件は売主さまが居住中のため、ご内見の日時には調整が必要な場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

建物について

写真

甲州街道と旧甲州街道のどちらにも面した立地です。

cowcamo

2021年7月現在、耐震補強工事と大規模修繕工事を実施中。2021年12月末頃に完了予定です。今回の工事で、玄関扉も新しく交換されるそう◎

写真

植栽の間を抜けてエントランスへ向かうと、管理人室とオートロック付きの扉があります。ご紹介した住戸の玄関扉は吹き抜けの先に。

cowcamo

エントランス右脇には駐車場と駐輪場があります。現在、駐輪場には数台分の空きあり。ご利用希望の方には最新の空き状況をお調べいたします。

ほっこり和む “芦花公園エリア”

写真

左上・物件の最寄りは京王線「芦花公園」駅。北口を出ると、昔ながらのこぢんまりとした商店街があります。(徒歩5分)/右上・駅の南口側にはスーパー「サミットストア 芦花公園駅前店」が。(450m 徒歩6分)/左下・売主さまも常連だという「Inemame(イネマメ) 」は、自家焙煎のコーヒー豆専門店。(400m 徒歩5分)/右下・昭和の時代から地元に根付いている「アリマ洋菓子」は、レトロなケーキショップ兼喫茶室。「芦花シュー」が人気です。(300m 徒歩4分)

まだまだあります 日常を彩る楽しいスポット

写真

左上・周辺には公園が点在しています。お子さまたちのお気に入りは「上高井戸南公園」なのだそう。遊具で楽しく遊べそうですね。(250m 徒歩4分)/右上・オーダー家具と木製キッチンの店「KUNINAKA(クニナカ)」。向かいにはショールームがあり、作品例を見ながら打ち合わせができます。(260m 徒歩4分)/左下・「Relation(ルラシオン)」は、コーヒーとのペアリングを提案しているパティスリー。お誕生日や記念日など特別な日に♡(240m 徒歩3分)/右下・レトロながらも実力派の中華料理店「栄来軒(えいらいけん)」。売主さまも以前はよく通ったそう。(290m 徒歩4分)

cowcamo

カウカモ編集部より

ベースは日当たりのよいシンプルな一室。アーティスティックな売主さまの加えたスパイスにより、神秘的で艶やかな空間に仕立てられています。

赤いキッチンと青い壁。ほかにも個性の強い素材を組み合わせていますが、それぞれの質が高く、互いに高めあってうまく調和されている印象。オシャレ上級者のコーディネートですね。


日中は朝から陽が差し、植物が活き活き育つ明るい空間。でもきっと照明を落とし気味で迎える夜は、魅惑的な空間となることでしょう!


また、建物にも安心材料が揃っています。現在、耐震補強工事と大規模修繕工事を同時に進められており年内には完了予定。さらに日常的に使う窓サッシは既に交換されており、玄関扉もこれから改修予定とのこと。築年数が経過した建物における懸念事項がクリアできていますよね!


室内で使用感や色合いが気になる部位は追加リノベをすればOK。ただ目の肥えた売主さまが選ばれた素材たちがとってもいい味わいを出しているので、ぜひ受け継いでいただきたいなと思いました!

writer:南田 かおり / editor:平野 翔子

とれたて新着

内見・お問い合わせ