fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

この暮らしは、ずるい。だって吉祥寺駅周辺で何でも揃うから便利でしょう? 自然豊かな井の頭公園だけでなく、マンション内にも大きな中庭があるでしょう? お部屋は3面にバルコニーを携えて、ひとつはルーフバルコニーでしょう? この家での明日を想像したら、羨む気持ちを抑えられない。

武蔵野市吉祥寺本町(吉祥寺駅徒歩15分)
3LDK+WIC+SIC / 68.98㎡ / 7,290万円

賑わい衰えない「吉祥寺」

写真

左上・駅周辺に商業施設や飲食店などが集結し、“住みたい街ランキング” 上位常連の「吉祥寺」。JR中央総武線・京王井の頭線・東京メトロ東西線が乗り入れ、「新宿」や「渋谷」をはじめ都心へのアクセスは良好です。(徒歩15分)/右上・「井の頭恩賜公園」には小さな動物園や遊園地、ボート池など楽しいエリアがいっぱい! 園内にある「三鷹の森ジブリ美術館」にはお子さま向けのネコバスも♡(1.3km 徒歩17分)/左下・駅前を起点として飲食店や書店などが連なる「吉祥寺サンロード商店街」は、アーケードが掛かっているので雨の日のお買い物もラクラク♪(1.1km 徒歩14分)/右下・老舗百貨店として地元に根付く「東急百貨店 吉祥寺店」。インテリアショップ「ニトリ 東急吉祥寺店」もテナントとして入っているので、新生活の準備に便利そうです。(850m 徒歩11分)

桜の樹が寄り添う 街のようなマンション

写真

一日中賑わいを見せる「吉祥寺」駅から、マンションまでの道のりは選択肢が豊富。ついつい寄り道したくなるルートが多いのですが、おすすめは中道通り。おしゃれなショップや個性派飲食店が建ち並び、次第に住宅街の静けさをまとっていきます。そして成蹊(せいけい)通り沿いに現れる、テラコッタカラー×ホワイトのタイル貼りが美しい建物が今回ご紹介するマンションです。

売主さま

2000年竣工、総戸数134戸の大規模マンションです。ゆったりと確保された敷地には、中庭を囲むようにしてA~D棟が建っています。

cowcamo

成蹊通り沿いには桜の樹が植えられているので、毎年春の訪れが楽しみになりそう♪ エントランス前には武蔵野市のコミュニティバス「ムーバス」の停留所があり、「吉祥寺」駅まで運賃100円で行けます♪

写真

左上・地下には機械式の駐車場があり、出入口は成蹊通り沿いにあります。2019年6月現在、駐車場(月額16,100円~19,800円)には空きがありますので、ご利用を希望される方はご相談くださいね。/右上・メインエントランスはD棟にあります。天井が高く、ガラス張りで開放的。/左下・オートロックの手前には管理人さんのカウンターと宅配ボックスが。ガラス越しに素敵な空間が広がっている様子がひしひしと伝わってきます♡ オートロックの先へ進むと……?/右下・まるでリゾートホテルかのような共用ロビーが! ご紹介する住戸には、左奥へと進んで行くのですが、その前に中庭を拝見。

売主さま

2015年にエレベーター部品交換工事、2016年に屋上防水工事、2017年に給水設備修繕工事を実施済み。管理人さんは水曜日以外の週6日勤務で、月・木・金・日曜日の8:30~17:00、土曜9:00~17:00、火曜8:30~12:00にいらっしゃいます。

写真

左上・“庭じゃなくて公園でしょ!” という規模の中庭。丁寧に手入れされた植栽の緑が豊かで、取材日はとっても暑かったのですが、なんだかさわやかな気分になれました♡ さて、共用ロビーに戻ってD棟内を進みます。/右上・桜の樹を横目に共用廊下を歩いていくと、突き当たりには……/左下・屋内駐輪場がありました。駐輪場(月額100円)も2019年6月現在空きがあります。“吉祥寺エリア” を散策するには、ぜひ自転車を味方につけて楽しんでくださいね! 駅周辺には公共の駐輪場が点在しています。/右下・その駐輪場近くにはエレベーターホールが。今回ご紹介する住戸が所在している、4階まで上がりましょう。

売主さま

8000㎡近くある広大な敷地の素敵な中庭でくつろぐことができます。ぜひ内覧の際は、共用部もじっくりご覧くださいね。

さっそくお邪魔しましょう

写真

左・エレベーターホールのすぐ横に、今回ご紹介する住戸の玄関扉があります。ガラス入りの玄関扉が可愛い♡/右・広々とした玄関ホール。石調の大判タイルがクールな印象です。

写真

左・土間には気になる扉が。そっと開けてみると……?/右・シューズインクローゼット(SIC)でした。居室に持ち込みたくない公園遊びのグッズなども、こちらにしまうとよさそうです。

写真

左・光がこぼれる扉の先はLDK。廊下の端からそちらを眺めると、右側には可愛いガラスブロックが♡/右・廊下にあるトイレをチェック。落ち着いた色味でまとまっています◎ 上部には収納付き。

窓がいっぱい! 約16帖のLDK

写真

廊下まで光を届けていたのは、この大きな窓からの光。LDKには2面に窓があり、正面は南東向き、左側は北東向き。

売主さま

こちらのマンションでは、小型犬・猫のどちらか1匹を飼育することが可能です。ワンちゃんなら「井の頭恩賜公園」までのお散歩をぜひ楽しんでくださいね。

写真

LDKには収納がないので、お気に入りの収納家具を見つけてみるのはいかがでしょうか? 窓が多くて家具の配置にはやや工夫が必要そうなので、家具を新調する際は事前に採寸をお忘れなく。

cowcamo

天井高は一番高いところで約244cmもあるので、大きな窓とあいまって開放的なLDKです。そしてリビングダイニング(LD)部分には床暖房が備わっていて、お子さまもペットも喜びそう♡

作業しやすそうなキッチン

写真

左・棚や引き出しがたくさんあるキッチンで収納力◎ 奥には冷蔵庫置き場のほか、食器やストック食品などを置く棚がおさまりそうなスペースがあります。/右・カウンター下にはゴミ箱やレンジ台を置くとよさそうです。お料理の盛り付けや配膳にも便利ですね! お次は南東向きのバルコニーへ。

敷地内の緑を望むバルコニー

写真

周辺に高い建物はなく、気持ちのいい景色が広がります。成蹊通りとは反対側を向いているので、とっても静か。

cowcamo

正面や左側の建物とは距離が取れているので、圧迫感はありません。ただ、視線が気になるようであればレースカーテンを用意した方がよさそうですよ。

写真

バルコニーは奥行きも幅も十分あります。洗濯物はこちらでどうぞ。そしてうれしいことにスロップシンク(流し場)が♡ 夏にお子さまが水遊びをするときなどに活躍してくれそうですね。

室内に戻ってきました

写真

遮るものがない二面採光のLDKなので、照明を点けなくても昼間は十分明るかったです。さて、お次は写真右手、北東側の窓の向こうをチェック。

約42㎡のルーフバルコニー!

写真

なんと、先ほどのバルコニーとは別にもうひとつ! しかもこの広さと解放感! 「吉祥寺」の街や武蔵野の山々を180度見渡すことができます。

写真

ルーフバルコニーへはLDKのほか、洋室Aと洋室Bからも出ることができますよ。夜には星空が綺麗に見えたりするのかな~♡ そして朝日もたっぷり当たりそうなので、早起きした日にはラジオ体操なんかもしちゃう!?

LDKからアクセスする水まわりへ

写真

右・さて、室内に戻って個室を見に行く前に、水まわりをチェック。洗面脱衣所は落ち着きある色味のクロスでまとまっています。洗面台の向かいには洗濯機置き場がありますよ。/右・バスルームは明るめの木目調パネルで安らぎを演出。浴室乾燥機能付きです。

約4.5帖の洋室A

写真

3つある個室はすべて廊下からアクセスします。LDK側から見ていきましょう。洋室Aの窓の向こうは、先ほどのルーフバルコニー。北東向きですが、しっかり陽が入り、クローゼットも備わっていますよ。

北西角部屋の洋室B

写真

個室の中で最も広い洋室Bは約6.8帖。角部屋なので窓がふたつあり、とっても明るい♪ 右側からはルーフバルコニーに、そして左側からはなんと3つ目のバルコニーに出ることができます。

北西向き 3つ目のバルコニー

写真

3方向にバルコニーがあるなんて贅沢(ぜいたく)すぎますね♡ こちら側は成蹊通りに面しているので、やや走行音は聞こえますが、窓を閉め切った室内ではそこまで気になりませんでした。

洋室Bに戻ってきました

写真

左・さりげなく折り上げ天井になっているところも見逃さないで。そして正面の扉の中は……?/右・ウォークインクローゼット(WIC)でした! 季節家電やスーツケースなどはこちらにしまうとよいでしょう。

最後は約5帖の洋室C

写真

北西向きバルコニーに面した洋室C。お子さまがおふたりいらっしゃる4人ご家族なら、こちらと洋室Aを子ども部屋として使うのがよさそうですね。どちらも明るさは十分、クローゼットもあり、広さもほぼ同じと条件が似ているので、奪い合いのケンカにはならなそう(笑)

売主さま

三方角部屋にルーフバルコニー付きの物件はなかなか出会えないと思います。

ここでの暮らしは飽きが来ない

写真

左上・多彩なフランス菓子で客を魅了する「pâtisserie A.K Labo(パティスリー エー・ケー ラボ)」。落ち着きあるイートインスペースで、デニッシュとスコーンをいただくブランチは至福のひととき。(180m 徒歩3分)/右上・こぢんまりとした店構えのベーカリー「aoi(アオイ)」の店内には、香ばしく焼けたパンがずらり。手土産にピッタリな焼き菓子やジューシーなキッシュもおすすめ♪(240m 徒歩3分)/左下・「成蹊大学」のシンボルともいえる図書館は近未来都市のようで独創的。敷地周辺にはケヤキなどの樹木がたっぷり植えられていて、心安らぐ環境です。(300m 徒歩4分)/右下・「武蔵野市立中央図書館」には、吹き抜けの天井があって解放感◎ 近隣の図書館と比較すると蔵書が豊富なので、読書ライフが充実しそう♪ お子さまと一緒に訪れても、おひとりでも楽しい場所です。(600m 徒歩8分)

cowcamo

カウカモ編集部より

駅を囲うように「東急百貨店 吉祥寺店」や「丸井吉祥寺店」、「吉祥寺パルコ」などの大型商業施設が点在する「吉祥寺」。電車で都心に出なくても、ここですべて事足りそうなほどに充実しています。さらには駅前から延びる商店街の「吉祥寺サンロード」や「ダイヤ街」には老舗が構えつつ、イマドキなお店も軒を連ねていて、地元民をも飽きさせません。

「吉祥寺」駅にはJR中央・総武線と京王井の頭線・東京メトロ東西線が乗り入れているので、都心へのアクセスは良好。さらに駅近くから「羽田空港」「成田空港」へ向かうリムジンバスが利用できるので、海外旅行や出張で空の便をよく使う人は便利そうです。また、路線バスも豊富なので、自転車・電車・バスを駆使して “吉祥寺ライフ” を楽しみましょう!

そんな駅前からマンションまでは、気分によってさまざまな道のりを選べます。暑い日や雨の日はアーケードのある「吉祥寺サンロード商店街」を抜けてから五日市街道、街の雰囲気を楽しみながらのんびり帰りたい日は中道通り、ちょっと疲れて歩きたくない……という日は徒歩より少し長いですが、乗車時間約18分でひと休みしながら「ムーバス」で帰宅。駅から距離があるって、帰り道を楽しむ選択肢がたくさんあるっていうことかも♡


そして到着したのは、グレード感漂うマンション。総戸数143戸のビッグコミュニティで、敷地が広くて豪華な雰囲気が漂います。エントランス付近には桜の樹が連なり、共用の中庭に出れば360度緑に囲まれて鳥のさえずりが聞こえるという、とても穏やかな環境が整っていました。2000年竣工とリノベーション物件にしては築年数が浅めということもあり、共用部はどこも綺麗で清潔に保たれていましたよ。


角部屋×3面バルコニーの住戸は、言わずもがな明るくて開放的! そして室内を心地いい風が通り抜けます。40㎡以上あるルーフバルコニーは、何をするわけでなくてもワクワクしちゃう! 子ども用プールを出して水遊びをしようか、ヨガマットを敷いて朝ヨガをしようか、テントと寝袋を出して夏の夜空を観察をしようか……なんて妄想を膨らませると、さらにワクワクが止まりません♡


LDKには収納がないので収納家具は必要そうですが、3つある個室にはそれぞれクローゼットが備わっています。子ども部屋として使えそうな洋室Aと洋室Cの条件が似ているのも好ポイント。4人家族にピッタリの間取りですね。LDには床暖房が設置されているので、秋冬のペットの居場所はきっとそこになるのでしょう◎

ちょっと足を伸ばして「吉祥寺」駅まで出れば、買い物もグルメもレジャーも何でも揃う。さすが “住みたい街ランキング” 上位常連の街! 内見の際はぜひ吉祥寺散策を楽しみながら、ここでの暮らしを妄想してみてくださいね。

writer:島村 麻美 / editor:平野 翔子

とれたて新着

実際に見てみたい
電話
(10:00-19:00)