fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

白TEEにデニム、それだけでいい。こだわりはサイズ感と機能性。流行りを追うのではなく、トレンドが変わりゆく音をバルコニーで聴いている。大切にしているのは、街へのリスペクトとファミリーへの愛。その人がいるのは “ダガヤサンドウ”。シンプルにかっこいい、そんな物件です。

渋谷区千駄ヶ谷(北参道駅徒歩4分)
3LDK / 97.67㎡ / 10,490万円

ヒップなショップがたくさん “ダガヤサンドウ”

写真

左上・今回ご紹介する物件の最寄り駅は、東京メトロ副都心線「北参道」。上りは川越、下りは渋谷や横浜まで一本でアクセス可能です。出口の真横には「Starbucks Coffee 北参道店」があるので、通勤・帰宅の際に一杯リフレッシュ。(徒歩4分)/右上・ロサンゼルス発の人気セレクトショップ「Ron Herman(ロンハーマン)」の日本第一号店がこちら。敏腕バイヤーがセレクトした洋服や雑貨を取り揃え、併設するカフェも人気です。(700m 徒歩9分)/左下・世界に誇るファッションデザイナー・NIGO氏がプロデュースしたカレー屋さん「CURRY UP」。開店前から列ができることもある人気店です。テイクアウトもできるので、自宅でどうぞ召し上がれ!(350m 徒歩5分)/右下・オリジナル家具やインテリアグッズをセレクトしている「Playmountain(プレイマウンテン)」。新生活を彩る家具を探してみては?(350m 徒歩5分)

cowcamo

「千駄ヶ谷」から「北参道」にかけての “ダガヤサンドウ” は筆者も個人的によく訪れるエリアです。閑静な住宅街の中には、友人に自慢したくなるような、知る人ぞ知る飲食店や洋服屋さんがたくさん隠れていますよ。お気に入りのショップを見つけちゃいましょう!

シンプルにかっこいい

写真

本当におしゃれな人って余計なもので着飾らずに、さらっとシンプルに洋服を着こなしますよね。今回ご紹介するマンションはまさにそんなイメージ。派手さはないものの、バランスの取れたフォルムに丸みを帯びたバルコニーがほんのり映える、スタイリッシュな外観です。

cowcamo

“白いTシャツにデニムだけでもかっこいい人” って感じですね!

売主さま

建物は1970年竣工で、規模は地上8階建て・総戸数27戸。細則がありますが、ペットが2頭まで飼育可能です。

写真

左上・植栽の間にあるエントランス。オーニング(日よけ)がレトロで優雅な雰囲気を演出しています。/右上・トラッドな雰囲気のロビーには管理人事務室が。/左下・ロビーには坪庭もあるんです。細部までこだわって造られた事がわかりますね。/右下・廊下には防犯カメラが備わっています。それでは正面にあるエレベーターで、7階へと向かいましょう!

写真

左・ご紹介する住戸の玄関ドアはエレベーターの真横に位置しています。廊下にほかの住戸はなく、プライベート性の高い造り。/右・ガチャリ……。おお、LDKにつながっているガラス入りドアから、煌々と光が漏れています。廊下は突き当たりで左に折れています。

cowcamo

廊下の天井内側には、間接照明が備わっています。壁までそのままつながるウッドがアクセントになっていますね。

写真

左・廊下から土間を振り返ったカット。左手のドアの中は……?/右・たっぷりサイズの下足入れでした。棚はすべて可動式なので、長靴からパンプスまで、さまざまなサイズの靴をしまっておけますね。

まずはLDKへ!

写真

うおー! ドアを開けた瞬間に、広い&明るいのダブルパンチ!

cowcamo

LDKの広さは約18.5帖。写真左手のキッチンが奥まった位置にある分、リビングダイニング(LD)がゆったり確保されており、とっても開放的ですよ◎

写真

LDを見てみましょう。間接照明付きの折り上げ天井が、さらに開放感をプラスしています。LDの照明は調光できるので、夜の晩酌タイムなどはムーディーな雰囲気に調整したいですね。

cowcamo

むむ、掃き出し窓の外の景色が気になりますね……。

トレンドが動く音がしそう

写真

掃き出し窓から、南向きのバルコニーへと出てきました。トレンドの発信地「北参道〜原宿〜渋谷」を見渡す眺望は、抜けがあって気持ちがいい!

cowcamo

この景色を見ていると、刻一刻とトレンドが変わっていく音が聞こえてきそうです。

写真

洋室Aの前まで続くバルコニーは、奥行き・幅ともにゆったりサイズ。写真のように観葉植物を置いても十分余裕がありますよ!

cowcamo

パネルが敷かれているので、素足でバルコニーに出れちゃいますね!

室内に戻りましょう

写真

続いて、奥の壁にあるドアから洋室Aをチェックしましょう。

うれしい二面採光

写真

約7.5帖の洋室Aは、南と西側にそれぞれ窓があり、とっても明るく開放的! 西向きの腰窓から外をのぞいてみましょう。

あ、あれは!

写真

“新宿エリア” のシンボルのひとつ「NTTドコモ代々木ビル」の姿が! そう、洋室Aは南に「渋谷」、西に「新宿」を望むんです……贅沢!

写真

掃き出し窓の向かいにはクローゼットが備わってます。

LDKに戻りましょう

写真

続いて、奥のキッチンスペースへGO!

写真

左・キッチンとダイニングスペースを仕切る壁には開口が。レストランのシェフみたいに、出来たての料理を最短ルートで食卓にサーブできますよ。/右・重厚感あるブラウンのキッチンには食洗機が備わっています。収納スペースも豊富で機能性◎

写真

左・キッチン背面には2面にドアがあり、右手は洗濯機置き場につながっています。左手のドアは……/右・廊下につながっていました! ドアは左手前から時計まわりに、トイレ→水まわり→洋室B→洋室Cにつながっています。

cowcamo

キッチンへの動線が2WAYなのはうれしいですね! 小腹が空いた時に個室からこっそりキッチンへ、なんてことが楽々できちゃいます(笑)

洋室Bからチェック

写真

こちらの広さは約5帖。左手にはクローゼットが備わっています。

売主さま

洋室Bには北向きの腰窓が付いています。

cowcamo

なるほど! 住戸内からは北・南・西の三方向を望むことができるんですね!

本日2回目の あ、あれは!

写真

北向きの腰窓から外を見ると、右奥にうっすら「東京スカイツリー」の姿が!

cowcamo

都内の主要エリアが3つも家から見えるなんて……やっぱり贅沢!

写真

腰窓前からのカット。さて、続いてお隣の洋室Cへと進みましょう!

あら、ラグジュアリー!

写真

うっすら見える花柄のクロスが優雅な、約7.6帖の洋室C。北向きの掃き出し窓の先にはコンパクトなバルコニーがありますよ。

写真

掃き出し窓の前から。お向かいのガラス入りドアの中は、ウォークインクローゼット(WIC)です。

写真

左・洋室Cのバルコニーはコンパクトサイズですが、円形で可愛らしいフォルムです。/右・L字型のWICには、枕棚とハンガーパイプが備わっています。

最後に水まわりへ

写真

左・ゆったりとした広さの洗面脱衣室。洗面化粧台の右手には、リネンなどをしまっておける棚がありますよ。/中央・バスルームには浴室乾燥機が備わっています。/右・トイレに手洗い器があるのはうれしいポイントですね!

荷物が多くても安心 無償で使えるトランクルーム

写真

左・マンション一階の共用廊下に戻っていました。左手のドアの中には……/右・住戸専用のトランクルームがあるんです! しかも利用料は無償なんですよ。

帰りは原宿方面へ

写真

左上・雑誌でもよく紹介される人気カフェ「Tas Yard(タスヤード)」。コーヒーも美味しいですが、カレーもまた美味なんです。休日のお昼にぜひ。(400m 徒歩5分)/右上・日々のお買い物はスーパー「OKストア 千駄ヶ谷店」でどうぞ。(150m 徒歩2分)/左下・このエリアの憩いの場といえば「代々木公園」。都会のオアシスまでは自転車で8分ほど。 “ダガヤサンドウ”は自転車があればより楽しめること間違いなしです!(1.5km)/右下・2020年までに建替えが決まっている「原宿」駅。時代の移り変わりを感じつつショッピング、なんてのも悪くないですね。(1.1km 徒歩14分)

cowcamo

カウカモ編集部より

今回の舞台は、東京メトロ副都心線「北参道」駅とJR中央・総武線「千駄ヶ谷」駅の間、いわゆる “ダガヤサンドウ” です。この辺りは、トレンド発信地「渋谷・原宿・新宿」の喧騒から少し離れていて、おしゃれ上級者たちが多く集うこともあってか、“こなれた” 雰囲気がムンムン。


オトナなライフスタイルを提案してくれるインテリアショップや、知る人ぞ知るアパレルショップ点在しており、カフェの激戦区としても有名です。個人的には美味しいカレー屋さんが多いイメージもありますね。


2020年東京五輪のメイン会場になる「オリンピックスタジアム(新国立競技場)」が建設中ということもあって、さらに注目度が高まってきています。近所でオリンピックが開催されているってどんな気分なんでしょうか(笑)


さて、ご紹介するマンションは「北参道」駅から徒歩4分、「千駄ヶ谷大通り商店街」通り沿いに建っています。地上8階建て・総戸数27戸の建物は、真っ白な外壁に曲線を帯びたバルコニーが印象的な外観。派手さはないのですが、どこかクラシカルでおしゃれな雰囲気をまとっているのが、なんだかこのエリアらしいんです。


住戸は7階に所在する3LDK。南・北・西に開口がある三方角部屋です。それぞれの窓やバルコニーからは、「NTTドコモ代々木ビル」や「東京スカイツリー」など都内のシンボルたちの姿が! さらに、渋谷や原宿方面のトレンディーな街並みも見渡すことができちゃうなんて、このエリアならでは。本当に贅沢ですよね。


約18.5帖のLDKはキッチンが奥まった位置にあるため、LDはゆとりのある造り。ダイニングスペースとキッチンを仕切る壁には、ご飯をスムーズにサーブできる開口があったりと、細かいこだわりも見受けられました。


住戸の北側にある洋室Cを主寝室とするのがおすすめ! ラグジュアリーな印象の花柄の壁紙は好みが分かれそうですが、コンパクトで可愛いフォルムのバルコニーが付いているだけでなく、WICも備わっていますよ。


そして、忘れてはいけないポイントがふたつ! まずひとつは無償でトランクルームが使用可能という点。荷物が多いご家族でも安心です。もうひとつはペットの飼育が2匹まで可能という点。「代々木公園」も徒歩圏内なので、ペットにとってもうれしい環境ですね!


トレンディーなエリアに佇む、おしゃれさんなマンション。無駄に着飾らず、サイズ感とこなれ感を心得ているから “白のTシャツにデニムだけで決まっちゃう”。そんなスタイルがお好きなあなたにおすすめです。

writer / editor:酒井 大作

とれたて新着

実際に見てみたい