fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

立地・マンション・内装・眺望。心を奪う条件をたくさん兼ね備えていながら、どこまでも穏やかで気取らない。鳥の声を聞いて、地に足をつけて日々を紡ぐ。きっとこの物件は、みんなで写真を撮るときも、キメ顔を作らないタイプだ。それが素敵だなんて、ずるい。猛烈に憧れてもいいですか?

渋谷区神宮前(表参道駅徒歩10分)
1R+WIC / 45.24㎡ / 6,680万円

売主さまのご紹介

写真

売主さま

売主さまと愛猫ちゃーちゃんでタッグを組んだ暮らし。2018年にフルリノベーションを行い悠々自適のシティライフを楽しんでいたお住まいですが、親御さまと関西へ移住されることになったため、次の住まい手にバトンパスすることを決めたのだそう。

決め手だらけです

写真

売主さまに、この住まいの好きなところを尋ねてみようと思います。憧れエリアの立地、スタイリッシュなデザイナーズマンション、ペットと暮らせるゆったりした空間……一体どのポイントが、一番のお気に入りなのでしょうか。きっとどこであってもおかしくない……まったく読めない……!

cowcamo

「表参道・原宿・外苑前」といった人気の駅が徒歩圏内に勢揃い! この物件、すごい便利な場所にありますね〜!

Iさま

表通りは華やかですが、この辺りは少し奥に入ると落ち着いた雰囲気になるので、前から暮らしやすそうだなと思っていました。なかなか物件が流通しないので、見つけた時は即決でした。

建築家・新居千秋氏設計の デザイナーズマンション

写真

左上・キラー通り(外苑西通り)から1本奥に入った場所に佇む、2002年築・総戸数46戸のマンションです。/右上・2015年に大規模修繕工事を実施済みで、外壁や共用部もきれいな状態。石貼りのエントランスを抜けて中へ……/左下・管理人さんは週6日勤務されています。集合ポストの奥には宅配ボックスが。オートロックの向こうには、壁一面に大きなエッチングガラスがはめ込まれています。/右下・エレベーターホールはガラス張りの吹き抜けに面しています。天井もガラス張りで、晴れた日には降り立つたびに明るくて気持ちがいいのだそう!

Iさま

ビッグコミュニティよりも、“自分の家” だと実感しやすい規模感の低層マンションを探していました。ここは共用部に入る自然光がきれいで、デザイナーズらしい独特の雰囲気も魅力でしたね。

cowcamo

ちなみに犬・猫は、小型サイズでしたら合計2匹まで飼育可能です。毎日が楽しくなりそう!

こんにちは カウカモです

写真

左・ご紹介する住戸は、最上階である5階に所在。ホテルライクな共用廊下は、水玉模様の天井が可愛いですね。では、お邪魔します♡/右・入った瞬間から、さっそく明るい玄関土間。 視線が向こうの窓までズドーンと抜けていきます。まずは仕切り壁の右側へ進みましょう。

光が溢れる……

写真

おお〜! 南東向きの掃き出し窓から、たっぷり光が入ってきます。LDKにあたるスペースは、約14.5帖の広さです。足元には床暖房が備わっているので、冬でもぽかぽかと過ごせそう。

壁がない?

写真

こちらの物件は、個室を設けていないワンルームの間取り。空間を細切れにせず、用途ごとに緩やかにゾーニングしているんです。

cowcamo

さっきのキッチン……もっとよく見たいです!

た、たまりません

写真

無垢材とアイアンを組み合わせたシステムキッチン♡ コンロは4口もあり、背後にはお揃いのカウンター&吊り戸棚で収納容量を確保しています。

Iさま

予算的にどこまでこだわるか最後まで悩みましたが、本当に気に入ったものにしようと思いこちらを選びました。お気に入りなので、自然と料理する機会が増えた気がします。

贈呈 グッドゾーニング賞

写真

ご覧ください。左手に見えるネイビーの壁が、この間取りの “立役者”。LDK側はデスクスペースとして、背面はこのあと見ていくウォークインクローゼット(WIC)の一部として活躍しています。天井との間に隙間があるので圧迫感が出ないのも上手い!

cowcamo

それでは、いよいよバルコニーへ。

ヤッホー神宮前!

写真

バルコニーからの眺めがこちら! 視界を遮るような背の高い建物は無く、大きな空を望みます。ちょうど目の前にある建物の屋上が緑化されていて、ちょっとラッキーかも。

写真

ややコンパクトなバルコニーですが、売主さまはウッドパネルとテーブルセットを置いてこの環境を満喫されているよう。う、羨ましい!

cowcamo

視界の左奥にはお寺とお墓がありますが、あまり目立たないので気にならなさそう。心配な方は現地にてチェックしてみてくださいね。それよりも、静けさと開放感の方が気になります……! ここ、キラー通りのすぐそばですよね?

Iさま

意外なほど空気がのんびりしているんですよね。住まいの中で一番好きなポイントは、この眺めかもしれません。緑があるからか、朝は小鳥の鳴き声で目が覚めるんですよ。

なんですとー!

写真

こちらがその、幸せな目覚めを感じるベッドスペース。南東向きなので朝日が入って気持ちよさそうです。

cowcamo

目覚めた後もしばらく、愛猫とベッドでのんびりしたりするのだとか。極楽ですか……。

写真

左・ベッドスペースの広さは約4.6帖。奥の壁には、落ち着いた色味のアクセントクロスとピクチャーレールが。/右・隣のWICを通って玄関へ抜けられる回遊動線になっています。ガラス入りの袖壁がほどよく収納アイテムを目隠ししてくれていますね。

Iさま

もともとは、玄関を入ると光の入らない廊下があり、かなり暗かったんです。壁をなくすことで、窓からの自然光が入り口まで届くようにリノベしました。

cowcamo

なるほど! ワンルームにすることで自然光をもっと活用できるし、光も空気も人も猫も回遊できますね。

ぐるっと回って 水まわりへ

写真

左・さて、それではキッチンの隣にある水まわりをチェックしましょう。ネイビーの引き戸を開けて……/右・シンプルでおしゃれな洗面化粧台の横には、洗濯機置き場が並んでいます。必要があれば、洗面台の下に収納を増やせそう。

写真

左・トイレは洗濯機置き場の右隣にあります。洗面室と同じ空間にあるので、おふたり暮らしの場合には愛と譲り合いの精神で。/右・浴室乾燥機完備のバスルーム。ブラックフレームの鏡がスタイリッシュです。

Iさま

このエリアが好きな方に、きっとぴったりな住まいだと思います。おしゃれで、地に足をつけた暮らしをイメージされている方にいかがでしょうか。

cowcamo

ありがとうございました! なお、こちらの物件は売主さまが居住中のため、ご内見の日時に調整が必要な場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

さーて お仕事お仕事♪

写真

左上・物件から地下鉄3路線が乗り入れる「表参道」駅までは徒歩10分。歩いていると、もはや仕事なのかプライベートなのか区別がつきません!(笑)/右上・キラー通りに佇む現代アートの殿堂「ワタリウム美術館」。近い、近すぎます。これは年間パスポートを買うしかない。(290m 徒歩3分)/左下・この地で30年以上の歴史を持つカフェレストラン「J-COOK(ジェイ クック)」。ご夫妻の温かい接客も、ブランデーを垂らしたプリンも最高です。(200m 徒歩3分)/右下・“街中にある市場” というネーミングのスーパー「ヴィルマルシェ青山」は、海外のような雰囲気。手作りデリの量り売りは重宝しそう!(600m 徒歩8分)

ウソみたいですよね。 これ全部、徒歩5分圏内なんです

写真

左上・店名の通りパンとエスプレッソが美味しいベーカリー「パンとエスプレッソと」。どの店舗もおしゃれで人気がありますが、こちらはさすが本店らしい余裕を感じます。(350m 徒歩5分)/右上・シックな居酒屋「ガラリ青山本店」では国産天然塩にこだわった和食をいただけます。一杯飲むのもよし、いっぱい飲むのもまたよし。(300m 徒歩4分)/左下・世界各国の朝ごはんを食べられるカフェ「WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)外苑前」。「ワタリウム美術館」の後で立ち寄るのにぴったりな場所にあるんですよね。2ヶ月スパンでメニューが変わるそうなので要チェックです。(280m 徒歩4分)/右下・「DIVE TO WINE (ダイブトゥワイン)」という夢のような名前のワインショップでは、試飲を楽しみながらワイン選びができます♡ ご自宅の “ワインセラー” として大活躍してくれそうです。(240m 徒歩3分)

cowcamo

カウカモ編集部より

実は「キラー通り」のすぐ近くにある物件だと聞いて、“感度爆発・最先端!” みたいな住まいを勝手に想像していました。ですが実際に訪れてみると、センスのよさに加えて、とっても穏やかな、いい意味での生活感を受け取ることができました。何というか……キメ顔ではなく、自然な微笑みで住まいに迎えてもらったような。


「表参道」と「外苑前」を最寄り駅として使う暮らしは、想像するだけで気分が上がります。そして売主さまが話してくださった通り、物件の周辺は意外なほど閑静で、落ち着いた雰囲気でした。ときめきと穏やかさの両方が手に入るなんて、この場所に住みたいと思う人が多いのもうなずけますね。


もう、私も取材中からここに住みたくて仕方がないので、どんどん褒めちゃいますが(笑)この住まいは恵まれていると思います! 朝日と鳥のさえずりで目が覚めるベッドスペースだなんて。都心にいながら、こんな開けた景色の窓辺で、ゆるりとした時間を過ごせるなんて。

個室を設けていないワンルームの間取りですが、中央にあるネイビーの壁がいい仕事をしてくれているおかげで、デスクに向かう場所・食べる場所・休む場所がうまくゾーニングされています。なかでも、売主さまがこだわったという木のキッチンまわりが素敵なんです♡

そして、物件の魅力は住戸だけではありません。こちらは建築家・新居千秋氏による設計のデザイナーズマンション。共用部には自然光がたっぷり入るように計算され、共用廊下もスタイリッシュ! スタンダードな中古マンションとは一線を画した、アートっぽい雰囲気が漂っています。

建物のエントランスにはオートロックや宅配ボックスを完備しており、ペットの多頭飼いもOK。うーん、うれしいポイントをしっかり押さえていますね◎ 2002年に竣工した後、2015年には第一回目の大規模修繕工事を実施済み。長期修繕計画書もあり、計画的に建物を維持していこうという管理組合の姿勢がうかがえます。現時点で特に突っ込みどころが見つからない、健やかなマンションと言えそうです。

さて、いかがでしょうか。このエリアでペットとまったり暮らすのなら、とってもおすすめの物件です。やっぱりキメ顔も素敵ですが、何気ない表情が優しく晴れやかなのって、最強なのではないかと思うのです。気になる方はぜひ、ご内見へ。

writer:小杉 美香 / editor:熊谷 緑

とれたて新着

実際に見てみたい