fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

刺激的な都会と、癒しの緑が融合する「赤坂・乃木坂・六本木」。時代を超えて鎮座する建物が並び、どこか外国のような空気が流れる。さまざまな表情を見せてくれるダイナミックな空を望み、朝・昼・夜で異なる街の魅力を愉しむ。この景色を見ていたら、いつでも “憧れ” になれる気がしてきた。

港区赤坂(乃木坂駅徒歩6分)
2LDK / 73.01㎡ / 10,980万円

刺激と癒しが溢れる街 “乃木坂・赤坂エリア”

写真

左上・晩年の黒川紀章氏による設計で、波打つ流線形のガラス壁が印象的な「国立新美術館」。国内最大級の展示スペースがあり、常時多彩な企画展が行われています。(750m 徒歩10分)/右上・駅直結の複合施設「赤坂サカス」には、TBS放送センターをはじめライブハウスやエンターテインメント劇場、商業施設などが入っています。また約100本の桜が植えられていて、お花見スポットとしても知られていますよ。(550m 徒歩7分)/左下・毎朝生地からつくり上げられるパニーニやうっとりするようなシチリアの伝統的なドルチェがいただける「Nino Caffè(ニノカフェ)」。ペットとともにコーヒータイムはいかがでしょうか。(650m 徒歩8分)/右下・緑に隠れるようにひっそりと構える老舗喫茶店「Cafe de laPaix(カフェド・ラぺ)」。美味しいコーヒーと素敵な雰囲気を楽しめます。(650m 徒歩8分)

cowcamo

東京メトロ千代田線「乃木坂」駅からは徒歩6分、「赤坂」駅からは徒歩7分。さらには六本木駅(徒歩9分)、青山一丁目駅(徒歩11分)と、名立たる駅が徒歩圏内にあります。マンションの目の前にある「港区立赤坂小学校」の前には、「ちいばす」の停留所があり「溜池山王」や「青山一丁目」方面に発着するバスを利用できます。

空に向かって白くそびえる 平成築のマンション

写真

今回ご紹介するのは、2004年築とリノベーション物件の中では比較的新しいマンションです。地下1階付き地上15階建てで、スラッとしたスタイリッシュな外観ですね。エントランスの横には機械式駐車場があります。

売主さま

2019年10月現在、駐車場の空きがあります(月額46,000円)。また駐輪場にも空きがあり、月額200円で利用可能です。状況は変動しますので、ご利用をしたい方はお問い合わせください。

cowcamo

こちらのマンションでは、ペット飼育が可能です。犬は成長時の体高40cm以下、2匹までと細則で決められており、申請が必要になります。駐輪場の横にはペット用の足洗い場が備わっていますよ。お散歩帰りに便利ですね。

写真

左上・穴空きブロックを多用しているエントランス。植栽の緑が迎えてくれます。/右上・オートロックに防犯カメラ完備とセキュリティ◎ 宅配ボックスも備わっています。/左下・光とガラスに囲まれているエレベーターホール。近未来的な印象ですね。/右下・さあ、お目当ての住戸が所在する最上階の15階まで上がってきました。内廊下にはカーペットが敷かれており、ホテルライクな雰囲気。奥に見える木目調の玄関ドアを開けて住戸にお邪魔しましょう。

cowcamo

管理人さんは火曜日と日曜日以外の週5日間、朝8時から15時まで勤務されています。火曜と日曜にゴミ出しがないからなのだそう。取材時、ずっと共用部をお掃除されていましたよ。

最上階&3方向角部屋 期待を膨らませつつ室内へ

写真

左・ナチュラルなテイストの玄関ホール。下足入れの上部には、間接照明が備わっています。/右・玄関からT字型に伸びる廊下。突き当たりにある明るいガラス扉の先が、LDKです。

cowcamo

廊下にはニッチが2か所も造り付けられています。インテリア雑貨やお花を飾るのを楽しめそうですね。

売主さま

こちらの住戸は、以前住まわれていた方が水まわりを中心にリフォームを行っていました。そのため、状態のよいものはクリーニングをして再利用しております。

LDKから ご案内しましょう

写真

なんと、窓の外にはパノラマな景色が! 北西二面採光のLDKは大きく開いた形をしています。

どんな景色が 広がっているかというと……

写真

超高層のビルがポツポツニョキニョキ。その間には緑と青い空が広がっています。都心の立地でも眺望がこんなに抜けているなんて、うれしい想定外♡ いつまでも眺めていたくなります。

cowcamo

写真下部にチラリと見えていますが、目線を下ろすと「港区立赤坂小学校」の校庭が。ちょうど休み時間だったようで、子どもたちの元気で可愛い声が聞こえてきました。ちなみに、こちらの屋内温水プールは一般にも開放されていますよ。

写真

LDKを見返してみましょう。天高は約2.5mあり、間接照明が上品に空間を照らしています。右側の扉は洗面脱衣室につながっています。

売主さま

天井には埋込型エアコンを新設しました。また足元には床暖房が備わっており、冬でも快適にお過ごしいただけますよ。

キッチンをチェック

写真

左・スタイリッシュなシステムキッチン。ステンレス仕様の4つ口コンロ付きです。/右・キッチン背面には冷蔵庫置き場と、柱のような収納が。大小さまざまなサイズの扉が付いています。

売主さま

システムキッチンに特にこだわってリフォームをされたそうです。まだキレイな状態だったため、クリーニングをして再利用しております。

cowcamo

シンクなどに多少の使用感はありますが、個人的には使い始めると気にならない程度に感じました。

奥の扉は何だろう……?

写真

左・こちらにはコンパクトなカウンターと収納が。窓があって明るいので、書き物をするなど書斎のようにも使えそう。/右・背面には洗濯機置き場があります。

売主さま

『ミセスルーム』と名付けられたこちらのスペースでは、家事をスムーズにこなしていただけます。散らかりやすい書類なども、ここで整理できますよ。

cowcamo

この籠り感って妙に落ち着きますよね。明るいのがうれしい!

写真

ダイニングスペースからリビングスペースを見渡してみました。どちらのスペースにも大きな窓があるおかげで、明るいですね。

売主さま

前回のリフォームでLDKの壁一面にエコカラットを施されていました。調湿効果のほかに消臭効果も期待できますよ。

LDKからアクセスする 水まわりゾーン

写真

左・洗面ボウルは、ガラスの天板の上に置かれた木板の上に設置されています。和風かつクールな印象です◎/右・広々としたバスルーム。浴室換気乾燥機付きです。

cowcamo

水まわりも既存のものを利用されています。かなりキレイな状態ですが、浴室は少し使用感を感じてしまうかもしれません。現地でご確認くださいね。

廊下に戻って 個室へ

写真

左・LDKにつながる扉を、背に廊下を見てみました。右手前の扉の先はトイレ。玄関ホールを通り過ぎて奥に進むと、両サイドに個室があります。/右・トイレには、独立した手洗いボウルが備わっています。大きな鏡が設置されているため、広く感じますね。

売主さま

鏡や手洗いは既存のものですが、便器は新しいものに交換しました。

ほぼ正方形 洋室A

写真

広さは約6.5帖。こちらも天井が高く、間接照明が空間を優しく照らしていますね。また写真には写っておりませんが、天井埋込型エアコンが設置されています。

写真

左・LDKの反対側にある北東向きの窓からは、赤坂エリアを一望できます。/右・奥行きが深い大きな収納がふたつ。スーツケースもしまえそうですね。

変形している 洋室B

写真

左・広さは約5.3帖。こちらにも奥行きが深い収納がふたつ備わっています。/右・こちらにも、エアコンが設置されています。全居室にエアコンが完備されているというのは、うれしいですね。

北西向きの景色もスゴイ!

写真

吸い込まれるようなブルースカイ! 「赤坂御所」や「明治神宮外苑」の緑を見渡せますよ。

写真

バルコニーはコンパクトサイズ。物干し金物は備わっていませんので、折り畳みできる物干しスタンドを使用するとよさそうです。

cowcamo

外の風を感じたいときに、うれしいスペースですね。夜空に広がる星を眺めるのもよさそう。

特別な日に行きたいお店がたくさん

写真

左上・「STEAK HOUSE hama 六本木本店」では、厳選し仕入れた松阪牛や近江牛、海鮮をシェフが目の前で焼き上げてくれます。丁寧にカリッと焼いたニンニクチップ、オニオン醤油のソースが、肉の美味しさを引き立ててくれますよ。(700m 徒歩9分)/右上・シチリア料理専門店「Ristorante da NIno(リストランテ ダ ニーノ)」。人気店なので予約して訪れるとよさそうです。(650m 徒歩8分) /左下・大正元年創業の、京料理・懐石料理の料亭「菊乃井 赤坂店」。店主である村田吉弘氏は京料理界の著名人。味、演出、空間、サービス、すべてにおいて気持ちがよいと評判です。(350m 徒歩5分)/右下・赤坂料亭御用達の和菓子屋さん「赤坂 青野」の本店もご近所です。お土産に買っていくと、喜ばれそう。(180m 徒歩3分)

cowcamo

カウカモ編集部より

「国立近代美術館」「東京ミッドタウン」そして「赤坂サカス」が近い “乃木坂エリア” にやってきました。「赤坂・乃木坂・六本木・青山一丁目」という4つの駅に囲まれており、大人のアーバンライフを愉しめるエリアです。「東京ミッドタウン」(600m 徒歩8分)で行われる各種イベントに参加してみたり、「檜町公園」(350m 徒歩4分)をペットとお散歩したり、有名レストランでお食事をしたり……。この立地を上手に活かせば通勤ラッシュや終電とは無縁の生活を送れるので、余った時間を有意義に過ごせますね。ビルが密集していてもっと息苦しい感じがあるのかと思いましたが、意外にも緑や広場が多く、まるで外国のようなゆったりした空気を感じられました。


また、マンションの目の前にある「港区立赤坂小学校」では、たくさんの子どもたちが校庭で活動しており、近くの公園ではインターナショナルスクールの園児たちを見かけました。案外子育てもしやすそうだなと思いましたよ。


この辺りはそもそもあまり物件数が多くないうえ、今回のように現在築15年というまだ築年数があまり経っていない物件となると、あまり見かけない印象です。マンションは2017年に大規模修繕工事を終えています。2019年10月から修繕積立金の値上げすることを総会で決定されたそう。現在の負担は増えるものの、将来的な安心感を得られますね。


住戸内の設備は一部既存のものが再利用されています。ただし壁紙やフローリングなどは新しくされており、トイレも新規交換されています。そのおかげで全体的な印象はとてもキレイでした。既存のものをよく見ると若干使用感を感じるかもしれません。もともと凝ったデザインのものが採用されているため素敵でしたよ。


イチオシポイントは、約120度に開いた二面採光のLDK。窓の外には、パノラマビューが広がります。15階なのにワッサワッサとした緑が見えるのは、この地ならではの景色ですね。吸い込まれるような雄大な空と雲のキャンパスにも目を奪われました。3方向角部屋のため、室内が明るいことはもちろん、この開放感あるビューをすべての居室で愉しめます。


『ミセスルーム』でササッと家事を済ませたら、眼下に広がる街へと繰り出しましょう。24時間365日いろいろな表情を見せてくれるダイナミックな空のもとで、朝・昼・夜とさまざまな街の魅力を愉しんでくださいね。

writer:南田 かおり / editor:外山 友香

とれたて新着

実際に見てみたい