fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

仕事もプライベートも大忙し。以前より増えた自宅での作業もスムーズにしたいし、リラックスできる空間もほしい。そんな頑張るあなたを後押しする住まいを、カウカモが考えました。暮らしに溶け込むワークスペースや目が喜ぶカラースキーム。心躍ったならば、心機一転のチャンス。扉を叩いてみよう。

港区芝浦(田町駅徒歩10分)
1LDK / 44.50㎡ / 3,798万円

cowcamo

今回お届けするのは、カウカモがプロデュースする物件! 舞台は開発が進む「田町」駅が最寄りの “芝浦エリア” 。ワークスペースが日常に溶け込んだ、1LDKの住まいをご紹介します。

人気ヴィンテージマンション

写真

マンションは青い瓦屋根にスタッコ調の白い外壁が特徴的な “秀和レジデンスシリーズ”。1982年に建てられた、総戸数143戸のビッグコミュニティです。

cowcamo

筆者の大好きなヴィンテージマンション。ああ、一度でいいから住んでみたい……

写真

左上・エントランスではエレガントなアーチがお出迎え。/右上・共用ロビーには管理人室が。左手にはメールボックスと宅配ボックスがあります。奥にあるエレベーターの前には防犯モニターが設置されていて、セキュリティ面も安心できそう。/左下・住戸のある8階まで上がってきました。奥にちらっと見えるのが、今回ご紹介する住戸の扉です。/右下・玄関ドアの前まで来ました。エレベーターのすぐ側なので、忘れ物をしてもタイムロスが少なくて済みそう。

cowcamo

親切な管理人さんが平日8:00〜17:00と土曜8:00〜12:00に勤務されていて、心強いですよ。

お邪魔します

写真

左・ホワイトを基調とした玄関ホール。ブルーグレーのドアが優しげな印象。右手の白い開き戸の先はトイレです。/右・玄関ホールはL字に。右手前は洗面脱衣室への開き戸ですが、その先はちょっとした空きスペースになっています。

cowcamo

空きスペースの壁にコート掛けを設置したり、ボックスを足したり、植物を飾ってみたりと自分好みにアレンジできそう♪ 玄関からLDKが見えない造りになっているので、急な来客時も安心です◎

ブルーグレーの扉の先には

写真

左・LDKへと進みます。左手にはグリーン色の間仕切り壁、右手の壁には洞窟のような開口が。のぞいてみましょう!/右・中は約2.1帖のウォークインクローゼット(WIC)。衣類だけでなくスーツケースや大型のアイテムもまるっと収まりそうな大きさです。

cowcamo

枕棚や上下二段のハンガーパイプが備わっていて、頼りがいのある収納力。引き出し収納や姿見を追加して、自分だけの衣装部屋にしたいですね♪ 中を隠したい方はロールスクリーンなどで目隠しをしても◎

さらに奥へ

写真

約15.1帖のLDK。北西向きの掃き出し窓から光が差し込みます。

写真

窓側から。天井は躯体現しに白い塗装を施し、優しい色合いの空間にピリリとしたラフさを残しています。

cowcamo

ニュアンスカラーの重なりが爽やかで心地いい♪ 優しい色合いの北欧家具で合わせたり、敢えてモノトーンの家具でクールに演出したりとインテリアが楽しめそうな空間です。

デスクが近い暮らし

写真

キッチンにはやや濃いグレーカラーを取り入れメリハリを。キッチン横にはカウンターデスクが備わっており、お料理をしながらデスクワークができてGOOD!

cowcamo

コーヒーを淹れたり、お湯を沸かしたり、洗い物をしたり……仕事の合間にささっとできる距離で、効率的! ダイニングテーブルを置かずに食事をとるスペースを兼ねてもいいですね。その分お部屋を広く使えそうです。

バルコニーへ

写真

地上8階からの眺望。現在は視界が抜けていますが、左手に工事現場が。

cowcamo

何が建つかは今のところ分かっていませんが、将来眺望が変わる可能性があります。道路分の距離が取れているので圧迫感はそこまで感じないはずですが、工事音と共に内見時にご確認くださいね。

写真

バルコニーの奥行きはやや浅め。ですが格子の柵から眼下の様子がうかがえて開放的です。その分、洗濯物は外から見えてしまうので、気になる方は浴室乾燥機を使用しましょう。

cowcamo

眼下の道は交通量が少なく穏やかです。鉄製の柵、塗り壁、アールがかったデザインを間近に感じることができて……キュン。

室内に戻って

写真

キッチンとリビングスペースの距離がちょうどいい感じ。マットを引いて、ヨガやエクサイズができそうです。

cowcamo

デスクワークに疲れて、ソファへ移動。ぽかぽかの陽気にそのうちウトウト……なんてことにもなってしまうカモ? 続いて、気になるグリーンの仕切り壁の先へ!

癒しのおこもり空間

写真

壁の上部がオープンになった半個室のような洋室。絶妙な高さの壁が心地よい眠りをもたらしてくれそう。

cowcamo

磨りガラスになった腰窓の先は隣戸が近接しています。景色は望めませんが、ほんのりと外の明るさが伝わり、気持ちよく目覚められそうです。

写真

眠りに集中できるスペース。扉がなくWICへの動線もスムーズなので、テキパキと準備ができますね。

こんなアレンジは いかがですか?

写真

ベッドスペースの壁を天井まで延長&引き戸を追加し、しっかりとした個室に。まわりから視線が届きづらくなり、プライバシーを確保できます。

写真

その場合は、あわせて室内窓を追加するのがオススメ。圧迫感を軽減しながら、デザイン性もアップできますよ!

cowcamo

アレンジを実施する場合は、別途費用がかかります。このほかにも、要望や予算にあわせてアレンジが可能ですので、詳しくは内見時にエージェントまでご相談くださいね!

最後に水まわりをチェック

写真

左・木の温かみを感じる洗面脱衣室。ミラーは二面鏡で使いやすく、裏面は収納になっています。/中央・浴室は1317サイズ。換気乾燥機を完備しています◎/右・トイレは吊り戸棚付き。タオルバーやペーパーホルダーの真鍮がキラリとアクセントに。

cowcamo

洗面台のカウンターは幅にゆとりがあるので、メイクアイテムやヘアケアグッズなどをずらっと並べて身支度ができそう。下部はオープン収納になっているので、カゴやラックが置けますよ。

運河の巡る “芝浦エリア”

写真

上・マンションが建つのはJR山手線「田町」駅の芝浦口方面。開発が進む駅周辺は活気に溢れています。(徒歩10分)/左下・2020年に誕生した「msb Tamach(ムスブ タマチ)」は、オフィスやホテルなどが入る複合商業施設。スーパー「ライフ ムスブ田町店」もあり、お買い物に便利です。(650m 徒歩9分)/右下・倉庫を改装したインテリアショップ「DEMODE BISHOP(デモデ ビショップ)」にはセンスのいい家具や雑貨がずらり。新生活のアイテムを探してみては♡(290m 徒歩4分)

cowcamo

都営浅草線・三田線が通る「三田」駅も利用可能で、交通アクセスにも優れています(徒歩11分)。ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅を利用すれば、お台場方面へも足を延ばしやすいですよ(徒歩9分)。

ご近所をぶらり

写真

左上・駅までの道すがらにオシャレなお店を発見。こちらは2021年12月にオープンしたばかりの上海料理店「高山庭(コウサンテイ)」。カフェのような空間で中華料理を味わうのもイイですね。(400m 徒歩5分)/右上・オーガニックセレクトショップ「regalo(レガロ)」には体にやさしい自然派アイテムが揃っています。贈り物にもおすすめ!(350m 徒歩5分)/左下・運河沿いのテラス席が心地よいレストラン「Mi tiempo (ミ・ティエンポ)」。水上タクシーの乗り場にもなっており、ウォーターフロントならではの開放的な雰囲気を味わうことができますよ。(160m 徒歩2分)/右下・「Asian Bistro Seed(アジアン ビストロ スィード)」は本格エスニック料理に洋食のエッセンスが加わった新感覚なビストロ。気軽に行ける距離がうれしい♪(95m 徒歩2分)

cowcamo

カウカモ編集部より

キッチンの隣にカウンターデスクを構え、ワークスペースが生活の中に溶け込んだような今回のプラン。陽だまりのソファに腰を下ろして、ふぅと外を眺めれば、南仏風マンションの風を感じられて、心が満たされそう。仕事もプライベートも頑張るあなたに届いてほしい癒しの物件です。


周辺はマンションやビルが建ち並び、きれいに整備された通りと少し雑多な通りが交じり合う印象。気の利いた飲食店がたくさんあるので、気軽に外食も楽しめます。自炊派の方には24時間営業のスーパー「miniピアゴ 芝浦2丁目店」が心強いですよ(300m 徒歩4分)。


カウカモプロデュースだからというわけではなく、可愛らしいヴィンテージマンション、住み心地と機能性が考え抜かれた内装が相まって、筆者のどストライクだった今回の物件。同じように刺さる人には刺さるのではないでしょうか。ビビッときた方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

writer / editor : 濱口 綾子

とれたて新着