fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

「ライフスタイルデザイン」から物件を選び、「間取りアレンジ」で欲しい暮らしにより近づけられる「SELEC」。舞台は「田町」に建つヴィンテージマンションの一室。ワークスペースがLDKに溶け込んだような住まいで、職住一体の暮らしのスマートさ、居心地のよさ、アップデートしませんか?

港区芝浦(田町駅徒歩11分)
スケルトン / 44.55㎡ / 3,650万円

「SELEC」って?

写真

暮らしのイメージを基にした「ライフスタイルデザイン」から物件を選び、「間取りアレンジ」であなたの欲しい暮らしにより近づけられるサービス。出来上がったものを買うだけではない、自由な住まいの選び方ができます。もっと詳しく知りたい方は、SELECの紹介ページをチェックしてみてくださいね!

cowcamo

現況は改装工事前で、表示されている販売金額は改装工事前の物件価格です。物件価格に加えてリノベーション工事の費用がかかりますので、ご留意ください。

現在の間取りは こんな感じ

写真

ご紹介する住戸が所在するのは、11階建てマンションの5階部分。現在は、内装や設備をすべて解体したスケルトンの状態です。

cowcamo

カウカモがプロデュースしたライフスタイルデザインは?

職住一体型のプラン 「ライフワーク」

写真

キッチンのお隣にワークスペースを配置した1LDKの間取り。玄関まわりをコンパクトにまとめた分、LDKの広さとゆとりを確保しました。【工事費は940万円】

cowcamo

ここからは、改装後のイメージCGとともに詳しくご紹介します! なお、画像で表現されている色や部材などの仕様については、変更となる可能性がありますのでご了承ください。

玄関からお邪魔します

写真

左・コンパクトな玄関。LDKへ続くガラス入りの扉から光が入ります。 左手の開き戸はトイレです。/右・トールタイプの下足入れは収納力もさることながら、下部に靴を並べられるので玄関をスッキリ保てそう。

約15.3帖のLDKへ

写真

LDKに入ると、左手にキッチンがお出迎え。右手前をダイニングスペース、窓際をリビングスペースにしています。

cowcamo

家具や照明・小物類は、物件に付属しません。レイアウトの参考にしてみてくださいね。

写真

テクスチャーが独特なグレーのアクセント壁には、造り付けのデスクと造作棚を。上部を板張りの下がり天井にすることで空間を緩やかにゾーニングしています。

cowcamo

異素材の組み合わせや躯体現しの天井、剥き出しのダクト、梁(はり)の凹凸でメリハリの効いた、動きのある空間です。

キッチンへ

写真

ダークカラーのパネルがクールなキッチン。人が通り抜けできるゆとりがあります◎ 壁に設置されたブラケットライトがおしゃれ。

cowcamo

キッチンをL型に囲む袖壁に調味料などちょっとしたものが置けそうですね。調理家電や食器類を置くラックなどは左手のダイニング側に設置するとよさそう。デスクがキッチンのお隣なので、仕事の合間にコーヒーを淹れたり、洗い物をしたりと効率よく作業ができそうですよ。

明るいリビングスペース

写真

カウンターデスクは幅120cm・奥行60cmの広さを確保。右手のスペースはテレビボードだけでなく本棚を設置するのもよさそうです。

cowcamo

自然光を感じる窓際はリビングスペースに。リモートワークに疲れたら、ソファに移動してほっと一息つけそうですね♪

バルコニーへ 出てみましょう!

写真

北西向きのバルコニーは黒のアイアンの格子がカッコイイ! 前方の建物は現在解体工事中です。

cowcamo

解体工事は2022年3月末に完了予定ですが、その後何が建設されるかは分かっていません。ですが工事音はしばらく続く可能性がありますのでご留意ください。また、洗濯物は外から見えてしまうので、気になる方は浴室換気乾燥機をご使用くださいね。

室内に戻って

写真

左手の引き戸の先が洋室、右手の引き戸の中は洗面室と浴室です。順番にご紹介しますね。

cowcamo

キッチンと水まわりの距離が近く、仕事の合間にテキパキと家事ができそう。

約4帖の洋室

写真

ダブルベッドを置ける広さを確保。優しいペールブルーのアクセントクロスがさわやかです。

写真

可愛い室内窓からLDKの様子が伝わります。視線の抜けができることで、開放感が生まれますよ。折れ戸2枚分のクローゼットは収納力◎

cowcamo

室内窓は引き違い戸で開閉ができるので、風が通ります♪

清潔感のある 水まわり

写真

左・ミラーキャビネットと引き出し2段を備えた洗面台。左手には浴室があります。/中央・洗面台の背面にある洗濯機置き場。棚付きです。/右・トイレは廊下側に。吊り戸棚が備わっていますよ。

cowcamo

洋室と同色のアクセントクロスを取り入れ、さり気なく統一感を出しています。

現在のお姿

写真

解体が完了したスケルトン状態の室内。サッシは2020年に交換されていて、開閉がスムーズです。バルコニーはワイド!

衣装持ちさん向けに こんな「間取りアレンジ」はいかが?

写真

洋室の収納をウォークインクローゼット(WIC)に。洋室は少しコンパクトになりますが、衣類だけでなくスーツケースなどの大型の荷物がまるっと収まりますよ。

cowcamo

間取りアレンジについての詳細は、内見時にエージェントまでお気軽にお尋ねください! なお、アレンジを施す場合、工事費とは別に費用がかかりますのでご留意くださいね。

筆者推しの マンションシリーズ

写真

左上・今回の物件はスタッコ調の白い外壁とアイアンの格子が特徴的な “秀和レジデンスシリーズ” !1982年竣工・総戸数は129戸です。/右上・青い瓦屋根が堂々たるエントランス。/左下・広々とした共用ロビーは宅配ボックスを完備。管理人室はオートロックの先に。住込みの管理人さんは平日の8時〜17時と土曜日の8時〜13時で勤務されています。/右下・ご紹介した住戸はエレベーターのすぐ側に。

cowcamo

2015年に大規模修繕工事を実施済み。その後も物干し金具の設置や窓サッシ交換などメンテナンスが細やかにされていて、美観が保たれているのも納得です◎

利便性のいい田町で 快適ライフ♡

写真

上・最寄り駅はJR山手線・京浜東北線「田町」駅。駅周辺は開発が進んでいます。(徒歩11分)/左下・マンションのある芝浦口方面にはオフィスやホテルなどが入る複合商業施設「msb Tamachi(ムスブ タマチ)」が。飲食店やスーパー「ライフ ムスブ田町店」も入居していて便利です。(650m 徒歩9分)/右下・再開発に一歩先んじて開設された「みなとパーク芝浦」。行政施設なので、スポーツジムが安価で利用できるのがうれしい。トレーニングスタジオやプールもありますよ◎(600m 徒歩8分)

cowcamo

「田町」駅だけでなく、都営浅草線・三田線が通る「三田」駅(徒歩12分)、ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅(徒歩9分)と3駅5路線が利用可能なアクセスのいい立地です。

周辺をぐるり

写真

左上・北イタリア、ピエモンテ州のお料理とワインが楽しめる「Ristorante La ciau(リストランテ ラ・チャウ)」。(280m 徒歩4分)/右上・フレンチレストラン「bistrot a la demande(ビストロ ア ラ ドゥマンド)」では契約農家から直接取り寄せた無農薬有機栽培の野菜や旬の魚介類をいただくことができます。暖かくなったらテラスで優雅に過ごしたい♪(290m 徒歩4分)/左下・倉庫を改装したインテリアショップ「DEMODE BISHOP(デモデ ビショップ)」にはセンスのいい家具や雑貨が勢揃い。新生活に向けてお気に入りのアイテムを探してみては。(270m 徒歩4分)/右下・24時間営業が心強いスーパー「miniピアゴ 芝浦2丁目店」。夜中のちょっとした買い物にもすぐの距離です。(250m 徒歩4分)

cowcamo

カウカモ編集部より

開発が進む “田町・芝浦エリア” に、「SELEC」シリーズが登場! 働き方が多様化し、職住一体の暮らしを送る方も増えているのではないでしょうか? そんな暮らしを想い描いてカウカモがプロデュースしたライフデザインは、その名も「ライフワーク」。


1LDKの間取りで、本体価格 3,650万円+工事費 940万円

LDKに溶け込むように設置されたワークスペースは、日々の暮らしに仕事や趣味が共存するような生活が送れます。


さらに、ご希望の場合は間取りや収納、設備のアレンジを施すことも可能。詳しくは、ご内覧時に担当エージェントまでご相談くださいね。

ご留意いただきたいのは、冒頭に表示されている金額は「改装前の物件価格」ということ。物件価格に加えて、別途リノベーション工事・間取りアレンジの費用がかかります。また、工事はご契約後に実施しますよ。


ライフスタイルの変化に合わせて住まいのアップデートも必要ですよね。“おうち時間” がより快適になれば、幸福指数も上がるハズ。ヴィンテージマンションの風漂う住まいで、仕事もプライベートも充実させちゃいましょう!

writer / editor : 濱口 綾子

とれたて新着