fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

うるさい場所という先入観を払拭する “静かな六本木” に建つ、秀和レジデンスシリーズ。ガラス建具で仕切られたDENでのSOHOワークが煮詰まったら、ペットと一緒にヒルズをスルリと抜けて、麻布十番商店街での食べ歩きに繰り出そう!

港区六本木(六本木駅徒歩2分)
2LDK+DEN / 60.00㎡ / 6,280万円

“お部屋の延長” として 「六本木」を満喫しよう!

写真

左上・都営大江戸線・東京メトロ日比谷線が乗り入れる「六本木」駅が最寄り! しかも2出入口から徒歩2分という近さです。/右上・2出入口の目の前にはスーパー「明治屋 六本木ストアー」があります。品揃えが豊富で、クオリティが高いと評判◎(160m 徒歩2分)/左下・くつろぎたい時や打ち合わせの際には、大通り裏の静かな場所にある「ブルーボトルコーヒー六本木カフェ」がぴったり。庭園を望み、ゆったり席が配された贅沢な空間でコーヒーを味わえますよ。(350m 徒歩5分)/右下・古典から現代まで、話題の展示が行われる「国立新美術館」は、会期中の毎週金・土曜日は20時(7〜9月は21時)まで開館。仕事が早く終わった日にフラっと立ち寄ることができますね♪(270m 徒歩4分)

売主さま

東京メトロ千代田線「乃木坂」駅もマンションから徒歩7分の場所にありますよ。

南欧風の外観が目を惹く ヴィンテージマンション

写真

白い塗り壁と青い瓦屋根、そして黒い鉄格子…… そう、今回ご紹介するのは、ヴィンテージマンション好きの間で人気が高い「秀和レジデンスシリーズ」です!

写真

左上・アプローチでは風格あるゲートがお出迎え。また。足元を見ると、路面とレンガ花壇との間にモザイクタイルがあしらわれていてキュンとします♡ 1階にはテナントとしてマッサージ店などが入っています。/右上・1968年竣工のマンションですが、設備はしっかり更新済み。オートロックと宅配ボックスを完備しているのはポイント高いですね◎/左下・ステンドグラスがレトロな雰囲気の共用ロビー。正面の小窓が管理人室で、住み込みの管理人さんによる週5日勤務と、手厚い管理体制です。/右下・“秀和あるある” ですが、こちらのマンションでは景観を守るため、規約によりバルコニーに洗濯物を干すことができません。浴室乾燥機、または「六本木ヒルズ」を間近に望む屋上の物干し場をお使いくださいね。

売主さま

こちらでは、事務所利用が可能です(細則あり)。また、周りに迷惑をかけないサイズの犬・猫を2匹まで飼育することができますよ(要申請)。

cowcamo

エレベーターも防犯カメラ付きのものに更新済みです◎

住戸へお邪魔しましょう

写真

左・共用廊下は、一部に吹き抜けがある半内廊下タイプです。/右・大理石調の玄関タイルと鏡面仕上げの建具が、ラグジュアリーな雰囲気。右側手前の扉の先はシューズインクローゼット(SIC)、その奥のガラス戸の先はDEN。水まわりは左側にまとまっています。

いい塩梅の広さの SIC & DEN

写真

左・L字型に可動式棚が備わったSICは、ゴルフバッグやアウトドア用品も置けそうなほど大容量です。窓があって換気ができるのもGood。/右・DENは籠り感がありつつ、大きな机を置いても圧迫感がない広さ。ワークスペースにすれば、仕事が捗りそう! 壁一面が有孔ボードになっているので、道具を掛けたり小物を飾ったりと、アレンジできますよ。

売主さま

DENに設置している机はお付けして販売しています。そのほか住戸内に置いてある家具や小物はご参考としていただくためのディスプレイ品です。

cowcamo

DENにはエアコンが設置できます!

廊下突き当たりのLDKへ

写真

続いては、南西向きのバルコニーに面したLDKへやってきました。入ってすぐ右側にキッチンがあります。左側の引き戸の先は、後ほどのお楽しみに。

食洗機付きの機能的なキッチン

写真

左・ワイドなシンクに3口コンロ、そして食洗機付きと、お料理好きな方も納得のスペック。/右・キッチンは足元まで収納になっているほか、背後には冷蔵庫と食器棚などを置くスペースがあるので、食器や調理器具をしまうスペースは十分ありそうです。

キッチンからの眺めはこんな感じ

写真

キッチンの向かいには食事を取れる造り付けのカウンターが備わっていて、省スペース◎ 配膳もスムーズですね。

間接照明がムーディー♡

写真

LDKは約13帖と、とても広いという訳ではありませんが、造り付けのカウンターのおかげでリビングスペースをゆったり確保できています。

cowcamo

間接照明とニッチが空間を表情豊かに演出していますね。夜に照明を暗めにすれば、しっとりとした雰囲気を楽しめそう。

バルコニーに出てみましょう

写真

目の前はポッカリと開けていて、日当たりがよく、向かいのビル屋上の緑も鮮やか。左側にドーンとそびえる「六本木ヒルズ」を見て、『そうだ、ここは六本木のど真ん中だったんだ』とハッとしました。

写真

バルコニーは、LDKに隣接する洋室Aの前まで伸びています。日当たりがいいので、植物がすくすく育ってくれるはず。

cowcamo

バルコニーに出ると、遠くビルとビルの間から車の走行音が聞こえてくる程度。六本木の賑やかなイメージをいい意味で裏切る、静かな環境です。

室内に戻ってきました

写真

続いては、右側手前に見える扉を開けて、洋室Aへ向かいましょう。

約6帖の洋室A

写真

先ほどご覧いただいたバルコニーに面していて日当たり良好。壁一面にブルーグレーのアクセントクロスが貼られています。

写真

バルコニー側から室内を見渡すと、掃き出し窓の向かい側には収納ではなくガラス戸が配されています! 奥まで続いているようなデザインの間接照明がぼんやり浮かび上がっているのも気になりますね。

ガラス扉の先には マルチに使える約5帖の洋室Bが!

写真

左・足を踏み入れるだけで、センスが磨かれたんじゃないかと錯覚するオシャレな空間♡ LDKに入って左側に見えていた扉の先がこちらの個室です。/右・窓がなくエアコン設置不可のお部屋なので、ディスプレイのように “魅せる衣装部屋” としてお使いいただくのがよさそうです。

売主さま

こちらに置いてある小物はディスプレイ品ですが、全身鏡・キャビネット・ハンガー棚・収納はお付けして販売しています。この雰囲気のままお住まいになれますよ。

最後に廊下に戻って 水まわりをチェック

写真

左・明るいトーンで、収納たっぷりな洗面台が設けられた洗面脱衣室。/中央・浴室は追い焚き機能付き。雨の日や屋上の物干し場に洗濯物を干しに行くのが面倒な場合は浴室乾燥機付をお使いくださいね。/右・トイレには収納と小物を置くスペースがあります。絵や旅先での思い出の品などを飾ってリラックスできる空間に演出しましょう♪

名店ひしめく「麻布十番」も徒歩圏内

写真

左上・バルコニーから大きく見えた「六本木ヒルズ」には、ショッピングやグルメ、美術鑑賞や映画館と楽しみが凝縮。(240m 徒歩3分)/右上・四季の移ろいを体感することができる都会のオアシス「毛利庭園」は、お散歩コースにぴったり。(500m 徒歩7分)/左下・「麻布十番商店街」には老舗から最新のお店まで、約300店舗が軒を連ねます。また夏の風物詩「納涼祭り」など、さまざまなイベントが開催されていますよ。(900m 徒歩12分)/右下・それらのスポットを抜けて、都営大江戸線・東京メトロ南北線「麻布十番」駅へも気軽に行ける距離です。(徒歩14分)

cowcamo

カウカモ編集部より

ショッピングや食事を楽しむ人々や観光客で賑わう “ROPPONGI” 。喧騒の街から、濁音などを取って「ろくほんき」と読んだ方がしっくりときそうな、静寂をまとった一帯に建つマンションのご紹介です。


「六本木」駅からは、なんと徒歩2分! 「出雲大社東京分祠」が斜め前にある、いいご縁に恵まれそうな立地♡ 向かいにオフィスビルがあるので人通りはありますが、車の交通量は少なく、落ち着いた雰囲気です。


そんな立地に加え、マンションもカウカモでおなじみのヴィンテージシリーズ、「秀和レジデンス」というのもポイント! かわいらしい外観やディテールだけでなく、管理体制のよさも人気の理由です。管理人さんが住み込みで週5日勤務と手厚い管理で、これまでエレベーターの更新やオートロック化、宅配ボックス設置など、適宜修繕工事やリニューアルが行われてきました。


一点、ご留意いただきたいのは、現在管理組合で今後の修繕や耐震化に向けて、耐震補強、大規模修繕、建て替えという、いずれの方法を採るかが話し合われていること。管理意識の高さの表れでもありますが、将来的に特別徴収や、修繕積立金の値上げが行われる可能性があることをご承知おきください。


さて、8階に所在する住戸は南西向きで日当たり良好。バルコニーからは「六本木ヒルズ」を間近に望みます。ガラス建具を用いたDENと、まるで衣装部屋かのような洋室Bがユニークなプランが特徴です。事務所利用が可能なので、DENを活用してSOHO使いするのもいいですね。ここが「六本木」のど真ん中だということを忘れてしまうほど室内は静かなので、仕事もはかどりそうでしたよ。


美術館や映画館が身近にあって、ジムやスパも充実しているので、心と体のメンテナンスを整えやすい環境というのも魅力です。ペットの飼育が可能なので、お散歩と言いつつ「毛利庭園」を抜けて「麻布十番商店街」での食べ歩きが日課になりそう♪

この面白みが詰まったお部屋を使いこなしたい、アクティブなシングルさんにオススメの物件です。お問い合わせ、お待ちしております!

writer:大川 晶子 / editor:中山 宇宴

とれたて新着

実際に見てみたい