fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

駅前の女神に誘われるように、いたずらに寄り道が増えちゃう帰り道。太陽サンサンのバルコニーで洗濯物を干してると、いつもこの気持ちのいい眺めのせいで手を止めちゃう。そんな心の寄り道も悪くないか。急がない、急がない。いろんな寄り道のおかげで、毎日幸せがより “満ち” ていくんだもん。

目黒区自由が丘(自由が丘駅徒歩10分)
2LDK+WIC / 56.82㎡ / 4,399万円

街歩きが楽しい「自由が丘」

写真

左上・今回ご紹介する物件の最寄り駅は東急東横線・大井町線「自由が丘」。華やかなイメージがありますが、一方で老舗のご飯屋さんや居酒屋さんも多く、オシャレとレトロが “ぎゅっ”と詰まった街です。(徒歩10分)/右上・地元の人や自由が丘マダムに愛されているビストロ「Le Monde Gourmand(ル モンド グルマン)」。人気店ですので、ご予約はお早めに!(950m 徒歩12分)/左下・自由通りにお店を構える一軒家カフェ「こなな」。話題の「和ぱすた」以外にも、季節の甘味が揃っています。(750m 徒歩10分)/右下・歴史を感じる茶房兼ギャラリー「古桑庵(こそうあん)」。併設している甘味処ではクリームあんみつなどをいただけます。落語会などの催しも開かれているそう。(450m 徒歩6分)

cowcamo

駅から物件までの道中には、おしゃれなショップや飲食店が充実しています。平日の仕事帰りも、休日も楽しくお住まいになれる環境ですよ。

目黒通り沿いに佇む レトロなマンション

写真

1971年竣工、総戸数75戸のマンション。丸みを帯びた共用廊下の窓や、目黒通り側から見える螺旋階段がレトロ可愛いですね。1階には制作スタジオの事務所が入っています。

売主さま

マンションから徒歩1分ほどのところにあるバス停「八雲三丁目」からは、「目黒」駅と「二子玉川」駅、「渋谷」駅と「田園調布」駅、「東京」駅と「等々力操車所」を結ぶバスが発着していますよ!

写真

左上・エントランスは目黒通りから脇道に入ったところにあります。人目に付きにくい場所にあるのは◎/右上・地下1階に位置するエントランスロビー。タイル貼りの壁や床がレトロな雰囲気です。管理人さんは住込みで勤務されており、共用部は綺麗に保たれていました。オートロックはありませんが、TVモニター付きのインターフォンが設けられています。/左下・エレベーターは1基で、2007年にリニューアル工事を実施しています。/右下・ご紹介する住戸が所在するのは7階。共用の外廊下の開口からは、遠くまで街並みを見渡すことができますよ。

売主さま

こちらのマンションは、土地の権利が2070年11月15日までの旧法地上権となっています。そのため共益費のほかに、月額2,210円の地代がかかりますので事前にご留意ください。

お邪魔します!

写真

左・玄関ドアは2013年に交換されています。それではお邪魔しましょう!/右・明るいトーンながら落ち着きのある玄関スペース。右手前の扉の中は奥行きの深いシューズインクローゼット(SIC)で、可動棚が備わっています。廊下には、掃除道具などをしまうのに便利な収納もありますよ。

売主さま

傷や汚れに強い鏡面仕上げの建具や木目が美しいフローリングを採用しました。

cowcamo

玄関を入ってすぐの天井には梁が通っており、床からの高さが約182cmと低めなので、背が高い方は出入りの際にご注意くださいね。

廊下突き当たりのドアから 約14.8帖のLDKヘ

写真

南向きの掃き出し窓から入る光が奥まで届くLDK。右側に食洗機や浄水器一体型水栓などが備わった機能的なキッチンがあります。

cowcamo

キッチン上部に通っている梁も、床からの高さが約181cmと低めなのでご注意を。左側の壁部分には棚や小さめの机を置いて、デッドスペースにならないように活用したいですね。

カウンター付きで可愛いタイル貼り

写真

左・キッチンの背面には、冷蔵庫や食器棚を置くのに十分な広さがあります。コンロの奥の壁にニッチカウンター、背面にはパントリー収納が設けられていますよ。/右・キッチンのリビングダイニング(LD)側はカウンターになっており、壁には落ち着きと華やかさを併せ持つ色合いのタイルが貼られています。おひとりやおふたり暮らしでしたら、ダイニングテーブルは置かずに済むので、リビングスペースを広く取ることができますね。

売主さま

食卓としても使えるカウンターを造作しました。また、配置している家具や照明は、お付けしての販売となります(小物類は除く)。

アートのようなエコカラット

写真

カウンター前からLD側を見たカット。壁には、調湿と空気清浄に効果があるエコカラットがあしらわれています。機能的なだけでなく、貼り方がおしゃれで室内のアクセントになってくれますね!

写真

LDKと隣り合う洋室Aの引き戸を開け放てば、約21帖の大空間としてお使いいただけますよ。

売主さま

すべての窓にインナーサッシを増設して、遮音性を高めています。

cowcamo

床から掃き出し窓の枠までの高さは約178cmと低いので、ご注意して出入りなさってくださいね。

大きな空を感じる

写真

バルコニーから正面の景色を見たカット。低層の住宅街が広がっており、思わずハミングしてしまいそうなほど気持ちのいい眺め♪ 遠には武蔵小杉エリアのビル群を望むことができ、夜景も綺麗そうですね。

売主さま

開放感のあるこの眺望がこちらの物件のオススメポイントです。また、バルコニーは南向きなので日当たりも良好ですよ。

写真

バルコニーは洋室A前まで続いており、洗濯物を干すのに十分な広さがあります。

cowcamo

隣の住戸とを仕切るボードと壁との間にわずかに隙間があるので、気になる方は植物を置くなどして目隠ししてくださいね。

LDKに戻ってきました

写真

エコカラットが貼られた壁の上部には、間接照明が備わっています。夜には一層落ち着いた表情が楽しめそう。続いて、右手の洋室Aを見てみましょう。

約6.2帖の洋室A

写真

洋室AはLDKと同じく、南向きのバルコニーに面していて、日当たり良好。窓脇には、小物などを飾ることができるニッチ棚がありますよ。

写真

個室が足りているようでしたら、写真のように引き戸を開け放って、のびのびお過ごしいただくのがおすすめです。

写真

左・引き戸を閉めるとこんな感じ。右側の扉の先はウォークインクローゼット(WIC)です。/右・WICの中は奥行きが深く、L字型の枕棚とハンガーパイプが備わっています。

再びLDKへ

写真

引き戸を閉めた状態のLDKはこんな感じ。明るく広さも十分にあるため、圧迫感はありませんでした。それでは廊下に戻って、洋室Bと水まわりを見てみましょう。

約4.5帖の洋室B

写真

左・洋室Bには外廊下に面している北向きの腰窓があります。窓格子が付いているので安心感がありますよ。/右・奥からのカット。収納はコンパクトですが、ハンガーパイプと枕棚、下部には可動棚が備わっており、機能的に物をしまうことができますよ。

cowcamo

こちらの腰窓もインナーサッシが設置されていますが、目黒通り側のため、車の走行音が多少聞こえます。気になる方は現地でお確かめくださいね。

最後に水まわりをチェック

写真

左・洗面脱衣室には、リネンなどを置けそうな棚と収納力の高い洗面化粧台があり、収納に困ることはなさそう。/中央・明るいトーンの洋室は、追い焚き機能・浴室乾燥機付き。/右・トイレは、グレーの壁紙が貼られており落ち着きがあります。ニッチ棚があるので、本や小物を置いてアレンジしてみてくださいね。

上質な毎日をサポートしてくれる ご近所さんをご紹介

写真

左上・物件から最も近いスーパー「ザ・ガーデン 自由が丘」。自由が丘らしい、高級スーパーです。(150m 徒歩2分)/右上・味だけでなく、見た目の美しさも素晴らしい「Mont St. Clair (モンサンクレール)」のケーキ。ご近所にあれば、何かと口実を見つけて買ってしまいそう♡(210m 徒歩2分)/左下・ブルーノート東京がプロデュースする「BLUEBOOKS CAFE(ブルーブックスカフェ)自由が丘店」。ボリューム満点の料理と、ブックディレクターがセレクトした本を楽しめます。(600m 徒歩8分)/右下・「ACME Furniture (アクメファニチャー) 自由が丘店」はアメリカンヴィンテージ家具のセレクトショップ。新居に似合うインテリアを探してみてはいかがでしょうか。(600m 徒歩8分)

cowcamo

カウカモ編集部より

トレンドのショップや話題のスイーツ店をはじめ、路地にも入ってみたくなる個性的なお店が点在する「自由が丘」。街歩きをすると、“住みたい街”として人気の理由を体感できます。

駅からマンションまで、学園通りを歩いて向かったのですが、「イデーショップ 自由が丘店」(650m 徒歩8分)や「TODAY'S SPECIAL Jiyugaoka」(600m 徒歩8分)などのライフスタイルショップもたくさん! いつ訪れても新鮮な出会いがあり、ついつい立ち寄ってしまいそうです。途中ゆるやかなアップダウンがありますが、ウィンドウショッピングをしながら楽しく歩けばまったく気になりませんでした。

目黒通り沿いに建つマンションは、外観・共用部ともにレトロな雰囲気が漂っています。築年数はそれなりに経過していますが、長期修繕計画に基づいて、外壁大規模改修工事など、定期的にメンテナンスを実施しています。

月々の管理費・修繕積立金はバランスよく徴収されていて、2019年3月時点で修繕積立金は1.7億以上溜まっており、安心感がありますよ。また、管理人さんが住込みで月〜金曜日の9:00〜18:00に勤務されており、共用部分はきれいに保たれていました。

住戸は7階に所在する2LDK+WIC。LDKに面しているバルコニーは、目黒通りと反対向きな上に、インナーサッシが増設されているので車の走行音はほとんど気になりませんでした。ただ、目黒通り側に位置する洋室Bではどうしても車の走行音が聞こえてしまいます。インナーサッシのおかげでだいぶ緩和されていますが、聞こえ方には個人差がありますので、気になる方は現地でご確認くださいね。

とはいえ、バルコニーから遠くまで続く街並みを見渡すことができる眺望はとっても開放的! 南向きのため日当たりも良好です◎ こちらは、ぜひ現地で体感してみてくださいね。

LDKと隣接する洋室Aとの引き戸を開け閉めすることで、ライフスタイルの変化に対応できるフレキシブルな間取りです。モザイクタイル貼りのキッチン腰壁や、おしゃれに貼られたエコカラットなど、随所にアクセントがある内装にも注目いただきたいところ。

また、ご注意いただきたいのは、玄関ドア・キッチン前・掃き出し窓の上部に梁が通っているので、それぞれ床からの高さが低めなこと。そして、土地権利が旧法地上権の物件ということは必ず抑えておきたいポイント。ただ、権利の期間が2070年11月までと長く、地代も月額2210円と控えめですよ。

正直、この価格と月々のランニングコストで、この眺望と素敵な住環境が手に入るのはうれしいですね。毎日寄り道せずにはいられない、自由が丘ライフを送りたい方に。お問い合わせお待ちしております!

writer : 大川 晶子 / editor:酒井 大作

とれたて新着

実際に見てみたい