fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

ああ、自慢したい。我が家が「恵比寿・代官山・中目黒」のど真ん中にあることを。話題の最新スポットから、穴場のお店まで話し出したら止まらない。ああ、自慢したい。このマンションが人気のヴィンテージ “秀和シリーズ” ってことを。管理がよくて、外観もイケてるんだぜ。ああ、早く自慢したい。

目黒区中目黒(恵比寿駅徒歩7分)
2LDK / 51.43㎡ / 5,680万円

“魅惑のトライアングル”

写真

今回ご紹介する物件は「恵比寿・代官山・中目黒」を結んだ “魅惑のトライアングル” の中心! 左・まずはJR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・東京メトロ日比谷線が乗り入れる人気駅「恵比寿」。駅直結の「アトレ恵比寿」には各種テナントのほか、スーパー「成城石井」が入っていますよ。(徒歩7分)/中・続いて、東急東横線「代官山」駅。おしゃれで美味しいお店や、今をときめくアパレルショップがあちこちに点在するこの駅の人気は言わずもがなです。(徒歩8分)/右・東急東横線、東京メトロ日比谷線が乗り入れる「中目黒」駅もテリトリー。お気に入りの “スモール&グッド” な飲食店やショップを見つけてみては?(徒歩9分)

大充実の周辺環境

写真

左上・「アトレ恵比寿西館」には、巷で話題のNY発のバーガーショップ「SHAKE SHACK(シェイク シャック)」の日本2号店が入っています。(550m 徒歩7分)/右上・「蔦屋書店」が入る「代官山T-SITE」は居心地がよく、何か新しい発見があるかも・・・と思わず立ち寄ってしまうスポットです。(1km 徒歩13分)/左下・一杯やりたくなったら、行列ができる居酒屋「もつ焼きばん 中目黒本店」へ一番乗り。ほろ酔いの帰宅路も徒歩圏内なので安心です。(800m 徒歩10分)/右下・旧山手通り沿いにある「西郷山公園」。休日は園内のカフェでお気に入りのドリンクを飲みながらのんびりチル。(1.1km 徒歩14分)

白と青のコントラストが美しい “秀和レジデンスシリーズ”

写真

こちらが今回の目的地。白い壁に青い屋根が美しい特徴的なデザインと、手厚い管理体制のよさから、根強いファンがいるヴィンテージマンションです。

cowcamo

これまでの主な工事履歴がきちんと残っており、適宜メンテナンスが行われています。直近では、平成29年に大規模修繕工事、平成21年には耐震補強工事も実施済みです。また、すでに十分な修繕積立金が貯まっているので、この先も安心してお住まいいただけるのではないでしょうか。

写真

共用部分の撮影がNGだったため、今回はエントランスの写真のみ。残念ですが、セキュリティ面への配慮がしっかりされている証拠ですね! アイアンのアーチをくぐると、花壇まで覆われたモザイクタイルがマンション内へ誘ってくれます。中に入ると、管理人事務室・集合ポスト・エレベーターがある、広いロビーが出迎えてくれますよ。

売主さま

管理人さんは住込みで勤務されています(月〜金曜 8:00〜17:00、土曜 8:00〜13:00)。また、こちらのマンションでは、外観を美しく保つため、バルコニーで洗濯物を干すことが禁止されています。そのため、屋上に入居者が自由に使える屋上の洗濯物干し場がありますよ。

住戸が所在する2階へ

写真

左・今回ご紹介する住戸は2階に所在しています。玄関ドアを開けると、高級感あるタイル貼りの土間が。廊下にも同じタイルが貼られていますよ。/右・土間右手には下足入れが備わっています。

廊下突き当たりのドアから 約12帖のLDKへ

写真

白を基調としたLDKはシンプルな印象ながら、オープンラックがあったりと、見応え十分! まずは、右手のキッチンからチェックしていきましょう!

写真

左・対面式キッチンには食洗機が備わっています。キッチン側面の壁にはステンレス製の防汚パネルが貼られていて、室内の雰囲気をキリッと引き締めてくれていますよ。/右・キッチン左手の壁にはオープンラックが。ディスプレイのようにシンプルな室内を彩る小物や植物を置いておきたいですね。

売主さま

キッチンの上部にはライティングレールが備わっています。お好きな照明をお好きな位置に設置することができますよ。

続いてLDへ

写真

南西向きの掃き出し窓の先に緑が見えるLD。リビングスペース上部の天井にもライティングレールが備わっています。

売主さま

ディスプレイのソファ向かいの壁にもオープン棚を設置しました。

掃き出し窓からバルコニーへ

写真

バルコニーからはもっさりグリーンビュー! 抜けこそないものの、癒される借景です。

写真

LDKと隣り合う洋室Aの前まで続いているバルコニー。床にはウッド調のパネルが敷かれています。

室内に戻りましょう

写真

ディスプレイのようにキッチンの向かいにダイニングテーブルを置いて、手前をリビングスペースにするのがしっくりきそう。正面の引き戸から洋室Aへと進みましょう!

約4帖の洋室A

写真

LDK同様南西向きの掃き出し窓がある洋室A。こちらからもバルコニーに出ることができます。

写真

左・掃き出し窓の前から。お向かいのドアの中は・・・/右・ウォークインクローゼット(WIC)でした! 枕棚とハンガーパイプが備わっています。

再びLDKへ

写真

この日はあいにくの天気だったのですが、なんだかとっても明るい室内。それもそのはず、 折り上げ天井やオープン棚の内側など、随所に間接照明が設置されており、室内全体を明るい印象にしてくれているんです。

廊下に戻って

写真

左・右手のドアは水まわりとトイレ、左手は収納と洋室Bにつながっています。/右・スッキリとしたフォルムのトイレ。コンパクトな吊り戸棚も備わっています。

続いて洋室Bへ

写真

約5帖の洋室B。北東向きの腰窓は共用廊下に面しているので、人通りがあるかも。カーテンを設置して対応するとよさそうです。

写真

左・腰窓の前から。左手の引き戸の中を見てみましょう。/右・洋室A同様、枕棚とハンガーパイプ付きのWICでした! 個室すべてに大容量の収納があるのはうれしいですね。

最後に水まわりをチェック

写真

左・洗濯機置き場がある洗面脱衣室。/右・バスルームには浴室乾燥機が備わっていますよ。

マンションの周辺を散策

写真

左上・マンションのお隣には、庭園を眺めながらフレンチや鉄板焼きを味わえるレストラン「Q.E.D.CLUB(キュー・イー・ディー クラブ)」。もとはハンガリー大使公邸だったことから、マンション周辺が落ち着いたエリアであることがお分かりいただけるかと思います。(110m 徒歩2分)/右上・「EQUIPEE(エキペ)」はヨーロッパのユーズド家具に加え、洋服もセレクト。ライフスタイルをトータルコーディネートしてくれるお店です。(290m 徒歩4分)/左下・駒沢通り沿いにある老舗イタリアンレストラン「コルシカ」長年変わらない美味しさを求めて、著名人も多く訪れるそう。(210m 徒歩3分)/右下・お買い物は、「ピーコックストア 恵比寿南店」でどうぞ。2階には100円ショップ「Can Do」も入っていますよ。(350m 徒歩5分)

cowcamo

カウカモ編集部より

『「恵比寿・代官山・中目黒」を結んだエリアを人はこう呼ぶ。 "魅惑のトライアングルゾーン" と・・・』なんて、歯の浮くようなセリフも過言ではないこの場所に、堂々と佇むヴィンテージマンションが今回の目的地。度々カウカモでも紹介してきたマンションですが、売りに出る物件はすぐに売れてしまうほど人気なんです。


その理由のひとつは、何と言ってもその魅力溢れる立地。普段は「恵比寿」や「中目黒」から通勤して、お休みの日には「代官山」付近でゆったりと買い物をしたり、目黒川沿いを散歩したり。その日の気分によって街を使い分けることができるんです。


そして、もうひとつ忘れてはいけないのが、ヴィンテージマンションマニアにも根強いファンが多い “秀和レジデンスシリーズ” であるという事。白い壁に青い屋根が映える外観は、ギリシャ・サントリーニ島の建築物を彷彿するようなデザインが特徴です。


現在築48年とそれなりに築年数が経過していますが、適宜修繕が行われている上に、平成21年には耐震補強工事も実施済み。また、管理人さんは住込みで勤務されており、隅々まで清掃が行き届いた共用部からは、キメ細かい管理体制がうかがえます。やはり人間と同じで、モテる秘訣は『見た目だけでじゃなく、中身も大事』なんですね〜(笑) 心を鷲掴みにされる方が多いのも頷けます。


住戸は2階に所在する2LDK。内装に派手さはないものの、オープン棚や間接照明など、見所が随所にあります。オープン棚にお好きな小物を置いたり、間接照明を自分好みの物にすれば、ガラッと雰囲気も変わりそうですよ。


また、ふたつある個室それぞれにWICがあるのもうれしいポイント。廊下収納も完備しているので、住戸ないものが溢れてしまう心配はなさそうです。バルコニーからの眺望は抜けこそないものの、癒しのもっさりグリーンビュー。所在するのが2階ということを考慮すれば、緑が拝めるだけでもいいのではないでしょうか?

きっとあなたも、このエリアの利便性と魅力を知ってしまったら、離れられなくなってしまいますよ。エリアのことも、マンションのことも、友達に自慢したくてしょうがなくなる物件です。お問い合わせ、お待ちしております。

writer / editor:酒井 大作

とれたて新着

カウカモ公式 LINE@

LINE

カウカモ編集部から毎日配信。新着やおすすめ情報をお届けします。

実際に見てみたい