fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

「恵比寿・代官山・中目黒」が徒歩圏内という魅力的なエリアに建つ、愛されマンション “秀和レジデンス”。約26帖もある広いワンルームは、収納量だって魅力的。バルコニーからはお花見も紅葉も、美しい夕陽だって楽しめる。立地よし、マンションよし、住戸よし◎ 魅惑の三拍子、揃ってます。

目黒区中目黒(恵比寿駅徒歩7分)
1R / 60.89㎡ / 6,780万円

売主さまのご紹介

写真

Kさまご夫婦

奥さまが幼少期から住まわれていたマンションに、ご夫婦が暮らす用として1室を購入。1997年に店舗設計を得意とする建築事務所にフルリノベーションを依頼されました。京都で次のライフステージを楽しむべく、お住み替えを決意されたのだそう。

きっと気に入るはず

写真

今回ご紹介する物件は、「恵比寿・代官山・中目黒」が徒歩圏内のエリアに建つ “秀和レジデンスシリーズ” の1室。1997年にフルリノベーションを施したワンルームの住戸は、機能美と季節の移ろいが感じられる空間になっています。一度見たら、きっと気に入るはずですよ♡

白と青のコントラストが美しい “秀和レジデンスシリーズ”

写真

白い壁に青い屋根が美しい特徴的なデザインと、手厚い管理体制のよさから、根強いファンが多いヴィンテージマンション。総戸数204戸のビッグコミュニティです。

cowcamo

カウカモでは過去にも数回、こちらのマンションの別の住戸をご紹介してきました。建物は2020年6月現在築50年と年月こそ経っていますが、2009年には耐震補強工事、2016年には大規模修繕工事を行っています。安心感をもってお住まいいただけますよ。

写真

左上・エントランスは正面と裏手の2箇所にあり、こちらは正面側。アイアンのゲートが美しいですね。モザイクタイル敷きの広いアプローチの右側には平置きの駐車場があります。/右上・共用ロビーに入ったところ。奥には駐車場・自転車置き場へつながる裏口が。/左下・エレベーターは2基。床も壁もピカピカに清掃されています。/右下・5階まで上がってきました。正面に見えるのが、今回ご紹介する住戸の玄関扉です。

cowcamo

管理人さんは住込みで、月曜〜金曜日の8:00〜17:00と土曜日の8:00〜13:00に勤務されています。また、こちらのマンションでは、外観を美しく保つため、バルコニーで洗濯物を干すことが禁止されています。そのため、屋上に入居者が自由に使える共用の物干し場がありますよ。

奥さま

細則はありますが、事務所利用も可能ですよ。

お邪魔します!

写真

左・明るい色味の建具やフローリングで温かみのある雰囲気。廊下からLDKまでは扉がなく、奥の掃き出し窓まで空間がひと続きにつながっています。/右・廊下に上がって振り返ってみました。壁には大きな姿見と、大容量のシューズクローゼットを完備。左手の白い扉は水まわりへと続きます。

cowcamo

取材時は掃き出し窓が開放されていたので、玄関扉を開けた瞬間にすーっと風が通り抜けました♪

開放的な大空間

写真

こちらの住戸の間取りは潔いワンルーム。手前は売主さまのように、ダイニングスペースとして使うとよさそう。さらに進んでみましょう。

写真

開放感のあるリビングスペース! 南西向きのバルコニーに面して掃き出し窓が2箇所あるので、光がたっぷり入ってきますね。

奥さま

窓際のデスクスペースがお気に入りの場所です。夕方になると夕陽が空を赤く染めてとってもきれいなんですよ。

写真

デスクスペースの前まで進んで振り返ってみました。木目の壁が気になりますが、まずはバルコニーへ出てみましょう!

cowcamo

フルリノベから20年以上経っているとは思えないほど、今でもきれいで床もツヤツヤ。売主さまが丁寧に住まわれていたことがうかがえますね。

四季で表情を変える 自慢のビュー

写真

マンションは高台に建っているため、視界が大きく開けて気持ちいい! 右手に見える背の高いビルは、中目黒のシンボルとも言える「中目黒アトラスタワー」です。

奥さま

周囲には背の高い建物が建っていないので、街を一望できてとても気持ちがいいです。ちょうど正面には桜とイチョウの木が並んでいるので、春にはお花見、秋には紅葉が楽しめますよ。四季の移ろいが感じられて豊かな気持ちになれます。

cowcamo

都心で自然を身近に感じられるのはとても贅沢ですね。新緑にも癒されます……♡

写真

奥行きはややコンパクトですが、しっかり外に出られるようになっています。明るさを遮らない手すりなので、室内までたっぷり光が入ってきますよ。

全貌をご覧あれ

写真

室内に戻ってきました。広さなんと約26.5帖の大空間! 間取りを細切れにしていないので、家具の配置で好みのスタイルにアレンジすることができますね。お次は奥のウォークインクローゼット(WIC)を見てみましょう。

奥さま

冬の時期はキッチンの方まで日が差し込むので、明るくて暖いのがこの部屋の特徴です。

約2.7帖のWIC

写真

左・住戸の中央に位置する、壁に囲われたWIC。ロールスクリーンを上げて中に入ってみましょう。/右・長方形の空間は、収納としても書斎としても使えそう!

お待たせしました!

写真

ずらりと並ぶ木目が美しい壁。おしゃれなアクセントウォールかと思いきや……

写真

なんと、壁全面が収納になっているんです! 実はこの収納スペースが売主さま一番のこだわりなんだとか。

奥さま

はい、収納するアイテムに合わせて、中のハンガーパイプや棚板の高さなど組み合わせをそれぞれ変えています。おかげで、無駄なスペースを作らずなんでもしまうことができます。建具にはセンノキという木材を使用していて、木目がすべて揃っているのがポイントです。

cowcamo

機能的でスタイリッシュ……お部屋に荷物が少なくてスッキリと見えるのは、計算しつくされた無駄のない収納スペースのおかげなんですね!

奥さま

テレビもサイズによっては壁の中に収まるようになっていますよ。

本格派キッチン

写真

キッチンはとにかくワイドで使いやすそう! 3口コンロは横並びで、大きな鍋も余裕で置ける業務用サイズ。 シンクや調理スペースも広々としていて、料理が捗りそうです。

売主さま

収納が豊富で、食器や調理家電などもしまうことができますよ。お料理好きの方には喜んでいただけると思います。

最後に 水まわりをチェック

写真

左・洗面台はワイドで、鏡も大きい! 背面は洗濯機置き場になっています。/中央・バスルームはややコンパクト。浴室乾燥機完備なので、お洗濯物はこちらで干してもいいですね。/右・トイレには、共用廊下に面した換気用の窓が備わっていますよ。

エントランス前では……

写真

取材を終えて外に出ると、なんとエントランスの前で野菜が売られていました! 実はこちらのマンション、週に2回、12:00〜17:00で野菜の無人販売が行われているそう。こういったマンションコミュニティのよさも魅力のひとつですね。

選びホーダイ!

写真

今回ご紹介した物件は「恵比寿・代官山・中目黒」を結んだ三角地点の中心! 左・まずはJR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・東京メトロ日比谷線が乗り入れる人気駅「恵比寿」。駅直結の「アトレ恵比寿」には各種テナントのほか、スーパー「成城石井」が入っていますよ。(徒歩7分)/中央・美味しいお店や、今をときめくインテリアショップが点在する東急東横線「代官山」駅からは徒歩8分の距離。/右・東急東横線、東京メトロ日比谷線が乗り入れる「中目黒」駅もテリトリー。お気に入りの “スモール&グッド” な飲食店やショップを見つけてみては?(徒歩9分)

マンションの周辺を散策

写真

左上・マンションのお隣には、庭園を眺めながらフレンチや鉄板焼きを味わえるレストラン「Q.E.D.CLUB(キュー・イー・ディー クラブ)」。もとはハンガリー大使公邸だったことから、落ち着いたエリアであることがお分かりいただけるかと思います。(50m 徒歩1分)/右上・春には都内屈指の桜の名所となる目黒川もすぐ近く。川沿いには古民家を改修したセンスのいいお店が目に付きます。(400m 徒歩5分)/左下・「蔦屋書店」が入る「代官山T-SITE」は居心地がよく、何か新しい発見があるかも……と思わずふらっと立ち寄ってしまうスペースです。(800m 徒歩10分)/右下・オーストラリア発のボタニカルスキンケアブランド「イソップ 東京店」には、ギフトにも喜ばれるケアアイテムやフレグランスが並びます。お部屋のアメニティを揃えてみるのもおすすめ!(750m 徒歩10分)

cowcamo

カウカモ編集部より


「恵比寿・中目黒・代官山」を結ぶ “魅惑のトライアングル”。今回ご紹介するマンションは、どの街へも徒歩10分以内で行ける場所に建っていますが、周辺は閑静な住宅街。建物の隣には広大な敷地を持つレストラン「Q.E.D.CLUB」の緑豊かな木々が生い茂り、レトロで特徴的なデザインの外観と美しく調和しています。


何よりも、JR山手線が乗り入れる「恵比寿」駅を含む3つの駅を利用できるのですから、都内の移動が便利なのは言わずもがな。休日はほかの街にわざわざ出掛けなくても、ご近所でグルメもショッピングも、レジャーもお散歩も、すべてが叶っちゃいそう♪


マンションは、特徴的なデザインからファンも多い “秀和レジデンスシリーズ”。1970年竣工と年数は経っているものの、これまでの主な工事履歴がきちんと残っており、適宜メンテナンスが行われています。直近では、2016年に大規模修繕工事、2009年には耐震補強工事を実施済みです。また、マンション全体では十分な修繕積立金が貯まっているので、この先も安心してお住まいいただけそうです。


住戸は5階に所在し、たっぷりと光を取り込める南西向き。1997年にフルリノベーションを施したワンルームの間取りは、機能的でスタイリッシュな内装が特徴です。売主さまが丁寧に住まわれていたことも相まって、時代を感じさせないモダンな雰囲気がありました。なんと言っても、玄関から掃き出し窓まで続く壁一面のモジュール式収納は圧巻! 洋服から日用品、そしてテレビまでも収納することができるので、お部屋をスッキリと見せることができます。

また、約26帖もの広さがあるスペースは、売主さまのようにワークスペースを作ったり、プライベートな部分を隠したい場合はパーテーションで空間を仕切ってみたりと、工夫次第で色々なアレンジを楽しめそう。

幼少期からこちらのマンションに住まわれていたという奥さまは、バルコニーからの景色がとてもお気に入りとのこと。四季の移ろいや美しい夕陽、天気のいい日には富士山も望め、いつもここからの景色に元気をもらっていたんだそう。満月の夜には、月明かりに抱かれて眠る日もあったのだとか……♡ ぜひこの雰囲気を気に入っていただける方に住み継いでいただきたいと仰っていました。


一部、使用感の見られる箇所や設備などもございますが、それも含めて大切に住み継いでくださる方をお待ちしています。


なお、こちらの物件は売主さまが現在居住中のため、ご内見の日時は調整させていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

writer / editor:熊谷 緑

とれたて新着

実際に見てみたい