東京には、いまもなお丁寧に住み継がれているマンションがいくつも存在しています。貫禄を感じる佇まい、丁寧に修繕が重ねられてきた共用部。珍しい建材が使われていたり、かつての装飾が味を残していたり。こちらの記事では、編集部が何度も取材させていただいたカウカモ常連のマンションたちをご紹介します。


ポイント
・氷川神社のお隣、緑がとっても豊かな環境に建つマンションです。耐震補強工事も行われており、古くてよいものを愛でたい方に気に入っていただけそうな建物。
・波打つように雁行(がんこう)した造りが特徴的。ヴィンテージマンションの貫禄が滲み出ているのは、きちんと修繕が繰り返されているから。
・「赤坂」駅が最寄りですが、「六本木」へも歩ける立地。常にワクワクと刺激をもたらしてくれる街のど真ん中ではなくすぐお隣◎ その距離感がうれしい環境です。

共用部

1978年竣工、鉄筋コンクリート造の建物です。総戸数100戸超えと大規模マンションにふさわしい、とっても立派なエントランス。ベビーカーをお持ちの際やスーツケースを使用するときに便利なスロープも備わっています。

エントランスには管理人室と、待ち合わせなどに使える応接セットが。グリーンに、白黒の床材、木目柄の自動ドアと、こだわりのあるデザインが素敵です。

エレベーター前のスペースは広々! ピカピカの白い床材から管理状態のよさが分かりますね。エレベーターは2基ありますよ。

2017年3月に玄関ドアが交換されているのも好ポイント。細則はありますが、ペットと一緒に暮らせるというのもうれしい条件ですね。

「赤坂」駅からマンションへは、大通りを抜け、住宅街から坂道を進むアプローチ。周囲には雰囲気のあるヴィンテージマンションが建ち並んでいますが、その中でも一際目を引く重厚な外観。1978年の竣工、地上7階建て・総戸数109戸の大規模マンションです。耐震補強工事が行われており、しっかりとメンテナンスが施されているのもポイント。エントランスにはオートロック完備とアップデート済みで、週6勤務の管理人さんがいらっしゃるなど、とても手厚くケアされています。エントランスまでのアプローチには、きれいに手入れされた植栽や可愛らしい街灯が並んでいるんですよ。

周辺環境

東京メトロ千代田線「赤坂」駅までは、徒歩6分の距離。駅前には複合商業施設「赤坂サカス」があり、賑わいのあるエリア。TBS放送センターや、ライブハウス、エンターテインメント劇場などが入っています。

マンションの裏にある「赤坂氷川神社」。良縁・縁結びにご利益があるそうです。マンションは、この杜に抱かれるようにして建っています。住戸によってはバルコニーからは、こちらの緑を眺めることができますよ。

買い物や食事、エンターテインメントまで楽しめる「東京ミッドタウン」が徒歩圏内。周囲には「ミッドタウン・ガーデン」や「檜町公園」など緑が広がっています。ビジネスパーソンやお子さま連れのファミリーまで、たくさんの人が集まる憩いのスポット。

「赤坂」というと、官庁・オフィス街・料亭……そんなイメージが強い方も多いのでは。マンション周辺は坂のある高台。そう、例によってそのような場所は、古くからの高級住宅街が広がっている場所なのです。"ザ・都心" にも関わらず、とても落ち着きのある、閑静な環境ということがポイント。「赤坂氷川神社」のような歴史的建造物もありつつ、大企業の本社や高層オフィスビルが集まるビジネス街でもあり、さまざまな要素がブレンドされていまするエリアでもあります。そんな多彩な空気が混じり合いながらも、どこか上品な雰囲気が一貫して漂っているのがこのエリアの特徴です。