「一点もの」の住まいに出会おう。
カウカモで、まさに一点ものの住まいに出会い、新生活を始められた皆さまを撮影させていただく「カウカモグラフ」。

今回は、横浜市に中古マンションを購入・フルリノベーションした、20代のご夫婦のもとを訪れました。


《プロフィール》
名前:A / K
年齢:ともに20代後半
職業:エンジニア / 保育士
趣味:アウトドア(キャンプ、登山、サーフィン)、映画、海外旅行

《この住まいについて》
場所:横浜
間取り:2SLDK
面積:80㎡
築年数:築20年
リノベ:フルリノベ
支払い額(以前の住まいと比べて):広さは倍になって、5万円アップ

家を探し始めたきっかけ:友人が家を買ったと聞いて

家探し期間:2〜3ヶ月
内見数:8軒

Q1:以前の住まいは?

A:戸塚に住んでいました。住宅街の静かなところで、日当たりがいいのはよかったのですが、長く住むイメージがなかったんですよね。

K:収納がほぼなくて、アウトドア用品があふれてしまっていて。

A:水まわりも狭くて、使いづらいし、冬もものすごく寒くて。部屋の広さや使い勝手的な部分では全く満足していなかったです。

Q2:この街《横浜》にした理由は?

A:ふたりとも地元が北海道なので土地勘がなかったんですが、とある内見に行った時に、エージェントさんにこの辺りの魅力を教えてもらいまして。

K:初めて駅からここまで歩いてきた時に、道が広くて、子どもにとって安全だなと思いました。仕事柄、そういうところが気になるんです。緑が多くて、自然豊かで、公園が近くていいなと。

A:前の家は、家の目の前の道路を、車と小学生たちとが狭そうに通っていて窮屈だったので、道は広いところがいいなと思っていたんです。地元・北海道のような、敷地が広い、自然が多い、ゆったりとした環境を求めていました。横浜って、坂が多い、道が狭い、人が多いイメージがあったんですが、横浜にもこんなところがあったんですね。この辺りはそんなことが全くなくて、ゆったりしています。

Q3:この家に決めた理由は?

K:眺望がよかったんです。抜けていて、高い建物が気にならないし、緑が見える。ベランダでゆっくりしたい時に人目を気にしなくてすむのはいいなと思いました。駅近が本当はよかったけれど、景色で決めたので、前より遠くなっちゃいました(笑)

A:でも、自転車を買ったので、駅までの通勤も気持ちいいし、全然苦にならないです。

Q4:《中古マンションを買ってリノベーション》する以外の選択肢は検討した?

K:ログハウスに住む夢があって。

A:ね。ログハウスにするか中古マンションを買ってリノベーションするかで悩みました。ログハウスは実際に見にも行ったんですけど、眺望のよさが無くなってしまったりもするし、家を建てるのは現実的じゃないなと。あとは調べるのが好きなので、新築マンションを買うことのメリット・デメリットも調べたんですけど、僕らは中古を買ってリノベするのがあってるなってなりました。

K:人と同じなのは嫌いだからね。

A:リノベーションで好きなテイストにできるとわかったので、それがいいなと。

Q5:内装はどうやって決めていったの?

K:ログハウスとは全然テイストが違うんですけど(笑)、最初は、海外の家みたいにしたいと思ってて。

A:はじめに写真とコメントをまとめたプランニングシートを作りました。土間はこうしたい、リビングはこうしたい、キッチンは海外のイメージでタイルを全面に貼りたいとか、自分たちの希望をまとめていって。

K:写真を集めるのは好きだったので、私が写真を集めて、提案して、それをもとに旦那さんがまとめてくれて。あと、LANDLIFEに行っていろんな部屋を見たことで、だいぶリノベーションのイメージが湧きやすくなっていたし、設計をお願いした向坂さんのお家を事前に見れたのもよかったです。

A:ライトのこととかヒントをもらったよね。そのプランニングシートの内容をもとに、向坂さんが3パターンの図面を出してくれて、そこからブラッシュアップしていきました。

例えば、ウォークインクローゼットにしようと思っていたけど、あえてオープンにすることにしたり。

土間を広めにして。普通じゃ面白くないね、と土間の一部のアウトドアグッズの収納場所を斜めにすることにしたり。

K:ふたりとも心配性なので、事前に置くものはしっかり洗い出しました。前の家が本当にものが入らなかったので、今回はそういうのをなくしたいと。

A:キャリーバックとキャンプ道具が大きいので、入らずにまたものが溢れたら嫌だなと。

Q6:購入にあたって不安に感じたことや乗り越えたことは?

A:お金ですかね。同じぐらいの年収の人が将来的にどれくらいのローンを払っているのかが見えなくて心配でした。予算もはじめ適当に言ってたと思います(笑)

K:物件に対する不安だと、前の家が日当たりよすぎたので、ここは暗くないかな?というのは気になりました。

A:でも住んでみたら、朝日は寝室で浴びれて、夕日をリビングで見れて、バッチリでした。

K:あえてカーテンをガーゼにして、日が入ってくるようにしています。

Q7:カウカモで家を買ってみてどうだった?

A:結果、すごくよかったです。カウカモで調べてなかったら、このエリアとも出会えてなかっただろうし、自分たちの好きなようなリノベができてなかったと思います。

K:セミナーに参加したところから、トントントンと話が進んでいきました。はじめ買う予定はなくて、とりあえず情報だけ得るためにセミナーに行ったはずが、実際に見に行ってみましょう、じゃあ来週また別のエリアで内見しましょう、とサクサクと進んでいって。

A:情報だけ集めて、意外と動けない僕たちをうまく引っ張ってってくれました。あとは、カウカモマガジンで、実際に中古マンションに住んでいる人の “気持ち” をたくさん知れたのはよかったです。

K:全部読んだよね。

A:住んだ人の声や気持ちが知れるものってなかなかないと思うんです。街の紹介記事も見ました。東横線沿線も考えたりしていたので、中目黒の記事を読んだりとか。色々知れてよかったです。あと、セミナーに参加した時に、オフィスがおしゃれだったので、安心しました(笑)

Q8:この家のお気に入りの場所やこれから楽しみにしてることは?

K:寝室がお気に入りですね。

A:集中して寝れるんです(笑)

K:寝ている横でガサガサするのがなくなったからね。朝起きる時間が違うんですけど、前の家だと同じ部屋の中で寝てる横で準備していたので。それに、モルタルでシンプルに造っただけなのに、思っていた以上にやわらかい雰囲気になりました。

A:生活感がないのがいいですね。

K:これからの楽しみは、ベランダの植物を増やすことですね。ハーブとか育てたいなって。

A:ベランダは視線を気にしなくていいので、歯磨きのために出たりもしています(笑) コーヒー片手にもそうですし。

K:芝生のところに椅子を出して読書もいいな〜なんて思ってます。

K:あとは、土間・クローゼットの広さも好きだし、もう全部気に入っていますね。いい家だー!って毎日のように言ってます(笑)

A:この照明も気に入ってて。梁(はり)をあえて伸ばして間接照明にしたんです。天井も抜いて、高くして。気になっていたはずの梁が照明に変わって、おしゃれになりました。この使い方は友人たちにも大好評ですね。

Q9:これから家探しをする人にアドバイスがあれば教えて!

A:リノベーションされた部屋に行ってみるといいと思います。現地を見るとイメージできるようになるので。

K:物件にしろ、街にしろ、実際に足を運んでみないとわからないから、とりあえず動く!(笑)

A:リノベーションで部屋の中はガラッと変えられるので、暮らしの中で自分たちが大切にしているポイント、変えられない部分を大事にするといいと思います。僕たちの場合はそれが、ゆったりとした土地とか、道の広さとか、自然の多さでした。

>あなたもカウカモで1点ものの住まいを探してみませんか?

>cowcamo graph《カウカモグラフ》のほかのストーリーもcheckしてみよう。