東京には、いまもなお丁寧に住み継がれているマンションがいくつも存在しています。貫禄を感じる佇まい、丁寧に修繕が重ねられてきた共用部。珍しい建材が使われていたり、かつての装飾が味を残していたり。こちらの記事では、編集部が何度も取材させていただいたカウカモ常連のマンションたちをご紹介します。


ポイント
・立地は「恵比寿・代官山・中目黒」を結んだ “魅惑のトライアングル” の中心地。
・白い塗り壁と青い屋根のコントラストが美しい “秀和レジデンスシリーズ” 。その中でも敷地面積が広く、堂々とした洋館風の外観が特徴。
・立派なゲートや美しいタイル敷きのエントランスアプローチが魅力的。建物を維持していく意識が高く、マンションのコミュニティも良好。

共用部

華奢なアイアンで造られた門の先には、モザイクタイルが貼られたアプローチが続いています。広々としたスペースで、古城を思わせる雰囲気。左手に見える螺旋階段も素敵です。

開放感のある共用ロビー。こちらに管理人室があります。管理人の方は住込みでいらっしゃいますが、勤務は日勤となります。夜間はエントランスが施錠されるのでセキュリティ面も安心。

2基あるエレベーターも、きれいに改修されている様子がうかがえます。マンションの敷地内には、居住者専用のコインランドリーもあるんですよ。

外観を美しく保つため、バルコニーでの物干しが規約上禁止されています。そのため、屋上には共用の物干し場が。見晴らしがよく、北東側には「六本木ヒルズ」や「NTTドコモ代々木ビル」、晴れた日には富士山も見えるそうです。

白い塗り壁に青い瓦屋根が映える外観は、“ギリシャ・サントリーニ島” の建築物を彷彿するようなデザイン。1970年竣工、鉄筋コンクリート造のヴィンテージマンションです。適宜修繕が行われている上に、2009年には耐震補強工事を実施済み。端正な外観を維持しているだけでなく、安心してお住まいいただける環境もキープしています。管理人さんは住込みでいらっしゃり、共用部は隅々まで清掃が行き届いた状態。見た目だけでじゃなく、中身も大事ということを感じさせてくれる建物です。

周辺環境

ショッピングや映画、お買い物ができる「恵比寿ガーデンプレイス」。夏はビアガーデンが開催され、冬はイルミネーションが煌めき、季節ごとのイベントで賑わいます。

代官山のランドマークともいえる「蔦屋書店」が入っている複合商業施設「代官山T-SITE」。長時間いても居心地がよく、本・映画・音楽といったカルチャーを楽しめます。書店は26時まで営業しているので、たまには夜更かしして本の世界に浸ってみるのもいいですね。

中目黒といえば、「目黒川」沿いの桜並木。桜の季節は大勢の人で賑わいますが、普段はのんびりと過ごせる場所。川沿いにはおしゃれなお店も多いので、お散歩コースにもぴったり。

"魅惑のトライアングルゾーン" と呼ばれる華やかな3駅に囲まれたエリアです。この魅力溢れる立地は、居心地がよすぎて、一度住んだらここから抜け出せなくなる方も多数。普段は恵比寿や中目黒から通勤して、お休みの日には代官山あたりでゆったりとカフェ巡り……なんて暮らしを送れそう。をしたり、蔦屋書店で音楽や映画を楽しんだり、目黒川沿いを散歩したり、その日の気分によって街を使い分けることができます。