「一点もの」の住まいに出会おう。
カウカモで、まさに一点ものの住まいに出会い、新生活を始められた皆さまを撮影させていただきました。


プロフィール
名前:まさとし / あきこ
年齢:40 代なりたて / 30 代前半
職業:共に会社員(スポーツ系)
趣味:絵画鑑賞 / 音楽鑑賞・ゴルフ

この住まいについて
場所:川崎市宮前区
間取り:2LDK+WIC
面積:69.26 m² + バルコニー5.11 m²
築年数:43 年
追加リノベ:棚・サッシをつける等、細かなところのみ。これからさらに手直し予定。
支払い額:前の家に比べて管理費・駐車場代を入れると4万円アップしたが、広さは倍に!

家を探し始めたきっかけ
前に住んでいた家の環境が悪かったので。

家探し期間:3年前から意識はしていたが、具体的には 1年程度
内見数:5件(九品仏、自由が丘、神楽坂、用賀、そしてココ!)

 Q1:以前の住まいは?

まさとし:ここに引っ越す前は二子新地に住んでいました。駅近優先で決めたんですけど、今より家賃は2万円安かったものの、広さは半分しかなくて、とにかく環境が酷かったですね。光は入らない、水周りもよくない、ジメジメして換気が悪い、壁が薄くて周りの音が聞こえてしまうっていう。精神衛生上よくなかったです。
その経験から、光がやっぱり大事だねという話になり、光がよく入るという点を重要視するようになりました。

Q2:この街《川崎市宮前区》にした理由は?

まさとし:以前、上野毛に住んでいたことがあり大井町線沿線が住みやすいと思っていたのと、職場がふたりとも東急線の沿線なので、目黒区・世田谷区あたりで通勤の便が良いところで探していました。この辺(川崎市宮前区)は、はじめは一応は候補かな〜という程度でしたね。駅からちょっと距離があるし。でもやっぱり自由が丘とか都立大学周辺に比べたら金額もちょっと抑えられますからね。

Q3:この家に決めた理由は?

まさとし:入った瞬間、いいなって思いました。 このキッチンと全体の感じ。カウカモで見た物件紹介の写真だとキッチンの赤が強めに感じられたので、どうかな? って思っていたんですけど、来てみたら想像してたより落ち着いた色だったので、むしろいいじゃん! って。
あと、僕はちっちゃい時に団地住まいだったので、こういう団地っぽい外観には抵抗がなくて親近感でしたね。最上階なのも良いし! すぐそこには中学校が見えるので、部活をキャッキャやってるのが見えるのは楽しいな〜とか。家に入ってみて割と話が広がったんです。

あきこ:私はみんなが遊びに来てくれる家が良かったんですけど、誰かが来た時にまさにこのダイニングでわちゃわちゃする感じがイメージできたんです。実際、みんなに来てもらってますよ。

まさとし:仲間が来た時には、リビングとダイニングの仕切りがガラス窓なのがやっぱりいいですね。空間が遮られないから、僕がリビングにいてみんながダイニングに座っていても同じ空間に居る感じで喋れるし、ちょこっと覗けば、おぉっと目が合うし。楽しいです。 あと光と風がすごく良い。内見の時はちょうど夏だったんですけど、南側のベランダと北側の窓を開けるとヒュ〜って風が気持ちよく抜けるんです。

Q4:《リノベーション済みの中古マンション》を買う以外の選択肢は検討した?

あきこ:一応新築マンションもチェックしていたんですが、金額的な部分で合わなかったり、綺麗なことはいいんですけど、どれも似たような一般ウケするスタンダードな内装っていうところにいまいちピンと来ませんでしたね。 賃貸っていう話もあったんですが、やっぱり年齢的にもローンのことを考えると買うんだったら早くした方がいいよねとも話していました。ただ、本当に気に入った物件じゃなければ無理して買わなくていいと思っていたんですが、ここは本当に “出会ってしまった” 感じだったんです。

Q5:購入にあたって不安に感じたことや乗り越えたことは?

まさとし:築年数があるので、耐震とか気になることはたくさんあったんですが、担当の方がしっかり調べて全部資料を送って教えてくれたので、どんどん不安は解消されました。

Q6:カウカモで家を買ってみてどうだった?

まさとし:外に出る時間が減りました(笑)。以前は休日に一日中家にいることはないタイプで、家は帰ってきて寝るだけっていう感じだったんですけど、この家では特に予定がない日はもうずっとうたた寝、テレビ、コーヒー、うたた寝、テレビ・・・(笑)。満足です。

あきこ:本当にご縁を感じてます。 親しい人たちもみんな居心地がすごくいいねって言ってくれます。入って来て最初はわ〜すごい! って言っているのが、30分もすれば我が家のようにくつろいでくれてあっという間に2、3時間が経ってるっていう。
カウカモは Facebook でたまたま見かけてからちょこちょこチェックしてたんですが、内見した5件は全部カウカモで見ましたよ。

Q7:この家のお気に入りの場所やこれから楽しみにしてることは?

あきこ:キッチンを中心にダイニングの周りがお気に入りですね。

まさとし:朝は冷蔵庫側にイスを持って行って、キッチンを挟んで2人で食事するんです。テレビも良く見えるし!
今後はダイニングの白い壁たちをどんな風に遊んでいくかが楽しみです。 ベッドサイドに車の絵を飾ってるんですが、12種類あるらしいんですよ。今2種類だけ持ってるので、あれを集めてどこかに飾りたいですね。ふたりとも絵画が好きなので。そんな風にこの家に来てから細かいインテリアに興味が湧いて楽しいです。

あきこ:引っ越しと結婚のタイミングが重なったので、お祝いでお花をもらうことが多かったんですが、それを生けてみると、部屋の雰囲気が変わるし、一気に華やかになるし、良いな! と。はじめはとても新鮮で、そこからやたらとドライフラワーを買ってみたりだとか(笑)。
あと照明の模様替えとか、リビングのラグも変えたいな〜。今は丸い形なんですけど、四角いのにしたらどうなるかなとか。そうそう、踊り場用にチェストを買ったんで今日に間に合わせたかったんですけど、明日届くみたいで・・・残念。

Q8:これから家探しをする人にアドバイスがあれば

まさとし:出会いを大切にしたら良いんじゃないかなと思います。お家もそうだし、紹介してくださる担当の方だとか、あとはマンションだったら管理人さんとか。ここは本当に管理人さんに良くしていただいてるんですけど、そういう自分の持ってる雰囲気とお家の雰囲気と、対応してくださる方の雰囲気とかが調和するところが良いんじゃないかなと思いますね。

あきこ:この物件との出会いは早くて、とても気に入ったんですが、(結婚の話など)周りがまだ整っていない状態だったんです。自分たちも両親も、本当に買うの? っていうところから担当の方に色々後押ししていただいたおかげでスムーズに話が進んで行きました。決まるときはサッと決まるものなんだな〜と思いましたね。

まさとし:はじめは両親も心配そうだったんですけど、部屋入ってもらって座って話していたら、いいねぇと言ってくれて。そこまで自分たちがいいでしょと押したわけではないんですけど、すんなり気に入ってくれたので不思議でしたね。それも縁かなと思いました。

>あなたもカウカモで1点ものの住まいを探してみませんか?

>cowcamo graph《カウカモグラフ》のほかのストーリーもcheck!