「一点もの」の住まいに出会おう。 カウカモでまさに一点ものの住まいに出会い、新生活を始められた皆さまを撮影させていただく「カウカモグラフ」。

今回は、未改装物件を購入してフルリノベをした、下町好きご夫婦の住まいを訪ねました。


《プロフィール》
名前:A.Tさん / S.Tさん
年齢:30代前半 / 30代前半
職業:公務員 / 公務員
趣味:食べ歩き、下町散策、お笑い

《この住まいについて》
場所:台東区
間取り:2LDK
面積:64.9m²
築年数:築17年(取材時)
工事内容:未改装の中古物件を購入して、ほぼ全面リノベーション
支払い額(以前と比べて):広さは約2.5倍になり、支払い額は4万円ほどアップ

家を探し始めたきっかけ:カウカモセミナー・カウカモコンシェル(個別相談会)に参加したこと
家探し期間:約3ヶ月
内見数:10軒

Q1:以前の住まいは?

A.Tさん以前は田端にある賃貸マンションに住んでいました。実は、まだしばらく家を買うつもりは無かったんですが、当時住んでいたマンションの近くでよさそうなリノベ済み物件が売り出されて、内見をしたらすごく気に入っちゃったんです。

そこを本気で購入しようとしたのですが、築古であることを両親に心配され、断念しました。でもその一件で購入意欲が湧いて、本腰を入れて物件を探し始めました。

Q2:この街《台東区》にした理由は?

A.Tさん場所は限定していなかったんですが、ふたりとも下町の雰囲気が好きで、「下町で、駅からそれほど離れていない物件」という条件でエージェントさんに探してもらったんです。

この街にはあまり馴染みがなかったので、内見をする前にふたりで自転車で雰囲気を見に来たりもしましたね。

Q3:この家に決めた理由は?

A.Tさん広さは十分でしたし、価格も同じような条件の物件と比べてお手頃でした。それに、いろんないい人との出会いに後押しされたんです。

内見時に対応してくれた売主さんも下町愛があっていい方でしたし、その後にエージェントさんとの打ち合わせで入った老舗喫茶店では、事情を聞いた店員さんが街のことをいろいろと教えて下さいました。さらに常連客の方も加わって『この街は住みやすくていいわよ』って(笑)。

そんな出会いがあってこの街で暮らすイメージが湧き、『ここにしよう』って思ったんです。

Q4:リノベーションでこだわったポイントは?

A.Tさんリビングに張った無垢材のヘリンボーンフローリングは特にお気に入りです。工事中は毎週のように進捗を見に来ていましたよ。

S.Tさん私は、リビングの入口ドアに設けた猫用の出入り口がこだわりです。カウカモマガジンの「主役は猫のおもちまる」という記事をマネさせてもらいました。既製品も色々と探したんですが可愛いものが見つからず、造作してもらいました。

Q5:《中古を買ってリノベーション》以外の選択肢は検討した?

S.Tさんヴィンテージのような雰囲気が好きなので、新築には惹かれなかったというか、あまり興味はありませんでしたね。

A.Tさん最初から目線はリノベに向いていました。建物の外観はレトロなのに、家の中は新しいっていうギャップもいいなって。

S.Tさんリノベ済み物件でも良かったんですが、好みに合う内装のものになかなか出会えなかったので、自分たちでリノベをオーダーすることにしたんです。

Q6: 購入にあたって不安に感じたことや乗り越えたことは?

A.Tさん不安に感じたのは毎月のローン支払い額で、エージェントの西田さんにはひたすら相談に乗ってもらいました。ファイナンシャルプランナーさんを紹介してもらい、無理のない収支のバランスをシミュレーションしたり、ライフプランを作成して解決しました。

S.Tさんちょうど出産と引っ越しのタイミングが重なってしまったのもちょっと大変でしたね。なので家具などは「coto」のデザイナーさんにオススメを教えてもらい、ネット通販で購入しました。

Q7:カウカモで家を買ってみてどうだった?

A.Tさん不動産の営業マンって、スーツを着こなした “堅い人” という印象だったんですが、最初に対応してくれたエージェントの立山さんは物腰がすごく柔らかくて、一緒に歩幅を合わせて進めてくれました。

西田さんも柔らかい雰囲気の方なのに仕事はむちゃくちゃ早くて、私たちの質問にすぐに返してくれたのがすごく有り難かったです。

Q8:これから家探しをする人にアドバイスがあれば

S.Tさん物件や街をたくさん見て、いろんな人に意見を聞くといいと思います。

A.Tさん私たちはこの物件と出会うまでに10軒内見をしましたが、それによって注目すべきポイントや気になる箇所の基準が定まって、判断がしやすくなったと思います。

でも、やっぱり最後の決め手はインスピレーションですね。この住まいは、エージェントさんを始め、売り主さんや街の人、リノベ会社の方など、いろんな方に心を動かされて実現しましたから。