売主さまのご紹介

写真

Iさま

2016年にリノベーションされたこちらの物件を、カウカモでご購入。結婚され、ご家族が増えたので現在はお住み替えをいたしました。お部屋の好きなところは、お気に入りの自転車を置ける広い土間や日当たりのよさ◎ 住戸は階段の近い2階位置なため、自転車を土間まで担いで運んでいたそう!

「月島」といえば やっぱりココ

写真

「月島西仲通り商店街」・通称 “もんじゃストリート” ! 商店街のホームページ冒頭では『下町風情を色濃く残す都会のオアシス』と謳っており、この写真で見てもお分かりいただける通り、のんびりとした商店街の後ろには高層ビル。お腹が空く香りがほわわ〜んと漂う “もんじゃストリート” のレポートは、記事の後半で♪

駅からマンションまでの 道のりをご紹介

写真

今回の物件、とにかく駅から近いんです! 「月島」駅の1番出口を出て、まっすぐ高架下を進みます。雨が降っていても傘をささずに進めるのがうれしい。突き当たりで左折すると、目の前には「佃三丁目児童遊園」。ソメイヨシノやヤエザクラが植えられた憩いの場です。なんとマンションはそのお隣り! 1番出口からエントランスまで、たったの2分。白い外壁が目印です!

売主さま

駅至近なので雨の日は、傘をさす距離が少なくて助かりました。交通利便でみても大江戸線と有楽町線の2路線が使え、勝どき・門前仲町・豊洲・銀座は徒歩&自転車圏内。もんじゃ屋と焼肉屋は選びたい放題でしたし、ユニークなお店も多く、街開拓は楽しめますよ。

写真

上の写真の左下と同じカット。春にはこんな景色が見られますよ〜素敵♡

写真

左上・高架下を抜け、公園を突っ切ったところ。左手に見えているのがご紹介するマンションです。/右上・敷地に入ると、左手にゴミ置場、正面にエントランス。/左下・エントランスの先にはオートロックを完備。こちらのマンションの管理人さん、とっても優しくて素敵な方なんです♡ ロビーはいつもピカピカに清掃されていますよ。/右下・オートロックを抜けた先の共用廊下。エントランスの手前にも駐輪場がありましたが、中にもあるんですね。奥へ進むとエレベーターがあります。

売主さま

オートロック、エレベーター、エントランスの照明、掲示板が新しくなっており、築年数の割には古めかしさを感じさせません。管理人さんも非常に丁寧に仕事をしてくれていた印象です。古くから居住している人が多く、落ち着いた環境であることも魅力でしたね。

cowcamo

この記事では以前販売していた際の写真にてご紹介しています。間取りの変更はございませんが、写真に映る家具や小物のディスプレイはありませんのでご留意ください。

2階にある住戸まで

写真

玄関ドアを開けると、こんなにも広々とした土間が登場! 正面の引き戸を開ければバルコニーまで一直線に視線が抜け、さらに開放感が増します。玄関ドアの右手にはL字に配されたシューズインクローゼットが。

売主さま

この広い土間は、自転車好きの方に気に入ってもらえると思います。可動式でL字のシューズボックスも便利です。

写真

今回、内装の大きなポイントとなっているのが「引き戸」。玄関まわりにも4枚の引き戸があり、開閉することで視線が通るようにも、通らないようにもできるんです。

売主さま

この4方向の引き戸が特徴的なんです。シーンに合わせて使い分けできるのは、面白いポイントだと思います。

cowcamo

寝室部分の引き戸も合わせると、仕切り方のパターンは全部で32通りもあるんだそう。ご友人を招かれるような時は、見せたくないところは隠すことが。おひとり暮らしでしたら、普段は引き戸を開け放って、ワンルームのような使い方をしていただくのもオススメ!

いよいよ居室スペースへ!

写真

じゃんっ。壁を1枚挟んで左にキッチン、右に寝室。奥にはリビングダイニングが広がっています。南西向きの開口から、室内の奥までしっかりと光が届きます。

写真

キッチンはシンプルなステンレス製。現状隠せる収納が無いので、ご自身でステンレスのワゴンなんかを買ってくるといいかも! シンクの横にはたっぷりとスペースがあるので、置き型のチェストを買って食器棚にするのもいいですね。壁面のコンクリートもいい味出してます。

売主さま

2口コンロなのでお料理好きは物足りないかもしれませんが、それでもいろいろと作って楽しめましたよ!

写真

先に進んで、リビングダイニング。キッチンスペースと合わせて約14帖なのに、何だかすごく広く感じる!

cowcamo

天井を抜いているので、高さは約2.5mあります。そのおかげで、実際の面積以上に広々と感じられるのだそう!

バルコニーに出てみましょう

写真

2階部分なので、敷地内のお庭を挟んで目の前には建物が建っていますが、左右を見れば抜けがあり圧迫感はありません。そして皆さま、外観写真を見た時に「高架の横か・・・」と思われませんでしたか? そうです、マンション自体は幹線道路沿いに建っているのですが、こちらの住戸は道路とは真逆の場所に位置しているんです。そのため、バルコニーに出ていても騒音はほとんど気になりませんでした! バルコニー自体は奥行き・長さともに十分で、南西向きなのでお洗濯物もよく乾きそうです。

売主さま

実際に暮らしていても、道路の騒音等はほぼ感じませんでした。向かいの住宅は近いように見えますが、視線などもほとんど気になりませんでしたよ。

LDKに戻りましょう

写真

バルコニーから室内全体を見渡すと、こんな景色。寝室上の木の梁に注目です! 何だか襖上の欄間(らんま)みたいで、ちょっぴり “和” っぽいなと感じました。木の梁に物をかけても素敵ですね。

cowcamo

こちらの物件をリノベーションされた担当者さまによれば『マンションの構造体である梁はコンクリートむき出しの状態にしたのですが、木のぬくもりも感じていただきたいと思い、引き戸の上に木の梁を設けました。壁も引き戸も天井まで届かないようにすることで、また一段と空間を広く感じていただけるようになったと思います。』と、こんな工夫がなされていたそう。

売主さま

コンクリむき出し部分に、男の子心をくすぐられました・・・!

寝室の引き戸を開閉してみましょう!

写真

3枚の重厚な扉を引けば、寝室が丸ごと隠れます。壁の白と色が統一されているので、閉め切ってもとってもスッキリとした印象。木の梁と天井の間に空間があるので、風が流れるのもまた魅力ですね。

売主さま

特に日当たりのいい午前中は、よくソファでくつろいでいましたね。

写真

寝室は広さ約4.6帖。壁一面にオープンな収納が設けられています。後ろに洗面台が見えますね。

写真

寝室側からLDKを見て、引き戸を開閉するとこんな感じ。閉め切った場合、しっかりと個室感がありますね。

無駄なく使い勝手のよさそうな水まわり

写真

左・洗面台を正面から見ると、右手に玄関の土間、左手奥に洗濯機置場が見えます。洗面台は小さめですが、キッチンと同じく、下のスペースにワゴンを置くとリネンなどをしまいやすそうですね。/中央・1216サイズのユニットバス。/右・トイレもシンプルながら、後ろに可動棚が設けてあるのがポイント。

売主さま

お風呂の広さは十分でしたが、洗面脱衣室はコンパクトでしたし、女性っぽい部屋ではないかもしれません。もちろん好みにもよりますし、洗面台の下など工夫次第で収納面もカバーできると思います。気になる方は、実際にご覧くださいね。

マンションを後にして 周辺環境をたっぷりとご紹介!

写真

左上・マンションから1分ほど歩くだけで、豊洲運河沿いの「佃三丁目公園」に出ます。右奥にスカイツリーが見えますか?(140m)/右上・公園からまっすぐ北へ向け歩いて行くと、運河沿いにはこんな心地よい遊歩道が。風が気持ちいい〜!!(500m 徒歩7分)/左下・運河に架かる「相生橋」のふもとにあるのが、レバーフライで有名な「ひさご家 阿部」。サックサクのレバーフライ、ぜひご賞味あれ♡(350m 徒歩5分)/右下・大江戸線の車内放送でもアナウンスされる「肉のたかさご」。こちらは焼き豚が有名です。(350m 徒歩5分)

売主さま

豊洲運河が近く、気候のいい日の散歩はいいリフレッシュになりました。

写真

左上・お買い物は清澄通り沿いのスーパー「フジマート」(450m 徒歩6分)のほか、駅直結の「文化堂」(280m 徒歩4分)を利用すると便利です。/右上・イタリアンレストラン「PIZZERIA PONTE CENTRO(ピッツェリア ポンテチェントロ)」は、川のほとりで、本格窯焼きピッツァを味わえます。(900m 徒歩12分)/左下・ “日本を代表する大衆酒場” との呼び声も高い「岸田屋」は、西仲通り4番街にあります。17時の開店前には、連日長い長い行列が! 実は取材の後コッソリ潜入してきました。てへ。コの字のカウンター、壁に掛けられた料理の札、チャキチャキ働くおばちゃんたち、そして絶品の料理と酒! サイコー!!(750m 徒歩10分)/右下・オシャレに攻めたい方はこちらの「Shellman(シェルマン)」などいかがでしょう? 海鮮料理が美味しいともっぱらの噂です。もんじゃだけでは語り尽くせない月島グルメ・・・ふ、深い・・・。(700m 徒歩9分)

売主さま

銀座など周囲の商業施設に自転車で出かけたり、もんじゃ焼き屋で鉄板焼きメニューをオーダーしつつ、一杯ひっかけたりしていました。フクロウのいるカフェ「フクロウのみせ」は電話予約できないのですが、近いのでお散歩ついでに直接予約をしていました(笑)スーパー「文化堂」もリニューアルされ品揃えがよくなったので、よく利用しましたよ。

cowcamo

カウカモ編集部より

以前近くに住んでいたわたくし、今日は思い切り「月島」の魅力をプレゼンテーションさせてください!

隣街の豊洲や勝どきは、いまやタワーマンションが建ちまくる “超都心” なイメージですが、月島はいまだに商店街や細い路地を残す、親しみやすい街並み。そして街を囲うように運河が走っており、夕暮れ時に散歩すると風が本当に気持ちよくて最高です。屋形船がさーっと通ったりして。さらに気分を盛り上げるもんじゃの香り・・・。ああもう、オフィスが近かったらもう一回この辺りに住みたい。

そして自転車があれば東京・銀座はいつだって気軽に行ける距離。有楽町線に乗れば「銀座一丁目」駅まで4分ですからね。大江戸線に乗れば「六本木」も15分ほど。東京駅へはバスが頻繁に走っていますし、タクシーに乗っても1,000円ちょっとなので、出張が多い方にもメリットのある立地と言えるのではないでしょうか。

そんな魅力あふれる「月島」に建つこちらのマンション。全43戸という小ぢんまりとした感じがいいんです。横には公園がありますし。2009年には大規模修繕工事を、2014年には給水設備の工事を終えており、管理体制も安心感あり◎


内装だってすごく素敵なんです。コンクリートやステンレスなどの無骨な素材と、木の温もり。わたしが感じたように “和” のテイストを取り入れても合いそうだし、北欧っぽいものも、インダストリアルな家具も似合いそう。万能選手ですね。フレキシブルに変えられる間取りや広い土間は、Iさまのコメントからも感じられるように、いまを生きる人にとって、生活を楽しめる要素になるんじゃないでしょうか。


すべてにおいてバランスがいいので、きっとたくさんのお問い合わせをいただくことになると思います。ピンと来た方はお急ぎください!

writer:伊勢谷 亜耶子 / editor:平野 翔子