“渋谷エリア” が庭!

写真

左上・JR各線・東急各線・東京メトロ半蔵門線・銀座線・京王井の頭線「渋谷」駅まで徒歩11分。現在大規模再開発中で、ますます便利になりそうです。/右上・ホテルのような空間がコンセプトの「HOTEL EMANON(ホテル エマノン)」。ランチ、カフェ、ディナーとシチュエーションに合わせて使えますよ。ロケスポットとしても有名です。(徒歩6分)/左下・老舗立ち呑み屋「富士屋本店」が経営するワインバー。「富士屋」はそのほかにもダイニングバー・洋食屋などさまざまなバリエーションの飲食店を周辺で営業しているので、 “富士屋巡り” をしても楽しめそうです。(徒歩10分)/右下・疲れた日は「渋谷」駅と「代官山」駅を結ぶ赤いコミュニティバス「ハチ公バス」に乗るとラクチン♪ 「国道246号線」を走る路線バスも利用できますよ。

見晴らしのよい「西郷山公園」

写真

旧西郷従道邸の跡地である「西郷山公園」。見晴らしがよく、緑いっぱいの公園できれいに整備されています。公園敷地内の「GreenCafe(グリーンカフェ)」を利用してピクニックもいいかも。

ドッシリと安定感ある外観

写真

「渋谷」駅西口からは「国道246号線」沿いに進み、「住友不動産渋谷ガーデンタワー」の広場を通り抜けるとスグです。京王井の頭線「神泉」駅からは徒歩8分です。

売主さま

とても利便性のよい立地のこのマンションは、現在築46年で、地下1階地上8階建てです。建物の周囲には駐車場があり、月々35,000円で利用できます。現時点で空きはございますが、状況は変化いたしますのでご確認くださいね。長期修繕計画が綿密に立てられており、そろそろ大規模修繕工事が行われる予定です。

写真

左上・階段を上がった先にエントランスがあります。横にはスロープもあるので、スーツケースをお持ちの際でもラクチンです。/右上・ゆったりとした広さのエントランスホール。エントランスは夜間21時〜朝5時まではオートロックになります。/左下・この地に相応しく高級感があります。壁一面の窓から見える緑が清々しいですね。こちらの横には管理人室があり、管理人さんは週6日勤務されているので安心ですよ。/右下・エレベーターは2基備わっていて待ち時間は短そう♪ 5階へ上がり、斜め向かいにあたる角の玄関扉が今回ご紹介する住戸です。

ムダのないプランニング♪ “ほぼワンルーム” プランをご覧ください

写真

左・コンパクトな玄関ホール。最小限に抑えられた廊下ですが、案外充分な気もしますね。/右・玄関ホールを見返すとこんな感じ。天井まで届く高さの下足入れのおかげで、たくさんの靴を収納できるのでスッキリとした空間に保つことができそうです。

そして・・・LDK!

写真

玄関を上がってすぐの扉を開けると、じゃ~ん♪ 約16帖のLDK!

写真

北西向きとは思えない明るさなのは、窓の大きさが鍵!ちなみにこちらの掃き出し窓は新しくなっているようで、開閉がスムーズでした。よく出入りする場所だけにうれしいですね。

売主さま

こちらの掃き出し窓は、管理組合と話し合い、今回のリノベーション工事で交換をしました。

ぽっかり空いた広場を眺めて・・・ ワイドルーフバルコニー

写真

バルコニーからの眺望がコチラ。こんな都心の立地でありながらも、正面タワービルの公開空地のおかげで抜けを感じられるのが好ポイント。タワービルの奥には首都高が通るので、それなりに車の走行音が聞こえます。ただ道路とは距離があるため、遠くで音が聞こえるという感じ。感じ方には個人差がございますので、気になる方は現地でお確かめくださいね。

写真

ロングでワイドなルーフバルコニー。こんなに広いと使い方のバリエーションが広がりそうですね。まずはチェアを置いて “都会の喧騒” を楽しむリラックススポットに。水栓が付いているのでハーブなどのガーデニングを楽しむのもいいかも。

室内に戻りましょう

写真

バルコニー側からLDKを見るとこんな感じ。左側黒い扉の先が玄関です。その隣にはアクセントウォールとカウンターが。テレビ台、またはちょっと腰掛けるベンチとしても使えますね。

続いてキッチンへ

写真

2m以上の長さのワークトップを持つシステムキッチン。すべて引出し収納なので、使いやすさ◎ 。背面にはオープン棚と冷蔵庫置き場が。窓があって明るいキッチンです。

売主さまから家具入り写真が到着!

写真

室内に家具を搬入されたということで、売主さまから写真が到着しました◎ やっぱり家具が入ると生活シーンがイメージしやすいですね。

写真

こちらの家具レイアウト以外にも、キッチンカウンターにダイニングテーブルをくっつけて、ソファをキッチン対面の造作棚向きに置いてもよさそう。

キッチン横のオープンな通路から先に進むと・・・

写真

3方向に窓がある洋室。LDKとの間には扉がなく、オープンスタイルな個室です。

売主さま

現在ではこの真ん中に壁を設置し、約5.5帖の洋室をふたつ設けました。

写真

こちらにも北西向きの大きな窓が。もちろんこちらの外まで
先ほどのルーフバルコニーがつながっています。こちら側に洗濯物を干すとLDKの窓からは見えないのでいいですね。

写真

バルコニー側から見返すとこんな感じ。こちらの広さは約11帖。ベッドを置いても余裕がある広さですね。

大きな柱の裏側には水まわりが

写真

洋室にある大きな柱の裏側にはふたつの扉が。左奥の扉の中は洗濯機置き場。右手扉の先には、洗面脱衣所などの水まわりがコンパクトにまとまっています。/右・機能的で使いやすい洗面化粧台の横には、オープン棚が造り付けられています。かごなどを利用して収納するといいかも。

写真

左・洗面化粧台横の扉を開けると、トイレが。窓があって換気できるのはうれしいですね。窓の外は先ほどのルーフバルコニーですので、人の気配が気になることもありません。/右・洗面室のオープン棚の隣には浴室が。浴室換気乾燥機能付きです。

渋谷の中の大人ゾーン!? “神泉エリア” をご紹介

写真

左上・道玄坂にある「ABOUT LIFE COFFEE BREWERS(アバウトライフコーヒーブリュワーズ)」はふらりと立ち寄りたくなるコーヒースタンド。産地から精製方法、焙煎、淹れ方までこだわり抜いたコーヒーをいただけます。(徒歩7分)/右上・普段のお買い物には、24時間営業のスーパー「マルエツ 渋谷神泉店」が便利。(徒歩7分)/左下・上品な懐石料理をいただける「いまここ」。全国から集めた旬の食材を楽しめる穴場スポット。(徒歩6分)/右下・道玄坂上の「FIGLI di CENTO ANNI(フィリ ディ チェント アンニ)」はシチリア料理のレストラン。豊富なグラスワインと、手作りの温かさを感じるイタリアンをお手軽にいただけます。深夜3時までお食事OKですよ!(徒歩7分)

cowcamo

カウカモ編集部より

今回の舞台は、渋谷・代官山・神泉が徒歩圏内という “交通の便よし、オシャレ度よし、穴場スポット多し” の魅惑エリア「南平台」。各国の大使館や教会などもあり、国際色豊かな街並みです。そしてなんとマンションのすぐ裏手には「旧三木武夫邸」。このマンションが建設された後に三木内閣が発足していることを思えば、その当時は首相自邸のご近所さんだったんですね。土地柄のよさと利便性のよさが光る高級住宅街です。

そんなお土地柄が影響してか、エントランスやロビーはゆとりある広さで重厚感ある空間になっています。都度都度実施されている修繕工事や日常のお掃除が行き届いていることもあって、築年数を感じさせない印象でした。


そして住戸は、無駄を省いたプランニングで、扉などの仕切りを最小限に抑えた開放感ある1LDK。LDKと洋室の間に扉がなく、ゆるやかに区切られているので、ほぼワンルームのような使い方ができます。洋室入り口の上部にカーテンレールなどを設置すれば、簡易的に仕切ることもできます。

そしてこの部屋のイチオシは、ワイドなルーフバルコニー。こんな都心なのに、目の前がポッカリ広場になっていて緑を眺められるというラッキーな立地。車の走行音はそれなりに聞こええてきますが、それも含めて都心である「渋谷」に住んでいるんだなあ、ということを実感できます。北西向きで直射日光が当たる時間は限られているので、夏でも居心地よさそうですよ。置きタイプのハンモックを置いて過ごすのもよさそうですね。


とはいえココは渋谷。仕事や仲間からの連絡が入れば、いつでも出陣OK。さあ今日も繰り出しますか! ・・・とその前に、まずは内覧をお待ちしております!(笑)

取材・文・撮影:cowcamo