cowcamo

今回ご紹介するのは、2013年にフルリノベーションされた内装のよさを残しつつ、カウカモが追加リノベーションを手掛けた物件になります。家具・照明・エアコン(1基)付きの販売ですので、お引き渡し後にそのまま住むことができますよー!

もう好きです

写真

南西向きのLDKからこんにちは。もう、ニヤニヤが止まりません! 窓の向こうにのぞくキラキラの緑と、グレー使いが大人な内装のバランスをご覧あれ♡

写真

LDKの広さは約17.1帖。足元は無垢の床材で、天井は躯体現し+白塗装。壁も一面以外すべて塗装仕上げで、素材へのこだわりを感じます。

cowcamo

マンションは豊洲運河沿いに建っていて、こちらの住戸はその2階に所在します。さあ、バルコニーからの眺めはというと……?

キャナリ、 キャナルです

写真

おお! 目の前には植栽の緑、そしてその先には運河がドーン! お見事なキャナル(運河)ビューです。

写真

運河をゆく船を眺めながら洗濯物を干す昼下がりとは……想像するだけでテンションが上がりますね◎ 運河の向こうには “豊洲エリア” らしいタワーマンションが太陽光を反射しています。

LDKに戻って

写真

緩やかなカーブを描くダイニングテーブルは2013年のフルリノベ時に造作されたもの。窓からの景色がよく見える特等席です♡ さりげなく、パソコンなどに使うケーブルを通す穴が用意されたスグレモノ!

タイル使いにうっとり

写真

キッチン天板はオールステンレス製。足元はグレーのタイル敷きで、背面の壁にはブリックタイルがあしらわれています。造作のオープン棚も相まって、まるでカフェのような雰囲気ですね。

内装担当者

ブリックタイルに合わせて、全体のトーンをグレーで調整しました。キッチンスペースは床が一段下がっているので、ダイニングスペースにいる人と目線を合わせてお料理ができますよ。

cowcamo

キッチンや水まわりは既存の設備を活かしています。クリーニング済みですが、状態が気になる方は現地にてご確認くださいませ。個人的にはキレイだと感じました!

やっぱり憧れます 壁一面のブックシェルフ♡

写真

続いては、気になる一角をチェック! 本棚(ディスプレイラックとしてもよさそう!)に囲まれたキューブ状の空間……実はウォークインクローゼット(WIC)なんです。棚の間にスッと馴染んでいる引き戸を開けて、中を見てみましょう。

収納はこちらにお任せ

写真

WICは約3帖の広さがあり、足元にはカーペットが敷かれています。姿見が備わっているので、ゆっくりファッションショーができそうですね。

cowcamo

後ほどご紹介する洋室にはクローゼットが無いので、お手持ちの衣類はこちらにまとめてIN。収納が1か所にまとまっていると、出し入れがスムーズで効率的ですね〜。

WICのお向かいに 水まわりが

写真

左・細かいホワイトのタイルや、アンティーク調のゴールドの鏡が可愛い洗面化粧台。写っていませんが、タオルハンガーもゴールドで統一されていますよ。/中央・バスルームは浴室乾燥機を完備。/右・WICの隣にあるトイレ。明るいグレーの塗装でスタイリッシュな雰囲気にまとめられています。

ワークスペース発見!

写真

廊下を進むと……LDKとふたつの洋室の間に、シェルフで囲まれたセミオープンなワークスペースが。白い引き戸の中は、押入れほどの奥行きがある収納です。

内装担当者

上部にカーテンなどを吊るせるバーを取り付けてあるので、必要に応じて仕切ることが可能ですよ。

写真

左・もう少し下がって、玄関から見るとこんな感じ。タイル敷きの土間の両サイドには収納がたっぷり備わっています。/右・反対側から。それでは引き戸を開けて、ふたつの洋室を順番に見ていきます。

内装担当者

もともと1LDK+WICの間取りでしたが、洋室内に壁を立てて2部屋に増やしました。子ども部屋としてはもちろん、在宅ワークで個室がもうひとつ欲しいという方にも喜んでいただけるかと思います。

cowcamo

ありがたい……家庭内のワークスペース争奪戦に、ついに平和的解決が!

約4帖の洋室A

写真

壁の一部が板張りになっており、木目の温かみで優しい印象です。ブラケットライトも木製で、よく見るとスイッチプレートはトグルタイプのものがセレクトされています。これは可愛い!

写真

備え付けの収納が無いシンプルな洋室。曇りガラスの窓の向こうには、共用廊下とマンションの敷地が見えます。

約3.5帖の洋室B

写真

続いて、お隣の洋室Bへ。ライトグレーのアクセントクロスがあしらわれ、さらに鏡が埋め込まれているおかげで空間に広がりを感じます◎

cowcamo

さりげなく、ふたつの洋室にはエアコンの先行配管があります。オールシーズン快適に過ごせそうです!

内装担当者

室外機置き場の関係上、設置できるのはマルチエアコンになります。ご購入の際はお気をつけくださいね。

ディティールをもう少し

写真

左上・玄関ホールでは、天井がひし形にくり抜かれているおしゃれポイントをお見逃しなく。/右上・こちらはキッチンのブリックタイルと、足元のタイルの夢の共演。/左下・WICの壁の上部は四角く切り取られており、光と風の通り道をしっかり確保しています。/右下・トイレや水まわりの鍵・ドアノブなどはアンティーク調で統一され、ほんのり海外風♡ 細部までこだわりを感じますね!

豊洲運河を望む ビッグコミュニティ

写真

左上・総戸数はドーンと468戸。1981年に旧耐震基準で建てられたマンションですが、耐震補強工事を完了済みなのは大きな安心材料です。/右上・エントランスの横には、滑り台やベンチを備えた公園が隣接しています。/左下・広々としたキレイな共用ロビー。住込み&通勤の管理人さんがいらっしゃり、週7日間交代で勤務されている手厚い体制です。/右下・住戸は共用廊下からちょっと奥まった位置に。右奥の茶色い扉が、ご紹介した住戸の玄関扉です。

cowcamo

ちなみにマンションには共用自転車(2000円/年額)があるので、お出かけのときだけチョイ乗りすることもできます♪

新しい街だからこその 暮らしやすさ

写真

左上・最寄り駅はゆりかもめ・東京メトロ有楽町線「豊洲」(徒歩11分)。「有楽町」や「銀座」、「池袋」など都心へのアクセスが良好です。/右上・食べてヨシ、遊んでヨシ! 大型の複合商業施設「アーバンドックららぽーと豊洲」が徒歩圏内に。(1.2km 徒歩15分)/左下・DIY好きの聖地、ホームセンター「スーパービバホーム 豊洲店」も歩いて行けます。こちらも超大型店です!(700m 徒歩9分)/右下・日々のお買い物に便利なスーパー「赤札堂 塩浜店」が、なんとマンションの1階に入っています。

cowcamo

最寄りの公園とスーパーまで “ゼロ距離” って、なんて素敵なんでしょう……!

たとえば 海とコーヒーのある休日を

写真

左上・カフェランチなら、おしゃれなサンドイッチとコーヒーをいただける「R.O.STAR(ロースター)豊洲フロント店」へ。ブラックコーヒー推奨のため、ミルクと砂糖は別料金というこだわり店なのです。(1km 徒歩13分)/右上・(ここは豊洲ですが)横須賀名物「ぽてちサンド」と水出しアイスコーヒーで、なんとワンコイン(490円)! ヘビロテ間違いなしのコストパフォーマンスに拍手です!/左下・海沿いにゆったりしたデッキが延びる「春海橋公園」は、“豊洲ライフ” に欠かせないお散歩スポット。(1.3km 徒歩17分)/右下・ナイトタイムにはこんな景色が。はぁ、いい夢見れそう……

cowcamo

カウカモ編集部より

今回ご紹介したのは、カウカモが追加リノベーションを手がけた物件! と、いうことは手前味噌になってしまいますが……かなり、かっこいいと思いませんか?(笑) 現地でディティールまで観察しながら、どんどん暮らしの妄想が膨らんでしまいました。ほんのり色っぽくて、気が利いてて、家で仕事する人に優しい住まいだと思います。


しっかり独立した個室がふたつ確保されているので、ご家族が増えることを視野に入れても長くお住まいいただけそう。“ゆくゆくは子供部屋、それまでは我が書斎” ってイメージですね。玄関ホールのワークスペースと合わせれば、家庭内でおふたり同時にオンライン会議する際も困りません◎


あぁでも、個人的には、LDKの優しくカーブした造作テーブル(おしゃれ!)で、運河を見ながら仕事するのも捨てがたい……オンライン会議の背景に、ブリックタイルなんて入れちゃって。「カフェですか?」「ううん、自宅です」なんて! もう幸福感のあまり悶絶です。


運河沿いに佇むマンションの中でも、こちらは見事なキャナルビューの住戸です。どうぞ思いっきり、水のある暮らしをエンジョイしてください。管理面&耐震面で安心感のあるビッグコミュニティ。そして暮らしやすく整備された “豊洲エリア” の街並み、どちらも子育てライフとの相性は花マルです。

writer : 小杉 美香 / editor : 熊谷 緑