cowcamo

今回は、カウカモが内装プロデュースを手がける物件へ取材にやってきました! 日当たり・風通しがよく素材感にこだわった内装ということで、今から期待に胸が膨らみます♡

感度高めな 「目黒」からスタート

写真

左上・今回ご紹介する物件は「目黒」駅から徒歩10分の場所にあります。JR山手線・東急目黒線・都営三田線・東京メトロ南北線と4路線が利用できるので通勤にも便利です。/右上・「ACME Furniture(アクメファニチャー)目黒通り店」はアメリカンヴィンテージはもちろん、オリジナル商品も豊富に揃うインテリアショップ。新居の家具選びにいかがでしょうか?(650m 徒歩9分)/左下・クラフトビールを週替わりで楽しめるレストラン「Craft Beer&Wine THE DODO HOUSE(ザ ドードーハウス)」。お仕事帰りにカウンター席で、タップから注がれる黄金色のビールに癒されたいですね♡(550m 徒歩7分)/右下・植物のある暮らしを楽しみたいときには、フラワーショップ「花とめ」がおすすめ。植物を置くことでよりいっそうお部屋の魅力を引き出せそうです。(1km 徒歩13分)

1日2分のエクササイズ

写真

マンションから「目黒」駅までは、こちらの「行人坂」を抜けるのが最短ルート。傾斜が急ではありますが、車通りが少なく木陰もあり、気持ちのいいアプローチです。

山手通り沿いに スッと佇むマンション

写真

こちらが今回ご紹介する1983年竣工・総戸数27戸の建物。交差点の角地で、山手通りを見下ろすように堂々と佇む、地上10階建てのマンションです。旧耐震基準で建てられていますが、修繕は適宜行われていて、2007年にエレベーター改修工事、2013年に大規模修繕工事を実施済み。

cowcamo

最寄りのバス停「不動尊参道」(徒歩2分)からは、「渋谷・中目黒・大崎・大井町」にアクセス可能ですよ。

写真

左上・大通りに面しているエントランス。隣はテナントスペースになっています。/右上・共用ロビーには管理人室と集合ポストが備わっています。管理人さんは巡回(火・金・土曜日の8:00〜11:00)で勤務されていますよ。/左下・奥に進むとエレベーターホールが。住戸が所在する7階まで上がってみましょう。/右下・共用廊下は悪天候の際にありがたい内廊下。窓もあり、明るい雰囲気です。所在階には2住戸しかなく、角部屋ですよ。

さっそくお邪魔します!

写真

左・室内は、ホワイト×グレーの組み合わせでシックな雰囲気。右手には天井近くまで高さがある大容量のシューズクローゼットが備わっています。中は可動棚になっているので、高さのあるブーツなどもしまえますよ。/右・廊下に上がって振り返ってみました。土間部分の凹みは、ハンガーパイプの付いた収納に! よく着るアウターやキャリーケースなどを置けるのはとても便利◎ しかも、ロールカーテンで隠すこともできるんです。はあ♡至れり尽くせり……

光を浴びて エネルギーチャージ

写真

約15.8帖のLDKは、4箇所に窓があって、とにかく明るい! フローリングには、木目の美しいオークの無垢材が使われています。足当たりがいい素材なので、思わず素足で歩きたくなりそう♡

角度を変えてパシャリ

写真

窓に囲まれた縦長のLDKは、右側の壁面をグレートーンで統一して空間を引き締めています。キッチン奥に見える扉の先は洋室。まずは、タイル貼りのキッチンを見てみましょう!

グレイッシュで さわやかなキッチン

写真

キッチンエリアは全体的に明るいトーンのグレーでまとめられ、タイル×ウッドの異素材が組み合わさった北欧モダンなテイスト。タイルの向きを変えた貼り方がアクセントになっていますね。

写真

左・壁付けのキッチンは3口コンロでお料理がはかどりそう。食洗機は備わっていませんが、その分収納力は◎/右・約40cmの奥行きがある中央の造作カウンターには、コンセントが二箇所設置されています。棚板の高さは変えられるので、食器や調理家電などを効率的にしまうことができそうですね。

cowcamo

生活感が出やすいキッチンまわりですが、カウンター収納のおかげでスッキリとした空間になりそう♪ ちなみに、キッチン上の梁下は190cmほど。背の高い方だと気になるかもしれません!

奥のリビングスペースへ

写真

二面の窓からたっぷりと日が差し込むリビングスペース。天井と梁・グレーの壁面は塗装仕上げになっています。真鍮(しんちゅう)のバーが設置されているので、ドライフラワーやインテリアを飾ってアレンジできますよ♪ 次は左手の掃き出し窓から、バルコニーへ出てみましょう。

広がる空!

写真

バルコニーからの眺めはこんな感じ。目の前のビルは住戸の所在階より低く、南向きなので光がしっかり入ってきます。

写真

バルコニーには手擦りより下に物干し金具が備わっていて、お洗濯物が外から見えにくい◎ 大通り沿いですが、7階なので排気ガスはそこまで気にならなそう。心配な方は、浴室乾燥機をご利用くださいね。

室内に戻って LDK全体を見てみると……

写真

奥まですーっと延びる、縦長で広い間取りなのがよく分かりますね。窓が多いので、日当たりはもちろんのこと、開放感があり気持ちのよい空間に。家具のレイアウトも色々とアレンジして楽しめそうですね。

cowcamo

居室の窓にはすべて、防音や断熱効果を期待できる二重サッシが採用されます。これはうれしいポイントですね!

お次は洋室へ

写真

約4.4帖の洋室は、ダブルベッドがすっぽり収まるサイズ感。こちらにも大きな窓が備わっていて明るい!

写真

洋室からの眺望はこちら。交通量の多い山手通りに面しているので、窓を開けていると車の走行音が届きます。窓を閉めれば二重サッシで音量は和らぎますが、気になる方は現地でお確かめくださいね。

写真

左・窓側から振り返ってみました。左奥のスペースは、オープンなウォークインクローゼット(WIC)が。/右・中には2本のハンガーパイプと造作の可動棚が備わっていて、収納力は◎

cowcamo

WICの入り口上部にはカーテンレールが設置されているので、カーテンを付けて目隠しすることも可能ですよ。

最後に 廊下まわりをチェック

写真

左・廊下に面する折れ戸の中には洗濯機置き場が。造作の棚が備わっているので、洗剤や日用品のストックを置いておけますね。/右・トイレには、吊り戸棚と換気ができる小さな窓付き。

写真

左・造作の洗面化粧台は、シンプルなデザイン。鏡の背面は全面収納になっているので、ごちゃつきがちなスキンケアアイテムやメイク道具などはこちらにしまうとよさそう◎/右・バスルームは明るいトーンで清潔感があります。もちろん、浴室乾燥機付き。

こだわりの ディティール

写真

左上・キッチン壁面に貼られたアクセントタイル。タテヨコの向きを変えることでデザイン性が上がっています。ブラケットライトのゴールドとも相性◎/右上・フローリングには、木目が美しく耐久性の高いオークの無垢材を使用。ナチュラルな色合いが、室内をやわらかい雰囲気にしてくれます。/左下・ リビングと洋室を仕切る壁は、躯体現しに塗装仕上げ。ゴツゴツした側面はラフな印象で、空間にメリハリを出してくれます。/右下・真鍮のバーは、使用していくうちに風合いが増していきますよ。

実は「不動前」が 最寄り駅

写真

左上・こちらのマンションの最寄りは、東急目黒線「不動前」駅。都営三田線が乗り入れていて、「日比谷」「大手町」へのアクセスはこちらからが便利♪(徒歩7分)/右上・「不動前」駅を使う場合は、スーパー「オオゼキ目黒不動前店」の利用がおすすめ。(500m 徒歩7分)/左下・「Cafe ChocoLapin(カフェ ショコラパン)」は手作りスイーツが美味しいカフェ。看板犬のショコラ(チワワ)に癒されます。(700m 徒歩9分)/右下・「Tiscali(ティスカリ)」の看板には “羊飼いの食卓”、“羊料理研究所” の文字が。ちょっと珍しい羊料理のイタリアンをいただけますよ。(700m 徒歩9分)

cowcamo

カウカモ編集部より

今回ご紹介するカウカモプロデュース物件は、「目黒」と「不動前」の間に建つマンションの一室。2駅4路線が利用できるほか、最寄りのバス停からは複数のターミナル駅にアクセスでき、通勤やお買い物にも便利な立地。マンション周辺には、おしゃれなインテリアショップやグルメな飲食店がたくさん集まっているので、感度の高い生活が送れそうな環境です◎

建物は、山手通り沿いに建っていて地上10階建て・総戸数27戸と比較的小規模。1983年生まれですが、旧耐震基準で建てられています。管理人さんは巡回勤務で、正面エントランスは21:00~翌早朝まで夜間オートロックに切り替わり、セキュリティ面で安心感が。また、2013年には大規模修繕工事を実施済みで、今後の長期修繕計画も立てられていますよ。


気になるお部屋は7階に所在する、南西向きの角住戸。既存の内装を一度すべて解体して造り直す “スケルトン工事” を実施。内装はさわやかさと上品さを兼ね備えた大人の空間へと生まれ変わっています。


約15.8帖のLDKは窓・窓・窓・窓……とにかく窓が多く、日当たり良好! 無垢材のフローリングや、グレーに塗装した壁面、タイル貼りのキッチン。そして真鍮バーのおまけ付き。と、素材感にとことんこだわった内装は、温かみがあり、心地いい空間に。

キッチンの造作カウンターには調理家電や食器類がしまえて、洗濯機置き場には扉が付いていることで、生活感の出やすい部分を隠せます。また、玄関横に設けられたオープンクローゼットや洋室のWICなど、お洋服好きな方にも気に入っていただけそうな工夫が施されていますよ。


カウカモプロデュースだからこそ、細部までこだわりが詰め込まれた、こちらのお部屋。おひとりでも、パートナーと一緒でも、理想のライフスタイルを叶えられるのではないでしょうか。ぜひ、現地でご体感ください。

writer / editor:熊谷 緑