「吉祥寺」駅から ぶらりマンションへ

写真

左上・ご紹介するマンションへは、リーズナブルで新鮮な八百屋さん、おしゃれなカフェや雑貨屋さん、美味しい飲食店などが目白押しの「中道通り」を進みます。(140m 徒歩2分)/右上・お惣菜やお弁当も絶品の輸入食品店「CARNIVAL(カーニバル)」は、つい立ち寄りたくなるお店です。(1.6km 徒歩20分)/左下・焙煎からドリップまで、手仕事にこだわった本格派コーヒーがいただける「Blackwell Coffee(ブラックウェル コーヒー)」。お散歩の休憩や、行き帰りのお供にぜひ♡(1.2km 徒歩15分)/右下・吉祥寺で大人気のカレー店「Sajilo Cafe(サジロカフェ)」の姉妹店「Surya Sajilo(スーリヤサジロ )」。飽きずに通える美味しさと、センス溢れる内装が人気の理由。(1.2km 徒歩15分)

cowcamo

便利で楽しい「吉祥寺」が暮らしの舞台に。なかでもマンションまでの道のりで通る「中道通り商店街」には上記のような素敵なお店が集結! なにげない日常が充実しそうですね♪

さっそく住戸へ

写真

左・パッと目に飛び込むブルーグレーの可愛らしい扉。横の両開き扉の中には洗濯機置き場があり、水まわりからの動線がスムーズです。/右・土間にはトールタイプの下足入れが備わっています。

cowcamo

廊下が少なく、専有面積が有効活用された間取りです◎

ブルーグレーの扉からLDKヘ

写真

南西向きのバルコニーに面した約12.2帖のLDK。では、順番に見ていきましょう。

まずはキッチンから

写真

左・3口コンロと食洗機が備わった対面式キッチン。コンロの前に袖壁があるので、油跳ねが気にならずお掃除もしやすそうですね。/右・背面の冷蔵庫置き場は、スリム型のラックなども置けそうなゆとりがあります。

cowcamo

シンク上部のアイアン吊り棚やオープン棚が、インテリア心をくすぐります。お気に入りのお酒を並べたり、スパイスを揃えたり…… 料理まで楽しくなりそう。

リビングダイニング(LD)へ

写真

奥行きを感じる板張りの天井。ダウンライトのやわらかい光と木の風合いに包まれた、温かみのある空間です。

cowcamo

サッシの開口高さは、約1m70cmと低めです。気になる方は内見の際にご確認くださいね。

バルコニーへ出てみましょう

写真

住戸は実質最上階である5階に所在。周囲に背の高い建物はなく、広い空と抜けのある景色が望めます。

写真

バルコニーの両端に、小さな花壇を発見! 日当たり風通しよく、植物を育てるにもオススメの環境ですよ。

cowcamo

バルコニーへ出ても周囲は静か。アウトドア用のチェアを置いて、ぼーっとしたり、のんびり読書などをしたくなる心地よさがあります。

室内に戻って

写真

壁面が多く、家具のレイアウトがしやすい長方形のLD。キッチン前にダイニングテーブルを置いて、窓辺にソファとテレビボードでしょうか。ラグなどを敷いてゾーニングするのもいいですね。

ちょっとイメージ してみてください

写真

実はこちら、二面にバルコニーが備わった南東角住戸。現在は2LDKですが、個室がひとつで足りるようなら、追加リノベで壁を取る選択もアリかと。その場合、LDKはL字型のバルコニーに囲まれた約18帖の大空間になりますよ。

cowcamo

ただの壁から視線の抜けるガラスパーテーションに変更して、一角にワークスペースを確保するのもいいカモ。

開放感たっぷり

写真

L字型のバルコニーに沿って、掃き出し窓がズラリ。抜けのある景色を存分に楽しめます! つい 『個室にしておくのはもったいない』 と感じてしまう、約5.8帖の洋室A。

cowcamo

もうひとつのバルコニーも見てみましょう。

南東側の ロングバルコニー

写真

洋室Bの前まで続く長いバルコニー。物干し金物が備わっており、洗濯物はたっぷりゆったり干せます。

cowcamo

くつろぐリビングスペースから洗濯物が見えないのもうれしいですよね。

売主さま

バルコニーの広さは、ふたつ合わせて約19㎡あります。

洋室Aに戻って

写真

間口はコンパクトですが、奥行き深いウォークインクローゼット(WIC)が備わっています。

約4.6帖の洋室B

写真

こちらには扉のないウォークインクローゼット(WIC)が。

水まわりへ

写真

左・三面鏡付きの機能的な洗面台。/中央・1216サイズのバスルーム。浴室換気乾燥暖房機能が付いていますよ。/右・トイレには、ディフューザーなどちょっとした小物が置けるカウンターと吊り戸棚が備わっています。

マンションをチェック

写真

白 × グレーのボーダーのような、ツートンカラーの外観。1968年竣工の地上6階建て・総戸数46戸のマンションです。

写真

左上・立地はバス通りから1本入った路地に面しています。エントランス前は、人通り少なく落ち着いた様子。/右上・自転車置き場(年額2,400円)は区画なく、2022年6月現在ご利用可能です。/左下・明るく広々としたエントランスホール。共用部は隅々まできれいに保たれていますよ。/右下・ご紹介した住戸の玄関ドア。扉前にちょっとしたプライベート空間があるのはうれしいですね。

cowcamo

エレベーター右手を進むと管理人室があり、平日8:30〜17:00と隔週土曜日8:30〜11:30に管理人さんが勤務されています。

売主さま

2014〜2015年にかけて大規模修繕工事を実施済みで、その際に玄関扉の改修工事も行われました。

帰りは「三鷹」駅方面へ

写真

左上・マンションから徒歩1分のバス停「保健所前」からは、駅方面へのバスが頻度に発着しています。/右上・最寄りの「三鷹」駅は、休日であれば中央線快速で新宿まで乗車時間約14分。特快も停車します。また総武線や東西線に関しては始発駅で、座って通勤できる可能性が高いというメリットも◎(徒歩12分)/左下・吉祥寺の有名スポット「ハモニカ横丁」が、ここ三鷹にもあるってご存知でした?「ハモニカ横丁 ミタカ」はこぢんまりとしていますが、昼も夜も楽しめます。(900m 徒歩12分)/右下・日々のお買い物にはスーパー「東急ストア 三鷹店」が便利でしょう。営業時間は8:00〜23:00と長く心強い!(700m 徒歩9分)

cowcamo

カウカモ編集部より

特快にピューと乗り、バスに揺られ、サッと帰宅したい日もあれば、駅前でぶらり買い物して、軽く呑んで、ほろ酔い気分でお散歩ルルル♪ な日もある。2駅利用可能っていいですよね。


「三鷹」と「吉祥寺」それぞれの異なる魅力を享受できる立地。休日は遠くの街へ行かずとも、徒歩圏内で十分満足できそうです。

マンションは1968年竣工と築年数は経過していますが、適宜修繕が施され建物や共用部はきれいな様子です。そのうえ共益費が修繕積立金に重きを置いていて、バランスがいいのも好印象。


実質最上階の南東角住戸。雑貨や植物を飾ったり、インテリアを楽しみたくなる内装は、このエリアにぴったり。また全居室からバルコニーにアクセスできて、日当たり・風通し・眺望良好です。


では、これらを踏まえていま一度価格をご確認ください。無理な背伸びをしないで手に入れる、満たされた日常。 ぜひご検討ください。

writer:西湖 望/editor:伊勢谷 亜耶子