都営大江戸線でござる

写真

左上・物件最寄りは「牛込柳町」駅(徒歩6分)。お隣は「牛込神楽坂」駅と、実は “神楽坂エリア” にも近い立地です。駅東口の横にはドラッグストアが。/右上・お求めやすい価格帯がうれしい「art bread factory(アートブレッドファクトリー)」のパンたち。駅からマンションまでの通り道にパン屋さんがあるってポイント高いです♡(240m 徒歩3分)/左下・ちょっとブレイクしたい時は、同じく通り道にある「薬王寺カフェ」へ。本格的なコーヒーがいただけます。(230m 徒歩3分)/右下・ミルク、砂糖、シロップを使わず、注文を受けてから作るスムージーのお店「7 leaf Juice(セブンリーフジュース)」。朝食やランチメニューも充実しています。(180m 徒歩3分)

cowcamo

ちなみに徒歩15分ほどの場所には、有楽町線とJR総武線の乗り入れる「市ヶ谷」駅も。足まわり良好!

こちらがご紹介のマンション!

写真

大通りから一歩奥に入った場所に建っているので、周辺は比較的穏やかな環境です。ベージュの外壁には、よく見ると下部にネイビーのラインが入っていて可愛い◎ バルコニーがぽこっと突き出して雁行するデザインも愛嬌がありますね。

売主さま

1968年竣工の長い歴史を持つマンションですが、2012年に大規模修繕工事を完了しているので、古さを感じないと思いますよ。

cowcamo

エントランスにはオートロックや宅配ボックスが備わっていて、しっかり時代に即してアップデートされている印象!

共用部を拝見

写真

左上・建物エントランスまでは階段でアクセスしますが、すぐお隣にスロープも用意されていました。ほっ。/右上・石貼りの高級感漂うホール。右手の管理人室では、管理人さんが平日の午前中に勤務されているそう。余談ですが、左手奥に見える小さな台には「デリバリー用ワゴン」と書かれていました。もしやUber Eats用……? 実に現代的!/左下・オートロックを抜け、まずは1階共用スペースを拝見。敷地内にはちょっとした和風庭園があり、玉砂利を踏む音に癒されます。/右下・さて、エレベーターで5階へ。共用廊下は風通しがよくてさわやか♪ 左手前が、ご紹介する住戸の玄関扉です。

売主さま

なお、マンションの駐輪場は月額800円でご利用いただけます。地下には無償のトランクルームも付属しておりますので、便利にお住まいいただけますよ。

おじゃまします!

写真

左・玄関から奥の掃き出し窓まで、ズバッと視線が抜けて開放感があります。足元のこんがり焼けたレンガ色のタイルと、右手の板張りの壁にキュンとしますね。/右・水まわり・洋室は後ほどチェックしましょう。ホワイトの壁に、木目のナチュラルテイスト……もしや、これは。

サーフミュージックが聴こえる

写真

カリフォルニア(西海岸風)スタイル! リラックス感の中に、ほんのり漂う都会っぽさがたまりません♡ 東側に大きな掃き出し窓、さらに南側にも明かり採りの天窓が備わっています。LDK全体に光が満ちて明るいですね。

売主さま

家具は「JOURNAL STANDARD」で揃えました。この物件のためにコーディネートした、こちらの家具・照明もセットで販売いたします。

cowcamo

おおっ。 西海岸風がお好きな方は見逃せません!

ゆるいホームウェアを身に付けたい

写真

LDKは約16.6帖。お隣の洋室との間にはウッドサッシの室内窓が設えてあり、リノベーション住宅らしさ全開です。

売主さま

壁や天井は、素材感を楽しめるように打放し+塗装で仕上げております。そしてリビングスペースの天井には、木材で組んだ棚 “パーゴラ” をあしらいました。

cowcamo

パーゴラって、カリフォルニア風のショップやカフェなどで見かけますよね。もともとは「ブドウ棚」という意味があり、海外でよく住宅の軒先やテラスに設けられ、日よけとして機能しているものです。室内が一気に開放的になりますね〜!

市ヶ谷エリアの 青い空

写真

東向きのバルコニーに出てみました。目の前に背の高い建物は無く、視界が大きくひらけています。スカッと晴れたらさらに気持ちよさそう〜!

写真

ちょっぴりコンパクトなバルコニーですが、日当たり良好なので、洗濯物は午前の日差しでカラッと乾いてくれそうです。

売主さま

2016年にサッシをペアガラスに変更し、防音工事が実施されております。

LDKに戻って

写真

写真左手、窓辺の床が一部タイル敷きになっているのが見えますでしょうか? 内側のような外側のようなこの部分は、インナーバルコニーとして室内のさりげないアクセントになっています。続いて、中央に見えているキッチンへ行ってみましょう!

さ、 アボカドロール寿司でも作ろうかな

写真

左・限られた空間を有効活用するため、キッチンはあえて壁付タイプをセレクト。ウッディな飾り棚を付けることで、ここでもカリフォルニアの風をキープ。/右・廊下とキッチンは同じ動線上にありますが、床材の使い分けでうまくゾーニングされていますね。

cowcamo

それでは、廊下右手にあるドアから、約4.8帖の洋室〜水まわりをツアーします!

空のように海のように

写真

躯体現しの壁が、深いブルーに塗られています。室内窓は壁の横幅いっぱいに広がっており、そのままLDK、さらに掃き出し窓の向こうまでつながっているような開放感があります。このブルー、いい!

写真

窓の反対側には、扉の無いオープンタイプのクローゼットが。カーテンレールが付いているので、来客時などはこのように目隠しすることができます。中には枕棚・ハンガーパイプが備わっており、おひとり〜おふたり分の衣類でしたら受け止めてくれそう。

cowcamo

ディスプレイのようにダイニングセットを置いてもいいですし、こちらをベッドルームにするのもよさそうですね。

水まわりをチェック

写真

左・こちらは洗面化粧台。上部にはマリンランプが輝き、ミラーもボウルも蛇口も、シンプルな中にこだわりが感じられます♡ 収納は無いので、足元にバスケットやストレージボックスを用意するのがオススメ。/中央・バスルームはコンパクトな1116サイズ。長湯はしないのがカリフォルニア風、かも。/右・トイレもウッディな雰囲気で統一感があるのがうれしいですね。

売主さま

なお、住戸の給水管・給湯管は新規交換済みです。

ここも見たいですよね♡

写真

左上・洋室の壁の、ネイビーに塗り分けられた部分にクローズアップ。躯体現しのラフなテクスチャーに “こなれ感” が漂います。/右上・リビングを開放的に演出する、パーゴラ。ライティングレールがその間にさりげなく挟まっています。吊るすタイプのインテリアを用意すると素敵です♡/左下・キッチンの床は、部分的にタイル敷きになっています。廊下と自然にゾーニングしつつ、汚れやすい部分のお手入れしやすさもアップ◎ お見事です!/右下・こちらも、タイルを使ったナイスゾーニング。窓辺のインナーテラスは室内干しする時にも便利ですし、グリーンを置いてもキマりますよ。

都会だけど ほどよくリラクシング

写真

左上・「牛込柳町」駅前にある、スーパー「SainE(セーヌ)よしや 柳町店」。仕事帰りのお買い物に便利です。(500m 徒歩7分)/右上・イベリコ豚が評判の「Restaurant M (レストランエム)」。夜のコース料理はもちろん、コスパの高いランチも人気なのだとか。時には優雅なお昼をぜひ♪ (400m 徒歩5分)/左下・小さなお花屋さん「しろくま生花店」は、個性的な花からオーソドックスな花まで豊富な品揃え。花のある暮らしを後押ししてくれそうですよ。(400m 徒歩5分)/右下・マンションご近所にはカラフルな遊具が並ぶ「加賀公園」も。ホッと一息つける、緑のオアシスです。(85m 徒歩2分)

cowcamo

カウカモ編集部より

まず、物件が立地しているのはどの辺りか、と言いますと。「牛込柳町」「市ヶ谷」「曙橋」の3駅を結んだ三角形のほぼ中心に位置し、南側には「防衛省市ヶ谷地区」が広がっています。合計で4路線を乗りこなせる場所であり、都内の機動力はかなりのもの◎ しかも北東方向へちょっと歩けば、街は “神楽坂エリア” のグラデーションがかかっており、気の利いた飲食店に出会えます。


この時点で、立地・交通利便性の高さを重視する方に『いかがですか!』と言いたくなりますが、まだ続きます。マンションは最寄りの「牛込柳町」駅から歩いて6分、外苑東通りを直進し、ヒョイと一本奥へ入った場所に建っています。入り組んだ路地を通らないので帰りが遅い日でも安心感がありますし、それでいて大通りからやや距離を置いているので、騒音に悩まされることもなさそう。美味しいところを取っているのです。


そして現れるマンションは、2019年現在で築51年なのですが……築年数を感じさせない健やかな空気をまとっており、これまでに丁寧にお手入れされてきたことを感じさせてくれます。共用部の壁にはちょっとした額絵が飾られていたり、“つくばい(手水鉢)” がある和風庭園があったり、なんだかほっこりするいい雰囲気。オートロックや宅配ボックスを追加装備しており、便利さを追求する現代のリズムにもしっかり乗っているのがすごいです!


もうこの時点で『ね? いかがですか!』と言いたくてたまらないのですが、まだまだ行きます。ご紹介する住戸は5階に所在している1LDK。玄関扉を開けたところから、カリフォルニア(西海岸)スタイルが迎えてくれます。ナチュラルでほどよく力が抜けたこのスタイルは、スタイリッシュなのに意外なほど日々の暮らしに馴染むはず。日頃からセレクトショップ「Ron Herman」などのテイストが大好き♡ という方も、あまり意識したことがないという方も(私はこちらでした)、きっと好きになってしまいますよ。


家具・照明付きでのお引き渡しですので、お好みに合えばめっけもの。夏の熱い空気も、パーゴラの下で感じるなら悪くない、カモ。そんなことないわ! とエアコンを点けても、空調効率のよさを感じてニヤリとしてしまう、カモ。サッシは断熱効果の高いペアガラスに交換済みなのです。東向きのバルコニーからは抜けのある景色が広がり、外に出るたびに前向きな気持ちになれそうですよね。


そして西海岸風の内装が決まるのは、室内に明るさとさわやかさを感じられるからこそ。南側にも天窓が用意され、洋室には大きな室内窓が。この窓ワークによる光の有効活用と、素材の使い分けによる空間のゾーニング、それらが組み合わさって、居心地よさが創られています。専有面積約54.5㎡という広さを開放的に味わえるプランですので、おひとり〜おふたりで上機嫌に暮らすにはちょうどよさそう。季節モノやレジャーグッズなどの収納には、地下の無償トランクルームが活躍してくれます。


さて……いかがでしょうか。ハイウェイを駆け抜けるようにお届けしました。心に熱い風が吹いた方は、ぜひお問い合わせくださいませ。

writer / editor:小杉 美香