どうお使いになるかは あなた次第

写真

老舗やオシャレなお店が点在する下町 “谷根千エリア”。「根津」駅から徒歩2分の落ち着いた環境で、5階からの眺望はご覧の通り◎ ペットも喜んで駆けまわりそうな広さのルーフバルコニーが、暮らしの中心になること間違いなしですよ!

言問通り沿いの 大型マンション

写真

総戸数は102戸で、2004年竣工とリノベーション物件の中では比較的新しい建物。奥に細長い造りで、1階にはテナントとしてクリニックが入っています。

売主さま

2017年には大規模修繕工事を実施済みです。また、2015年にも給水ポンプの分解整備工事が行われているなど、適宜メンテナンスされているマンションです。

写真

左上・言問通りから少し奥まった位置にあるエントランス。写真には写っていませんが、左側には駐輪場へつながる扉があります。/右上・撮影時はマンション内で工事が行われていたため扉が開いた状態ですが、通常時はオートロックとなっています。ご安心くださいね。写真左奥には宅配ボックスを完備しています。/左下・オートロックを抜けると、ホテルライクなエントランスホールが広がります。エレベーターは2基あり、エントランス側はセキュリティに配慮されたキータッチ式です。/右下・住戸の所在する5階に上がってきました。玄関の並びに、トランクルームが設けられています。

売主さま

管理人さんは、月〜金曜日の8:00〜16:00と土曜日の8:00〜11:00勤務と手厚い体制です。また、体高50cm以内の犬・猫を2頭まで飼育することができますよ。

cowcamo

物腰やわらかな管理人さんに伺ったところ、2020年5月現在駐輪場(屋内機械式上段と屋外平置きのみ)には空きがあり、月額100円で利用できるとのことでした。ご利用をご希望の方は最新の状況をお調べしますので、お気軽にお尋ねくださいね◎

玄関まわりは収納たっぷり!

写真

左・トランクルームは奥行きが深く、ゴルフバッグやアウトドアアイテムなど大きな物も楽々収まりそう!/右・玄関廊下には、LDKへとつながるガラスドアから陽の光が届きます。

写真

左・廊下から土間を振り返ったカット。下足入れに加えて、左側には収納も備わっています。/右・収納内には可動式の棚が備わっていて、物のサイズに合わせて調整が可能。

売主さま

こちらのは部分リフォームのみを行った住戸になります。建具やバスタブなど既存活かしの物がございますので事前にご留意ください。ハウスクリーニングを行なっておりますが、実際の使用感などは現地でお確かめくださいね。

曇り空でもまぁ明るい!

写真

玄関廊下に光を届けてくれた扉の先は、南東向きの窓がある約11.5帖のLDK。隣接する洋室の引き戸を開け放つと約16.6帖のワンルームに。

売主さま

ソファやテーブルなど、レイアウトしている家具をお付けしての販売となります。不要な場合には引き取りますので、お申し付けください。

写真

LDKだけで見たときのサイズ感はこちら。取材日は曇り空でしたが、日中は照明を消してもそのまま過ごせそうなほどの明るさ。

お隣の洋室へ

写真

南東と北東側にそれぞれ窓があり奥行きが感じられるためか、約5.1帖という帖数よりも開放感があります。続いてはお待ちかね、左手のの窓からルーフバルコニーへ出てみましょう!

心弾むルーバル♪

写真

ウッドパネルが床一面に敷かれています。夜になったら「東京スカイツリー」の明かりを眺めながら一杯、いいですねぇ。夜景も楽しみです!

写真

周囲には背の高い建物がなく、視線の抜けが気持ちいい眺め。

売主さま

ルーフバルコニーでは「東京スカイツリー」を眺めながらくつろげますよ。月額270円のルーフバルコニー使用料が掛かります。

cowcamo

これだけの広さがあっても、使用料が抑えられているのはうれしいですね!

写真

ルーフバルコニーの奥から振り返ったカット。上階にも住戸があるため、上からの視線が気になることはありそうですが、よほど騒がない限り覗き込まれることはないでしょう。

写真

ガーデンファニチャーも備わっています。すでにくつろぐための準備が万端。

cowcamo

左奥にはほか住戸のバルコニーが面しているため、視線を遮るためにグリーンなどを置くとよさそうです。

洋室に戻ってきました

写真

続いては、南東向きの窓から本日ふたつ目のバルコニーに出てみましょう。

こちらは洗濯物干し場に

写真

眼下に隣家の屋上があるものの、正面は陽を遮るものがなく、晴れた日には洗濯物がしっかり乾きそうです。

写真

幅はコンパクトですが、ふたり分の洗濯物を干すには十分な広さがありました。屋根がついているのも◎

cowcamo

隣戸のバルコニーは少し離れた場所にあるものの、視線を遮るものがないため、タイミングによっては「こんにちは」になるカモ。

再び洋室に戻ってきました

写真

収納は折れ戸2枚分。写真のように引き戸を閉め切っても、二面採光のお陰で明るく、開放感も保たれています。

cowcamo

おふたり暮らしの場合は収納量が足りなさそうです。棚を置いたり、収納付きのベッドにしたりと工夫してみてくださいね。

LDKに戻って

写真

LDKに戻ってきました。キッチンは、引き戸の左側に見える開口の先にあります。その脇には掃除道具などをしまうのに便利な収納が。

白を基調にした 独立キッチン

写真

左・生活感の出やすいキッチンが、奥まった位置にあるのはうれしいポイント。作業スペースはワイドで、3口コンロが備わっているため、お料理がしやすそうです。/右・右奥は冷蔵庫置き場、左手のスペースにはカップボードなどを置くとよいでしょう。

最後に水まわりをチェック

写真

左・洗面脱衣室も白を基調にした明るいトーン。収納はワイドな洗面台下にあるほか、背面の洗濯機置き場にも棚と物入れがありますよ。/中央・ルーフバルコニーに面した窓がある浴室。追い焚き機能・浴室乾燥機能付きです。/右・廊下に戻りトイレへ。手洗い器があるのはうれしいですね!

売主さま

キッチン、ユニットバス、洗面台は既存活かしになります。トイレのウォシュレットは新規交換しております。

街歩きが楽しい “谷根千エリア”

写真

左上・ご紹介した物件の最寄りは東京メトロ千代田線「根津」駅(徒歩2分)。物件までの道中には大きめのスーパー「赤札堂根津店」(70m 徒歩1分)があり、とっても便利!/右上・敷地内に動物園や美術館、博物館、そして貸しボートを楽しめる「不忍池」などがあり、思い思いの時間を過ごすのにぴったりな「上野恩賜公園」が徒歩圏内。(1.2km 徒歩15分)/左下・お散歩の途中、ひと息つきたくなったら「スターバックスコーヒー上野恩賜公園店」へ。(1.2km 徒歩15分)/右下・自宅でのリラックスタイムのお供に、「やなか珈琲店 千駄木店」でお気に入りのコーヒー豆を探してみては?(900m 徒歩12分)

個性が光る 近隣のお店や施設をご紹介

写真

左上・有名レストラン出身のシェフが腕を振るう本格フレンチビストロ「Wine厨房 TAMAYA根津」は、美味しくリーズナブルとあって大人気! 併設のワインショップは充実の品揃えです。(220m 徒歩3分)/右上・食材にこだわりたい方は、オーガニック自然食料品店「根津の谷」へ。店主が厳選した体にやさしい商品が並びます。併設されているビーガンカフェでは、日替わりのランチをいただけますよ。(140m 徒歩2分)/左下・「緑の本棚」は古本と多肉植物が同居するブックカフェ。珍しい多肉植物のカフェメニューがあるそうで、気になります。(350m 徒歩5分)/右下・世界の名画や現代作家の作品など、充実した企画展が評判の「東京都美術館」。特別展開催中の金曜日は20:00まで開館しているので、仕事終わりにも気軽にアート鑑賞をお楽しみいただけますね。(1km 徒歩13分)

cowcamo

カウカモ編集部より

根津の下町らしい雰囲気とは打って変わって、重厚感があるマンションの角住戸。スカイツリーや近隣の木々を望む見晴らしのいいルーフバルコニーは、心に穏やかさを運んできてくれそうです。

ルーフバルコニーでパスタに使うバジルを育てたり、近所やお出かけ先で買ってきた豆でコーヒーを淹れてみたり。はたまた、ハンモックを置いてゴロンとしたり、ペットが駆けまわれるコースを作ってみたりと、そんな暮らしが想像できます。細則はありますが、ペットは2匹飼えるので、毎日が一層賑やかになりますね!

住戸の間取りは、南東・北東の二面採光で明るく、風通しがいい1LDK。洋室の引き戸を開け放ってリビングとルーフバルコニーをがつなげると、より開放的にお住まいいただけそうです。

一点ご留意いただきたいのは、こちらの住戸は、キッチンや水まわり、建具などが既存利用された部分リフォームということ。ハウスクリーニングを実施しているためきれいな状態ではありますが、実際の使用感は現地でお確かめください。


マンションはというと、管理人さんが月〜金曜日の8:00〜16:00と土曜日の8:00〜11:00勤務の手厚い体制。一方で、修繕積立金の金額が少し控えめな点は気になるところ。大規模マンションなのでそこまで気にする必要はないかもしれませんが、今後の値上げは視野に入れておいた方がいいかもしれません。


「根津」駅から徒歩2分と近く、その途中にスーパーがある便利な立地も魅力的。自転車を使えば上野や秋葉原、浅草などにもサクッとお出かけできますよ。気になった方は、ぜひ晴れた日にルーフバルコニーの気持ちよさを体感しに、足を運んでみてくださいね!

writer:清水 駿 / editor:平野 翔子