暮らしに便利で 自然が身近な環境

写真

左上・最寄りは、JR山手線と東京メトロ南北線が乗り入れる「駒込」駅。(徒歩3分)/右上・江戸時代の大名庭園を今に残す特別名勝「六義園」。四季折々の自然に触れることができ、お散歩コースに最適です。桜や紅葉の時期には、ライトアップがされますよ。(280m 徒歩4分)/左下・マンションのお隣にある「駒込東公園」。起伏に富んだ地形を活かした遊具や展望台が備わっています。春には桜が咲き誇り、近隣住民の方のお花見スポットになるそう。(40m 徒歩1分)/右下・朝7時から深夜1時までの長時間営業していて、品揃え充実のスーパー「マルエツプチ 駒込中里一丁目店」がすぐ近くに。徒歩2分の距離ですが、途中に急な坂があるので重い荷物の持ち運びは、少し大変かもしれません。(160m)

cowcamo

駅北口には “ソメイヨシノ発祥の地”として整備された「染井吉野桜記念公園」(350m 徒歩4分)や「豊島区立駒込図書館」(400m 徒歩5分)があり、のんびりとした雰囲気の街ですよ。

駅近なのに 落ち着いたエリア

写真

今回ご紹介するのは、1975年竣工、総戸数30戸のマンション。1階にはレディースクリニックが入っています。

写真

左上・建物の隣に平置きの駐車場があり、2019年7月現在で複数空きがあるとのこと。月額25,000円でご利用いただけますので、ご希望の方はお尋ねくださいね。/右上・植栽に心安らぐエントランスアプローチ。スロープが備わっているので、ベビーカーやスーツケースを押してでもスムーズに出入りできます。/左下・エントランスホールは、タイルや照明がレトロな雰囲気を醸し出していますね。物腰のやわらかい管理人さんが住込みで勤務されており、月~土曜日の8:30~17:30に窓口にいらっしゃいますよ。夜間はオートロックになるので、さらに安心です。/右下・エントランスホールの奥に位置するトランクルーム。ご紹介する住戸には、1区画分の所有権が付いています。

売主さま

トランクルームの広さは約1.4㎡で、無償でご利用いただけますよ。

cowcamo

駐輪場には空きがありませんが、住戸の玄関土間に少しゆとりがあるので、どうしても必要な場合は室内に持ち込むのも手かもしれません。

住戸が所在している4階へ

写真

左・エレベーターを降りて左側、写真右側に写っている扉がご紹介する住戸のものです。内廊下ですが、非常階段から陽の光が差し込み、ほんのり明るいですね。/右・お邪魔します! 飾り棚付きの下駄箱は大容量で、傘も収納できる造り。広めに取られた土間をゆったりとお使いいただけますね。

緑が鮮やかなナイスビュー

写真

まずは廊下の突き当たりにある、LDKにやってきました。南向きの大きな窓からは明かりが差し込み、公園の緑を望むことができます!

売主さま

LDKの窓が公園に面しているので、日当たりがよく、眺望もいいですよ。

cowcamo

窓右側の一部天高が177cmと低くなっているので、身長が高い方はご注意くださいね。

緑を眺めながらお料理♪ 対面型キッチン

写真

左・キッチンには、3口コンロと浄水器一体型水栓、そして食洗機も備わっています。/右・背後には、冷蔵庫と食器棚などを置くスペースがしっかり確保されていますよ。

キッチン前から 窓側を見てみました

写真

窓に近づくと緑の迫力が増しますね! LDKの広さは約10.3帖と、ややコンパクト。引き戸を開け放てば、洋室AもLDKとして使うことができます。合わせて約15.1帖になり広々とお過ごしいただけますよ。

窓を開けてみましょう

写真

山手線の駅から徒歩3分という立地だということを忘れてしまうような、緑と大きな空!気持ちいい眺めですね〜。

cowcamo

春には桜が咲き誇るそうなので、自宅からお花見を楽しめますね♪ 窓のすぐ下が下住戸のルーフバルコニーですが、窓際に寄らない限り視線は気にならなさそうです。

続いては LDKのお隣洋室Aへ

写真

洋室Aは約4.8帖。こちらにも南向きの窓があり、壁一面には大きなクローゼットが設けられています。

写真

窓と収納があるので引き戸を閉めると、個室として機能しますよ。ただ、LDKがややコンパクトなので、部屋数が足りている場合は引き戸を開け放ってのびのびお使いいただくのがオススメです。

引き戸を閉めた状態で LDKから見ると……

写真

こんな感じ。大きな窓は南向きなので、陽の光が部屋の奥まで届いていますね。お次は、キッチン横の扉を開けて、洋室Bへ向かいましょう。

洋室Bは約5.2帖

写真

左・東向きの窓に面している洋室B。壁一面に、柄が入ったグレーのアクセントクロスが貼られています。/右・扉の脇に備わっているクローゼットは収納量が少ないので、棚を置いたり引き出しが付いたベッドを使ったりして、足りない分をプラスしてくださいね。

廊下に戻って洋室Cへ

写真

玄関を上がって左側にある洋室C。そして2重ロックかつ鉄製と厳重な造りの扉があります。

扉の先はバルコニー

写真

左・左側の壁の向こうは非常階段で、侵入防止のために鉄柵が設けられています。/右・隣のマンションの窓が近いですが、ほとんどカーテンが閉まっていたので住人の方と目が合うことは少なさそう。写真には写っていませんが、右側に目をやると「東京スカイツリー」が見えますよ!

cowcamo

非常階段に隣接しているので、厳重な扉なんですね。エレベーター横に室内共用階段があるので、非常階段を使う方はほとんどいないと思います。

室内へ戻ってきました

写真

洋室Cは約6.2帖。3つある個室の中で一番広いので寝室に最適ですが、クローゼットの収納量が少ないのがネック。こちらも収納家具を追加していただくのがよさそう。

cowcamo

ベッドが梁より手前のスペースに収まるようであれば、梁下にパーテーションなどを設けて、奥のスペースをウォークインクローゼットのようにお使いいただくのもありカモ。

最後に水まわりをチェック

写真

左・フロアタイルとクロスの組み合わせが、レトロな雰囲気の洗面脱衣室。/中央・浴室乾燥機と追い焚き機能が備わっているバスルーム。サイズはファミリーにとっては少しコンパクトかも。/右・トイレは洗面脱衣室からアクセスします。こちらも洗面台脱衣室同様、レトロな仕上げです。

周辺をもっと歩いてみましょう!

写真

左上・JR「駒込」駅東口から南へ伸びる「アザレア通り商店街」。街の名物となっているツツジの植栽が名前の由来なんだそう。冒頭でご紹介した「マルエツプチ 駒込中里一丁目店」やドラッグストア、飲食店など90店ほどが軒を連ねます。(160m 徒歩2分)/右上・「駒込ナーリッシュ カフェ&バル」は、肉・魚・卵・乳製品・ハチミツ不使用の料理をいただけるビーガンレストラン。厳選した自然栽培野菜を使った、子どもから大人まで安心して食べられるメニューのほか、有機チーズや無添加ワインも揃っています。(130m 徒歩2分)/左下・パン屋さん「NIKI BAKERY(ニキベーカリー) 駒込店」は、美味しさはもちろん、種類が豊富でお手頃価格とうれしいポイントがたくさん!2階にはイートインスペースもありますよ。(230m 徒歩3分)/右下・添加物を一切使用しない手づくり焼売が自慢の「野田焼売店」。テレビで紹介される有名店で、焼売以外のメニューも絶品と評判です。(270m 徒歩4分)

cowcamo

カウカモ編集部より

“便利さには喧騒が付き物”とは限らない。都心をぐるりと1周するJR山手線と「飯田橋」や「六本木」を通る地下鉄南北線が乗り入れているにも関わらず、「駒込」駅は比較的乗降者数が少なく “穴場駅” という噂も。山手線のホームは外回り・内回りが一緒になっているため狭めですが、通勤時間帯でもギュウギュウにならないそうですよ。


駅周辺の環境も、住むのにいい塩梅です。駅のまわりは飲食店が点在していますが、たった3分歩くだけで閑静な住宅街に。特別名勝「六義園」をはじめ、マンションお隣の「駒込東公園」など自然が身近なのも心地よく暮らせるポイント。マンションは本郷台地の左端に立地していて、最寄りの商店街やスーパーは “谷” にあります。距離的には近くても急な坂の上り下りがあるので、そこがネックでしょうか。


マンションは1975年竣工。外観にやや築年数を感じますが、建物内は清潔感があるので、ほどよいレトロさと捉えていただけると思います。管理人さんは住込みで月~土曜日の8:30~17:30勤務と手厚く、夜間オートロックを完備。修繕状況は、2013年から2014年にかけて共用・専用給排水管の更新工事を実施済み。長期修繕計画書によると、2021年に大規模修繕工事が行われる予定だそうです。


住戸の魅力は、何と言ってもLDKの大きな窓から望む「駒込東公園」ビュー! 目の前に緑がくるちょうどいい高さで、春には自宅でお花見を楽しめそうですよ。


バルコニーは洗面脱衣室前にある洋室に付いているので、洗濯から干すまでの動線が短く済みますし、日中多くの時間を過ごすLDKで洗濯物が視界に入らなくていいのも◎ ただ、壁があるもののバルコニーが非常階段と隣り合っているのが少し気になるところ。また、隣のマンションからの視線が気になる方は、浴室乾燥機を使った方がよさそうです。


ご紹介した住戸には、無償で使えるトランクルームが付いていますし、平置きの駐車場が25,000円でご利用いただけますし(2019年7月時点)、アウトドアやゴルフなどの趣味をお持ちの方はときめいてしまうのではないでしょうか。この立地&広さで、趣味にもお金を費やせそうな物件は、なかなか出会えないカモ。ぜひ近隣の名所や名店を散策しながら現地を訪れてみてくださいね。

writer:大川 晶子 / editor:外山 友香