24時間楽しめる街「三軒茶屋」

写真

左上・今回ご紹介する物件の最寄り駅は、東急田園都市線・東急世田谷線「三軒茶屋」駅。「渋谷」からは急行でひと駅という利便性のよい街です。駅前には三軒茶屋のシンボル「キャロットタワー」。様々な演劇などのステージが行われています。地下にはスーパー「東急ストア」も。/右上・駅周辺は「三角地帯」や「すずらん通り」といったディープなエリアや銭湯、今時のコーヒーショップや、はたまた閑静な住宅街があったりと、おもちゃ箱をひっくり返したような多様性が魅力のひとつ。今回ご紹介する物件は、バス通りでもある「世田谷通り」沿いに位置します。/左下・世田谷通りにもこだわりのお店がいっぱい。「Woodayice(ウディック)」は素材感たっぷりのジェラートと、木のおもちゃ・雑貨のお店。イートインもできますよ。/右下・天然酵母のパン屋さん「小麦と酵母 濱田家」は、ふわふわの生地にたくさんの豆が入った豆パンが人気のお店。和テイストを大切にした、美味しいパンがいっぱいです。

世田谷通りに沿って歩きます

写真

三軒茶屋駅からは、世田谷通りに沿って歩くこと約9分。マンションの目の前には「若林一丁目」のバス停があり、どんどんバスがやってくるので、渋谷まで行くときはこちらのバスを利用する方が便利かも。

写真

左上・こちらのマンションは高層棟と低層棟に分かれており、世田谷通り沿いの高層棟側に入り口があります。/右上・エントランスには自転車置き場と管理人室があります。入口で迷っていると、優しい管理人さんが気さくに声をかけて下さいました。オートロックよりも安心できる防犯対策ですね(笑)。/左下・エントランスを抜けるとオープンなエレベーターホール。ランドリースペースもありますよ。/右下・高層棟の奥が、低層棟になっています。世田谷通りの賑わいとは異なった、閑静なタウンハウスのような雰囲気ですね。築年数が経っている建物ですが、掃除が行き届いており、整然としています。

売主さま

こちらは現在築35年の建物で、平成23年に大規模修繕工事を終えております。また管理人の方はこちらのマンションにお住まいで、我が家を掃除するような感じで、常に手入れや管理をしてくださっていますよ。

高層棟の5階へどうぞ

写真

屋内廊下を抜けて “世田谷通り” と反対側へ。/左・玄関扉を開けると、左の壁面には大容量の下足入れ。正面にはニッチがあって、余裕のある玄関周りとなっています。/右・玄関を見返すとこんな感じ。

寝室へどうぞ

写真

玄関の右手に位置する寝室は、約5.5帖の広さ。北東角部屋のため2方向に窓があり、明るいお部屋です。

写真

東向きの窓からは、キャロットタワーが見えていますね。

写真

左・こちらの部屋には3つの扉がついています。右から順にウォークインクローゼット、玄関、そして洗面脱衣所・浴室への扉です。/右・ウォークインクローゼットの中には2カ所もコンセントが付いていました。ズボンプレッサーや掃除機の充電をする際にも、収納から出さずクローゼットの中で行えるのでスッキリ。

写真

洗面脱衣所と浴室へ、寝室から直接アプローチする間取り。/左・スッキリ、シンプルな洗面化粧台。壁面に収納が設けられています。/右・ゆったりサイズのユニットバス。浴室換気乾燥機付きですよ。

廊下に戻り・・・

写真

左・廊下に面した扉は、梁下の空間を利用した洗濯機置き場。/右・玄関の横にはトイレがあります。

LDKへどうぞ

写真

北向きのお部屋にもかかわらず、とっても明るいLDK。

どこまでも広がる青い空

写真

北向きの窓から見える、大きな大きな空。目の前は低層棟の建物なので、新しい建物によって、日当たりが遮られる心配もありません。

写真

バルコニーは洗濯物を干すには十分な広さ。世田谷通りとは反対側を向いているので、通りの音がまったく気になりませんでした。

ナチュラルテイストのLDK

写真

バルコニーから見たLDK。広さは約11帖です。

写真

リビング側から見るとこんな感じ。梁を利用した間接照明が、やわらかく照らしてくれます。夜もリラックスできそうですね。

写真

リビング部分の広さとしてはこんな感じ。少し凹んだ壁部分は、エコカラットを使ったアクセントウォールになっています。オシャレなだけでなく、調湿効果もあるのがうれしいですね。

売主さま

2DKだったお部屋を今回のリノベーションで1LDKに変更しました。もともと寝室側にあったキッチンを現位置に移動したことにより、玄関を挟んでプライベートとパブリックのゾーン分けができました。かなり使いやすくなっていると思いますよ。

三茶の路地をお散歩すると

写真

左上・世田谷通り沿いから、少し路地に入ったところにある「肉のハナマサ」。ブロック肉や珍しい部位も揃う、優秀なスーパーです。/右上・脱ジャンクフードを掲げ、新鮮な野菜をたっぷり使ったハンバーガーの店「ハラカラ」。お持ち帰りもできますよ。/左下・路地裏にも気になるお店がたくさんあります。こちらは秘密基地のようなカフェ「rein on the roof(レイン オン ザ ルーフ)」。まったりくつろげます。/右下・キャロットタワーの北側に位置する「カフェマメヒコ」は有名なコーヒー店。朝は8時からモーニングがいただけます。

cowcamo

cowcamo report

渋谷から急行で1駅。都心に近い立地ながら、庶民的な雰囲気のエリア。渋谷とは異なり、三軒茶屋は “遊” と “住” の距離が近いという、気軽さが魅力です。

入り組んだ路地を進めば、毎回新しい穴場のようなお店を発見できちゃいます。お店に入れば、店の方や他のお客さんとの距離が近く、いつの間にか輪が広がり、繋がっていく・・・そんな街なのです。

かく言う私もこの街に住む “三茶民” 。私のようなファミリーにとっても、すごく住みやすい場所ですね。でも、やはりシングル・DINKS時代に “三茶民” でありたかったなぁ、と思わないでもありません(笑)。

マンションが位置するのは、駅から少し離れた世田谷通り沿い。夜も人通りがあるので、女性のおひとり暮らしでもご安心いただけると思います。また、徒歩約9分ってちょっと遠いかなぁ? と悩んでいる方もご安心下さい! 世田谷通りは渋谷行きのバスがどんどんやってくるので、マンション前のバス停から、バスを利用してしまいましょう。電車利用よりも、かなり快適に出社できますよ。

お部屋は北向きということでしたが、気付かないくらい明るい空間です。角部屋で、窓の面積が大きいからなのでしょう。大きく広がった空と低層住宅街の眺望で、気持ちも開放されました。さらに世田谷通りとは反対向きになるので、通り沿いという利便性がありながらも、静かな環境です。

隠れた魅力は、住込みの親切な管理人さん(笑)。おひとり暮らしの場合、ちょっと困った時などは、いつも居て下さる管理人さんの存在は安心につながりますよね。

さあ “三茶民” となって、この街をマルゴトご堪能あれ。まずは、お部屋を見にいらしてくださいね。ご連絡お待ちしております。