落ち着きある都心 「参宮橋」

写真

左上・今回ご紹介するマンションは「参宮橋」駅が最寄り。(徒歩6分)近くには、ドッグランのある広大な「代々木公園」があり、毎日のお散歩コースによさそう。(450m 徒歩6分)/右上・「anea cafe(アネアカフェ)参宮橋店」は、まったりできるアットホームなカフェ。ペットとの利用が可能で、わんちゃん用のメニューも用意されていますよ。(500m 徒歩7分)/左下・添加物や保存料は一切使用しない、体に優しいパンが並ぶ「BOULANGERIE LA SAISON(ブーランジュリー ラ・セゾン)本店」。朝6時半から営業しているので、当日の朝食としてさくっと買いに行けますね。(500m 徒歩7分)/右下・「Hello Deli(ハローデリ)参宮橋」は、手作り惣菜と切りたて生ハムのデリカテッセン。お店から110m 徒歩3分のところにある「Sando Sando(サンド サンド)参宮橋本店」の2号店です。(550m 徒歩7分)

青空に映える レトロなマンション

写真

駅から大通り沿いを進んでひとつ角を曲がった所に、レトロな外観のマンションが見えてきました。正面に見える階段を上り、エントランスへと向かいましょう。写真には写っていませんが、奥にはスロープもありますよ。

写真

左上・ピカピカに手入れされた、共用ロビー。これは、管理人さんによる丁寧なお掃除の賜物。取材時もエレベーターの内側を磨いていらっしゃり、とても感じのよい方でした◎ /右上・エントランスホールには観葉植物やテーブルセットが置かれています。壁面はガラス部分が多いため、とても明るいですね。/左下・奥から振り返ったところ。右手の通路の左側には集合ポストが。/右下・エレベーターで4階まで上がってきました。窓から光が注ぐ、明るい内廊下です◎ 左手に見えるのが、今回ご紹介する住戸の玄関扉。

売主さま

年数がそれなりに経過しているマンションですが、今までに屋上防水工事、鉄部塗装工事など、メンテナンスがされてきました。また、2021年には大規模修繕工事が計画されているなど、今後のプランもしっかりと立てられていますよ。

素材感溢れる玄関ホール

写真

左・玄関扉を開けた瞬間のインパクトといったら! タイル貼りの土間や下足入れのルーバー扉、斜めに貼られたヴィンテージの無垢材フローリング、ロングなオープンシェルフ……見どころがありすぎます♡/右・廊下に上がった右側には、水まわりがまとまっています。照明のスイッチは、スッキリとしたデザインが人気のJINBO社のもの。

cowcamo

オープンシェルフをどう使おうかワクワクしちゃう♪ インテリア雑貨を飾ったり、本棚にしてみたり、カゴやボックスを置いて実用的な収納として使ってみたり、などなど夢が広がりますね。シューズコレクターの方なら、靴をショップのようにディスプレイするのも素敵です♡

無骨だけど ほっこりもするLDK

写真

約11帖のLDK。剥き出しの配管と黒いライティングレール、濃紺に塗装された天井がカッコイイ! そして木の質感が心地いいキッチンはロッジのような雰囲気もあり、なんとも可愛らしくてキュン♡

cowcamo

上を見ればインダストリアル、視線を下げれば木のぬくもり。異素材が絶妙なバランスでミックスされています。

売主さま

こちらの物件では、体重5kg以下の小型犬か猫のいずれか1匹まで飼育が可能です。

キッチンまわりには こだわりがいっぱい!

写真

木とタイルを基調としたカウンターキッチン。背面のスペースがしっかり確保され、冷蔵庫に加えて調理家電用の収納棚まで置けそうです◎ キッチン横には可動式のシェルフがあるので、カゴなどを置いてパントリーとして使うもいいですね。

売主さま

キッチンはウッドワン社製で、扉は無垢材を使用しています。

おしゃれな 室内窓を発見!

写真

掃き出し窓の前からLDK全体を見てみました。隣接する洋室との間には可愛らしい室内窓が♡ ややコンパクトなLDKですが、この室内窓のおかげで解放感がアップしています。窮屈さは感じませんでしたよ。現地でご確認くださいね。

cowcamo

キッチンカウンターの横にもシェルフがあります。こちらにボックスなどを置けば、書類や文具類はぴったりしまえそう。見せる収納としてカッコよく収納しても◎

気持ちよく抜けた 南向きバルコニー

写真

周辺に建物が多いエリアですが、バルコニーからはほどよく抜けた眺望が広がります。視界に入る建物はどれも綺麗で、緑も感じられて気持ちいい♪

写真

サンサンと陽が降り注ぎます。洗濯物はすぐに乾いてくれそう! 近くに首都高が通っていますが、バルコニーに出てもそこまで音は気になりませんでした。

室内に戻ってきました

写真

オープンシェルフは窓際にもあります。ディスプレイのようにグリーンを飾れば、真っ白な漆喰の壁に映えますよ♪ また、LDはややコンパクトなサイズ感なので、ダイニングテーブルかソファか、どちらかに絞って配置した方がゆったりと過ごせそうです。

cowcamo

建物の構造上生じてしまうちょっとしたくぼみは、オープンシェルフとして有効活用されています。 デッドスペースを上手に活かし、専有面積に無駄がなく、内装のアクセントにもなっていますね。

キュートな室内窓の 向こうへ……

写真

LDで最も存在感を放っているのが、こちらの室内窓。なんだかおしゃれなヘアサロンを連想されませんか? 扉横にあるアメリカンスイッチがよくお似合いです♡

cowcamo

掃き出し窓の高さは、もっとも低いところで約178cmでした。やや低めなので長身の方はお気を付けくださいね。

木の質感に包まれる洋室

写真

約6帖の洋室の天井には、LDKの雰囲気と打って変わって木目調のアクセントクロスが貼られています。そして、写真ではなかなか伝わりませんが、こちらの壁もLDKと同じく漆喰の左官仕上げ。ざらっとした手触りがたまらないのです♪

cowcamo

陽当たりがとってもいい! 冬でも暖房に頼りすぎず、自然の温もりを感じられそうです。

写真

LDの天井は、まるで星が散りばめられた濃紺の空のよう。室内窓越しにLDを見てみると、まるで夜空を見上げているかのようでした。

写真

左・窓側から見てみると、正面にはルーバー扉が。開けると……/右・中はウォークインクローゼット(WIC)が。写真には写っていませんが、左側にもスペースがあり大容量です◎

最後に水まわりをチェック

写真

左・ストライプのクロスがアクセントのトイレ。/中央・広々とした洗面脱衣所にも、ニッチ部分を活かしたオープンシェルフがあります◎ モルタル仕上げの造作洗面台にはコーラー社のシンクが合わさり、クールな仕上がりに。/右・バスルームはややコンパクトですが、浴室乾燥機能が付いています。

cowcamo

よく見ると洗面脱衣所の照明がマリンランプ! 細かいところにも、さりげないこだわりを感じます。

ご近所さんをもっと開拓!

写真

左上・「Spicy Cafe RAJA(スパイシーカフェ ラジャ)」が提供するのは、インドやタイのカレーをベースとしたオリジナルカレー。食べやすく美味しいと好評です。(450m 徒歩6分)/右上・素材の味を活かした丁寧なイタリアンが魅力の「LIFE son(ライフ サン)」。店内にある引き戸は、お隣の「タルイベーカリー」に続いています。特別な日のディナーにぜひ♡(600m 徒歩8分)/左下・美味しいお肉を贅沢に食べたいときは「黒牛(コクギュウ)」へ。住宅街の中にある隠れ家的な焼き肉店で、店内には落ち着いた雰囲気が漂っています。(400m 徒歩5分)/右下・最寄りのスーパーは、「マルマンストア 参宮橋店」。営業時間は23:00までなので、お仕事帰りのお買い物にも便利ですよ。(160m 徒歩2分)

cowcamo

カウカモ編集部より

今回ご紹介する物件には、開拓が楽しい都会的な街、陽当たり&眺望良好、素材感が活きたリノベーションらしい内装、安心の管理体制など、うれしいポイントが盛りだくさん! 


舞台は、小田急線「参宮橋」駅から徒歩6分の閑静な住宅地。京王新線「初台」駅(徒歩9分)やJR山手線・総武線が乗り入れる「代々木」駅(徒歩12分)も徒歩圏内で、交通アクセスは良好です。


駅のすぐ近くにある首都高沿いは賑やかですが、一本路地に入るとヴィンテージマンションなどの美しい建物が建ち並び、街には落ち着いた空気が漂っています。ご紹介のマンションは、そんな住宅街に佇んでいます。


2019年10月現在、築45年と長い歴史がありながら、2009年には大規模修繕工事や屋上防水工事などの大きな工事が実施されています。その上管理人さんも長時間勤務され、管理状態は良好といえそう。さらに、21:00~翌5:00までは夜間オートロックとあって、セキュリティ面にも安心できそうですよ。


住戸に足を踏み入れた瞬間から、細部に使われた素材感が生きた “リノベならではの魅力” がいっぱいの内装に惚れ惚れします。LDKはややコンパクトでありながら、濃紺の天井や漆喰塗りの壁、斜めに貼られた無垢材のフローリングなど、「妥協ポイントが見つからない」と思えるほど、あちこちからこだわりを感じられました。そして一番の見どころは、LDKと洋室をつなぐ大きな室内窓。


素朴で、無骨で、ヘルシーで……と、内装のテイストにまとまりがないように見えますが、そんなことはありません。それはきっと、LDKと洋室、廊下すべてに共通する無垢材フローリングがまとめ役になっているのでしょう。


細部まで抜かりなくこだわったこちらの内装、一目ぼれする人が続出しそう♡ 内見の際は、ぜひ天井を見上げたり、建具に触れたり、裸足で無垢材の心地よさを感じたり、余すことなくチェックしてくださいね!

writer:島村 麻美 / editor:野原 茂香