子育てに便利な “荻窪エリア”

写真

左・JR中央総武線、東京メトロ丸ノ内線が乗り入れている「荻窪」駅のまわりには、商業施設が充実しています。駅には「ルミネ荻窪」が直結しているほか、その隣の「タウンセブン」にはスーパー「西友 荻窪店」も入っており、帰り道のお買い物に便利です。(1.1km 徒歩14分)/左上・「天沼弁天池公園」には四季の移ろいが感じられる庭園や遊具広場があり、お子さまやペットとのお散歩にピッタリ。春にはお花見も楽しめます。(550m 徒歩7分)/右下・静かな住宅街にあるこぢんまりとした「清水森公園」。秋になると銀杏拾いを楽しめます。(260m 徒歩4分)

上品な雰囲気が漂う タイル張りのマンション

写真

駅から商店街や住宅街を歩き進めること14分。趣ある邸宅が点在する静かな低層住宅地に、マンションが見えてきました。エントランス前に植わっている堂々とした樹木が目印です。

売主さま

こちらは1988年竣工、総戸数11戸の3階建てマンションで、新耐震基準に適合しています。長期修繕計画が立てられていて、直近では2014年に大規模修繕工事を実施しました。

写真

左上・エントランスアプローチにはブルーのタイルが敷かれており、涼しげな印象。スロープも備わっているので、ベビーカーをお持ちの際でも安心ですね。/右上・階段を上った先には、管理人室とメールボックスがあります。/左下・さらに進むと、吹き抜けの大空間が! こちらの右側にあるのが、今回ご紹介する住戸です。/右下・住戸の前にはポーチがあり、扉も付いています。ちょっと変わった形の玄関扉を開けて、室内に入りましょう!

売主さま

管理人さんは火~土曜日の8:00~12:00に勤務されています。2019年6月時点で駐車場には空きがあり、月額20,000円でご利用いただけます。空き状況は変動しますので、ご利用希望の方はご相談くださいね。

ツヤっとシンプルな玄関ホール

写真

左・土間から廊下にかけては大判タイルが敷かれており、艶っぽくエレガントな印象。廊下沿いに個室や水まわりが並び、正面の扉の先がLDKです。/右・玄関扉の形がやっぱり可愛い♡ 今まで100以上のリノベ物件を取材してきましたが、このような形の玄関ドアは初めて見ました! 下足入れには姿見が付いています。

cowcamo

廊下には両開きの収納が備わっています。リビングダイニング(LD)には収納がないので、こちらをうまく活用して生活空間をスッキリさせましょう!

階段を下りて……

写真

扉を開けると、まず足元には階段が。3段ほど下ります。床が低くなっている分天井がとっても高く、なんと一番高いところで約2.8m! 板張りの折り上げ天井と緑のコントラストが美しいですね。

売主さま

こちらの物件では、小型犬か猫であればペットの飼育が可能です。

写真

下りて振り返ってみました。階段はこんな感じ。約2.8mの天高と1階に所在しているという要素があいまって、戸建感が漂っていました。

cowcamo

リビングダイニング(LD)は14帖弱あるのですが、階段部分を考えると家具のサイズや配置はあらかじめシュミレーションした方がよさそうです。カーテンは天高に合わせて長いものが必要。カーテンの面積が広くなるので、ファブリック選びが空間づくりをするうえでの大事なポイントになりそう♪

緑に囲まれた 南向きテラス

写真

共用部と同じブルーのタイルが敷かれているテラスは、植栽に囲まれています。正面からの人目は気にならなそうなので、レースカーテンを閉めっぱなしにしておかなくてもいいかも。室内からこの生い茂る緑を愛でる暮らしができますよ♪

cowcamo

左右はバルコニーや窓が面しているので、視線の感じ方などが気になる方は現地でご確認くださいね。

写真

テラスは、十分な奥行きと広さが取られています。テーブルセットやガーデンチェアも置けますし、夏にはお子さま用のビニールプールを出しても◎ 物干しは備わっていないので、置き型のものを用意しましょう。

室内に戻ってきました

写真

緑が豊富なテラスは、1階に所在しているからこそ手に入るもののひとつ。お子さまがいらっしゃるご家族にとっては、足音を気にしなくていいのもうれしいポイントですね。のびのびと子育てやペットとの暮らしを楽しめそうです。さて、正面のキッチンをのぞいてみましょう。

サービスバルコニー付き! こもり感あるキッチン

写真

キッチンは、収納が充実しています。クローズドタイプなので料理に集中できますね。小窓とサービスバルコニーに面している勝手口があるので、空気がこもりにくいのはうれしいですね。

写真

左・広さは約4.2帖。大きめの食器棚も置けそうです。/右・サービスバルコニーは、ゴミの一時置き場として活用すると便利ですね。室内にはゴミ箱をできるだけ置かず外に大きいものを置いておくと、住空間がスッキリしそう◎

北向きテラスに面している洋室A

写真

左・約6.5帖の洋室Aからは、北向きのテラスに出ることができます。北向きですが窓が大きいので、室内はほどよい明るさに保たれていました。/右・扉のすぐ横に、両開きのクローゼットが備わっています。

写真

北向きのテラスは、3方向植栽に囲まれています。LDKのものとほぼ同じくらいの広さ。

お隣の洋室Bへ

写真

左・約7.5帖の洋室B。外に出られませんが、先ほどのテラスに面しています。こちらからもたっぷりの緑が望めますよ。/右・両開きのクローゼットがふたつ備わっています。

cowcamo

洋室Bの方が広く大きな収納が備わっているので、こちらを主寝室、洋室Aを子ども部屋として使うのがよさそうです。

最後に水まわりを まとめてチェック

写真

左・トイレにも窓が付いています。/中央・洗面脱衣所にも窓! 白で統一されていてスッキリ。カウンターにアクセントとなる観葉植物を置いてもよさそうですね♪/右・浴室も窓付き! 落ち着いた色味でシックにまとまっています。すべての水まわりに窓が付いていてうれしいですね。

こぢんまりとした こだわりのお店

写真

左上・肉料理が看板メニューのダイニングバー「荻窪 Kotoji」。ランチの野菜カレーも人気なんだそう。お子さま用の食器も用意されていているので、子連れでも気兼ねなく食事を楽しめます。(800m 徒歩10分)/右上・この地で約13年間愛されているベーカリー「吟遊詩人」。人気のバケットとスコーンは早い時間に売り切れることも多いので、見つけたら迷わずゲットして。(1km 徒歩13分)/左下・カフェ「INAZUMA CAFE(イナズマカフェ)」の壁一面には、ぎっしりとイラストが描かれていいます! マンガ好きでなくてもつい目を奪われてしまいますよ。オムライスやパスタなど食事のメニューが豊富。(850m 徒歩11分)/右下・「L’ABEILLE(ラベイユ)荻窪本店」は、量り売りのはちみつ専門店。店内ではちみつを使った特製ドリンクやスイーツをいただけます。南仏プロヴァンスの別荘のような佇まいが素敵ですね。(850m 徒歩11分)

cowcamo

カウカモ編集部より

今回ご紹介するマンションの最寄り駅は、駅前に賑わいを見せる「荻窪」。JR中央・総武線と東京メトロ丸ノ内線が乗り入れ、「新宿」駅へはJR中央線快速なら乗車時間約13分。バスも路線が豊富なので、都心へのアクセスは良好です。


「荻窪」駅前は「ルミネ荻窪」や「荻窪タウンセブン」があり、スーパーや日用雑貨店、100円ショップ、飲食店などが充実しています。チェーン店だけでなく個性豊かなこぢんまりとした飲食店が多いので、忙しいときの外食選びも楽しめそうですね。


そんな賑やかな駅から離れ、商店街や住宅街を歩くこと14分。落ち着いた空気が流れる住宅地に佇む、上品な色味の低層マンションに到着。エントランスでは見上げるほどに大きな樹木が出迎えてくれ、ブルーのタイルが奥へと導いてくれます。


1988年竣工のマンションは、築年数を感じるような古びた印象はなく、綺麗に保たれていました。また、駐車場も駐輪場も2019年6月現在空きがありますので、駅までの距離感が気になる方はぜひご活用を。


まず住戸の玄関扉にときめきました♡ 玄関扉は共用部にあたるので、リノベーション工事で交換することができません。そのため、内装はせっかく素敵なのに玄関扉がちょっと…となったりすることも。なので、玄関扉が可愛いというのはうれしいですね。


そして1階に所在していることから得られる恩恵はふたつ。ひとつは緑で囲まれたテラスがふたつもあること。バルコニーでは味わえない “庭感” があり、テーブルセットやハンモックを置いたり、ガーデニングでさらに緑を豊かにしたり、夏にはお子さまの水遊びをしたりと、ご家族みんなの夢が膨らみます♪ ふたつめは下階への騒音を気にしなくていいこと。お子さまやペットの足音を朝も夜も気にすることなく、のびのびと暮らせるのはうれしいですね。


キッチンにサービスバルコニーが付いていたり、すべての水まわりに小窓があったり、1階なのにどの居室でも人目が気になりにくかったりと、かゆいところをさりげなくクリアしている優秀さもポイント。内見の際にはどうぞお見逃しなく。

writer:島村 麻美 / editor:外山 友香