山手線新駅近く “泉岳寺エリア”

写真

左上・ご紹介する物件の最寄り駅は、都営浅草線・京急本線「泉岳寺」です。「羽田空港」まで直通アクセスできるので、出張の多い方や旅行好きの方にうれしい場所。(徒歩6分)/右上・駅名の由来にもなっている「泉岳寺」のほか、歴史を感じられるお寺が多いのも特徴です。(300m 徒歩4分)/左下・豆大福が有名な和菓子屋「松島屋」。早いときは午前中で売り切れてしまうほど人気です。ご近所特権を活かして、ぜひ一度お召し上がりください!(800m 徒歩10分)/右下・日本料理店「泉岳寺門前 紋屋」では、富山の海の幸やコシヒカリを使った懐石料理をいただけます。毎週土曜日の夜には、和楽器の生演奏も行なっているそうです♪(350m 徒歩5分)

cowcamo

山手線の新駅開業地にほど近く、これから街が大きく変化していきそうなエリアです。どう変わっていくかを間近で見れるのは楽しみですね! そして「品川」駅まで徒歩14分なので、新幹線利用時にも便利な立地。お荷物が多い場合は、タクシーを手配すればすぐに到着するでしょう。

住宅街を歩き進み 高輪アドレスのマンションへ

写真

1989年に竣工した、総戸数5戸の小規模マンションです。建物は新耐震基準に適合しています。レンガのような二丁掛けタイル貼りの外観で、エントランス脇の植栽はピシッと美しくカットされています。

写真

左上・エントランスには階段があり、地下1階へと続いています。/右上・階段を下りた先には、オートロックの備わった扉が。写真左手の小窓の中は管理人室で、月・水・木・土曜日の8:00〜11:00に管理人さんがいらっしゃいます。/左下・オートロックを抜けた先にも階段が。こちらのマンションにはエレベーターが備わっていません。そのため、エレベーターのメンテナンス費用はかかりませんよ◎/右下・ご紹介する住戸は2階に所在しています。エントランスは地下にあるので、一度下ってから実質2.5階分を上りましょう。共用階段には天窓があり、上から太陽光が降り注いできていました。

売主さま

こちらのマンションでは、抱きかかえられる程度(体長60cm、体高40cm以内)の犬・猫の飼育が可能です。

それでは室内へ お邪魔します!

写真

左・スタイリッシュな大判タイルが敷かれた玄関。写真左手に窓があるおかげで自然光が廊下と玄関に届いて、さわやかな印象です。/右・大型のシューズボックスは、靴以外に生活用品をしまう場としても使えそう。

cowcamo

廊下がクランクしていて、玄関から室内が見えにくい造り。プライバシーが守られていていいですね◎

写真

左・廊下にはLDK、個室、水まわりへとつながる扉が並んでいます。右手前の折れ戸の中は……?/右・コンパクトな収納でした! 掃除道具やゴルフバッグなど趣味のグッズをしまうのにちょうどよさそう!

まずはLDKへ

写真

ガラスブロックと掃き出し窓から室内に、やわらかな光が注がれています。エアコンが埋め込みタイプなので、すっきりとした空間に感じられました。

写真

約17.8帖の広さで、一番高い部分で天井高が235cmほどあるため開放感◎ 住宅街にあって、ほか住戸と隣接していないからか、とても静かな印象を受けました。

キッチンを見てみましょう

写真

左・リビングダイニング(LD)とキッチンの床の間には段差があります。くすみカラーの面材で統一されたキッチンは、海外住宅にありそうなおしゃれさで気分が上がります。/右・シンクの横には、洗濯機置き場と冷蔵庫置き場が。

cowcamo

床の間に段差があるといっても、キッチンの天井高は205cmほどなので圧迫感はありませんでした。長身の方は現地でご確認くださいね。

写真

ご覧の通り、収納と作業スペースがたっぷりで使いやすそう。調理家電もたくさん置けそうですね。

売主さま

お料理好きな女性に気に入っていただけるよう、やわらかな印象のキッチンを設置しました。こちらの住戸の電圧は200ボルトまで対応可能なので、お持ちの調理家電もしっかり使えるかと思います。ガスコンロの下部には、簡易工事(別途費用)でオーブンレンジを入れることもできますよ。希望の方は、気軽にご相談くださいね。

cowcamo

奥の扉の先は給湯器置き場なため、日常的に開くことは少なそう。一時的な換気用として使いましょう◎ キッチンのデザインはお仕事を頑張る女性をターゲットとしたそうですが、男性の方にも合うシックな色味ですよ。

写真

シンクの前に立ってみました。ペンダントライトを取り付けたら、より自分好みの空間にできそうです。ライティングレールにグリーン吊り下げるのもよさそう♡

売主さま

室内に置いてある家具は、暮らしを想像していただくためのディスプレイ品です。

南西向きのバルコニーへ

写真

正面には別のマンションが建っているため、眺望に抜けはありません。バルコニーがこちら側を向いているので、窓にはレースカーテンのご用意があるとよさそうです。

cowcamo

近くで新築マンションを建設中のため、外に出ると工事音は聞こえましたが、基本的に人通りは少ないので、とても落ち着いた環境だと思います。

写真

バルコニーは、幅・奥行きともにこぢんまりサイズ。個人的な推しポイントは、タイル貼りの床。ツルっとしたものよりも重厚感があって好きです。

LDKに戻ってきました

写真

キッチンに色味はあるものの、全体的にシンプルな内装なので、どんな家具とも相性がよさそう。フローリングにはオーク材を採用していて、木目の表情が豊かなところも素敵です。

廊下に出て 個室へ向かいます

写真

約6.6帖の洋室には、バルコニーと同じ南西向きの腰高窓があります。眺望もほとんど同じです。

写真

壁一面には大容量のクローゼットが備わっていて、中はこんな感じ。収納の真ん中に仕切りの壁が立っているので、季節ごとにお洋服を分けたり、アイテムごとにしまったりと収納しやすそう。

ホテルライクな水まわりへ

写真

廊下にある扉を開けてびっくり! 水まわりは洗面室、トイレ、バスルームが一体となった3in1タイプです。真っ白なタイルは形に大小あって可愛らしい。

写真

左・お風呂は洋画にでも出てきそうな雰囲気。照明が控えめなのでリラックス気分を誘います。現在シャワーが付いていませんが、2019年9月下旬を目処に設置される予定ですのでご心配なく!/右・トイレと洗面台も、どこか海外のホテルのような印象。洗面台には拡大鏡も付いています。LED照明は自然光に近い色味とのことなので、お化粧時に便利ですね。

売主さま

バスルームは在来工法で、浴槽は既存のものに塗装を施しています。トイレと洗面台は新規交換しており、タイルも新たに貼っていますよ。

cowcamo

バスルーム&サニタリースペースの中心には、物干し用のワイヤーが通っています! 加えて、浴室乾燥暖房機も備わっているのでお天気に左右されず洗濯物を干せますよ◎

最後に……

写真

エントランス左手へまわると、駐車・駐輪場があります。駐車場は月額40,000円で利用可能(2019年9月時点)、駐輪場は1台分を無償で使えるそうです。

周辺を散策!

写真

左上・「BOULANGERIE SEIJI ASAKURA(ブーランジェリー セイジ アサクラ)」には、パリで修行を積んだオーナーシェフが作るパンを求めて多くのひとが訪れます。(350m 徒歩5分)/右上・絶えず行列ができている人気洋菓子店「PATISSERIE RYOCO(パティスリーリョーコ)」も近くに。こちらで手土産を用意すれば、きっと喜ばれるはず!(400m 徒歩5分)/左下・「白金台」方面へ歩くと、結婚式場として有名な「八芳園」が。中に入っている「Thrush Cafe(スラッシュカフェ)」では朝食からディナーまで楽しめます。緑に囲まれ、気持ちいいですよ!(800m 徒歩10分)/右下・最寄りのスーパー「リンコス 高輪店」。品質のよさが評判で、うれしい24時間営業です。(350m 徒歩5分)

cowcamo

「高輪台」駅までは徒歩11分、「白金高輪」駅までは徒歩13分、「白金台」駅へは徒歩14分。休日はプラチナ通りをお散歩するのも楽しそうですね。

cowcamo

カウカモ編集部より

40年ぶりのJR山手線・新駅開業予定地にほど近い「泉岳寺」。2020年春に向けて新駅を含めた周辺の開発はどんどん進んでいて、オフィスや商業施設が入ることでより賑わい、便利になることでしょう。これから起こるであろう、街の変化が楽しみなエリアですね。


ご紹介するマンションの住所としては “港区高輪” アドレスで、「品川」駅や「白金台」駅も徒歩圏内。「泉岳寺」から「羽田空港」まで、京急本線エアポート急行で直通アクセス。国内外へ出張の多い方、ご旅行好きの方には頼もしい立地だと思います。そして、駅名の由来となっている「泉岳寺」はもちろん、それ以外にも立派な寺院が点在しており、歴史を感じられる場所でもあります。


「泉岳寺」駅から歩くこと6分で、目的のマンションに到着。落ち着いた住宅街の中を歩くので、行きは少々遠く感じましたが、道を覚えた帰りはあっという間。道幅は狭いものの、道中にはお屋敷のような戸建てが多く、穏やかな環境です。


総戸数5戸と小規模なマンションは、平成元年生まれで新耐震基準に適合しています。戸数が少ないため、月々の共益費は広さに対してはやや高めですが、今後の修繕を考えると修繕積立金はもう少し上がっても妥当な印象です。エレベーターがないため階段利用となりますが、その分のメンテナンス費用がかからないのはメリット。

専有面積約58㎡の住戸は1LDKの間取り。ゆったりとしたLDKに、デザイン性の高いキッチンが魅力的です。廊下の窓やガラスブロックから室内に優しく光が差し込んでいて、いい雰囲気。ただ、壁式構造なため、大きな間取り変更はできませんのでその点ご留意ください。


洗面室・トイレ・お風呂が一体の仕様は好みが分かれそうですが、海外ホテルのような雰囲気で素敵でした。海外での暮らしが長い方やホテルライクなデザインを好む方であれば、むしろなかなか出会えないデザインでうれしいポイントかも? “空の便” にも近いので、地方や海外との二拠点居住地に使うのもありえそうな住まいです。お仕事の都合などで東京にはよく来るけれど、ホテル暮らしに飽きた方、セカンドハウスとして東京にも拠点を持ちたい方にもオススメ。


立地のおかげか、ほか住戸と隣接していない(共用階段を挟む)ためか、住戸内はとても静かでした。天井が高く感じられたので、気持ちよく過ごせそうなのもポイント。気になった方はぜひ現地を訪れてみてください。お問い合わせ、お待ちしております。

writer / editor:平野 翔子