ほっこり度高め 「雑司が谷」

写真

左上・最寄りは東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅。なんと駅から今回ご紹介するマンションまでは、徒歩1分という近さです!/右上・メロンパンが有名な「アルテリア・ベーカリー 雑司が谷店」。バニラアイスを挟んだ “メロンパンアイス” が看板メニュー。平日も賑わう人気店です。(290m 徒歩4分)/左下・鬼子母神堂へ向かう参道に佇む「キアズマ珈琲」。レトロな長屋を改装してつくられた喫茶店です。(480m 徒歩6分)/右下・安産・育児の神様「鬼子母神堂」。桜の名所としても知られています。(600m 徒歩8分)

cowcamo

副都心線は東急東横線と直通しており、渋谷はもちろん横浜や埼玉方面にも一本で出ることができます。また、徒歩1分の場所にある「鬼子母神前」バス停からは「新宿」方面へ向かうバスも出ているので、交通アクセスは良好ですよ。2019年8月現在駐車場に空きはありませんが、駐輪場には空きがあり月額600円で利用することができます。

貫禄のある佇まい

写真

マンションは、「雑司ヶ谷」駅3番出口から見える距離に建っています。この先には、「のぞき坂」という急な坂がありますが、マンションが建つのはその手前なのでセーフ!(笑)地下1階付き地上8階建て、総戸数159戸のビッグコミュニティです。

写真

左上・エントランスの前には、立派な木が植わっていますよ。植栽の緑が美しいですね。/右上・ゆったりとしたアプローチを進みます。/左下・外観はノスタルジックでしたが、中に入ると一気にホテルライクな雰囲気に。壁一面の窓の外には、共用庭を望めます。突き当たりにある管理人室には平日の9:00〜17:00、土曜日の9:00〜12:00に管理人さんがいらっしゃいます。また、夜間はオートロックになるので、セキュリティ面への配慮がしっかりとなされていますね。右下・エレベーターは2基完備。

売主さま

2019年8月現在築37年のマンションです。2007年大規模修繕工事、2019年には排水管更新工事が行われるなど、適宜メンテナンスがなされていますよ。 現在マンション全体で修繕積立金が約3億円ほど貯まっています。

cowcamo

駅から近いのに、マンションのまわりは驚くほど静かでした。エレベーター前には、マンションの給排水管工事の進行表やマンション内で行われている会合のお知らせなどが綺麗に貼られており、丁寧に管理されていることが伝わってきました◎ 宅配ボックスが完備されているのもうれしいポイント!

写真

左・住戸が所在する3階に上がってきました。扉は新しいものに交換されています。/右・玄関ホールには、フロートタイプの下足入れが備わっています。その下部に付いている照明が、足元を明るく照らしてくれていますね。正面の扉がLDKにつながっています。

約16帖のLDK

写真

LDKは東向き。入って左側には、オープンキッチンが配されており、北側の壁の上部にはピクチャーレールが備わっています。

写真

左・キッチン背面のスペースは広めに確保されているので、食器棚や家電用の棚などを置いても、窮屈にならなそう。/右・シンクの前で横を向くと、洋室Aの中をうかがえます。お子さまが小さいうちはプレイスペースに、小学校にあがったら勉強部屋とするとよさそうですね。

約4帖の洋室A

写真

こちらには窓がありませんが、おひとり分の荷物をしまえる大きさのクローゼットが付いているので、個室として使うこともできますよ。

cowcamo

子ども部屋はお子さまが小さく目を離したくないうちはこちらを、大きくなったら廊下に面している洋室Cを使うといいかもしれません。洋室Aの室内からキッチンやLDが見えるので、お子さまも安心して過ごせそう◎

写真

キッチンの前からリビングダイニング(LD)を見たところ。LDKは洋室Bにも隣接しており、引き戸で仕切ることもできます。窓が大きく開放的ですね◎ では、バルコニーに出てみましょう!

緑が添えられた眺望

写真

正面に建っているのが低層の建物であるのに加え、マンションの敷地を挟んで十分な距離が取れているので、空を眺められますね。右を向くと、共用庭に植わっている立派なイチョウの木が見えます。

写真

バルコニーはふた部屋分の幅があります。東向きなので、撮影をした午前中は特に日当たりがよかったですよ。手すりには、目隠しパネルが設置されています。

室内に戻ってきました

写真

引き戸を開け放っておくと、約21.2帖になります。

写真

洋室BからLDKの方を見たところ。壁一面にクローゼットが備わっています。

引き戸を閉めると

写真

洋室Bだけで、広さは約5.3帖。掃き出し窓に面しているので、引き戸を閉めても日当たりと明るさは十分確保できていますね。

閉めた状態でLDKから

写真

LDKには、4人掛けのダイニングテーブルとソファセットをゆったりと置けそうです。ダークブラウンとホワイトを用いたシンプルな内装なので、どんなテイストの家具でもしっくり馴染みそうですね。

廊下に戻り

写真

左・LDKを出て廊下を見たところ。写真左側の壁面には、収納が備わっています。/右・その手前の扉の先は、トイレ。シックなグレーのクロスが貼られ、落ち着いた空間。吊り戸棚付きです。

約6.7帖の洋室C

写真

左・西向きで共用廊下に面していますが、陽の光はほどよく差し込んでいますね。写真では見えにくいですが、窓の外には格子が備わっており、防犯面での配慮がされています。綺麗な長方形なので、家具のレイアウトがしやすそう。/右・大きなクローゼットが備わっています。ちなみに洋室Bのクローゼットもこちらと同じサイズですよ。

最後に水まわりをチェック

写真

左・洗面化粧台は、ナチュラルブラウンでシンプル。洗濯機置き場の上部にも、吊り戸棚が備わっています。トイレと同じシックなグレーのクロスが貼られています。/右・浴室乾燥機能付きのバスルーム。ふたつのスクエア型の照明のおかげで、とても明るい!

「目白」だって徒歩圏内

写真

左上・マンションは、こちらの緑豊かな上品な「学習院大学」(1.0km 徒歩13分)と「日本女子大学」(600m 徒歩8分)の中間あたりに立地しています。落ち着いた雰囲気は、学校のおかげかも。/右上・本場フランスで修行をしたシェフが腕をふるうフレンチレストラン「Brasserie La・mujica(ブラッスリー ラ・ムジカ)」。アルザス地方の四角いピザ “タルトフランベ” など、南仏を中心にした地方色豊かな料理をいただけます。(880m 徒歩11分)/左下・最寄りのスーパーは「マルエツプチ雑司ヶ谷二丁目店」。8〜22時まで営業しています。(100m 徒歩2分)/右下・JR山手線「目白」駅も徒歩11分で利用可能。通勤や通学に便利に使い分けできますね。

cowcamo

カウカモ編集部より

実は私がこのマンションに訪れるのは、今回で2回目。『やっぱりいいマンションだな〜』と思いながら、共用部を歩いて、住戸へ向かいました。外観は少しノスタルジックな雰囲気ですが、中に入るとレトロな高級感を感じられます。玄関扉や窓サッシが新しいものに交換されていたり、マンションの至るところに手づくりの掲示物が貼られていたりと、しっかり丁寧に管理され、快適に暮らせるようにメンテナンスされていることがわかりました。


そして、立地もいいんです。横浜や渋谷に出れる副都心線「雑司ヶ谷」駅からたったの徒歩1分。3番出口から出て、道路の向こうにマンションが見える近さです。副都心線は東急東横線と直通運転を実施しているので、「渋谷」「新宿三丁目」「池袋」に一本で出れます。加えて、埼玉や横浜方面へも乗換なしで出られるので、そちらの方にご実家がある方であれば、より便利に感じるのではないでしょうか◎ ちなみに、「雑司ヶ谷」駅は副都心線の駅の中でもっとも乗降者数が少ないそう


このあたりは「鬼子母神堂」から漂う古きよき雰囲気と、由緒正しい大学から発される上品さが交差しています。こぢんまりとしたカフェやレストランも多く、散策を楽しめるエリアでもありますよ。


住戸の専有面積は約72㎡で、間取りは3LDK。キッチンや水まわり含め、どこも広さがゆったりと確保されています。収納は各個室に加え、廊下にも! 洋室Aを個室として使ってもすっきりと暮らせそうですし、もし個室が足りていればワークスペースや納戸してもよさそう。間取りも内装もシンプルで、居室は長方形なので、お好きな家具を置きやすいかと思います。


のんびりとマイペースに過ごす舞台には、安定感が欲しいし、自由に使える方がいい。そんなことを考えているファミリーさんや、これからお子さまが生まれる未来を描いているおふたりにも、しっくり馴染める物件です。気になる方はお早めにお問い合わせくださいね。

writer / editor:外山 友香