売主さまのご紹介

写真

Kさまご家族

共に大学の建築学科を卒業し、オフィス家具・什器を開発・販売する専門商社にお勤めのご夫婦。2013年に、“住む人のこだわりを反映できるシンプルなプランニング” と謳(うた)われたリノベーション物件を購入されました。おふたりで住み始め、その後生まれたお子さまが3歳になったため、もう少し広いところへとお住み替えを決められました。

“高井戸エリア” のご紹介

写真

左上・京王井の頭線「高井戸」駅は「渋谷」駅まで乗車時間約14分、「吉祥寺」まで乗車時間約7分とアクセス良好◎ 駅直結の商業施設「京王リトナード高井戸」には、カフェや書店、「杉並区役所 高井戸区民事務所」などが入っています。(徒歩9分)/右上・帰宅前にちょっと一杯♪ なんて気分のときには、駅前にある「wine bar SORA(ワインバーソラ)」がオススメです。入店したらお店専用のコインを買い、お代はそのコインで支払うという粋なシステム。(750m 徒歩8分)/左下・日々のお買い物には、スーパー「オオゼキ 高井戸店」が便利でしょう。同じ建物には天然温泉「美しの湯」も入っているので、お仕事帰り、大きなお風呂にドボンして、夕食を買って帰るというコースもいいですね◎(550m 徒歩7分)/右下・スーパーの中には、行列のできる店として有名な「梅丘寿司の美登利総本店 高井戸店」がありますよ。ちょっと贅沢(ぜいたく)したい日にどうぞ♡(550m 徒歩7分)

交差点の角地に どっしり構える建物

写真

駅からは環八通り沿いをまっすぐ進み、歩くこと9分。スーパーやコンビニがあるフラットな道のりです。マンションの外観は存在感のある赤茶色のタイル貼りで、1974年築の地上9階建て・総戸数99戸のビッグコミュニティ。

cowcamo

マンションの1階にはドラッグストア「スギ薬局 高井戸店」が入っています。かさばるトイレットペーパーや重たい洗剤類はもちろん、急に無くなるサランラップなどをサクッと買いにいけるのは、便利◎

Kさま

通勤にはJR中央線の「荻窪」駅を利用していました。自転車に乗って10分くらいで、雨の日には環八通り沿いにあるバス停「日本年金機構入口」(徒歩1分)からバスに乗車するのがオススメ。また、五日市街道沿いにあるバス停「宮前一丁目」(徒歩2分)には「吉祥寺」行きのバスが発着しているので、休日のお買い物やお出かけに便利ですよ。

写真

左上・エントランスは環八通りに面していますが、タイル貼りのゆとりあるアプローチが続いていて、歩道からは少し奥まっています。/右上・広々とした共用ロビー。左手の管理人室には、平日9:00〜17:00と土曜日の9:00〜12:00に管理人さんが勤務されています。/左下・共用ロビーの奥にある扉の先には、駐車場と駐輪場が。2019年11月現在、駐車場(月額25,000円)には1台分と、駐輪場(年額6,000円)には数台分の空きがあるそうです。ただし、空き状況には変動がありますので、利用を希望の際はご相談ください。/右下・共用ロビーに戻り、エレベーターで上階へ。総戸数99戸と大規模ですが、エレベーターが2基あるので、待ち時間は短縮できそう。壁も床もタイルの風合いが素敵です。

写真

左上・こちらは屋上にある共用の物干し場。エレベーターで最上階の9階まで行き、そのあとに階段を上ると到着します。/右上・ご紹介する住戸が所在するのは6階。エレベーターを降りると、ご覧のように開放感のある共用廊下が。/左下・建物は吹き抜けのあるコの字型の造りです。/右下・優しい色味の可愛らしい玄関扉。共用部は隅々まで綺麗に保たれており、管理のよさがうかがえます。

cowcamo

共用の物干し場のある屋上は、とても見晴らしがよく、気持ちのいい場所です。「西側には富士山を拝めるよ!」と、ご丁寧に管理人さんが教えてくれましたよ◎

Kさま

シーツや布団などの大物を干す際に、屋上の物干し場はとても助かりました。また、ゴミをいつでも出せるのも助かりましたね。管理人さんがしっかりされていて、住んでいる間はとてもよくしてくださいましたよ。

いよいよお待ちかねの住戸へ

写真

左・玄関ドアを開けると雰囲気は一変。正面の窓から陽の光がたっぷり注がれる、明るくモダンな空間が広がります。/右・白く塗られた板貼りの壁、半透明のガラス引き戸など、テクスチャーの掛け合わせが絶妙で期待が膨らみます! 天井まで高さのある下足入れが実用的◎

さっそくLDKから

写真

LDKは西向きで、約17.5帖の広さ。窓が大きく横長の間取りなので、室内からも空の広さや青さが感じられます。

写真

窓側から振り返るとこんな様子。LDKと廊下の間に扉はなく、廊下からひと続きの空間として使えるそうです。

Kさま

廊下にも絵や花を飾ったり、木板の壁にフックを付けて小物を吊るしたり、リビングスペースの延長のようにして暮らしていました。

続いて キッチンを見てみましょう

写真

左・スッキリとしたデザインをしたII型。コンパクトながら収納力はあります!/ 右・白で統一されており、写真だと分かりにくいですが、上部の吊り戸棚が開きます。また、食洗機も備わっていますよ。

cowcamo

調理グッズを吊れるバーが、あちこちに備わっていて便利そうですね。 シンクの右側が冷蔵庫置き場で、その横のスペースには調理家電用のラックなどを置く余裕がありますよ。

写真

コンロ横のカウンター前に立ってみました。お料理をしながら、リビングスペースでくつろぐご家族の様子を見渡せます。会話も弾むいい距離感♪

バルコニーに出てみましょう!

写真

前面に背の高い建物はなく、ご覧の通り抜けのある景色が広がります。奥には「富士山」の頭がチラリ!  バルコニーは環八通りと反対側にあるので、走行音などはほとんど気になりませんでした。

Kさま

マンションの北側を通る五日市街道とも距離が取れているので、室内でもバルコニーでも騒音などは特に気になりませんでしたよ。

写真

ウッドデッキが敷かれた、奥行きのあるバルコニーです! 外気が気持ちのいい季節には窓を開け放って、リビングダイニング(LD)の延長としてお使いいただくのもオススメです。

cowcamo

バルコニーに出てすぐの庇部分は、高さ約184cmと少々低めです。気になる方は内覧の際にお確かめください。ただ、この庇のお陰でどこか落ち着く雰囲気なのです。

Kさま

周囲を囲むようにグリーンを並べて、アウトドアチェア2脚と小さなスツールをテーブル代わりにセッティング。ビール片手にまったりしたり、読書を楽しんだりと過ごす時間は、どこか非日常感があり、自宅に居ながらショートトリップ気分を味わえます。実用的な面では、バルコニーに水栓が備わっているので、ホースをつなげば水やりもスムーズですよ。

室内へ戻って

写真

キッチン横に小さなダイニングセットを置けば、お料理のサーブもしやすそうですね。スッキリと揃えるなら長方形もいいですが、丸テーブなども似合う気がします。

続いてリビングスペースへ

写真

ズラリと並ぶ収納棚、さて何を置きましょうか? 本やレコードなどのコレクションをギッシリ詰めて並べるもよし、お気に入りのアイテムをゆとりを持たせて飾るもよし、まさに売主さまの心を射止めた “住む人のこだわりを反映できるシンプルなプランニング” ですね。

cowcamo

見える収納だけでなく、ちゃんと上部には扉の付いた収納があるのが◎ 自宅には見栄えはせずとも、必要な物がありますからね(笑)

Kさま

元々、右手のオープン棚はホワイトシェルフだったのですが、より自分たちらしい空間になるよう、DIYで無垢材の板に付け替えたんです。

写真

足触りのいい、飴色に輝く無垢フローリング。数年の歳月を経て、より風合いが増しています。

写真

『ソファはどの向きかな?』と、想像されましたか? “リビングスペースにはソファ” という固定概念がありますよね(笑)ところが、売主さまにお話をうかがうと……

Kさま

ソファを置くと空間が狭くなるので、あえて置きませんでした。ラグを敷いた “地べた生活” はすべてに手が届いて便利。来客の際も少し詰めれば座るスペースを確保できるし、距離が近くなることで親近感も湧きますよ◎

cowcamo

なるほど、それはいいですね!

玄関横の寝室へ

写真

東向きの共用廊下に面する、約6帖の洋室です。朝日がたっぷり注がれ、心地よく目覚められそうですね。

写真

壁一面には大きな扉が4枚並ぶ、ウォークインクローゼット(WIC)が備わっています。

写真

左・扉は中央からも左右からも開閉可能。枕棚上部にもしっかり収納できそうなスペースがあります。/右・ご家族の衣類はもちろん、スーツケースや季節家電などのビッグアイテムもしまえそうです。

Kさま

WICは布団なども含めて、本当にあれこれ詰め込めて重宝しました!

最後に水まわりを見てみましょう

写真

左・洗練された印象の洗面台。住戸全体で統一感がありますね。洗濯機置き場の上部の棚も便利に活用できそう。/中央・洗面台左手の引き戸を開けると、タンクレス式のトイレがあります。電球型のシルエットが浮かぶ照明器具がチャーミング!/右・バスルームは比較的コンパクトなサイズです。明かり採りの窓があるのはうれしいですね◎

もう少し周辺を散策!

写真

左上・住宅街に佇む、倉庫みたいな外観をしたインテリアショップ&カフェ「DD26(ディーディーニジュウロク)」。天井が高くてゆったりとした店内と、コスパの高いランチが評判です◎(280m 徒歩4分)/右上・美味しいイタリアンが食べたくなったら「BOLOTI(ボロッティ)」へGO! 生パスタでいただく有機野菜たっぷりのミートソースが特に絶品です♡(300m 徒歩4分)/左下・休日にはお散歩がてら、神田川沿いに佇むカフェ「白兎珈琲店」に訪れるのはいかがでしょうか。ネルドリップの本格コーヒーと素朴なスイーツに癒されますよ。(550m 徒歩7分)/右下・帰宅前にちょいと一杯♪ “今日はビール!” な気分の日には、ぜひ「CRAFTBEER HOUSE KIWI(クラフトビアハウス キーウィ)」へ! ほぼ週替わりのクラフトビールと、そそるおつまみが揃っています。あいにくオープン前の撮影で雰囲気がわかりづらいのが残念です……。(550m 徒歩7分)

Kさま

マンションの隣にある中華料理店「高井戸麻婆TABLE」が安くて美味しいので、よく訪れていました。ぜひ内覧の帰りにでも行ってみてください!(30m 徒歩1分)

cowcamo

カウカモ編集部より

最寄り駅「高井戸」を走る京王井の頭線は、「渋谷・下北沢・吉祥寺」と賑やかな楽しい街を結びつつ、各駅間の距離も総距離も短い路線。ラッシュ時を除けば、どこかのんびりムードが漂っているのが魅力です。


以前「高井戸」駅の南側にある物件を取材した際、駅から離れた住宅街にも隠れ家的な個人店が点在していて、面白い街だと思いましたが、今回ご紹介するマンションのある北側も同様ですね。カフェ「DD26(ディーディーニジュウロク)」は、休日に再訪したいと思います。そして、天然温泉「美しの湯」も気になりますよね(笑)

通勤の経路によっては、売主さまのように「荻窪」駅を日常使いするのも手でしょう。「荻窪」駅には駐輪場が充実しているとおっしゃっていました。東京メトロ丸ノ内線も使えますしね。


物件の近くから、「吉祥寺」行きのバスが出ているのもうれしいですね。 両手いっぱいのお買い物をしても、始発の「吉祥寺」からバスに乗り込み、マンションから徒歩2分のバス停で下車なら楽々♪ また、お車をお持ちの方なら、首都高速が近いのも利点でしょう。


建物は1974年に竣工していて、2016年に大規模修繕工事を実施済み、2013年には屋上防水修繕工事や鉄部塗装修繕工事を行なっています。耐震診断も実施済みで、その結果を踏まえて耐震補強工事を検討しているようです。


現地を訪れると、長年大切に管理されてきた建物であることが分かるでしょう。それでいて、共益費が控えめなのは、ビッグコミュニティならではの恩恵ですね。


6年前に売主さまがこちらの物件を購入したとき、 “適度なリノベーションと、自分たち色に染められるシンプルな内装” が決め手となったそうです。その後DIYされた無垢材のシェルフや、歳月を経てより風合いが増した飴色の無垢フローリングなど、さらに魅力がプラスされています。

また、内装は白を基調としているので、木板や水まわりなどに多少の使用感はありますが、売主さまのように現状をベースとし、追加で手を加えるのもよさそうですね。自分たち色に染める楽しさがあるとも捉えられるでしょう。

脱・賃貸! や、おふたり暮らしの新生活として、お値段的にもほどよいのではないでしょうか。気になった方は、ぜひお早めにお問い合わせください!

writer:西湖 望 / editor:平野 翔子