売主さまのご紹介

写真

売主さま

ご夫婦・元気な兄妹の4人ご家族。2010年の12月に中古物件を購入し、設計事務所に依頼してリノベーション工事をされました。今回はお仕事の都合でお引越しをされるとのこと。

のどかな光景にほっこり♪ 「上町」駅からスタート

写真

左上・最寄りは、二両編成の可愛らしい路面電車が発着する東急世田谷線の「上町」駅。(徒歩8分)/右上・上町を訪れたらぜひ立ち寄って欲しいのが、手作り台湾肉まんのテイクアウト専門店「鹿港(ルーガン)」。取材の際も行列ができていて、売り切れ寸前でありつけました。(750m 徒歩10分)/左下・駅前には、大型スーパーの「オオゼキ 上町店」が。お仕事帰りのお買い物はこちらが便利です。(650m 徒歩9分)/右下・改札を出たら、片側一車線の世田谷通りを進みます。こちらは、道中で発見したグラノーラ専門店GANORI(ガノリ)。体に優しいカスタマイズグラノーラが作れるお店です。(230m 徒歩3分)

敷地内に公園がある タイル張りのマンション

写真

世田谷通りから静かな生活道路へ入ったところで、清楚なタイル張りのマンションに到着。1985年に竣工した新耐震基準の建物です。地下1階付き地上6階建てで、総戸数は57戸。敷地内には小さな公園があります。

売主さま

マンションにはファミリーで住まわれている住人が多くて安心感がありました。ちなみに、ここから徒歩2分の場所には「渋谷」方面行きのバスが発着するバス停があって、本数も多いので意外とお出かけも便利なんですよ。

写真

左上・オープンなエントランスですが、右手に管理人室の小窓があり、監視カメラも各所に設置されていて安心感があります。/右上・中庭の部分には駐輪場が。屋根なし部分は年額3,000円で利用ができますよ(空き区画あり)。/左下・もともとはエレベーターの機械室だった部屋が、現在は宅配ボックスルームとして利用されていました。/右下・エレベーターで3階へ。廊下を進んだ角にご紹介する住戸の玄関ドアがあります。

cowcamo

住み込みの管理人さんが日曜日を除く週6日間勤務されている、手厚い管理体制◎ 2010年にエレベーターの更新工事が実施されていて、2016年には大規模修繕工事を実施済みです。住人のニーズに合わせて設備の変更や追加がなされているのも好印象ですね。長期修繕計画によれば、今後積立金の不足が発生することはなさそう。

それでは お邪魔します!

写真

左・玄関ドアを開けると、短い廊下と、明るい光が射し込んでいるLDKが現れました。左手壁面には収納が2箇所あり、右手には洗面脱衣室につながるドアが。/右・振り返って玄関側を見たところ。壁にある照明スイッチは、調光機能付きです。

合計約19帖の 広々としたLDK!

写真

こちらの住戸の間取りはワンルーム。キッチンがLDKの中央部分にあり、その左右にダイニングスペースとリビングスペースが位置しています。まずは右手のダイニングスペースを拝見。

写真

ダイニングスペースは約6帖の広さで、4人掛けのテーブル&チェアがぴったり。少し見づらいですが、出窓の右手にはワークスペースが設けられています。窓の外の景色は……?

写真

先ほどの公園を眼下に望む、なんとも心落ち着く眺望。こちらは北向きになります。なお、出窓の部分は結露の影響で少し傷んでおり、リペアが必要そう。

写真

ダイニングスペースからリビングスペース側を見たところ。抜け感があっていいですね! 奥へ進みましょう。

約9帖のリビングスペース

写真

無垢材フローリングの表情が優しい印象を醸しています。右手に見える折れ戸は押入れのもの。奥行きが深く大容量で、大きな布団もしまえるそう。天袋部分の内側も効率的に使えるように、棚が備わっています。

売主さま

リビングを広く使うために、場所を取るソファやテレビボードは置かずに、ビーズクッションで “床に座る” 生活をしていました。左手の壁面には下地を入れてあるので、好きな位置にテレビを壁掛け設置することができますよ。

写真

別の角度からもう一枚。実は左手のドア内部も広いウォークインクローゼット(WIC)になっていて、衣類をたっぷりとしまえるよう、ハンガーパイプが備わっています。壁掛けテレビの右手に見える開口は寝室につながっています。

写真

クイーンサイズのベッドがすっぽりと収まる約3帖の寝室。二段ベッドの部分はお子さま用に追加したもので、撤去することが可能です。続いて、掃き出し窓からバルコニーへ。

写真

建物にやや囲われていますが、南向きで日当たりは◎

写真

十分な幅があり、一度にたくさんの洗濯物が干せそうです。

売主さま

南北の窓を開けると風通しがとってもよくて、気持ちよく過ごせます。夏場もよく窓を開けていましたよ。

ふたたび室内へ

写真

抜け感があって、ファミリーで住む場合にはいつでも家族と会話ができますね。フローリングは無垢のパイン材なので、傷んだ部分はヤスリがけしてリペアできるそう。

機能的なキッチン

写真

左・こちらはリビング側にあるカウンター。造作カウンターの下部には、すっぽりと無印良品製のユニットシェルフが収まっています。/右・キッチンは、本体部分は既存のものを利用し、コンロ部分を新品に交換したのだそう。

キッチンの奥にも バルコニーが!

写真

玄関ドアを開けた際の光は、ここから入っていたんですね! コンパクトなスペースですが、生ゴミを一時的に出しておくなど便利に使えそう。眺望はダイニング側の出窓と同様です。

最後に水まわりをチェック!

写真

左・シンプルな洗面脱衣室。写真には写っていませんが、洗濯機置き場の横に収納棚が備わっています。中央のドアはトイレの入り口。/中央・トイレは換気ができる窓付き◎/右・こちらのバスルームにも窓が備わっています。

cowcamo

お風呂に関しては、既存のユニットバスをそのまま利用しているそう。リノベーションから9年ほど経っていることもあって、やや使用感のある部分もあります。手直しが必要かどうかは、現地にてご確認くださいね。なお、こちらの住戸では現在売主さまがお住いになっているので、ご内見の日程を調整させていただくことがあります。

まだまだあります 街のイイトコロ

写真

左上・徒歩7分(550m)のところには、遊具のある「弦巻公園」が。ほかにも、リニューアル工事中の「馬事公苑」(800m 徒歩10分)や「砧公園」(2km 徒歩25分)など、自転車の行動圏内にはいくつもの大きな公園があります。/右上・マンションのほど近くにあるイタリアンレストラン「カカポ」。こだわりの生麺パスタが評判だそう。(200m 徒歩3分)/左下・「スパイスマジック 世田谷上町店」は、テイクアウトもOKな本格派のインド北部カレー屋さん。かのチャンピオンを争うテレビ番組で優勝したカレー職人さんが営んでいます。(210m 徒歩3分)/右下・付近に大型スーパーが多いのも特徴。こちらは徒歩4分(300m)のところにある「サミットストア 桜店」。

cowcamo

カウカモ編集部より

ガタゴト、ガタゴト……と可愛らしい路面電車が発着する東急世田谷線「上町」駅。周辺には閑静な住宅地が広がっていて、穏やかな表情の見られる街です。


かといって閑散としているわけではなく、通り沿いにはスモール&ナイスなお店が点在。駅近くにある「ボロ市通り」では年に2回、地域を挙げての「世田谷ボロ市」が開催され、大いに賑わいます。地域の結びつきが強い街って、いいですよね。


『交通利便性がよくないのでは?』とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、東急世田谷線では「三軒茶屋」や「下高井戸」までサクッと出ることができ、都心への通勤は意外と便利。また、今回ご紹介したマンションから徒歩2分の場所には、「渋谷」行きのバスが頻繁に発着するバス停があり、売主さまは日々活用していらっしゃるとのこと。


さて、住戸は9年ほど前に売主さまが取得してリノベーションを施した住まい。かつての間取りは南北にふたつの個室がある2LDKでしたが、採光や通風のよさといった三方角住戸のメリットを活かした、伸び伸びとしたワンルームに生まれ変わっています。


特徴的なのが、リビングスペースとダイニングスペースの中間にキッチンが位置していること。その存在によって、オープンでありながらゾーニングのハッキリとした、使いやすい導線が生まれています。

“寝るときにしか使わない” 寝室は、クイーンサイズのベッドがぴったりと収まるミニマムサイズ。南向きの窓側にあるため、爽やかに朝を迎えられそうです。もうひとつ特筆すべき点は、大容量の収納が二箇所に備わっていること。扉を閉めていると見た目にはわかりませんが、しっかりと収納容量が確保されているので、居室に置くモノを減らすことができているのだそうです。


ご留意いただきたいのは、リノベーションの実施から時間が経っていることもあって、一部の設備はそろそろ交換時期が来ていること。実用上は問題ないため、そのままでもお使いいただけますが、部分的に設備をリニューアルしたり、追加工事をしたりして、自分好みの仕様で住み継いでいく、というのはいかがでしょうか。


おひとりでゆったりとお住まいになることはもちろん、おふたりやご家族でも風通しよく暮らせる住戸です。ぜひ、現地を見にいらしてくださいね。

writer / editor:中山 宇宴