美味しいと便利が詰まった 「蒲田」へ!

写真

左上・今回ご紹介する物件の最寄り駅は「蒲田」。JR京浜東北線、東急多摩川線、東急池上線の3路線が乗り入れ、横浜方面や品川、東京などのオフィス街まで乗り換えなしでアクセス可能です!(徒歩10分)/右上・駅ビル「東急プラザ 蒲田」にある屋上庭園「かまたえん」。都内唯一の屋上観覧車は、街のランドマーク的存在。小さなお子さまが遊べる乗り物や遊具が揃っていて、夏はビヤガーデン、冬は牡蠣小屋も出るそうなので大人も楽しめますよ♪(750m 徒歩10分)/左下・「蒲田」と言えば “羽根付き餃子”! というイメージをお持ちの方も多いのでは? そんな餃子激戦区で、通も唸る人気店がこの「春香園(しゅんこうえん)」。溢れ出る肉汁をこぼさないように召し上がれ♪(800m 徒歩10分)/右下・実はこの街、とんかつ屋さんも激選区。「とんかつ 丸一」は超人気店なため、開店前から行列が……! ご近所特権を使って、ぜひ一度ご賞味ください。(900m 徒歩12分)

cowcamo

駅には「GRANDUO(グランデュオ)蒲田」と「東急プラザ 蒲田」のふたつの商業施設が直結していて便利です。

目的地に到着!

写真

1984年、新耐震基準に基づいて建てられた地上14階建てのマンションです。総戸数296戸のビッグコミュニティ!

cowcamo

駅周辺には飲食店が点在していて賑やかですが、呑川を超えたあたりから住宅が増え、小学校や中学校もある落ち着いた環境へと変化していきます。こちらのマンションでは、犬や猫の小動物(犬・猫は体高40cm・体重20kg以下、いずれか1匹まで)と一緒にお住まいいただけますよ。

写真

左上・エントランス手前の左手には、住民以外の方も利用できる小さな公園があります。お子さまやペットと遠出せずとも遊べるのはうれしいですね。/右上・同じくエントランス手前の右手には駐輪場があります。カゴやチャイルドシートの付いた自転車が多く駐められていました。防犯カメラが設置されているのも◎/左下・こちらがエントランス。昼間は照明が点いていなかったので少々暗く感じましたが、住民の方の出入りが頻繁にあり、挨拶も交わされていましたよ。/右下・建物内に入ってみましょう。中央奥に見えるのが管理人室、右手の壁の裏側には集合ポストが設置されています。管理人さんは住込みで、窓口には平日の8:00〜17:00、土曜日の8:00〜12:00にいらっしゃいます。

売主さま

総戸数が多いので、月々の共益費が抑えられていながら、管理体制がしっかりしたマンションです。管理人さんは住人に親切で、外部に厳しい方なので、安心してお住まいいただけると思いますよ。

写真

広い敷地面積を持つマンションなので、メインエントランス以外にも入り口があります。駅からご紹介する住戸へは、メインエントランスを通らず、建物西側にある通路を通るのが近道!

cowcamo

西側のエントランス近くにもエレベーターがあるので、スーツケースをお持ちであったり、ベビーカーでお出掛けしたりする際もスムーズに出入りできますよ。

新しいけど懐かしい色と 素材のハーモニー

写真

左・ご紹介する住戸が所在するのは2階。平置きの駐車場に面する外廊下仕様で、玄関扉は共用階段のすぐ近くに位置しています。/右・玄関扉を開けると、シックでどこか落ち着く空間が。玄関から廊下にかけての床は、ヴィンテージ感のあるタイル敷きです。

売主さま

こちらの住戸のテーマは “マンションに合う内装” 。専有部分は給排水管の更新を含めフルリノベーションしていて、真鍮(しんちゅう)のドアノブや木製の建具など素材感のある部材を使ったり、馴染む色合いでまとめたりすることで、マンションから室内に入ったときの違和感がないように仕上げています。

cowcamo

売主さまのお言葉がしっくりくる、新しいのに落ち着く空間ですよ。ぜひ現地でご体感くださいね。

写真

左・真っ白な下足入れは天井いっぱいの高さがあり、中には可動棚が備わっています。素材感のある建具やタイルの邪魔にならないよう、壁に溶け込むようなデザインです。/右・廊下を進むと、LDKにつながる扉の前に、掃除道具などをしまうのに便利そうな収納がありますよ。

売主さま

廊下の収納内部は、現在備わっている枕棚を外して、可動式の棚に変更予定です。

まずは廊下突き当たりの LDKへ

写真

LDKは西向きのバルコニーに面していて、明るい空間。広さは約13.2帖で、入って右側にキッチンがあります。

売主さま

ディスプレイされている家具や照明・小物は、レイアウトの参考としてご覧ください。フローリングには、アカシアという無垢の木材を採用しています。今回はファミリーがお住まいになることを意識して、床の色味に合わせ、全体のトーンを少し明るめに仕上げました。

タイル貼りがアクセントの 対面式キッチン

写真

左・足元まで収納があり、3口コンロ・食洗機・浄水器一体型水栓を備えたシステムキッチン。コンロまわりや腰壁の内側には、比較的汚れが目立ちにくいグレーの、外側は明るい白のタイルが貼られています。/右・床は、廊下と同じ石調のタイル貼り。背後には冷蔵庫や食器棚などを置いても、すれ違えるほどのスペースが確保されています。

cowcamo

タイル貼りの床は掃除がしやすい反面、特に寒い時期は冷えが気になるカモ。キッチン用にスリッパを置いておくとよさそうです。リビングダイニング(LD)は無垢のフローリングなので、普段はぜひ裸足でお過ごしくださいね!

キッチン前から LDを見てみましょう

写真

壁一面にグレーのアクセントクロスが貼られています。天井には空間が引き締まるダークトーンのクロスが。ディスプレイのように、シャンデリアなど存在感のある照明が似合いそうです。続いては、バルコニーに出てみましょう!

cowcamo

掃き出し窓のサッシ高さは約185cm。背が高い方は出入りの際に、頭をぶつけないようお気をつけくださいね。

緑モリモリバルコニー

写真

2階なのに視界が抜けていて開放感がある、ラッキーな眺め! 屋根が掛かっているところはこちらのマンションの駐輪場、その奥には小さな公園がありますよ。1階住戸のお庭の緑も、借景としてお楽しみいただけます。

cowcamo

奥に見える小さな公園も、こちらのマンションの敷地の一部。遊具などはなく、ボール遊びが禁止されているので、賑やかな声が頻繁に聞こえてくることはなさそうです。

写真

バルコニーはLDK隣の洋室Aの前まで伸びていて、そちら側に物干し用の竿掛けがあります。天気がいい日には洗濯物がしっかり乾きそうです。

LDKに戻ってきました

写真

建具やタイルなどの素材感や色味の馴染み具合が素敵ですね。これまで大切にお使いになってきた家具も、すぐお部屋に馴染んでくれそうですね。続いては、右側手前の扉を開けて、洋室Aをのぞいてみましょう。

約5.4帖の洋室A

写真

先ほどご覧いただいたバルコニーに面した掃き出し窓があり、帖数以上の開放感があります。壁一面にはLDKと同じく、グレーのアクセントクロスが貼られていますよ。

写真

収納はひとり分の荷物が収まるほどのサイズ感。後ほどご覧いただく洋室Cの方が広さと収納量はあるのですが、共用廊下に面しているため、こちらを寝室にするのも◎

cowcamo

その際は収納棚を用意したり、引き出し付きのベッドにしたりして、収納スペースを確保するのがよさそう!

再びLDKに戻ってきました

写真

洋室Aの木製扉の左側にはカウンターがあり、さらにその左の白い引き戸の先には洋室Bが。

売主さま

カウンターの壁面には、これからキッチンのコンロまわりのようなグレーのタイルかクロスを貼る予定です。

ライフスタイルに合わせて 幅広く使える洋室B

写真

左・洋室Bは約4帖の広さ。窓がない空間で、こもり感があります。/右・収納があり、エアコンを設置することも可能なので、個室としても十分機能しますよ。

cowcamo

部屋数が足りている場合は、ファミリークローゼットや書斎として、引き戸を開け放てばプレイルームなどとしてもお使いいただけそうです。

廊下に戻って洋室Cへ

写真

左・玄関を上がって、左側にある洋室C。共用外廊下に面していますが、窓の外には面格子が付いているので、防犯面は問題なさそう。/右・広さは約5.7帖と3部屋ある個室の中で一番広く、収納もワイドで容量があります。

売主さま

洋室Cにはこれからエアコンを設置する予定ですよ。

cowcamo

マンション敷地内の駐車場に面しているので、夜はもしかすると車の走行音が聞こえるかもしれません。

最後に水まわりをチェック

写真

左・廊下と同じタイルが敷かれた洗面室。撮影時は工事前でしたが、洗面台のタイル部分には鏡が設置されますよ。/中央・バスルームも、白・木目調・ダークグレーの色合いで、内装と一体感がありますね。追い焚き機能・浴室乾燥機付きです。/右・トイレもの床もタイル敷き。大きめの収納があるので、スタイリッシュな空間を保てそうです。

売主さま

洗面台には収納付きでワイドな鏡を、またトイレにはタオル掛けとペーパーホルダーをこれから設置予定です。

cowcamo

洗面室を出入りされる際は、段差にご注意くださいね。

蒲田を散策!

写真

左上・マンション近くにある喫茶店「CAFE DE JUN(カフェ ド ジュン)」。落ち着いた雰囲気で、駅前まで行かずとも美味しいコーヒーをいただけます。(350m 徒歩5分)/右上・「蒲田」駅の西口側には「サンライズモール」(950m 徒歩12分)と、「サンロード」(1km 徒歩13分)のふたつのアーケード付き商店街があります! 飲食店や日々の生活を支えてくれる店舗が揃っていますよ。/左下・商店街の先にある居酒屋「鳥からあげ うえ山」は店名の通り、からあげが絶品! ほかにも種類豊富な鳥料理を堪能できます♡(1.3km 徒歩17分)/右下・蒲田のもうひとつの入り口、京浜急行電鉄「京急蒲田」駅。京急本線を利用すれば、下りは横浜方面や海のある「横須賀」や「逗子」、上りは千葉方面までアクセス可能。京急空港線も利用でき、「羽田空港」まで乗り換えなしで乗車時間は10分程度です。(徒歩15分)

cowcamo

カウカモ編集部より

東京の隠れた玄関口とも言えそうな「蒲田」。「品川」駅からは新幹線、「羽田空港」からは飛行機と、全国そして世界へアクセスしやすい街です。

旅の疲れは、「蒲田」に点在する天然温泉の黒湯に浸かって癒しましょう! 駅の東口からマンションに向かう途中には「黒湯の温泉 ゆ〜シティー蒲田」(400m 徒歩5分)がありますよ。ただ、こちらにたどり着くまでは、パチンコ屋やスナックなどがあるやや雑多なエリアを抜けるので、気になる方は現地で雰囲気をお確かめくださいね。

その後広がる住宅街を進むと見えてくるのが、新耐震基準に適合したどっしり構えるマンション。住込みの管理人さんと清掃員さんが週6日間勤務されている手厚い体制ですが、総戸数296戸のビッグコミュニティの恩恵を受けて、管理費を含む月々の共益費は控えめです。


前回の大規模修繕工事は2010年に実施済み。その前後にも適宜メンテナンスをされてきたことが、外観や共用部分から伝わってきます。長期修繕計画書もしっかり立てられていますよ。

そんなよい歳の重ね方をしてきたマンションに、しっくりくる内装。木製の建具やタイル、真鍮(しんちゅう)のドアノブなど、穏やかな表情の素材が組み合わさって、住人はもちろん、お手持ちの家具もすぐに受け入れてくれそうな雰囲気です。

3つの独立した個室があり、床材には無垢のフローリングが採用されていて足触りがいいので、お子さまがいらっしゃるご家族にも心地よくお住まいいただけそう。マンション敷地内に小さな公園がいくつかあり、ペットの飼育が可能なのもうれしいポイントです◎


雑多さにひと癖ある「蒲田」ですが、駅周辺には「大田区役所」(900m 徒歩12分)があり、商業施設・商店街が充実していて、とにかく暮らしに便利! 忘れてはならないのが飲食店の豊富さ。お住まいになったら、飲食店の開拓をお楽しみくださいね♪

writer:大川 晶子 / editor:平野 翔子