徒歩5分圏内に「麻布十番」の魅力が集結

写真

左上・今回ご紹介する物件は、東京メトロ南北線と都営大江戸線の通る「麻布十番」駅から徒歩1分の立地! 駅出口のある「麻布通り」には複数バス停があり、渋谷や新橋、田町、品川や五反田などへアクセスできます。(徒歩1分)/右上・夏の「納涼祭り」が名物の「麻布十番商店街」は、グルメの宝庫。飲食店はもちろん、病院や服飾店など約300もの商店が軒を連ねます。写真の「パティオ十番」を中心に、さまざまなイベントが開催されていますよ。(徒歩3分)/左下・「bistro あわ」は、約100種類のスパークリングワインが用意されたスタンドバー。炭火の串焼きとビストロ料理を楽しんで。(徒歩3分)/右下・食材の買い物は「ダイエー 麻布十番店」へ。朝7時〜深夜3時まで営業中。(徒歩5分)

駅徒歩1分! 新耐震基準適合マンション

写真

「麻布十番」駅から、徒歩1分の角地に建つマンション。1階には小児歯科が入っています。

写真

左上・エントランスは階段を降りる、奥まった造り。右手にはコンパクトな駐輪場がありました。/右上・共用ロビーに入ると右手に管理人室があり、週4日8:00〜14:00に管理人さんがいらっしゃいます。左奥にはオートロックが備わっているのでセキュリティ面は安心ですね。/左下・オートロックを抜けると右手にポスト、奥にエレベーターホールがあります。広さはそこまでないものの、石貼りで落ち着いた雰囲気ですね。/右下・さて、エレベーターで5階に上がってきました。左手の扉が今回ご紹介する住戸の玄関ドアです。

売主さま

こちらのマンションでは、ペットの飼育が可能です。成長時40cm以内、1住戸1匹までなどといった細則がございますのでご確認ください。

室内に入ってみましょう

写真

左・玄関扉を開けると、シューズボックスと建具を黒で統一したシックな空間が。/右・下足入れはおひとりから、おふたり暮らしにちょうどよさそう。上部にはお気に入りの小物を置いて、ディスプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか?

まずは水まわりから

写真

左・玄関から見て左手の扉を開けた先には、洗面脱衣所が。シンプルな洗面台は無駄がなく洗練されていて、後ほどご紹介するキッチンとお揃いのデザインです。/中央・浴室の扉はクリアな開き戸。洗面脱衣所のスタイリッシュな雰囲気を演出すると同時に、空間を広く見せてくれています。/右・廊下を挟んで、洗面脱衣所の向かいに独立してあるトイレ。木と黒いアイアンが使われたペーパーホルダーに、さりげないこだわりを感じます。

LDKに進みましょう

写真

玄関正面、黒いフレームの扉を開けると、室内窓から光や風を取り込んでいる約9.5帖のLDKが。奥は、バルコニーに面した洋室です。

写真

室内窓の前からLDKを振り返ってみました。変形タイプのLDKですが、奥まった部分にキッチンがすっぽりと収められています。家具の配置には工夫が必要そうですが、奥をダイニング、手前をリビングとするのがよさそうですね。

写真

キッチンは、ナチュラルな木目調と黒い足でスタイリッシュ。ヴィンテージ感もありつつ、コンロはIHクッキングヒーターがビルトインされて機能的! 写真左手、大きな柱のようにも見えますが、この裏は冷蔵庫を隠して置けるスペースになっています。インテリア性をよく考えられた設計です。

写真

壁の凹んだ部分には、ワークスペースにちょうどよさそうなデスクが造作されています。室内窓はこのように開けることができるので、換気も可能◎ 壁に備わるスイッチやコンセントパネルからも、デザインの統一性を感じられます。

奥の洋室へ

写真

約6.5帖の洋室はバルコニーに面していて、ワイドな窓から光を取り込んでいます。真正面にマンションが建っているので、カーテンはプライバシー性の高い遮光タイプを選ぶといいでしょう。

バルコニーへ出てみましょう

写真

眺望は、一方通行の道路を挟んで、向かいのマンションと対面する形。少し距離があるので陽当たりが遮られるほどではありません。

写真

バルコニーの奥行きはコンパクトですが、幅は洗濯物を干すには十分な長さがあります。大通りとは離れ、車通りも少ないので駅チカでありながら静かな印象でした。

室内に戻りましょう

写真

バルコニー側から洋室を振り返って見たところ。ダウンライトが梁に美しいリズムで並んでいます。デスクを置けばカフェ風に、棚を置いてコレクションを並べれば、その魅力を際立たせてくれそう!

写真

左・右手の黒い扉の奥には、ウォークインクローゼット(WIC)を完備。/右・奥行きがあり、枕棚とハンガーパイプも備わっているので、衣服や季節モノはこちらにまとめて収納できますね。

売主さま

専有部分の給排水配管はリノベーション工事の際に更新済みです。

もう少し周辺を散策しましょう

写真

左上・マンションの裏手にある「DUMBO Doughnuts and Coffee (ダンボ ドーナツ アンド コーヒー)」は、幅広いフレーバーのドーナツと丁寧に抽出されたコーヒーが人気。アメリカンサイズのドーナツをぜひ味わってみて。(徒歩1分)/右上・中華が食べたくなったら「大連餃子基地 DALIAN(ダリアン)麻布十番店」へ。鹿児島県産黒豚を使った餃子が名物。(徒歩2分)/左下・「PIZZERIA FANTASISTA DUE(ファンタジスタ ドゥエ)」 はピッツァのコンテストで優勝経験を持つ職人が在籍するイタリアンレストラン。個室があるので特別な日のお食事にも◎(徒歩1分)/右下・“六本木エリア” にも歩いていけちゃいます! 緑豊かな環境に癒されたくなったら、六本木ヒルズ内にある「毛利庭園」へ。季節ごとに違った表情を見せる木々が心をほぐします。(徒歩13分)

cowcamo

カウカモ編集部より

都営大江戸線・東京メトロ南北線の通る「麻布十番」駅は、渋谷や新宿、品川、四ツ谷といった都内主要地に30分以内でアクセスが可能。「六本木」にも歩いて行けてしまう好立地です。さらにバスのアクセスも便利なので、日々の移動時間を短縮して、プライベートな時間を増やすことができるというメリットも。街に軒を連ねる飲食店はリーズナブルなお店から高級店まで幅広く、選択肢は尽きません。賑やかな「麻布十番商店街」には病院や服飾店もあり、日常生活に必要な外出は、ほとんど徒歩圏内で事足りそうです。今回ご紹介したマンションは、「麻布十番」駅の1番出口を出て、1分歩いた場所に建っています。あえて最寄りの出口ではないところから出て、道すがら大小さまざまな商店や「納代公園」の緑を眺めるなんてのもいいですね。


総戸数21戸のマンションは、平成築で新耐震基準に適合しています。タイル貼りの外観で、築浅寄りの中古物件をお探しの方にも受け入れていただきやすそうです。月額の共益費は相場に対してやや高め。ただ、平成20年には屋上防水・鉄部塗装工事、平成21年に6〜7階外壁止水工事を実施し、長期修繕計画も立てられています。管理人さんは火・水・金・土曜の8:00〜14:00に常駐されていて、オートロックも完備。ペットもOKで、犬・猫ともに成長時40cm以内・1匹までの細則となっています。


内装は、木目の美しいフローリングや塗装で仕上げられた壁のナチュラルさを基調に、アイアンやドアの黒で男前に空間を引き締めています。採光と通気性を確保した室内窓はデザイン性と機能性を両立していて、冷蔵庫置場やコンセントパネルにいたるまで、細やかな気配りが設計に見られました。専有部分の給排水配管が更新済みなのもうれしいポイントですね。駅に近く、建物が密集しているエリアなので、バルコニーからの眺望はお向かいの目線が気になるかもしれません。日中も薄手のカーテンは必要そうです。ただ、このエリアに住んだならぜひ外へ飛び出して、街を楽しむこともお忘れなく! 収納はひとつですが、奥行きのあるWICを完備。


無駄なものを持たず、立地のよさを活かしたフットワークの軽さで、都心暮らしを満喫するのにぴったりな住戸。そんなアーバンライフを楽しみたい方は、ぜひ一度内覧にお越しください。

writer:田代 智衣里 / editor:平野 翔子・中山 宇宴