売主さまのご紹介

写真

Uさま

2018年にフルリノベーションした物件に、おひとりでお住まいのUさま。このたび、新しく物件を購入してリノベーションするため、売却を決められました。ちなみに次のお住まいの内装は、ニューヨークの雰囲気を取り入れつつ、キッチュに造り込むことを妄想しているそう…… 素敵です!

舞台は「豊洲」

写真

最寄りは東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ「豊洲」駅。駅前のシェアサイクルポートには、赤い自転車がズラリ!

Uさま

駅から徒歩13分とやや距離がありますが、この辺りはシェアサイクルが充実していて便利ですよ。マンションのすぐ近くにもポートがあるので、よく借りています。

cowcamo

自転車を利用すれば、「清澄白河」や「門前仲町」方面も暮らしのエリアになりますね! 駅からマンションまでの道は幅が広く、ほとんど直線。歩いても、実際の徒歩分数よりは短く感じました。

運河沿いにどっしり佇む 総戸数346戸のビッグコミュニティ

写真

1983年竣工で、新耐震基準に適合。カメラにギリギリ収まりきらないくらいの巨大なマンションです!

写真

ゆったりとしたアプローチを抜けて、エントランスへ。さらに進むと、広い共用ロビーの先にエレベーターが2基あります。今回ご紹介する住戸は、4階に所在していますよ。

cowcamo

管理人さんは、平日の9:00~20:00と土曜日の9:00〜12:00に勤務されています。修繕工事が重ねられている建物で、最近では宅配ボックスが設置されました。2019年の時点で、マンション全体の修繕積立金には3億円以上の貯蓄があります。


これだけの手厚い管理体制でありながら、ビッグコミュニティの恩恵を受けて共益費は抑えめ。これはマンションライフを送る上で、かなりうれしいポイント!

Uさま

こちらのマンションでは、ペットを飼育できます。ペット委員会に登録する必要はありますが、常識の範囲内の大きさ・頭数のペットであれば、一緒に暮らせますよ。

こんにちは カウカモです

写真

左・玄関扉の横にはオープンラックが。/右・土間は横長。赤い有孔ボードの壁には、フックで日用品が掛けられていてオシャレ!

Uさま

ファッションが好きなので、見せる収納を意識して、広い土間やオープンなウォークインクローゼット(WIC)を設けました。ちなみに玄関扉には、スマートロックを設置しています。便利だし、セキュリティ面でも安心できると思いますよ。

写真

廊下の左手には、約2.5帖のWICが。土間からもアクセスできる、回遊性のある造りです。

cowcamo

ガラス入り戸の先はLDK。デザインガラスをあしらっているため、光を通しつつも完全に向こう側が見えず、空間の広がりを感じます。それでは、拝見しましょう。

テーマは “ブルックリンのホテル” 開放的なリバービューのLDK

写真

LDKの広さは約14.5帖。掃き出し窓の先には、爽快な眺めが広がっています!

Uさま

ブルックリンのホテルをイメージして、インダストリアルだけど清潔感のある空間を目指しました。もうひとつのテーマは “バイカラー” で、配色にはこだわって内装をデザインしています。

cowcamo

エアコンやドアホンなど一般的には白いアイテムも、マットなブラックのものを選んでいるところにこだわりを感じます……!

写真

ダクトやライティングレールが露わになった、躯体現しの天井。コンクリート打ちっ放しの壁とよく似合っていて、カッコいい!

Uさま

ゆっくりしたいときには、このソファに寝そべって映画を観たり漫画を読んだりすることが多いですね。夜は対岸のマンションの灯りが運河にゆらめいてとてもきれいなので、つい長居してしまいます。

お料理好きによる お料理好きのためのキッチン

写真

ステンレス製のキッチン。3口コンロのグリル部分にはダッチオーブン付き。 背面には備え付けのカップボードがあります。

Uさま

料理や器の収集が好きなので、キッチンは気に入っています。この家で暮らすようになって、友人を呼ぶ機会も増えました。

バルコニーへ

写真

バルコニーは南東向き。ゆったりと流れる運河を望む絶景です。

写真

取材日はあいにくの曇り空。売主さまから、晴れた日のお写真も頂戴しました。さわやかなブルー!

写真

ウッドデッキ敷きで、椅子を出してのんびりできそうな広さです。

Uさま

週末になると、ジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しむ人たちの姿や、屋形船が見えることもあります。掃き出し窓には二重サッシを取り付けているので、騒音に感じるほどでもありませんよ。

室内に戻って

写真

リビングスペースの床はパーケットフローリングで、一段下がったダイニングスペースの床には異なる素材が使われています。

写真

左・オープンラックの裏側をのぞくと、ワークスペースが。コバルトブルーとホワイトのバイカラーで塗り分けられた壁の先は……/右・約3.5帖のベッドルーム。星形ランプシェードの落とす影が素敵。

水まわりも イケてます

写真

廊下に戻って白い扉を開けると、水まわりを発見。奥にはキュートな洗面カウンターが。

cowcamo

ラウンドミラーにスクエアのボウル、ニッチを活かした洗面カウンター…… デザイン性と機能面を兼ね揃えたパウダールームで、朝晩の身支度が楽しくなりそうです♡

写真

浴室とトイレは、それぞれこんな感じでした。

Uさま

実はここに引っ越してくるまで、「豊洲」のことはそんなに知らなかったんです。でも、暮らしてみるとロケーションが素晴らしくて! マンションの管理体制も整っているし、気になる方はぜひ見に来てほしいなと思います。

cowcamo

売主さまが居住中のため、ご内見には事前の日程調整が必要です。あらかじめご了承くださいね。

自転車を使いこなして “豊洲エリア” を楽しもう!

写真

左上・「アーバンドックららぽーと豊洲」は、映画館・書店・飲食店などが揃った商業施設。(1.5km 徒歩19分)/右上・ちょっと離れますが、24時間営業のスーパー「イオン 東雲店」もありますよ。(2.4km 徒歩30分)/左下・売主さまのおすすめスポットは、芝生が気持ちいい「豊洲ぐるり公園」。お台場で開催される「東京花火大祭」を眺められる穴場なのだとか!(3.7km 徒歩46分)/右下・ご紹介したマンションの近くに、湾岸エリア唯一の銭湯「白山湯」を発見。人工炭酸温泉で疲れを癒せそう。(300m 徒歩4分)

cowcamo

カウカモ編集部より

カウカモでも何度かご紹介したことのあるマンションに、こだわりのリノベ物件が登場! 大きな窓一面に運河を望む、“ブルックリンのホテル” をテーマにフルリノベーションされた住戸。インダストリアルなテイストを中心に、空間を引き締めるバイカラーの配色が素敵な内装でした。


「豊洲」は自転車を使いこなせば、意外と便利なエリア。サイクリングをするだけでも気持ちいいし、休日には「清澄白河」や「門前仲町」まで出かけていくのも楽しそうですよ。駅からの徒歩分数だけで敬遠せず、ぜひ一度訪れてみることをオススメします!

writer / editor : 軽部 優海