不動産売却の相談はどこにするべき?お悩み別に詳しく解説!

上手に売るコツ

不動産売却に関する相談先は不動産会社、施工会社、税理士や弁護士、金融機関などさまざまです。

「売却を考えているけれどどこに相談をすればいいの?」とお悩みの方に向けて、本記事では不動産を売却する過程で起こり得るお悩みとその相談先を紹介します。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

不動産売却の相談先はお悩み別に選ぼう

不動産売却をする際の状況やお悩みによって、適した相談先は異なります。

「不動産売却全般のお悩み」と「不動産売却の税金・法令に関するお悩み」に大きく分けて紹介します。

不動産売却全般のお悩み 相談先
不動産売却に関連すること
不動産会社
不動産設備・リフォーム 各専門の施工会社
不動産売却の税金・法令に関するお悩み 相談先
税金や確定申告など
税務署・税理士
不動産相続やトラブル 弁護士
登記申請などの権利関係 司法書士
不動産測量図など 土地家屋調査士
ローンがある不動産売却 不動産会社・金融機関

不動産売却は人生で何度も経験できることではありません。手続きを進める中で、わからないことが多発するのは当然のことです。

リフォーム後の不動産売却を検討している方は、「不動産会社」や「施工会社」、「リフォーム会社」などの専門家へ相談することでスムーズに手続きを進めやすくなるでしょう。

不動産売却全般に関する相談先一覧

不動産売却全般に関する相談先は以下の通りです。

不動産売却全般に関する相談先
  • 不動産売却に関連すること「不動産会社」
  • 不動産設備・リフォームに関すること「各専門施工会社」

不動産売却を検討しているなら「不動産会社」

不動産会社にも売却をサポートする「仲介」や、不動産を買取る「買取」、売り主と契約を結び販売活動などを行う「販売代理会社」などがあります。

中古物件の売却を検討している場合は、査定から売却までサポートしてくれる不動産仲介会社に相談をするのが一般的です。

しかし、「東京都内の戸建住宅の売却が得意」や「中古マンションの売却が得意」など仲介を行う会社の中でも得意分野が異なります。

売却したい不動産が、得意分野である不動産会社であれば、売却までのノウハウを持っているので、適正価格でよりスムーズな売却を目指せるでしょう。
売却を検討している方は、売却をしたい不動産での実績や経験が豊富な不動産会社を選ぶのがおすすめです。

また建物を取り壊して「土地」としての売却を検討されている方は、不動産会社もしくは家屋解体を行う会社へ相談してください。会社によっては、滅失登記のサポートもあります。

解体業者は不動産会社と連携していることも多いため、不動産会社から紹介してもらえるケースもあるでしょう。

不動産設備・リフォームの相談先は「各専門施工会社」

不動産設備やリフォームを行ってから売却を検討されている方は、各専門施工会社に相談しましょう。

電気や水道、ガスなどの設備工事は、それぞれの専門の施工会社がいます。またリフォームに関する相談は、リフォーム業者や、不動産会社、ハウスメーカーがよいでしょう。

リフォームや設備工事をしたあとに売却を検討されている方は、不動産会社を通して依頼
不動産会社は各専門施工会社と繋がりがあるため、窓口になってもらえることがあります。

また、既存の建物に新たな設備や機能をつけるリノベーションを検討されている場合は、リ
ノベーション物件の売却を得意とする不動産会社への相談がおすすめです。

カウカモでは、築浅から中古物件まで丁寧に査定を行い、要望に合わせて3タイプのリノベーションをお選びいただけます。

カウカモのリノベーションサービス
  • プリメイドリノベーション:定額制のひな形リノベ
  • 部分リノベーション:リノベ済み物件をカスタム
  • フルリノベーション:こだわりをゼロから形に

中古マンションやリノベーション物件の購入を検討する方もカウカモには多く集まっており、売却される物件にプロのライターやカメラマンがお伺いして独自に取材した記事などで物件をアピールするなど、適正価格での売却をサポートします。

売却をご検討の方は、ぜひ一度カウカモまでご相談ください。

カウカモへのご相談はこちら

不動産売却の税金・法令に関する相談先一覧


不動産売却の税金・法令に関する相談先は以下の通りです。

不動産売却の税金・法令に関する相談先
  • 不動産売却の税金に関する相談は「税務署」「税理士」
  • 不動産相続・トラブルに関する相談は「弁護士」
  • 不動産売却に関わる権利関係は「司法書士」
  • 不動産の測量図に関する相談は「土地家屋調査士」
  • ローンが残っている不動産の売却を検討している場合は「不動産会社」「金融機関」

不動産売却の税金に関わる相談先は「税務署」「税理士」

不動産を売却して差益が発生した場合、譲渡所得として所得税や住民税の納税義務が発生します。

確定申告書類の作り方や納税の手順などが複雑と感じる場合は、税務署の窓口でも相談が可能です。事前予約が必要な場合もあるので、最寄りの税務署のホームページを確認しましょう。

また、どのように差益を計算するのか、どのように申告・納税をすればよいのか不明な方は、税理士に相談するのもよいでしょう。税理士への相談で、不動産を売却した方が利用できる各種控除も含めて対応してもらえます。

しかし、年始〜3月中旬頃までは確定申告の準備、申告の時期であるため、税理士や税務署も急な対応ができない可能性もあります。

不動産売却に関わる確定申告時期は、売却をした年の翌年です。できるだけ早い段階から準備を進めましょう。

不動産相続・トラブルの相談先は「弁護士」

不動産相続や共有名義の不動産売却を検討している場合など、トラブルに関する相談は、弁護士へ相談しましょう。相手との間に入り、不動産売却が円滑に進むようにサポートしてもらえます。

またリフォームなどで不利益を受けた場合も弁護士が対応可能ですが、消費者トラブルの問題として、独立行政法人国民生活センターの「消費者ホットライン」への相談も可能です。

不動産売却に関わる権利関係は「司法書士」

不動産売却の際に発生する所有権移転登記や抹消登記などの代理業務に関するお悩みは、司法書士に相談できます。

不動産の権利関係の登記書類などの手続きは、不動産を売却するうえで重要です。

法務局での手続きは個人でも可能ですが、初めての方にとっては難しい内容も多くあります。よくわからないまま手続きを進めてしまうと、買主に迷惑をかけてしまう恐れもあります。

そのため、司法書士に相談をして登記書類の作成や申請を代理してもらうと安心でしょう。

不動産の測量図に関する相談先は「土地家屋調査士」

土地の境界が曖昧のままだとあとからトラブルに発展する恐れもあります。

土地の境界や面積がわからない場合や、一筆の土地を分割して売却したい場合などは、土地家屋調査士への相談も可能です。

土地の境界などの近隣トラブルは、土地家屋調査士と弁護士への相談がおすすめです。

ローンが残っている不動産の売却を検討しているときは「不動産会社」「金融機関」

ローンが残っている不動産の売却を検討している場合は、不動産会社もしくは金融機関が主な相談先となります。

  • 不動産を売却してローンを一括返済する場合
  • 任意売却を検討している場合


抵当権抹消登記が必要な場合など不動産を売却してローンを一括返済する場合や、金融機関の合意を得て家と土地を売却する任意売却を検討している場合には不動産会社がよいでしょう。

そのほか、自己破産や個人再生など法的な手続きを検討されている方は、弁護士へ相談してください。

住宅ローンの返済が滞ってしまう恐れがある場合は、できるだけ早い段階で相談しましょう。

  • ローンの借換え、返済期間の見直し
  • 任意売却を検討している場合


任意売却を検討されている方は、金融機関にも相談をしなければいけません。一般的には、不動産会社で査定後、金融機関への相談をします。

ローンの借換えや返済期間の見直しを検討されている方は、現在借り入れている、または借り換え先の金融機関へ相談すると良いでしょう。

売却を依頼する不動産会社の選び方

これまでさまざまな相談先を紹介しましたが、不動産会社もそれぞれ専門とする分野やサービス内容が異なります。

「不動産会社はどのように選べばよいのだろうか?」と、悩まれている方は以下の選び方を参考にしてください。

不動産会社の選び方
  • 売却を検討している不動産の売却実績
  • サポート体制の有無
  • 担当者の信頼性

売却を検討している不動産の売却実績

不動産売却の相談先を決める際、「売却を検討している不動産の売却実績は豊富かどうか」を確認しましょう。

不動産会社によって、戸建住宅、マンションの売却など得意分野が異なります。

そのため、マンションの売却を検討している方は「マンションの売却実績」や取り扱い数、口コミなどを確認するとよいでしょう。

売却実績が高く、知識、経験が豊富な不動産会社を選ぶことにより、早期の売却、適正価格での売却がしやすくなります。

サポート体制の有無

不動産の売却は査定に始まり、売却したあとの納税までさまざまな専門知識が必要になりますが、サポートの内容も不動産会社によって異なります。

よりサポート体制が充実している不動産会社に依頼することで、売却までの不安も解消しやすいでしょう。

「不動産会社がどこまでサポートをしてくれるのか」をホームページやヒアリングなどで確認するのがおすすめです。

以下のような点に不安を感じている物件でも、新たな付加価値を付けて売却できる可能性もあります。

マンション売却の不安例
  • 日当たりによって室内が暗く感じてしまう
  • 空室にしていたため、生活イメージがしにくい
  • 築年数が経過しているため設備の不具合が不安

カウカモでは以下のような内容で売却をサポートしています。

カウカモの売却サポート
  • プロカメラマンによる室内の写真撮影
  • ライターによる内装デザインやこだわり、暮らし方の取材
  • 上記ふたつによって丁寧に作り上げる物件紹介記事
  • 物件の個性に沿ったリノベーションプランをCGで提案
  • 引き渡し後のトラブルを防止する設備保証サービス
  • 売却だけでなく次の住まいまで探す住み替えサポート

どこの不動産会社に依頼しようか悩んでいる方は、中古・リノベーションマンションの売却を得意としているカウカモに、ぜひ一度ご相談ください。

また、築年数や広さなどの数字で示される価値だけでなく、眺望や立地、内装などの数字には表れない価値も価格に反映させる多角的な査定を実施しているため、ご所有マンションの価値を適正に評価します。

カウカモへのご相談はこちら

担当者の信頼性

東日本不動産流通機構による「首都圏不動産流通市場の動向(2021年)」では、2021年の首都圏における中古マンションの成約日数は平均74.7日という結果が出ています。

つまり、物件を販売に出してから約3か月間、販売に出す前からの打ち合わせなどを含めると3か月以上もの期間を担当者とやり取りが必要となります。

マンション売却は内覧のスケジュール調整・必要書類の取得・金融機関や管理会社との連絡など、やるべきことが多くあり、「買手が見つかるだろうか」と心配に思う場面もあるでしょう。

しかし、信頼して任せられる担当者がいることが安心に繋がり、マンション売却も成功に近づきます。

以下の基準で担当者を見極めましょう。

担当者を選ぶ基準
  • マンション売却に親身になってくれるか
  • 提案内容に無理がないか
  • 不動産会社としての都合ばかり押し付けていないか
  • 不動産取引の経験豊富なプロであるか

気持ちのよい取引ができそうにない場合は、担当者を変更してもらったり不動産会社を変えたりするなどの対応も必要になるでしょう。

中古マンションなどの不動産売却のご相談はカウカモヘ


カウカモでは、中古マンションやリノベーション済みのマンションを豊富に取り扱っています。 

リノベーションに特化しているため、「築年数・駅徒歩分数・平米数」などの従来型条件だけではなく「内装・間取り・管理状態・周辺環境・街のスタイル」など、新しい条件で購入希望者が集まっています。

マンション売却を検討されている方は、ぜひお問い合わせください。

カウカモへのご相談はこちら

不動産売却の相談先は悩みに応じて選択しよう

不動産に関するお悩みにあわせて、適した相談先を選ぶのがポイントです。

不動産の売却は人生で何度も経験できることではありません。そのため、売却までの過程でさまざまなお悩みが発生するのは当然のことです。

いざ、悩みが発生したときに「どこに相談をすればよいの?」と、考える方は以下を参考にしてみてください。

不動産売却全般に関する相談先
  • 不動産売却の相談は「不動産会社」
  • 不動産設備・リフォームの相談は「各専門施工会社」
不動産売却の税金・法令に関する相談先
  • 不動産売却の税金に関する相談は「税務署」「税理士」
  • 不動産相続・トラブルに関する相談は「弁護士」
  • 不動産売却に関する権利関係は「司法書士」
  • 不動産の測量図に関する相談は「土地家屋調査士」
  • ローンが残っている不動産の売却の相談は「不動産会社」「金融機関」
この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。