マンション売却の相談は誰にする?失敗しない不動産会社の選び方を解説

上手に売るコツ

マンション売却を検討する際、さまざまな疑問を抱くことでしょう。そのような時は安心して頼れる相手に相談したいですよね。

本記事では、マンション売却時に相談先としてふさわしい業者や、失敗しない不動産会社の選び方についても解説しています。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

マンション売却に関する悩みは多岐に渡り、個人で解決することが難しい場合があります。

悩みの種類によって適切な相談先を知っていれば、解決への第一歩を踏み出すことができます。悩みに応じた一般的な相談先を表にまとめました。

悩みジャンル 相談内容 相談先
総合的な悩み 不動産相談の入り口、ケースにより下記専門窓口へ連携 不動産会社
税金関係 譲渡税・所得税、不動産の贈与や相続に関する税務相談 税理士
不動産価値 相続財産などの公平な評価、不動産鑑定評価書の発行 不動産会社・不動産鑑定士
トラブル 法律全般と係争解決 弁護士
登記・測量 不動産登記全般、土地測量や隣地境界関連 司法書士・土地家屋調査士

このように、それぞれ相談内容により専門家が存在しますが、マンションの売却に関することであればまずは不動産会社に相談することをおすすめします。

マンション売却に関して経験や実績がある不動産会社であれば、悩み事について適切な対処法を提案してもらえるでしょう。

総合的な相談なら不動産会社へ

不動産に関わる内容であれば、不動産会社へ相談を持ちかけましょう。不動産会社には多くの不動産取引の実績と経験があり、中古マンションの売却を成功させるサポートを受けることが可能です。

マンションの売却を検討しているのであれば、まずは不動産会社へ相談しましょう。

税金関係の相談なら税理士へ

不動産は取得時・所有時・売却時いずれの場合も、複数の課税が行われます。年度によって時限的に特例や施策が入り混じる場合もあり、個人の知識だけで全てカバーするのは難しいかもしれません。

節税対策の知識や税の申告の事前相談など、税金にまつわることは税理士に相談するとよいでしょう。

不動産価値の相談なら不動産会社や不動産鑑定士へ

相続を受けたり贈与を検討している不動産について、価値を知りたい場合には基本的には不動産会社へ依頼しましょう。

不動産鑑定士という、不動産の価値を公平に判定するために、地理・社会情勢・市場動向・法律・経済指標などの多角的な視点から不動産を分析する専門家も存在しますが、実際には都市開発などの大規模な開発に際して、公的機関が依頼するケースがほとんどです。

そのため、一般的な個人の不動産取引の規模では不動産鑑定士への相談はほとんど見られません。

不動産のことで悩んだら、まずは不動産会社に相談することをおすすめします。

トラブル解決の相談なら弁護士へ

法の番人とも言われる弁護士は、争いごとの仲裁から解決までを法律に基づいて代理で動いてくれる頼もしい存在です。

マンション売却に関していえば、もしも売買契約書に不備があった場合や、マンションの設備などに大きな不備があった場合などは、弁護士が介入することで法的に妥当な判断を下しながら話し合うことができます。そのような場合、弁護士を代理人として話し合いの場に出てもらえる場合もあり、スピーディーな問題解決に繋がります。

登記は司法書士、測量の相談は土地家屋調査士へ

登記や測量に関しては、依頼者から報酬を得て代理で独占的に業務が行える国家資格を持つ、司法書士や土地家屋調査士がいます。

司法書士は、不動産登記のスペシャリストである上に、簡易裁判所の訴訟代理権があり140万円までの民事訴訟案件を扱えるので、小さな争い事でも相談できる、町の法律家としても頼りになる存在です。

土地家屋調査士は、測量のスペシャリストです。

もしも、隣地との境界や土地の面積など、不動産に関して双方の主張が食い違う事態が発生した場合であっても、法務局にある図面の座標を復元したり、話し合いの間に入って問題解決をサポートしてくれるため、物件の測量を検討している方の相談先としてはよいでしょう。

相談せずにマンション売却を進めた場合の失敗談


誰にも相談せずに売却を進めたとしたら、マンション売却で失敗してしまう可能性も考えられます。

いくつかの例を紹介するので、マンション売却時の参考にしてください。

得意分野が異なる不動産会社に依頼してしまう

不動産会社にはそれぞれ得意とするジャンルがあります。

例えば、土地の平均坪数が100坪を超えて中古価格の平均価格が8,000万円を超えるような高級邸宅エリアがメインの不動産会社では、2,000万円台の中古マンションの売り方は疎い可能性があり、対象となる顧客も少ないでしょう。

もしも、何も相談せず所有物件の条件に一致しない不動産会社に依頼してしまったとしたら、確実な打つ手が講じられないまま、売却期間だけが過ぎていくことも大いに考えられます。

販売活動の成果が出るかどうかは、その物件の魅力を引き立たせるためにどれだけ多くの引き出しがあるかにかかっています。テクニックよりも、普段からその不動産会社が得意な分野やエリアと売却を検討している物件の条件が合致しているかどうかが肝要となります。

中古マンションの購入を希望する顧客をほとんど抱えていない不動産会社では、早期に販売できる可能性は低くなってしまうでしょう。その結果、物件の価格を下げるなどの対応をとらなければならなくなるかもしれません。

不動産会社からの情報発信が不足していて売却につながらない

売却を依頼した不動産会社が、どのように物件の魅力をアピールするのかという点も、スムーズにマンションを売却するためには重要です。

もしも、特に事前に相談せずに不動産会社を決め、売却を依頼してしまった場合、中古マンションの購入を希望する方に情報が届きづらいアプローチ方法をとられたり、情報発信が不足してしまう場合があります。

その結果、なかなか売買契約が成立せず、値下げなどの対応を検討するケースも考えられるでしょう。

マンション売却の相談をする不動産会社の3つの選び方


では、どのようにすれば、物件の価値を理解し、適切な顧客層へ効果的な販売活動をしてくれる不動産会社を見つけられるのでしょうか。

中古マンションやリノベーションマンション売却に強いかどうか

販売する物件がもつ魅力を引き出す方法や、顧客層への適切なアピール方法のノウハウ持つ不動産会社を見極める必要があります。

そのような不動産会社を選ぶことが出来れば、売却の成功を見込めるでしょう。

カウカモは、築年数や広さ以外にリノベーションの価値だけでなく、眺望や立地、内装などの数字には表れない価値も価格に反映させる多角的な査定を実施しています。

さらに、中古マンションやリノベーションマンションの購入希望者がサービスを利用しているため、適正価格での成約率が高くなっています。

中古マンションの購入を希望する方を集客できているか

中古マンションの売却をする際、物件の条件を見て興味を持ってくれる人・価値を分かってくれる人・欲しがってくれる人が多い方が、買い手がつく可能性もスピードも高まります。

カウカモは、前述したように中古マンションやリノベーションマンションの購入希望者が多く利用しています。そして、アプローチできる人数が多いだけでなく、プロのライターやカメラマンが売却予定の物件に伺い、内装デザインやこだわり、暮らし方を取材し、丁寧に作り上げる物件紹介記事を制作し、購入希望者に向けて魅力を発信しています。

カウカモへのご相談はこちら

中古マンションの売却を成功させる担当者が誠実かどうか

マンションの売却は不動産会社の営業努力だけでは成功しません。不動産会社と担当者、売主がともに売却というゴールに向けて動く必要があります。

売主からの質問事項や気になる疑問に対して、根拠を示しつつ真摯に対応できる担当者や不動産会社が、売却に対する誠実さを持っていると言えます。

そんな担当者とともに売却活動に臨めば、マンションの売却はきっとうまくいくでしょう。

まとめ

不動産に関する悩みは、ご自身で調べて解決できればそれに越したことはありませんが、悩みによっては心強い専門家がいることも知っておきましょう。事前に相談するだけで心のモヤモヤは晴れて、解決までもスムーズに進みます。

不動産の疑問はまず不動産会社へ尋ねてみましょう。そして、実際にマンション売却を進める際は、売却する不動産に類似する物件をメインに扱い、多くの顧客へのアプローチが可能な不動産会社を選びましょう。

中古マンションの売却であれば、物件の築年数や広さ以外に、リノベーションの価値や眺望、立地、内装などの数字には表れない価値も価格に反映させる多角的な視点からの査定を行うカウカモにぜひご相談ください。

カウカモへのご相談はこちら

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。