不動産査定とは? 流れや依頼方法、事前準備についてまとめて解説

上手に売るコツ

不動産査定とは、不動産がいくらで売れそうか見積もることです。

査定方法には、簡易査定と訪問査定、AI査定の3種類があり、売却を検討しているときに利用できます。査定を依頼する会社によっては、査定額が異なる場合もあります。

依頼先や費用、査定時のチェックポイントなどを紹介するので、ぜひご覧ください。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

不動産査定とは?

不動産査定とは、不動産がいくらで売れそうか見積もることです。

どの程度、詳しく価格を見積もるかによって、不動産査定の依頼先や査定方法が異なります。

不動産査定の依頼先

一般的には、不動産の査定は不動産会社に依頼します。依頼を受けた不動産会社は、過去の売買事例や不動産の現状から査定価格を算出します。

また、一括査定サイトを通して複数の不動産会社にまとめて依頼することも可能です。

不動産査定にかかる料金

不動産査定は基本的には無料です。

しかし、不動産会社に個別に査定を依頼するときには、有料となる場合もあります。査定を依頼する前に料金を確認しておきましょう。

不動産査定の方法

不動産査定の方法としては、主に以下の3つが挙げられます。

不動産査定の方法
  • 机上査定(簡易査定)
  • 訪問査定
  • AI査定

それぞれの査定方法の違いを詳しく解説します。

机上査定(簡易査定)

「机上査定」とは、不動産会社が過去の売買事例と物件固有の情報により価格を算出する査定方法です。その名の通り、「机の上」で査定が完了します。また、簡易査定とも呼ばれることがあります。

机上査定は間取りや面積などの少ない情報でも実施できますが、あくまでも目安として考えましょう。実際に売却を依頼する場合は、より詳しく査定する「訪問査定」を不動産会社に依頼しましょう。

訪問査定

より詳しい不動産価格を知りたいときは、不動産会社に「訪問査定」を依頼します。

訪問査定とは、不動産会社の担当者が直接物件を確認して価格を算出する方法です。

過去の売買事例だけでなく、不動産固有の特徴、例えば管理状態や設備なども反映されることがあります。

AI査定

「AI査定」とは、人工知能を活用した査定方法です。

過去の売買事例と物件固有の情報だけで価格を算出する点は机上査定と同じですが、膨大な売買事例のデータをベースに算出するため、より詳しい価格を知ることができます。

AI査定はインターネットで利用できるサービスなので、不動産を売却したい方がご自身のパソコンやスマートフォンで確認します。

ただし、地方の不動産や売買事例が少ないマンションではデータが少なく、査定の精度が低くなることがあるので注意しましょう。

査定方法の選び方

売却を迷っている場合は、机上査定がおすすめです。一括査定サイトを利用すれば、1回の手間で多くの不動産会社に査定を依頼できます。

また、どの不動産会社に訪問査定を依頼するか迷っている場合にも、机上査定が適しています。机上査定による結果やそのあとの対応から、実際に査定を依頼する不動産会社を絞り込むことができるでしょう。

実際に不動産売却が決まっている場合には、訪問査定が必要です。また、より詳しい査定額を知りたいときや、査定価格によっては不動産を売却したいと考えているときにも、訪問査定がおすすめです。

訪問査定を実施すると、机上査定よりも高い精度の査定を実施してもらうことができます。訪問査定を依頼したからといって売却する必要はないので、より正確な価格を知りたいときは、不動産会社に訪問査定を依頼しましょう。

不動産査定の流れ

訪問査定は以下の流れで実施します。

訪問査定の流れ
  • 不動産会社に訪問査定を依頼する
  • 訪問の日時を決める
  • 不動産会社の担当者が対象不動産の現地調査を実施する
  • 不動産会社の担当者が対象不動産の書類を確認する
  • 査定結果を確定し報告を受ける

机上査定や簡易査定はインターネットで依頼し、オンラインやメール、電話などで査定結果を受け取ります。

一方、訪問査定は不動産会社の担当者による現地調査が必要なので、訪問の日時を決めなくてはいけません。

また、建物を売却する場合には、建物内部の調査も必要になるため、訪問査定の依頼主による立ち合いも求められます。

不動産の権利や税金などに関する書類も必要になるので、査定時までに準備しておきましょう。

不動産査定でチェックされるポイント

不動産の査定では、不動産の種類ごとにチェックされるポイントが決まっています。

マンション、戸建て、土地のそれぞれで何がチェックされるのか見ていきましょう。

マンションの場合

マンションの査定を依頼すると、主に以下のポイントがチェックされます。

マンションの査定ポイント
  • 建物の状態
  • 立地
  • 地形
  • 周辺環境
  • 管理状況
  • 共用スペース

戸建ての場合

戸建て住宅の査定では、主に以下のポイントがチェックされます。

戸建ての査定ポイント
  • 建物の状態
  • 立地
  • 地形
  • 周辺環境
  • 外壁
  • 境界標
  • 越境

土地の場合

建物のつかない土地を売却する場合は、以下のポイントが査定時にチェックされます。

土地の査定ポイント
  • 道路状況
  • 面積
  • 地形
  • 周辺環境
  • 境界標
  • 越境

不動産査定前にやっておくべきこと


不動産査定をする前に以下の準備をしておくと、よりよい訪問査定が実施できるでしょう。

不動産査定までに準備しておくこと
  • いつまでに売却したいかを決めておく
  • 相場を把握する
  • 相場を確認したうえで、希望価格を決定しておく
  • 査定に必要な書類を準備する

訪問査定を依頼する前に、いつまでに売却したいか決めておきましょう。早く売却したいときは、売却に適した不動産会社を選んで査定を依頼するとスムーズに売却まで進みやすくなります。

また、訪問査定を依頼する前に、相場を把握しておくことも大切です。机上査定を利用すれば、手間をかけずに相場をチェックできるでしょう。

相場を把握したうえで、希望価格を決めておきましょう。希望価格を明確にしておくと、不動産会社に正式に売却を依頼するときに交渉しやすくなります。

また、訪問査定を不動産会社に依頼すると、査定に必要な書類を具体的に教えてくれるので準備しましょう。

適正に評価してくれる不動産会社に査定を依頼しよう

訪問査定を実施する場合は、売却まで依頼することを見据えて不動産会社を選ぶようにしましょう。

マンションであればマンションの売却実績が豊富な不動産会社、土地であれば地元に詳しく、土地の売却実績が豊富な不動産会社に依頼することをおすすめします。

中古マンションの販売実績が豊富なカウカモでは、お客さまの大切なマンションの価値を適正に査定します。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

カウカモへのご相談はこちら

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。