不動産売却を売却するならどこがいい?依頼先を決める4つのポイントと選び方を紹介

上手に売るコツ

「不動産の売却はどこがいいのか?」は不動産売却を検討している方の代表的なお悩みのひとつです。

不動産会社とはいってもたくさんの会社があるため、自分に合った会社がわからないという方も多いでしょう。

では、できるだけ高値で売却でき、円滑に手続きを進められる不動産会社はどのように見つければよいのでしょうか?

今回は、不動産売却はどこがいいのか?を考えるにあたり、押さえておくべき4つのポイントについてお伝えします。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

不動産売却はどこがいい?知っておきたい4つのポイント

不動産売却を検討する際、どこの不動産会社に依頼をしたらいいのかわからない方は多いでしょう。

できるだけ高値で売却につなげ、できるだけ希望の売却期間で円滑に手続きを進めるためには、不動産会社選びがとても大切です。

まずは、売却を依頼する不動産会社を選ぶ際の4つのポイントについて、下記の通り解説します。

  • 不動産会社の売却実績をチェックする
  • サポート体制の充実度をチェックする
  • 査定価格をチェックする
  • 不動産会社の担当者との相性をチェックする

不動産会社の売却実績をチェックする

不動産会社によって、得意分野や不得意分野があります。例えば、戸建て売却が得意な不動産会社もあれば、マンション売却が得意な不動産会社もあります。

不動産会社であれば、基本的にはどのような不動産でも対応は可能です。

しかし、不動産会社の得意領域であれば、その分野の売り出し方を把握しているため、円滑に売却を進められるでしょう。

カウカモでは中古マンションやリノベーション物件の売却を得意としています。各不動産の魅力や特徴を踏まえ、可能な限り希望に近い形での売却を目指します。

カウカモへのご相談はこちら

サポート体制の充実度をチェックする

不動産会社によって、サポート体制・売り出し方が異なります。

売り出しに向けたサポートが充実していればしているほど、円滑かつ高値での売却が可能になるでしょう。

例えば、カウカモでは物件に応じて下記を例とするサポートを行っています。

  • プロカメラマンによる室内の写真撮影
  • ライターによる取材を通し、こだわりポイントや暮らし方をお伺いして写真と一緒に公開
  • 物件の個性や特徴に沿ったリノベーションをCGでわかりやすく提案
  • 物件引き渡し後のトラブルを回避するため、設備保証サービスを提供


依頼先の不動産会社のサポート体制の充実度は、売却価格や売却までの期間や、売却の価格にも影響を与える可能性もあります。そのため、不動産会社を選ぶ際には、サポート体制の充実度も確認しておきましょう。

査定価格をチェックする

不動産会社を選ぶ際は、査定価格も参考にできるポイントです。

査定価格はあくまでも「このくらいの価格で売却できそう」という価格であるため、査定した不動産会社で売却する場合の目安となります。

ただし、相場よりも明らかに高い査定額を提示する不動産会社は注意しなければいけません。

なぜなら、不動産会社と締結をする媒介契約の種類によっては、かならずその不動産会社を通さなければ売却をできないためです。

高い査定額を提示して媒介契約を締結し、結果的には査定額よりも低い価格で売却をするケースもあります。

そのため、周辺地域の相場をあらかじめ確認し、不動産会社に依頼し電話やメールなどで結果がわかる簡易査定(机上査定)で査定額が安すぎない、高すぎない会社に相談するのがおすすめです。

不動産会社の担当者との相性をチェックする

不動産の売却は相談から引き渡しまで、通常半年〜1年程度かかります。

そのため、担当者との相性は不動産会社を選ぶ上でとても大切なポイントです。

自分自身がストレスなく売却を進められること、要望を伝え、要望通りになるよう動いてもらえるかを確認するとよいでしょう。

契約前にあらかじめ相談してみるなど、可能な範囲で担当者との相性を確認しておくとよいでしょう。

不動産売却は仲介・買取どちらがいい?


不動産を売却する方法には、不動産会社に仲介してもらう方法と、不動産会社に物件を買い取ってもらう方法があります。

では、不動産を売却する場合は仲介と買取どちらがよいのか、それぞれメリットとデメリットを紹介します。

仲介のメリット・デメリット

不動産の仲介とは、売り主と買い主の間を仲介する手続きまたはそれをサポートする会社を意味します。仲介する不動産会社は、買い主とのマッチングや、引き渡しまでの手続きなど売却までのサポートをします。

そのため、買い主が見つかるまで不動産を売却できません。

なかなか買い主が見つからない場合は、1年以上経っても売却できないこともあります。経済的な理由などで売却を急がれている方にとっては、デメリットになり得るでしょう。

一方で、買取に比べて売り主対買い主の取引になるため、相場に近い価格で売却できる可能性が高くなります。

より適正価格での売却を目指せるため、期間的に余裕がある方は仲介がおすすめです。

買取のメリット・デメリット

買取とは、不動産会社にその物件を買い取ってもらう売却方法です。

不動産会社が提示する買取価格に納得できれば、すぐに現金化できるのがメリットです。

一方で、不動産会社が物件を買い取るため、相場よりも安値での売却になります。一般的には、相場の80%程度が目安になるため、「できるだけ高値で売りたい」と思われている方には向きません。

不動産会社に売却を依頼する際の注意点

不動産会社に売却を依頼する場合は、下記のことに注意してください。

  • 媒介契約には種類がある
  • 契約書の内容を理解してから契約を締結する
  • 不動産売却後のサポート体制を事前に確認しておく

媒介契約には種類がある

不動産売却を不動産会社に依頼する場合、媒介契約を締結しなければいけません。

媒介契約とは、不動産の売却を不動産会社に仲介してもらうための契約のことを言います。この媒介契約には3つの種類があり、どの媒介契約で締結するかによって不動産売却の制限などが変わります。

一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
複数の不動産会社との契約締結可否 可能 不可能 不可能
自己発見買い主との取引 可能 可能 不可能

記表の通り、一般媒介契約は売り主の自由度が高く、複数の不動産会社と契約をしたり自分で発見した買い主との取引をしたりできます。一方で、専任媒介契約から専属専任媒介契約の順番で、自由度が低くなります。

専属専任媒介契約を締結した場合は、契約を締結した不動産会社を介してのみしか不動産を売却することができません。

その代わり、不動産会社が負う義務も一般媒介契約と比較して多くなります。一般媒介契約と比較すると、専任媒介契約や専属専任媒介契約のほうが、積極的な売却活動をしてもらえるようになるでしょう。

契約書の内容を理解してから契約を締結する

不動産売却に関する契約をする際は、かならず内容をよく理解した上で締結してください。

引き渡し後に思わぬトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあるため、かならず内容は確認しましょう。

不動産売却後のサポート体制を事前に確認しておく

不動産会社によっては、不動産売却後のサポートも行っています。

不動産売却によって発生した利益に対する確定申告のサポート、売却後の住まい選びまでしているところもあるので、相談のタイミングで確認してみましょう。

あらかじめ把握しておくことで、売却後の手続きもスムーズに進められるでしょう。

不動産・物件の売却を検討しているならカウカモへ相談を

不動産売却時には、さまざまな準備、法的手続き、また専門知識が必要です。
 
そのため、不動産会社に依頼や相談をする場合は、「安心して任せられる会社」を選ぶのが大切です。
 
カウカモでは、従来の査定項目に加えて、立地や築年数といった数字ではみえない不動産の資産価値までを丁寧に査定いたします。

中古マンションやリノベーションマンションの購入を希望する方も多く集まっているうえに、売却される物件にプロのライターやカメラマンがお伺いして独自に取材した記事などで物件をアピールするなど、売却につながりやすい環境が整っています。

売却をご検討の方は、ぜひ一度カウカモまでご相談下さい。

カウカモへのご相談はこちら

不動産の売却は不動産会社選びから

今回は、不動産の売却はどこがいいのか?というお悩みに応えて、選び方のポイントをお伝えしました。

不動産売却は契約を締結する不動産会社によって、売却価格や売却までの期間が大きく変わります。

今回お伝えしたことを参考にしていただきながら、ご自身に合った不動産会社を選びましょう。

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。