リノベーションした中古マンションを売却するには?注意点をおさえて成約につなげよう

はじめての売却

中古マンションを売却するとき、築年数や内装の問題で買い手が見つからないのでは?と不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

適切な売却を実現するためには、売却時のポイントを理解しておかなければなりません。

本記事では、リノベーション済みのマンションを売却する際に役立つ注意点とポイントを解説します。売却を検討している方はぜひお役立てください。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

リノベーションマンションは売却に有利

近年、首都圏にある新築マンションの価格が高騰している影響で、中古マンションの需要は高まっています。さらに、時代の移り変わりとともにライフスタイルも変化を遂げ、通常の中古マンションではなくリノベーション済みのマンションを購入する方も増えつつあります。

リノベーション済みのマンションは、物件によって特徴もさまざまですが、水回りの設備が一新されていたり、全室をフローリングに変更したりと、現在のニーズに合った使い勝手のよい間取りになっているケースが多いでしょう。

自分で施工オーダーしてリノベーションすることは難しいと感じる人もいるので、デザイン性の高い内装のリノベーション物件は特に人気が出る傾向にあります。

また、より快適に過ごせる環境を求める人が一定数存在するため、リノベーションなしの状態に比べて、リノベーション済みのほうが好まれやすい傾向があるでしょう。

リノベーションしたマンションを売却するときの注意点

室内の内装も査定結果に大きな影響を与えることがあるため、リノベーションしたマンションはさまざまなメリットがあります。

しかし、一方で注意すべき点も挙げられます。リノベーション済みマンションの売却を検討している方は、どのようなことに注意すべきなのかを知った上で、不動産選びや必要な準備を進めることをおすすめします。

売却価格が高くならない可能性がある

中古物件の購入を考えている方の中には、購入後のリノベーションやリフォームを前提に検討している方もいます。その場合、できるだけ安く物件を購入し、残りの予算で自分好みにリノベーションをしようと考えている人も多いでしょう。

しかし、リノベーション済みの物件の場合、リノベーション費用が上乗せされてしまい価格が高くなることが理由で、購入を見合わせる買い手も出てくる場合があります。

そして、物件への需要が下がってしまうと価格の調整が求められることもあり、売却価格に影響する可能性もあります。

カウカモは、リノベーションマンションに絞って購入を検討している方を多く集めている上に、物件の魅力が伝わりやすい方法でアプローチをしています。そのため、希望価格から大幅に下方修正するような事例は少なく、適正価格で売却できるケースが多くなっています。

カウカモへのご相談はこちら

リノベーション後のデザインが購入希望者の好みに合わない可能性がある

一般的なマンションは、万人向けに比較的シンプルなデザインの内装が多くなっています。一方で、リノベーション済みの物件は、入居者にとって使い勝手のいい間取りやデザインを手に入れられるのが魅力のひとつです。

しかし、売り手の個性があまりにも大きく反映されてしまうと、購入者の好みに合わず買い手がなかなか見つけられない場合もあります。

そのため、スムーズかつ適正価格での売却を目指したい方は、物件と買い手のマッチングに長けた不動産会社選びが重要です。

カウカモは、売却される物件にプロのライターやカメラマンがお伺いして独自に取材した記事や、リフォーム・リノベーションを想定してCGイメージを掲載するなどの独自の手法で物件情報を紹介しています。積極的かつ効果的な販売活動を希望する方は、お気軽にお問い合わせください。

カウカモへのご相談はこちら

売却時に価値が上がりやすいリノベーションマンションの3つの特徴

ここでは、リノベーションマンションを売却する際、価値が上がりやすいマンションの特徴を解説します。

売却を検討している方は、ご自身のマンションの状況と照らし合わせ、該当する項目がないか確認してみましょう。

立地条件がよい

築年数が上がると同時に、マンション自体の価値は徐々に下がる傾向にあります。しかし、利便性の高い立地条件であれば、一定の資産価値を維持することが可能な場合があります。

例えば、郊外のような開発が進んでいない地域では、土地自体の価値が将来的に上昇するという保証がありません。

一方で、駅から近い立地の場合、すでにマンションやビルなどが建設されており、新築マンションが建てられる機会は限られてくるでしょう。つまり、希少性の高さから一定のニーズが見込めるため、同じ築年数のマンションでも立地がいい物件のほうが資産価値を維持しやすいと考えられます。

なお、カウカモでは築年数や広さ以外に、リノベーション、眺望や立地など数字に表れない価値も価格に反映させる多角的な査定を実施しています。隠れた価値を引き出し、物件本来の魅力を見出すお手伝いをいたします。

カウカモへのご相談はこちら

ターゲットの需要を満たしている

売却するマンションの間取りによって、売却するターゲットは変わってきます。

例えば、ファミリーに人気の立地にある3LDKなどの物件の場合、一般的に夫婦と子ども合わせて3~4人程度の世帯に適した物件と考えられ、需要も見込めるでしょう。

夫婦と子どもがいる家庭では、近所に学校や病院、スーパーマーケットなど、生活しやすい環境が整っていることで購入希望者のニーズを満たせる可能性は高まります。

また、共働き夫婦や1人暮らしが多い都心エリアを中心に、1LDK~2LDKなどのリビングが広い間取りが人気です。

間取りだけでなく「ターゲットが必要としている要件をどれだけ満たせる物件なのか」 という点も売却時の価格に影響を与える要素になるでしょう。

日当たりや眺望、メンテナンス環境が良好である

たとえ理想的な条件を満たすマンションがあっても、日当たりが良くないという理由で、ほかの物件が選ばれる可能性もあります。

また、日当たりだけでなく、部屋の窓からの景色も売却価格に影響を与える要素のひとつです。例えば、すばらしい夜景や富士山を望めるなど、マンションの景色も購入希望者が魅力に感じるアピールポイントとなるでしょう。

また、共用部分のメンテナンスがしっかり行われているかも重要です。エレベーターやエントランスなど、不具合がありそうな部分を確認しておくようにしましょう。必要があれば、仲介業者に修繕が必要か相談をするのもおすすめです。

売却前にマンションをリノベーションするメリット・デメリット


ここまで、売却時に価値が上がりやすいリノベーションマンションの特徴を説明しました。

では、売却前のリノベーションは、どのようなメリットやデメリットが考えられるのでしょうか。

【メリット】内覧時にいい印象を与えられる

リノベーションがされていないマンションの場合、たとえ入居予定者が購入後にリノベーションやリフォームを行う予定でも、室内の劣化や汚れは第一印象に影響を与えます。内覧時の印象によっては、購入を決断するまでに時間を要する人もいるでしょう。

しかしリノベーション済みの物件であれば、すでに改装された部分が整えられているため内覧時にいい印象を与えやすいでしょう。

内覧者にとって、リノベーションされていない物件に比べて、リノベーション済みの物件は住み始めた際の生活を想像しやすいと言えます。

また購入後すぐに住める環境になっていれば、より物件への印象が良くなり、売却までの期間が短くなる可能性が高まるでしょう。

【メリット】新築や築浅物件を検討している層にもアプローチできる

リノベーションが済んでいる物件で内装が一新されているものは、新築マンションと同等の美しさも魅力に感じられやすいでしょう。前の居住者の使用感を感じずに生活を始められることから、より快適な空間を得られることもメリットといえます。

また、リノベーション前の物件の場合、購入後のリノベーションにどの程度の費用がかかるか予想しづらいため、正確な予算を把握するまでには時間が必要です。しかし、リノベーション済みの物件は売却額が明確なため、予算の心配がありません。

リノベーション済みの物件は、新築と変わらない住み心地であるにも関わらず、安くてきれいな部屋に住めます。そのため、新築や築浅物件を検討している層へのアプローチも可能となるでしょう。

【デメリット】リノベーション費用が発生する

業者への依頼や相談をすることなく個人で売却前にリノベーションを行う場合、規模によっては数百万円ほどかかってしまう可能性もあります。しかし、その費用が売却額に反映される保証はなく、必ずしも売却額がリノベーション前より上がるとは限らないことに注意が必要です。

中古マンションの購入を検討する人の中には、多少の劣化は想定範囲内であり、購入後のリノベーションやリフォームを検討している方もいます。そのため、物件自体の購入価格を安く抑えたいなどの要望を持つ買い手もいるため、リノベーションの必要があるのかないのかよく検討してから、決断することがおすすめです。

カウカモでは、中古マンションのリノベーションが実質無料でできる不動産売却サポートをご用意しています。

「売れる内装」にリノベーションし、購入希望者にアプローチをします。売却開始から4か月間売れなかった場合は、マンション価格とリフォーム工事費などをあわせた保証価格でカウカモが買い取るので、「リノベーションしても売れなかったらどうしよう」と不安に思う必要もほとんどありません。

不動産売却サポートについて詳しく知りたい方は、下記をご確認ください。

カウカモの不動産売却サポートについて知りたい方はこちら

リノベーションマンションの売却に強い不動産会社に相談しよう

リノベーションした中古マンションは、物件の特徴に合わない不動産会社を選ぶことで、売り手が見つからない可能性もあり、また売却価格を下げて売り渡しが必要になるなどのリスクも考えられます。

中古マンションやリノベーションマンションを売却したい場合に、新築ばかりを取り扱う不動産会社を選んでしまうと、買い手が見つかりづらくなり売却までに時間がかかる可能性もあるでしょう。

不動産会社によって専門とする分野が異なります。売却前に不動産会社の特性を見極め、適した不動産会社を選ぶことが大切です。

その不動産会社の取り扱う物件と売却予定の物件の条件がマッチしやすいか、ホームページなどを参考に事前に確認することがおすすめです。

また、自身が住んでいる物件を売却するときには、物件の買い手を見つけるだけでなく、自分自身の新たな住まいも探さなければなりません。住み替えを検討している方は、住み替えサポートが充実している不動産会社へ相談すると、部屋探しもスムーズでしょう。

リノベーションマンションの売却をご検討の方はカウカモにご相談ください

カウカモが運営するメディアでは、売却される物件にプロのライターやカメラマンがお伺いして内装デザインやこだわり、暮らし方などを取材し、丁寧に作り上げる物件紹介記事を掲載しています。

さらに、カウカモは豊富な販売実績や多くの知見から築年数や広さ以外にも、眺望や立地を含む多角的な査定を行い、その物件の価値を最大限に引き出して、適正価格で売却できるようサポートいたします。

リノベーションマンションに特化しているので、購入意志が高い顧客を見つけやすくなり、ポータルサイトでは売却につなげにくい物件も、カウカモで売却に至ることもあります。

また、カウカモでは現在の住まいを住み継いでくれる方と、ご自身の次の住まいを並行して探すことができる「住み替えサポート」を行い、スピード感ある住み替えをお手伝いします。

中古マンションの売却をご検討の方は、リノベーションマンションの売却に強いカウカモへぜひご相談ください。

カウカモへのご相談はこちら

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。