リノベーションしたマンションでも適切な査定を受けられる?売却価格を左右するポイントも解説!

はじめての売却

一般的に住み心地や見た目の印象がアップするリノベーションですが、ご希望の売却価格を実現するためには、売却を任せる業者選びが重要になります。

特に、さまざまな要素を加味した査定が求められるリノベーション物件の査定は、通常の査定よりも難しく、査定業者の選択は売却価格に影響をおよぼします。

この記事では、リノベーション済みの中古マンションが、売却時に適切な査定価格となるのか解説します。

リノベーション済みマンションを正しい価値で査定してもらいたいとお考えの方や、売却前にリノベーションを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

リノベーションしたマンションも売却時の査定は適正価格がつくのか

一般的には、築年数が古くてもリノベーションすることで住みやすさや見栄え、内覧時の印象も良くなり、高く売れやすくなります。また、リノベーションすることで、新築同様の内装や設備となるので、築浅物件を検討している層までアプローチすることが可能になるなど、さまざまなメリットが存在します。

ただし、できるだけ安い価格で中古物件を購入し、その後自分好みにリノベーションしたいと考える購入検討者も一定数います。

もしも、売却前にリノベーションをするかを今から検討する際は、リノベーション済みマンション、リノベーションしていない中古マンションなどの需要を調べつつ、実施可否を判断すると良いでしょう。

売却を依頼する不動産会社がどのような顧客を抱えているかによっても、査定価格は左右されます。リノベーションマンションを希望する顧客を多く抱えている不動産会社ほど、適正価格での査定が可能になるでしょう。

リノベーション済みのマンションを売却するメリットと注意点

リノベーションを済ませたマンションを売却するメリットと注意点をそれぞれご紹介します。

リノベーション済みのマンションを売却するメリット

リノベーション済みマンションの売却は、購入検討者に良い印象を与えられるメリットがあります。

リノベーションを済ませていることで、購入希望者が内覧する際、実際に入居したときの住みやすさのイメージが湧きやすく、単純にきれいな見た目ということで購入意欲も大きくなりやすいでしょう。

また、リノベーションによって内装が新築に近くなるので、新築や築浅希望など、より幅広い物件購入者層にアプローチできるというメリットもあります。

特に、好立地の場所ほどすでにマンションや戸建てが建っており、新築物件が探しにくいことから、新築希望の購入者にとって良い物件をみつけることは難しくなります。

新築や築浅に近い状態と好立地を両立したリノベーション物件は、こういった新築や築浅マンションの購入希望者の新しい選択肢となりえます。

リノベーション済みのマンションを売却する際の注意点

リノベーション済みのマンションを売却する際は、気を付けるべき点もいくつかあります。

まず、リノベーションしても、その内容によっては売却価格が高くならない可能性があります。内装は好みがわかれるため、場合によっては購入希望者が現れないこともあるからです。

売却前にリノベーションする場合は、比較的売却しやすい内装という観点でリノベーションすることも視野に入れると良いでしょう。

また、リノベーションの価値を踏まえて正確な査定価格を出すことは難しく、不動産会社であってもリノベーション物件を得意としないところもあります。

特に、マンション売却の際には一括査定を利用することもあると思いますが、こうした査定では希望する結果にならないケースもあるので注意が必要です。

そのため、インターネットの一括査定などよりも、リノベーションマンションの売却を得意とする不動産会社を選定して、査定や売却を依頼するのが良いでしょう。

カウカモでは、リノベーションの価値に加えて、展望や立地、内装など、数字には表れない価値も含めて価格に反映させる、多角的な査定を実施しています。さらに、購入希望者を多く集客しているため、成約につながりやすいのが特徴です。

カウカモへのご相談はこちら

2種類のマンション売却方法

マンションを売却する際は、一般的には仲介か買い取りの2種類のうちどちらかを選択します。それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

仲介でマンションを売却する方法

仲介でマンションを売却する場合、不動産会社が物件を仲介する形で買い主を探します。そのため、買い主は個人の方になります。

不動産市場の相場価格で売却できる点がメリットとなる一方、買い取りに比べて買い主を探す期間が必要になるため、売却まで時間がかかりやすいのがデメリットとなります。

早く売ることにこだわりがなく、買い手が見つかる可能性の高い築年数浅めの物件などが仲介に向くケースといえるでしょう。

買取でマンションを売却する方法

買取は、不動産会社が買い主になるパターンです。不動産会社がマンションを購入する形になるため、比較的早く売却できる点がメリットです。

すぐに現金化したい、早く引っ越さないといけない理由があるといった場合は、買取のメリットは大きいでしょう。ただし、仲介で売却する場合と比べると、売却価格が低くなることがあるので注意が必要です。

リノベーションマンション査定価格を左右する8つのポイント


リノベーションマンションの査定価格を左右するポイントは以下の8つです。それぞれご紹介します。

立地

マンションの立地は査定価格に大きく影響します。

例えば、最寄り駅からの距離や、その駅が急行停車駅であるかは、重要な要素の一つです。

また、物件近くにスーパーや学校、病院などがあるか、周辺の治安が良さなど、生活しやすい立地であるほど購入意欲が高まる傾向にあるため、査定価格が高くなります。

築年数

築年数が古くなれば古くなるほど、資産価値は減少する傾向があります。

一般的に、物件は築年数によって売り時があり、マンションの売り時は築15~25年目くらいまでとされています。

また、新耐震基準が適用され始めた1981年(昭和56年)6月1日以降に建築許可が下りた物件かどうかも重要となります。

グレード

一口にマンションといってもさまざまなグレードがあり、格安マンションから高級マンションまで存在します。

外壁や内装で使用される仕上げ材によって高級感が出ることでグレードが上がり、物件がより高く査定されやすい傾向にあります。

施工会社・販売会社

マンションの施工会社や販売会社も査定価格に影響をおよぼします。

大手デベロッパーが販売するマンションブランドや、大手施工会社が建築したマンションは、一般的に査定価格が高くなる傾向があります。

階数

売却する部屋がマンションの何階に位置するかも、査定価格に影響します。一般的に、階数が高いほど採光や展望が良くなるため、査定価格は高くなる傾向があります。

ただし、採光や展望は階数だけでなく周辺の建物にも影響を受けるため、階数によって実際に出る価格差は、マンションによっても異なります。

日当たり

日当たりの良さも査定のポイントの一つといえるでしょう。一般的には、東西南北のうち南向きの部屋が最も高く査定され、次いで東西、北の順に低くなります。

ただし、南向きであっても近くに高いビルなどが建っていると意味がありません。日差しを遮る建物が現時点で建っていないか、今後の建築予定がないかなども重要になります。

広さ・間取り

住戸の広さや間取りはマンションの査定価格に直結します。ただし、必ずしも広ければ評価が高いというわけではなく、ファミリー層が多い、単身者が多いなど、その地域の需要によっても多少左右されるでしょう。

広さによる価格は、物件の1㎡当たりの価格(㎡単価)を算出し、そこに専有面積をかけて計算します。

共用部分の設備

共用部分の設備も査定に影響を与えます。

例えば、建物全体の玄関にあたるエントランスも価格査定の対象になります。また、オートロック、セキュリティシステム、ゲストルーム、ジムなどが設備として備わっているかなどでも査定価格が変わってきます。

リノベーションマンションの査定ならカウカモにご相談ください

リノベーションマンションの査定なら、中古物件に強い不動産会社への相談がおすすめです。

中古マンションやリノベーションマンションの売却に強いカウカモは、従来の不動産査定項目だけでない、さまざまな観点から査定を行います。

さらに、カウカモは築年数の古いマンションを中心に扱う不動産サービスなので、中古マンションやリノベーションマンションを購入したい方に向けて、より強くアピールが可能です。購入希望者が多く成約につながりやすい環境で、よりスムーズな売却をご検討ください。

カウカモへのご相談はこちら

納得のいく査定をしてもらいましょう

築年数の古い物件であっても、一般的にはリノベーションにより資産価値は向上します。新築物件より手頃な価格帯で快適な住み心地が得られるため、あえて中古物件やリノベーションマンションを中心に購入検討する層も少なくありません。

リノベーションの内容にもよりますが、適切な査定額で成約まで至ることも十分可能です。

ただし、リノベーション物件の査定は通常の査定よりも難しいため、リノベーション物件を扱う経験が豊富な業者やサービスを利用し、納得いく価格での成約を目指すのが良いでしょう。

カウカモへのご相談はこちら

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。