マンション売却の業者の種類は?仲介と買取の違いとメリット・デメリットを解説

上手に売るコツ

マンションの売却を検討している方の中には、どのようにマンションを売却すればいいのか、どの業者に依頼すべきか、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

マンション売却は人生の大きな選択のため、業者選びは慎重に行う必要があります。

そこで本記事では、マンション売却の業者の種類と、それぞれのメリット・デメリットを解説します。どの業者を選ぶべきなのかを理解し、マンション売却の一歩を踏み出しましょう。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

マンション売却を依頼する不動産業者は2種類ある

マンションを売却するには不動産業者に依頼するのが一般的ですが、マンション売却する際に依頼できる不動産業者には2種類あります。

ひとつ目は、売主からマンションの売却依頼を受けて販売を行う仲介業者です。街の不動産屋も仲介業者が多いため、不動産業者と言われて最初に頭に浮かぶのが仲介業者でしょう。

ふたつ目は、買取業者と呼ばれる不動産業者です。買取業者はマンションを自社で買取りし、リノベーションなどの手を加えて販売する事業を行っています。テレビCMなどを多く行っている訳ではないため、初めて聞く方も多いかもしれません。

以下では、仲介業者、買取業者のそれぞれの特徴についてご紹介します。

仲介業者の特徴

仲介業者は、マンションの所有者から売却の依頼を受けて販売活動を進め買主を探す業務を行っており、売主と買主の間に入ることから、仲介業者と呼ばれています。

売主は仲介業者に売却を依頼して、成約した際に報酬として仲介手数料を支払います。仲介業者に売却を依頼するのは一般的な手段ですが、依頼する際にはメリット・デメリットを把握したうえで依頼しましょう。

以下では仲介業者のメリット・デメリット、仲介業者での売却が向いている方について解説します。

仲介のメリット

仲介のメリット
  • 取引の安全性が保たれる
  • 買取よりも高い金額で売却できる可能性が高い
  • 個人で売却するよりも手間が少ない

仲介業者は売主と買主の間に入るため、不動産取引での第三者的立場です。そのため、売主・買主に対して公平な立場となり、取引の安全性を保つ役割があります。どちらか一方に不利になるような契約にはならないため、安心して売却できるでしょう。

また、買取業者に依頼するよりも高値での売却が期待できます。マンションを一般市場で取引するため、相場価格での取引が可能です。

さらに、契約時や引き渡し時の必要書類のアナウンスや、手続きの手順などを仲介業者がサポートしてくれるため、複雑な不動産取引であっても多くの手間はかかりません。初めてのマンション売却で不安な方でも、スムーズに取引できるでしょう。

仲介のデメリット

仲介のデメリット
  • いつ売却できるかわからない
  • 金額の見通しが付きにくい

仲介業者に依頼して売却する際には、買主を見つけなければなりません。仲介業者が積極的な営業活動をしていても、なかなか買主が見つからないこともあるでしょう。販売が長引いてしまうと、いつ売却できるのかとストレスを感じてしまいます。

また、マンション売却では買主から価格交渉が入るケースがあります。購入検討者が多くいる場合には、価格交渉に応じずにほかの買主を見つける選択肢もありますが、購入検討者が少ない状態では価格交渉に応じざるを得ないこともあるでしょう。

本当に売却したい価格で売れるかどうかは、売却が成立するまでは明確ではありません。

 カウカモは中古住宅の購入者と売却者をマッチングするプラットフォームを運営しており、購入希望者が見つかりやすい点が特徴の不動産会社です。少しでも高く売りたいと考えている方は、売却実績が豊富なカウカモにぜひご相談ください。

カウカモへのご相談はこちら

仲介業者での売却が向いている方

ここまでメリット・デメリットを紹介しましたが、仲介業者での売却が向いているのはどんな方なのでしょうか。

売却が向いている方
  • スピードよりも価格を重視する
  • 取引の安全性を重視する

マンションを売却する方の中には、売却希望時期の目安はあるものの、急いでいる訳ではない方も多いでしょう。売却するまでのスピードよりも、より高値での売却を重視する方は仲介業者がおすすめです。

仲介業者に依頼することで、相場価格もしくは相場価格以上での売却が期待できます。

また、仲介手数料を支払ってでも安全な取引をしたい方は、仲介業者での売却がおすすめです。

マンション売却は大きな金額の取引になるため不安も大きいでしょう。しかし、仲介業者に買主との間に入ってもらい、公平な取引を行うことで、取引の安全性も高められます。

買取業者の特徴

買取業者は、自社でマンションを売主から買取り、リノベーションなどを行ったうえで再度売却する事業を行っています。

買取業者に売却を依頼することで、売主と買取業者の直接契約になるため、仲介手数料はかかりません。

では買取には仲介とどんな違いがあるのでしょうか。取引方法自体が仲介と大きく異なるため、買取について内容を理解しましょう。

買取のメリット

買取のメリット
  • 現金化までのスピードが早い
  • 周囲に知られずに売却できる

買取業者がマンションを買取る際には、基本的には現金で購入します。そのため、一般の方が購入する際のローンが不要になり、契約・引き渡しが短期間で行えます。取引内容にもよりますが、1か月程度で現金化できるケースが多いです。

また、買取業者へ売却する際には、仲介業者に依頼するケースのように買主を探す必要がないため、売却情報が一般に公開されません。マンション売却を検討している方の中には、売却していることを周囲に知られたくない方も多いでしょう。そのような場合でも安心して売却できます。

買取のデメリット

買取のデメリット
  • 市場価格よりも安くなってしまう
  • 取引の安全性に注意が必要

買取業者は事業として買取を行っているため、収益性を上げるにはできる限り安く購入しなければなりません。そのため、仲介に依頼して売却する際の市場価格よりも売却価格は安くなってしまいます。

また、不動産会社の直接契約になるため、取引の安全性の面は要注意です。契約内容もすべて自分で確認しなければならないため、契約書の読み込みなどを怠らないようにしましょう。中には悪質な業者がいることも否定できないため注意が必要です。

買取業者への売却が向いている方

売却が向いている方
  • 売却を急いでいる
  • 周囲に売却を知られたくない

買取業者への売却は1か月程で現金化できることや、スケジュールを調整してもらいやすいため、売却金額よりも売却までの期間を優先したい方は、買取業者への売却を検討してもよいかもしれません。

また、ネガティブな売却理由などで周囲に売却していることを知られたくない方も、買取であれば情報が一般に公開されないため、買取業者を選ぶとよいでしょう。

仲介と買取どちらを選ぶべきか


仲介と買取の特徴やメリット・デメリットの解説をしましたが、自分はどちらを選ぶべきか悩んでいる方もいるでしょう。

不動産業者を選ぶ際には、マンションを売却する目的に応じて判断しましょう。

具体的には以下のような内容です。

不動産業者を選ぶ基準
  • 売却スケジュールに余裕があるか
  • 売却資金の使い道は何か
  • マンションに不具合はあるか

それぞれの項目を解説します。

売却スケジュールに余裕があるか

計画した売却スケジュールに余裕があるなど、早期に売却しなければならない理由がない方は、より高値での売却が期待できる仲介がおすすめです。仲介の担当者と、アピールポイントを考えたり、より売却しやすくするための話し合いを重ね、納得いく成約につなげましょう。

一方で、早期に売却しなければならない理由がある方は、買取業者がおすすめです。

買取業者であれば、取引条件がまとまればすぐにでも契約が可能です。引き渡し時期も柔軟に調整できるため、希望の時期に現金化できる可能性があります。

売却資金の使い道は何か

仲介か買取を選ぶ際には、売却資金の使い道を踏まえて決めましょう。

買い替えが理由の売却など、買い替え先の資金にするために少しでも高く売却したいのであれば仲介がおすすめです。仲介で売却することで、売却だけでなく新居の購入まで一連の流れをサポートしてくれるため、安心して取引できるでしょう。

マンションに不具合はあるか

マンションに不具合があるかどうかも判断基準の1つです。

現在のマンションの設備などに不安があり売却後に修理費用などのトラブルを避けたい方は、買取業者への売却を検討する方が一般的には多いと言われています。

しかし、仲介業者であっても事前に設備の不具合が不安な旨を伝えることで、相談に乗ってもらうこともでき、必要な施策を提案してくれる業者もあります。仲介業者によっては設備面の不安を解消する独自サービスを用意している会社もあるため、手厚いサービスを受けられるでしょう。

仲介業者を選ぶときのチェックポイント

満足のできるマンション売却にするためにも、仲介業者はしっかりと精査しなければなりません。どのような基準で仲介業者を選べばいいかわからない方は、以下のチェックポイントを参考にしてみてください。

仲介業者を選ぶときのポイント
  • 得意分野は何か
  • サポート体制は充実しているか
  • 多くの顧客を抱えているか
  • 信頼できる担当者か

仲介業者によって得意分野は異なります。不動産全般を扱ってはいるものの、立地柄一戸建てが得意な業者やマンションが得意な業者などさまざまです。仲介業者が販売している物件などを参考に、その企業の得意分野を見極めましょう。

また、サポート体制は充実しているか、そして、多くの顧客を抱えているかも判断基準の1つです。不動産はインターネットで探す方が多いですが、顧客が多い会社は、販売を開始した直後から購入検討者へ向けて発信できるため、成約の可能性も高くなります。

担当者が信頼できるかどうかもしっかりとチェックしましょう。担当者とは、売却を開始する前から売却完了後まで長い期間やりとりを行います。頼りない担当者の場合、売却にストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

レスポンスが早い、回答がはっきりしているなど、安心して任せられる担当者と出会い、依頼できることが理想です。

カウカモは丁寧な査定で中古リノベに特化

仲介業者選びで悩んでいる方は、ぜひ一度カウカモにご相談ください。

カウカモでは、マンション1つ1つの個性を見立てる査定を行っています。通常の査定であれば築年数や広さなどの数字で判断できる部分で査定を行いますが、カウカモでは立地や眺望、内装など、数字で表せない部分も含めて多角的な査定を行っています。

また、マンションのストーリーが伝わる取材記事や、プロカメラマンによる写真撮影で住まいの魅力を最大限にアピールします。現在の住まい探しはインターネットで行うことが多いため、インターネットでマンションの情報収集をしている方に豊富な情報を届けられます。

さらに、カウカモでは仲介だけでなく、買取にも対応しているため、それぞれの売却事情に合わせた最適な提案が可能です。

カウカモへのご相談はこちら

マンション売却は業者選びが重要

本記事ではマンション売却の業者の種類と、それぞれのメリット・デメリットを解説しました。

希望日までに売却できるか、希望の価格で売れるか、売却の目的を達成できるかは業者選びで変わってきます。

業者選びで悩んでいる方は一度売却の目的を明確にし、実現のために必要な要素を整理しましょう。要素を踏まえたうえで、適正価格で売却ができる業者選びがおすすめです。

カウカモは、中古マンションの、眺望や立地、内装などの数字には表れない価値も価格に反映させる多角的な査定を実施しており、購入希望者も多く利用しているプラットフォームです。

まずは一度、ご相談ください。

カウカモへのご相談はこちら

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。