マンション売却のスケジュールを紹介!活動をスムーズに進めるポイントも解説

上手に売るコツ

マンションを売却するには4か月ほどかかることが一般的です。どのようなスケジュールで進むのか紹介するので、売却計画を立てるときに参考にしてください。


また、売却をスムーズに進めるポイントも解説します。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

マンション売却の流れ・スケジュール

マンションの売却は、既定の流れに沿って進めていきます。

マンション売却の流れを5つのステップに分けて紹介します。また、それぞれのステップで何をするのかについても見ていきましょう。

マンション売却の流れ
  • 売却の目的と優先順位を決める
  • マンション売却時の相場を確認する
  • 不動産会社に査定を依頼する
  • 不動産会社と媒介契約を締結する
  • マンションの売却活動の開始する
  • 売買契約を開始する
  • 物件の引き渡しをする

また、各ステップのおおよその期間は以下の通りです。

流れ 期間
売却の目的と優先順位を決める
マンション売却時の相場を確認する
不動産会社に査定を依頼する
不動産会社と媒介契約を締結する
1~4週間程度
マンションの売却活動の開始 売買契約 1~3か月
物件の引き渡し 1~2か月

売却の目的と優先順位を決める

まずは、何のために売却するのか、目的を明確にして、家族で共有しましょう。

例えば、転勤に合わせて引っ越すため、子どもが学校に通いやすい場所に引っ越すため、より広い住宅に住み替えるため、などの目的が考えられます。

また、売却時に優先するポイントを順位づけて決めていきます。

例えば、とにかく早く売却したいのか、それとも時間がかかっても価格重視で売るのかなどを決定します。

マンション売却時の相場を確認する

不動産会社に査定を依頼する前に、マンションの相場を調べておきましょう。

相場を調べておくことで、不動産会社の査定が高めなのか低めなのか判断しやすくなります。

まずは、不動産会社のポータルサイトなどで似たような立地、床面積、築年数の物件を調べて割り出します。

また、不動産流通機構(レインズ)のレインズマーケットインフォメーションでは、成約した物件の取引額についての情報を公開しています。

ぜひ参考にして、売却したいマンションがおおよそどの程度の相場なのか把握しておきましょう。

不動産会社に査定を依頼する

相場を確認した後に、不動産会社に査定を依頼します。

いくつかの不動産会社に依頼すると、より現実的な価格が見えてきます。

中古マンションの売却を得意とするカウカモでは、個性を見立てる査定で隠れた価値も評価します。ぜひお問い合わせください。

カウカモへのご相談はこちら

不動産会社と媒介契約を締結する

マンション売却を依頼する不動産会社と媒介契約を結びます。

1つの不動産会社に依頼し、売主自身は買い手を探さないときは専属専任媒介契約、1つの不動産会社に依頼しながら売主自身も買い手を探すときは専任媒介契約、複数の不動産会社に依頼するときは一般媒介契約を選びましょう。

以下の記事ではそれぞれの媒介契約の特徴やメリット、選び方を解説しています。ぜひ参考にしてください。

関連記事:マンション売却は何から始める?流れとポイントを解説

マンションの売却活動の開始する

媒介契約を締結すると、不動産会社によるマンション売却活動が始まります。

一般媒介契約か専任媒介契約を結んだときは、売主自身も買い手を見つけることができます。知り合いに声をかけてみるなど、独自に売却活動を進めるのもよいかもしれません。

想定スケジュールに合わせてスムーズにマンション売却するためのポイント


引っ越しが決まっている、新しいマンションを購入するための資金が必要など、マンションを早く売りたいケースも少なくありません。

スムーズに売却するポイントを紹介するので、参考にしてください。

専属専任媒介契約か専任媒介契約のいずれかを選ぶ

マンション売却の窓口となる不動産会社を定める契約のことを「媒介契約」と呼び、「一般媒介契約」や「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」の3つの種類があります。

複数の不動産会社に仲介を依頼できる「一般媒介契約」を結んだ場合は、不動産会社は定期的に売主に販売状況を報告する義務があるわけではないため、あまり積極的に販売するとは限りません。

急いで売りたいときは、特定の会社とのみ不動産売却の媒介契約を結ぶ「専属専任媒介契約」か「専任媒介契約」を選ぶようにしましょう。

中古マンションの売却を得意とする不動産会社に依頼する

中古マンション売却のノウハウを持っている不動産会社に依頼すると、早く買い手が見つかります。

中古マンションを得意とするカウカモでは、多くの購入希望者が集まる流通プラットフォームを運営しており、購入希望者が見つかりやすい点が特徴の不動産会社です。

カウカモへのご相談はこちら

清掃やリノベーションについて不動産会社に相談する

中古マンションによっては、状態が良くないために買い手がつきにくいことがあります。

不動産会社とも相談して、清掃やリノベーションを実施してから売ることも検討しましょう。

カウカモではリノベーションのアドバイスから、リノベーションの価値も含めた査定にも対応しています。

また、リノベーションをする必要があるマンションでも、リノベーション後の様子をCGイメージで提示して購入希望者にアピールするので、より売れやすいマンションに仕上げていきます。

カウカモへのご相談はこちら

マンションを買い替える際のスケジュール

マンションを買い替える場合は、「買い先行」と「売り先行」でスケジュールが異なります。

買い先行とは新しい住まいを購入してから家を売却することをいい、売り先行は家を売却してから新しい住まいを購入することをいいます。

ここでは、それぞれのスケジュールを紹介します。

買い先行の場合

買い先行は、以下のスケジュールで買い替えを進めます。

買い先行の買い替えスケジュール
  • 引っ越し先のマンションを購入する
  • 引っ越す
  • 売却活動を始める

買い先行でマンションの買い替えを行うと、生活しているところを内覧されない、落ち着いて売却活動ができるなどのメリットがあります。

その一方で、ローンを完済していないときには資金繰りが難しくなることもあるので注意しましょう。

売り先行の場合

売り先行は以下のスケジュールで買い替えを進めます。

売り先行の買い替えスケジュール
  • 売却活動を開始する
  • 売却をする
  • 引っ越し先のマンションを購入する
  • 引っ越す    

売り先行でマンションの買い替えを行うと、購入資金を確保しやすい、資金の流れがわかりやすいなどのメリットがあります。

しかし、いつまでも売れないと引っ越せなくなる点には注意が必要です。

マンション売却のスケジュールに関するQ&A

マンション売却のスケジュールに関して、よくある質問と答えを紹介します。

ぜひ参考にして、疑問を解消しておきましょう。

Q.不動産会社に売却の相談から売却完了までのだいたいの期間は?

不動産会社に相談してから売却完了までに、一般的に4か月ほどかかります。

売り先行で買い替えを進める場合は、4か月後を目安にして買い替え先を探しましょう。

Q.もしも引き渡しのスケジュールを後倒しにしたい場合は?

通常は契約時に引き渡しの日時を決めているので、契約違反となりペナルティが生じることもあります。お互い心地良く取引を進められるように、買い手に誠意が伝わるような対応を心がけましょう。

また、スケジュールが後倒しにならないように、早めに引っ越し業者を押さえておくことも大切です。

Q.引き渡しの日時はどう決める?

買い手との相談で決定します。

ただし、所有権移転登記を確認するためにも、法務局が開いている時間帯で行うので、平日の日中が基本です。

マンション売却のスケジュールが不安なら、ぜひカウカモへご相談を!


カウカモでは、マンション売却をスムーズに進める「売却サポート」を実施しています。

リノベーション済みのマンションだけでなく、リノベーションをしていないケースにも対応し、どちらのケースにおいても多くの実績があります。
中古マンションの売却ノウハウが豊富で物件を魅力的に紹介するカウカモに、大切なマンションをお任せください。

カウカモへのご相談はこちら

マンション売却は計画的に進めよう

マンション売却には平均4か月ほどかかります。

しかし、媒介契約の種類や対応する不動産会社などによっては、それ以上の期間がかかることもあるでしょう。

マンション売却を計画的に進めることで、買い替えもスムーズに進みやすくなります。

ぜひカウカモでスムーズな買い替え、売却を実現していきましょう。

カウカモへのご相談はこちら

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。