リフォームとリノベーションの違いとは?売却時のメリットや不動産会社の選び方!

はじめての売却

マンション売却時の悩みどころとして、売却前にリフォームやリノベーションを施しておくべきか悩んでいる方も多いでしょう。

ここでは、リフォームとリノベーションの違いや、それぞれの売却時のメリットについて解説します。あわせて、マンションを売却する際の不動産会社の選び方についても解説します。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

リフォームとは

リフォームとは、老朽化などの理由から「マイナス」の状態になっていた建物を、キッチンの設備を変更したり、壁紙を張り替えたり、外装を塗り直したりするなどして最初の新築同様の状態に改築するという意味です。

リノベーションとは

一方、最近はリノベーションという言葉もよく使われます。

これは、既存の建物に大規模な改装工事を施し、新たな価値や機能を付け加えることを意味します。

ライフスタイルや生活環境に合わせて住居を自由にアレンジできる点が魅力で、場合によっては耐震工事なども行うことができます。

それぞれのメリット・デメリットから違いを考える

ここまで、「リフォーム」と「リノベーション」の違いについて説明しました。

では、両者の特徴を踏まえて比較した場合、それぞれのメリットとデメリットは何でしょうか。詳しく説明します。

リフォーム・リノベーションのメリット

今まで使っていた愛着のある建物を、住み心地や雰囲気を保った状態で造り替えられるのが、リフォームの最大のメリットです。

改修するのは一部分だけの場合が多く、工事中の仮住まいを気にする必要がありません。また工事期間も短め、予算も安めで済むのも魅力です。

一方、リノベーションのメリットは、自分に合った好みの居住空間を、生活スタイルに沿った形でデザインできる点にあります。

これも工事費用は安価な場合が多く、中古物件をリノベーションして使用すれば、新築の建物を購入するよりもはるかに低コストで済むでしょう。

リフォーム・リノベーションのデメリット

リフォームにはデメリットもあります。あくまでもリフォームは、建物の状態を新築同様に改築することが目的なので、大規模な構造・デザインの変更はできません。

表面的な改修ならリフォームでも可能ですが、建物の基礎や構造の強化工事をリフォームすると、特に大きな変化はないのに費用だけが高くつく結果になりかねません。

一方のリノベーションのデメリットは、耐久性に難がある築古物件だった場合、耐震工事も必要になるという点です。その場合は費用が上がり、工事期間が長引く可能性もあるので注意が必要です。

マンション売却前にリフォーム・リノベーションをしているメリット


ここまでで、リフォームとリノベーションの違いについて説明しました。

ではマンションを売却する際、事前にこうした修繕工事をしておくとどういうメリットがあるのでしょうか。

物件自体の価値を高められる

マンションを売却する前にリフォームやリノベーションを施しておくと、その物件の価値を向上させることにつながります。

不動産の売買時に、明らかな故障や修理が必要な部分があると、値下げや値引きのリスクを生じることになります。しかし、先回りしてリフォーム・リノベーションをしておけば、そうした事態も防げる場合もあります。

また、先に建物をリフォーム・リノベーションしておけば、買主がリフォームローンを組む手間も省けます。リフォームローンは、住宅ローンと比べて金利が高いため、それが不要となれば買主からも喜ばれるでしょう。

築年数が古くても買い手がつきやすくなる

売却前にリフォーム・リノベーションをすることで建物の見栄えがよくなります。そうすれば印象も良くなり、たとえ築古物件でも買い手が付きやすくなるでしょう。

特に古い物件の場合、あらかじめ修繕しておくと、新築と大差ない内装と中古物件と変わらない価格を両立できることになります。

短期間で売却できるようになる

マンションをリフォーム・リノベーションしてから売り出すと、似た物件が同じタイミングで売りに出されていた場合、差別化が図れるので早く売却できる可能性が高まります。

つまり、リフォーム・リノベーションによって「ライバルに差をつけられる」ということです。

似たような物件があるとどうしても競合し、買い手が見つかりにくくなりますが、外装・内装を修繕しておけば、買い手の注目度も上がることでしょう。

瑕疵担保責任の心配が少なくなる

マンションの売却前に、リフォーム・リノベーションを施しておくことで、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」に問われるリスクを軽減することができます。

瑕疵担保責任とは、売った不動産に問題があった場合、その責任を売主が負うというものです。事前にリフォーム・リノベーションを行うことで、行っていない場合と比べて不具合が少なく、心配が減るでしょう。

信頼できる不動産会社の選び方

リフォーム・リノベーションした物件を売却する場合、問題になるのは物件そのものの状態だけではありません。

どんなに良い物件でも、取り扱う不動産会社の腕次第ではなかなか売れないこともあります。

では、信頼して任せられる不動産会社を見つけるポイントとは何か、このあとで解説します。

マンションの魅力を正しく伝える提案力

マンション売却にあたり、信頼できる不動産会社を見つけるための大きなポイントは、「物件の魅力を買主に正しく伝える提案力があるかどうか」です。

不動産会社にもそれぞれ得意分野があります。

マンションの取り扱いに長けており、実績も豊富な会社なら申し分ありませんが、その物件のリスクやデメリットも説明する誠実な会社なら、信頼に値するでしょう。

買い手を集める集客力

現在は、不動産会社にとって「集客が難しい」時代です。人口減少や顧客の価値観の多様化など、原因はさまざまです。

だからこそ、インターネットや広告を駆使して買い手を集められる不動産会社は販売に積極的であるとみることができます。

過去の売却実績や専門性

過去の売却・販売実績や専門性も重要なポイントです。実績のある不動産会社なら、顧客の希望の傾向や注意点などを、購入者目線できちんと判断できるものです。

そうした目線を持つには、やはり専門知識が欠かせません。担当者の対応をきちんと観察し、会社のホームページもチェックしながら、その経験と知識を見極めましょう。

リフォーム・リノベーションマンションを売却する場合はカウカモにご相談ください

リフォーム・リノベーションを施したマンションの売却時におすすめしたいのが、リノベーションに特化した中古住宅の流通プラットホーム「カウカモ」です。

カウカモは、中古・リノベーションマンションの売却実績が豊富で、利用者数も大幅に増加しています。築年数や広さなど従来の査定項目に加え、リノベーションの価値や眺望、立地、内装などの数字には表れない価値も価格に反映させる多角的な査定を実施しています。

リノベーション物件の売却を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

カウカモへのご相談はこちら

リフォームやリノベーションの特徴を理解し売却に役立てましょう

マンションを売却する際は、リフォーム・リノベーションを施して、その物件の価値を高めておきましょう。そして信頼のおける不動産会社を見極めて、満足のいく取引ができるようにしてください。

カウカモへのご相談はこちら

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。