マンションの売却から住み替えまでの手順を解説!成功させるポイントも紹介

お金の話

マンションを売却して新しい住宅に住み替えることは一般的に行われています。しかし、スムーズな住み替えのためには、売却から住み替えまでのスケジュールや資金繰りに注意する必要があります。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

マンション売却から住み替えまでの手順

マンション売却から住み替えまでの手続きは、先に自宅マンションを売却してから住み替え先を決める「売り先行」と、住み替え先を決めてから自宅マンションを売却する「買い先行」の2パターンがあります。

どちらもメリットとデメリットがあるので、いずれを選択するか慎重に検討する必要があります。

【売り先行】先に自宅マンションを売却する場合

先に自宅マンションを売却してから住み替え先を決定することを「売り先行」といいます。まずは、売り先行のメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

売り先行のメリット

売り先行の場合、自宅マンションの売却代金を取得して、その資金で住み替え先を購入できるので資金繰りが安心というメリットがあります。

また、資金繰りに不安がないので、マンションを売り急いで相場より安く売却するような事態も避けることができます。このため、売り先行でマンションを住み替える方は比較的多いでしょう。

売り先行のデメリット

しかし、売り先行の場合、マンションの売却から住み替え先の決定までに時間がかかるときは、仮住まいが必要となります。

このため、複数回の引っ越しをすることで費用や手間が余計にかかる点は、売り先行のデメリットといえるでしょう。

【買い先行】先に住み替え先を購入する場合

「売り先行」に対して、先に住み替え先を決めてから、自宅マンションを売却する「買い先行」というパターンもあります。

買い先行のメリット

買い先行だと自宅マンションの売却後、住み替え先にすぐに引っ越せるので手間はかかりません。また、希望するエリアに仮住まい先がみつからず、出勤や通学が大変になるリスクも避けることができます。

買い先行のデメリット

買い先行の場合のデメリットは、住み替え先の用意にかかる費用を先に工面する必要があるので、資金繰りが破綻するリスクがあることです。

したがって、買い先行を選択するときは、資金繰りに余裕をもたせておくことが大切です。

マンション売却と住み替えに適したタイミング

自宅マンションを売却して住み替える場合、いつ売却するかのタイミングが重要です。一般論として、築年数が浅いマンションは売れやすい傾向があります。売却することが決まっているのであれば、早めに売却するに越したことはありません。

ただし、最近では家族構成の変化などの事情で住み替えを検討する人が多く、築浅でないマンションであっても売却できるケースが増えてきました。カウカモでは、築年数15年〜20年ほどの物件においても、購入金額より高くなる傾向があります。

マンションの築年数だけでなく、年末や年度末などのマンション購入の需要が増える季節を狙って売却することや、不動産価格指数が高いときを見極めることも大切なので、併せて確認しておきましょう。

カウカモは築古マンションやリノベーション済みマンションの販売実績が豊富で、売却サポートの体制も整っているためぜひご相談下さい。

カウカモへのご相談はこちら

住み替えに必要な費用

マンションを売却して住み替える際には、売却と購入の双方についてさまざまな費用が発生します。


例えば、仲介手数料、印紙税、登録免許税、司法書士費用、ローン繰り上げ返済手数料などがあります。発生する費用の費目ごとに、売却時と購入時のものに分けてリスト化しておくと安心です。

このほか、自宅マンションの売却で利益が出た場合には、譲渡所得税が課税されることもあります。

スムーズに住み替えを成功させるためのポイント

スムーズに住み替えを成功させるためのポイントを、以下で解説します。

中古マンションの売却を得意とする不動産会社に依頼する

まず理解しておく必要があるのは、不動産会社にはそれぞれ得意分野があるということです。

中古マンションやリノベーション済みマンションの売却が得意な会社もあれば、新築の戸建て住宅の販売が得意な会社もあります。

不動産の場合は、マンションか戸建て住宅か、中古か新築かによって、購入希望者の属性、契約の流れや好条件で売却するためのポイントなどが異なります。

このため、中古マンションを希望の条件で売却したい場合は、中古マンションやリノベーション済みマンションの売却を得意とする不動産会社に仲介を依頼することが大切です。

カウカモには中古マンションやリノベ済みのマンションを好む購入希望者が多く集まっています。これにより、必要としている層に、より確実に情報をお届けします。

また、カウカモでは築年数や広さなど数字で表せる価値だけでなく、立地や眺望、リノベーション済みなら内装も含めて多角的に査定することができます。

このほか、売却される物件にプロのライターやカメラマンがお伺いして独自に取材した記事や、リフォーム・リノベーションを想定してCGイメージを掲載するなどの独自の手法で物件情報を紹介することを通してアピールするなど、カウカモならではの手法で住まいをアピールすることができます。

中古マンションの売却期間を長引かせたくない方や、より高い価格でマンションを売却したい方はカウカモにご相談ください。

カウカモへのお問い合わせはこちら

資金計画を慎重に組む

マンションを売却して住み替える場合、冒頭でふれた「売り先行」と「買い先行」の2つのパターンのメリットやデメリットを把握しておくことが大切です。

いずれのパターンを選択するかによって資金計画は大きく異なります。貯蓄や住宅ローンの返済状況を振り返って、自分に適した無理のない資金計画を立てましょう。

とくに「買い先行」の場合には、もしも売却が長引いても破綻しないような計画性を持つことが大切です。

早期に高い価格でマンションを売却する

マンション売却後に住み替えるときは、資金繰りが何より重要です。また、住宅ローンの返済が必要となる場合には返済や新規ローンのスケジュールも計算する必要があります。

資金繰りに支障をきたさないようにするためには、マンション売却を早期に高い価格で実現できるに越したことはありません。そのためには、売却するマンションのタイプにあった不動産会社を選定することが大切です。

カウカモは、中古マンションの購入希望者が多く集まっており、成約率の高さが特徴です。売却を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

カウカモへのご相談はこちら

松浦 絢子
松浦綜合法律事務所代表
松浦 絢子
京都大学法学部、一橋大学法学研究科法務専攻卒業。東京弁護士会所属(登録番号49705)。宅地建物取引士の資格も有している。法律事務所や大手不動産会社、大手不動産投資顧問会社を経て独立。IT、不動産・建築、相続、金融取引など幅広い相談に対応している。さまざまなメディアにおいて多数の執筆実績がある。
弁護士宅地建物取引士
この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。