居住中もマンション売却は可能! 住みながら売るポイントと注意点について解説

上手に売るコツ

居住中にマンションを売却することは可能です。住みながら売るメリットとデメリット、居住中にマンションを売却するポイントについて紹介するので、ぜひ参考にしてください。また、注意点も解説します。

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。

居住中にマンション売却はできる?

居住中にマンションを売却することは可能です。実際のマンション売却において、6割以上が居住中に売却を開始しているといわれています。

次の住宅を購入する資金が必要なとき、また、引っ越し先がまだ決まっていないときなどは、居住中のマンション売却も検討してみましょう。

居住中にマンションを売却するメリット・デメリット

居住中にマンションを売却することには、メリット・デメリットがあります。

主なメリット・デメリットとしては、次のポイントが挙げられます。

メリット
  • 住宅購入の資金を調達できる
  • 住宅ローンを完済できる
  • 購入希望者を確認できる
  • マンションを売却するコツがわかる
デメリット
  • 部屋をきれいに掃除する必要がある
  • 内覧の時間を取る必要がある
  • 次の住宅が決まるまでに賃貸生活の期間が生じることがある
  • 売れるまでに時間がかかると、なかなか次の住宅に引っ越せない

それぞれについて詳しく解説します。

メリット

居住中にマンションを売却すると、次の住居を買う資金を調達できます。引っ越し先で住宅ローンを組むときも、売却代金を頭金に充当できるでしょう。

また、居住中のマンションに住宅ローンが残っている場合は、売却したお金で完済することも可能です。清算してから住み替えできるので、気分的にもすっきりするでしょう。ただし、売却金がローン残債を下回った場合は、売却したお金で完済することはできないので注意が必要です。

また、居住中にマンションを売却するときは、内覧の対応もおこないます。購入希望者を自身の目で確かめられるので、より安心できる取引になるでしょう。

購入希望者から気になるポイントを実際に聞くことで、住宅の改善ポイントを理解できます。貴重な意見を住宅の管理などに反映すれば、よりよい条件で売ることも可能です。

デメリット

内覧時には住んでいるところを見られるので、部屋をきれいにしておく必要があります。こまめな掃除が苦手な方には、デメリットになるかもしれません。

また、急に内覧の予定が入ることもあるので、プライベートの時間が減ることもあるでしょう。

予想よりもマンションが早く売れてしまうと、次の住居が決まっていない可能性も出てきます。場合によっては、賃貸で暮らす期間が生じることもあるかもしれません。

反対に、売れるまでに時間がかかり、住み替えが進まないケースもあります。早く引っ越したいのになかなか引っ越せない、購入したい物件が決まっているのに売却できないので資金が用意できないなどの状況に陥るかもしれません。

スムーズな住み替えを目指す方は、ぜひカウカモにご相談ください。

カウカモでは、現在の住居に住みながら次の住居を探す「住み替えサポート」を実施しています。早期売却の実現と並行して住み替え先を探すことが可能です。

カウカモの住み替えサポートについて詳しくはこちら

居住中にマンション売却する際の注意点

居住中にマンションを売却するときは、次のふたつのポイントに注意しましょう。

注意点
  • 住宅ローンの残債を把握しておく
  • 期間に余裕を持って売却活動をする

それぞれ具体的に何に注意をすればよいのか、詳しく解説します。

住宅ローンの残債を把握しておく

住宅ローンが残っている場合は、残債がどの程度あるのか調べておきましょう。

残債は以下のいずれかの方法で調べることができます。

残債を確認する方法
  • 住宅ローンを契約した金融機関から送付された返済予定表を確認する
  • 住宅ローンを契約した金融機関のオンラインサービスから確認する
  • 確定申告用の残高証明書で確認する
  • 住宅ローンを契約した金融機関の窓口に相談す

売却する価格で住宅ローンの残債を相殺できるのか、調べておきましょう。相殺できないときは清算方法も考えておきます。

売却時には、住宅ローンの残債を清算してから購入者に引き渡さなくてはいけません。売れてから慌てることがないように、残債と清算方法を決めておきましょう。

期間に余裕を持って売却活動をする

売却期限を決めているときには、時間的に余裕がなく、売り急ぐことになりかねません。場合によっては大幅な値引きをすることにもなるでしょう。

納得できる価格で売却するためにも、期間に余裕を持って売却活動を進めていきましょう。

マンション売却を成功させるポイント

マンション売却を成功につなげるポイントを4つ紹介します。

マンション売却成功のポイント
  • モノをなくしてすっきりとさせる
  • 清潔に掃除をする
  • アピールポイントを決めておく
  • 掲載写真にこだわる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

モノをなくしてすっきりとさせる

モノが多いと部屋がごちゃごちゃとして見えてしまいます。空間が狭く見える可能性もあるので、決して好ましい状態ではありません。

どうしても整理することが難しいときは、売却が決まるまではトランクルームや実家などに一時的に預けることをおすすめします。内覧時の印象アップのためにも、適度にモノがなくすっきりとした空間にしておきましょう。

清潔に掃除をする

清潔さは購入希望者にも強いアピールポイントになります。売却するまではこまめに掃除し、いつでも内覧に対応できるようにしましょう。

特に水回りは汚れが目立ちやすい部分です。丁寧に掃除をして、最後に乾いた布などで水気を拭き取っておきましょう。

アピールポイントを決めておく

アピールポイントを決めておくと、購入希望者に物件のよさを伝えやすくなるでしょう。

そのほかにも、近隣の様子や学区など、質問されそうな点は答えを準備しておくことも大切です。

掲載写真にこだわる

物件の魅力が伝わるように、不動産広告やサイトなどに掲載する写真の撮り方にもこだわりましょう。物件紹介の記載内容や角度を変えるだけでも、物件の印象が大きく変わります。

カウカモでは、写真にもこだわって売却をサポートしています。専門のカメラマンが物件の魅力を丁寧に引き出していくので、購入希望者にアピールしやすくなり、短期間での売却に繋げていきます。

カウカモへの問い合わせはこちら

マンション売却はカウカモにご相談を!

中古マンションやリノベーションマンションの売却は、ぜひカウカモにご相談ください。

築年数の経った物件でも、CGを使ってリノベーション後の様子を提示し、購入検討者にアピールします。

中古マンションの売却をお悩みのときは、中古マンションを専門に扱うカウカモにお任せください。

カウカモへの問い合わせはこちら

居住中のマンション売却でスムーズに住み替えしよう


居住中にマンションを売ることには、メリットがたくさんあります。住み替え先の住宅資金を獲得できるので、資金計画が立てやすいことも大きなメリットです。

また、カウカモの住み替えサポートを活用すれば、早期&高額な売却も期待できるでしょう。居住中のマンションの売却について、ぜひお気軽にお問い合わせください。

カウカモへの問い合わせはこちら

この記事に関連するキーワード
Last updated
Published on
カウカモ 売却サポート

この記事は、不動産売買&リノベのサービス「cowcamo(カウカモ)」が提供しています。カウカモでは、中古マンションやリノベーションマンションの売却・購入をお手伝いしています。