fav-boldsearch-boldmenu-boldcamo-houseaccountregisteraccount-bold

小川のせせらぎを聴き、いちご農園を眺めて暮らす。収納たっぷり断捨離不要の100㎡越え住戸。休日には公園へのんびりお散歩やぶらぶらショッピング、時には自転車でビュン! 穏やかな空気に包まれて、ペットと一緒に家族で過ごす時間が、今はなにより大事。

世田谷区中町(上野毛駅徒歩8分)
3LDK+2WIC+DEN+システム収納 / 109.76㎡ / 6,399万円

まずは「上野毛」駅からスタート!

写真

左上・建築家 安藤忠雄氏がデザインしたモダンな駅舎が目を惹く、東急大井町線「上野毛」駅。「二子玉川」駅と「自由が丘」駅の間に位置するので、気軽にショッピングおでかけできにますよ♪(徒歩8分)/右上・駅の近く、「上野毛通り」沿いに位置する「オオゼキ 上野毛店」。日々のお買い物に便利です。(500m 徒歩7分)/左下・2019年8月現在、学区の「区立中町小学校」「区立多摩川中学校」は、お子さまの足でも数分の距離です。中学校に併設された温水プールは1時間240円で一般開放されています。運動不足のパパママはぜひ!(350m 徒歩4分)/右下・都内では珍しいイチゴ狩りスポット「世田谷いちご熟」。直売所ではここの苺を使ったアイスとゼリーも販売されていますよ♡(120m 徒歩2分)

周囲に溶け込む
低層マンション

写真

駅からはスーパーや商店が並ぶ通りを半分、閑静な住宅街を半分、歩くこと8分の道のりです。赤茶タイル貼りの外壁と、曲線美が美しいバルコニー、建物を囲む豊かな植栽が調和しています。戸建て住宅の立ち並ぶ、落ち着きある周辺環境に溶け込むように佇むマンションです。

写真

左上・ゆとりある敷地は南側と東側が接道した角地にあり、どちら側からもアクセスできます。/右上・敷地内には無償でお使いいただける、屋根付き駐輪場があります。現在こちらには空きがございます。/左下・共用ロビーはなく、1フロア2世帯ごとの階段動線で、プライバシー性の高い造りです。/右下・屋内に入ると、木製のレトロな雰囲気の集合ポストが。共用部は隅々まで綺麗に保たれており、管理のよさがうかがえます。

売主さま

こちらのマンションには管理人事務室はなく、定期的に清掃などの業務にいらっしゃる巡回管理となっています。ペットの飼育が可能で、届出・承認は必要ですが、頭数や大きさに制限はありません。

cowcamo

東側にはワンちゃんのお散歩コースにぴったりな小川がせせらぎ、北側にはいちご農園が広がる、ほのぼのとした環境ですよ。ご紹介する住戸は2階に所在していて、階段でもあっという間でした。ただ、幅は狭めなので、ベビーカーを運ぶのはちょっと大変そうです。気になる方は内覧の際に現地でご確認くださいね。

それでは住戸へ

写真

左・玄関ドアを開けると人感センサーでパッとライトが点り、落ち着きある土間と艶やかな廊下が現れました。/右・天井まで高さのある、姿見付きのシューズボックスは収納力たっぷりです。

売主さま

玄関の正面には、飾り棚が備わったニッチが備わっています。季節のお花などを飾れば、より華やかな雰囲気でお出迎えできますよ。

写真

LDKへ続くL字型の廊下。フットライトが灯っている右手には、ズラリと壁面収納が備わっています。その対面には水まわりへのドアが、そして写真の背面側にはふたつの個室につながるドアが並んでします。

cowcamo

順を追ってご紹介しますが、こちらの物件、収納力がスゴいんです!どうぞご期待くださいませ。

LDKの扉をオープン!

写真

南向きのバルコニーに面した約17.6帖のLDKです。左手、の開口の先に、セミクローズドタイプのキッチンが。

売主さま

現在設置されている家具および照明器具はそのままお使いいただけますよ。

まずはキッチンから見てみましょう

写真

左・内装に馴染みのいい、白を貴重とした清潔感のあるキッチン。/右・収納力もたっぷりで、食器洗い乾燥機も備わっています。コンロ前には小さいガラリ窓もあり、換気面もGood。

絶妙な位置関係

写真

キッチン横をダイニングとすれば配膳もスムーズですし、お料理しながら食卓の気配がうかがえます。一方、リビングからは生活感の出やすいキッチンが死角になっており、ゆったりとくつろげそうです。右手の引き戸の先には、洋室Aがあります。

ではバルコニーに出てみましょう

写真

目線の高さに敷地内の豊かな緑が望めます。正面にはマンションがありますが、通りを挟んで距離があるので、視線などは特に気になりませんでした。

写真

LDKと洋室Aのふた部屋に面した長いバルコニーです。洋室A側に物干し金物があるので、お洗濯物をそちらで干せば、リビングからは目障りにならないでしょう。弧を描いたLDK側にはプランター植物などを並べるのもいいですね。

cowcamo

取材時はあいにくの曇り空でしたが、日当たりは期待できそうです!ワンちゃんや猫ちゃんの日向ぼっこスペースとしても◎ でしょう。

室内へ戻りましょう

写真

白とベージュで整えられたシンプルな内装に、脱臭脱湿効果のあるエコカラットのアクセントウォールや、ファン付きの照明器具など、デザインと機能を兼ね備えたエッセンスが散りばめられています。

売主さま

扉にはペットの爪痕やひっかき傷などを考慮し、表面に特殊コート層があるものを採用しており、優れた耐摩耗性を備えています。また耐汚染性や耐薬品性、耐溶剤性においても優れているため、お子様の油性ペンでの落書きなどもシンナーを用いて変色させることなく消せます。

では洋室Aへ

写真

左・先ほどのバルコニーに面した約6帖の個室。日当たりのいい南向きで、室内からも緑の気配が感じられます。/右・収納力たっぷりの大きなクローゼットが備わっており、扉を閉めて個室としても十分お使いいただけます。

写真

お隣の洋室Aとは引き戸で仕切られているので、フルオープンにすれば約23.6帖もの拡張LDKとしてもお使いいただけます。

cowcamo

個室が足りているようであれば、普段はオープン使いして、ご両親やご友人がいらした時に客間とするのもいいでしょう。

とにかく広々!

写真

住戸全体で約110㎡もの広さがあるので、LDKはもちろん各個室もゆったりとしています。そのうえ収納力の高さを活かしスッキリ暮らせば、ワンちゃんや猫ちゃんものびのび過ごせそうですね。

廊下へ戻り
玄関横の洋室Bへ

写真

個室には珍しい横長の形をした約11.6帖の個室。北向きですが、窓の外は抜けがあり室内は明るい印象です。

写真

個室でいちばん広いこちらが主寝室にふさわしいでしょう。ベッドをふたつ置いても、まだまだゆとりがありそうです。

写真

窓の外に広がるのは、いちご農園! 窓を開けても静かで、ほのぼのとした雰囲気です。そして抜けがあり空が広く感じられます。

写真

左・斜めに付いた片開きの扉の中には、約1.2帖のウォークインクローゼット(WIC)が。ご夫婦の衣類は、ここにきれいに納まりそうですね。/右・その横には、PC作業などに最適なカウンター付き収納。これは重宝しそう!

お隣の洋室Cへ

写真

左・スッキリとした長方形の約7.1帖。こちらも窓の外にはいちご農園が広がります。/右・ベッドと机、ちょっとした収納を設置して、子ども部屋とするのがよさそうですね。

cowcamo

お子さまの部屋には、オンシーズンの服やその時々に必要な小物などのみを置くようにすれば、散らからず整理整頓上手になれそうですし、広々過ごせそうですよね。

水まわりと収納の数々

写真

左・洗濯機置き場とリネン用の収納が備わった脱衣室。/右・1620サイズの広いバスルームには、追い焚き機能・浴室乾燥機が備わっています。

写真

左・はい、廊下一面にズラリと並んだ収納はこんなに機能的! /右・廊下に面して独立してあるトイレ。ここにも背面には吊り戸棚が備わっています。

写真

左・慌ただしい朝でも、家族で並んで身支度できるツーボウルの洗面台。右手の折れ戸の中には温水器があり、洗面向かいの片開き扉を開けると……/右・約1.2帖のウォークインクローゼット(WIC)があります。

cowcamo

洗面室と脱衣室が分かれている珍しいタイプの間取りです。それにしてもこの収納の数! これなら断捨離は不要ですね(笑)

もう少し周辺を散策してみましょう

写真

左上・1978年創業のパイとタルトの老舗「ママタルト 上野毛店」。甘いタルトはもちろん、具がギュッと詰まったパイもオススメです♡(400m 徒歩5分)/右上・商店街の裏路地にある、フランス人シェフによるビストロ「Trois Petits Loups(トワ・プティ・ルー)」は口コミでも人気のお店。(550m 徒歩7分)/左下・アメリカンスタイルのサンドウィッチ専門店「UNCLESAM'S SANDWICH(アンクルサムズ サンドウィッチ)」。テイクアウトして、公園や多摩川河川敷でランチするのもいいですね。(750m 徒歩10分)/右下・多摩川沿いに広大な敷地を構える、緑豊かな「二子玉川公園」。お子さまやワンちゃんと一緒の充実した時間を過ごせそうです。のんびりお散歩するか、自転車でビュン!と、ぜひ訪れてみてください。(1.2km 徒歩17分)

cowcamo

カウカモ編集部より

住戸を選ぶとき、みなさんは何を最優先事項としますか? 駅からの距離? それとも個性的な内装? 人それぞれの基準があると思いますが、「広さ」を求められる方は、わりと多いのではないでしょうか。はい、今回ご紹介する物件は占有面積100㎡超えです。そして、のんびりとした暮らしをお求めなら、それを満たす周辺環境も整っています。


最寄りは東急大井町線「上野毛」駅。スーパーや商店がある駅前から少し歩けば、戸建てが多く建ち並ぶ閑静な住宅街が広がります。住宅街の道も比較的ゆったりとした道幅で、庭先の緑や花々も美しく、世田谷区らしいゆとりが感じられました。商業施設が豊富な「二子玉川」や「自由が丘」にもアクセスがしやすいのも魅力的。日々のお買い物は近場で満足できそうです。


駅から徒歩8分、マンションはいちご農園と小川に隣接した、緑豊かでのどかな環境のなかに位置しています。子育て世帯にとっては、通勤よりも、お子さまの通学のアクセスの方が気になるって話はよく耳にします。2019年8月現在学区になっている小・中学校が、最寄り駅よりも近い場所にあります。実際に通学ルートを歩いてみましたが、交通量が少なく、小さなお子さまでも安心して通えそうな道のりでした。


1973年築と年数が経過した建物ですが、建物の点検や清掃、敷地の整備が行き届いており状態のよさが維持されています。2017年には大規模修繕工事を実施済みで、さらに窓サッシの交換や給水方式の変更などもしっかり行われています。そのうえ共益費のバランスも修繕積立金に振られており、マンション全体でのプール金もそれなりに貯まっているのは安心材料と言えるでしょう◎

ペットの飼育が可能で、しかも頭数・大きさの制限がないのは、ワンちゃんや猫ちゃんとの暮らしを望まれている方には大きなポイントでしょう! 川沿いの緑道や公園など、周辺には気持ちのいいお散歩コースがいっぱいです。

住戸については圧倒的な広さと、とにかく収納力の高さが特徴! 断捨離ブームなどもありましたが、やはり思い出の詰まった捨てられない物ってありますよね。お子さまの作品や家族のアルバムなど、この住戸でなら気兼ねなく取っておけますよ。ゆとり重視で、お子さまやペットと落ち着いた暮らしを望まれる方は、ぜひ一度内覧してみてください。

writer:西湖 望 / editor:中山 宇宴

とれたて新着

実際に見てみたい